SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

丸佳浩

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/24(月) 16:16:31.01 ID:vixiGHFK9
 巨人の丸佳浩外野手(35)が23日放送の日本テレビ系「サンデーPUSHスポーツ」(日曜後4・55)にVTR出演。福井遠征で宿泊したホテルについて語った。

 今回は「巨人選手の胃袋をつかんだ食事SP」と題し、8年ぶりに福井で開催された公式戦(5月15日DeNA戦)の際にチームが宿泊したホテルに迫った。

 富山で開催された試合後にバスで移動し福井入り。チームが宿泊した「グランディア芳泉」をナインが口をそろえて絶賛した。

 同ホテルは創業61年、大浴場は日本百景にも選出された「あわら温泉」を楽しめると観光客にも人気。阿部監督が宿泊したのは1泊2食付き約10万円の部屋で、中には専用の露天風呂も備えられていた。

 そして選手たちを唸らせたのは、北陸グルメをふんだんに使用した100種類以上の豪華ビュッフェ。

 丸は「富山のナイターが終わってからバスで移動して深夜12時前くらいに(ホテルに)着いた」というが「料理人の方々がフル稼働で深夜12時すぎとは思えない熱量でいろいろな料理を作ってくださっていた」とホテルの対応に驚いた。

 夜遅い時間の食事に「最初はみんなどうしよっかな…という感じだったんですけど、人伝えで“凄いぞ!凄いぞ!”ってなって。結局みんな(食事会場に)来ていましたね」とニッコリ。

 中でも選手の間で人気だったのは芳泉特製握り寿司だといい、「おいしすぎて流し込むように食べていた」とチームで計500貫近く平らげたそう。

 その上で「凄かったですね。なかなかあそこまでしていただけるホテルは記憶にないです」と感嘆。翌日の試合で自身は代打出場しダメ押しの2ランを放った。打球方向には宿泊したグランディア芳泉の広告が。これには「試合が終わった後に、女将さんと料理長にお礼を言われました」とうれしそうに語っていた。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/be08608ece4bbfcdd74e36a3914d42d259312436

【巨人・丸 チーム全員驚いた!宿泊先の“神対応”「あそこまでしていただけるホテルは記憶にない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/04(金) 08:12:11.26 ID:pxj5A3AE9
巨人は3日のヤクルト戦(東京ドーム)に2―1で競り勝ち、2カード連続の勝ち越しを決めた。

岡本和真がホームラン遼さんの珍プランを発明!

 投げては若きエース・戸郷が9回149球の熱投で2年連続の10勝に到達。右腕の踏ん張りに応えるように4番・岡本和が2試合連続となる25号、26号のソロ2発で試合を決めた。
ただ、試合前には気がかりな知らせも届いた。丸佳浩外野手(34)が「右ひざの違和感」で出場選手登録を抹消された。

試合後、丸の状況を問われた原辰徳監督(65)は表情を曇らせながらこう明かした。

「歩くこともできない、しんどい状況だったみたいです。だから原因をしっかり(と調べないと)ね。
分かって痛みが取れればやれるでしょうけど。昨日も一睡もできていないような状態だったみたいですね」

続きはヤフーニュース 東スポWeb 2023/08/03
https://news.yahoo.co.jp/articles/db8577211e3af73259f4c027dbaea7bef7c3baff

【巨人・原監督が心配顔 登録抹消の丸佳浩は歩行困難「一睡もできていないような…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/27(火) 11:05:02.12 ID:0XaJtNRp0
このままズルズルと沈むのか…。2連敗でリーグ4位に後退した巨人が負の連鎖に陥りつつある。主砲・岡本和真内野手(26)が孤軍奮闘する一方で、他の主力勢は坂本勇人内野手(34)が右太もも裏の負傷で離脱し、中田翔内野手(34)と丸佳浩外野手(34)もそろって打撃不振。〝不調ドミノ〟の入り口に立ち、チーム内には連敗地獄への突入に危機感が強まっている。

【巨人・原監督〝名指し〟で中田翔、丸佳浩にゲキ! 坂本離脱でチームに忍び寄る「不調ドミノ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 09:33:11.52 ID:t75691B29
【巨人】不振の坂本勇人&丸佳浩の復活「そんな先じゃない」 大久保コーチが〝予言〟


巨人・大久保博元打撃チーフコーチ(56)が7日の広島戦(マツダ)後、開幕からの不振に苦しむ坂本勇人内野手(34)と丸佳浩外野手(33)の復調に太鼓判を押した。


なかなか長いトンネルを抜け出せない。ベンチスタートとなった坂本は、9回に先頭・小林の代打で登場し、四球を選んで出塁。
一方で20打席連続無安打といまだ快音は響かせていない。

一方の丸も、この日は4打数無安打といいところなしに終わり、今季の打率は0割7分7厘と低空飛行。
原監督も「やっぱり中心選手がね、(うまく)いかないとね」と頭を悩ませている。


そんな中、大久保コーチは2人の復調に光が見えたと断言。

「今日は勇人はちょっと明るさが見えました。丸の最後の打席(9球粘るも空振り三振)もちょっとずつの差なんですよ。(復調する日は)必ず来ます、見ててください、そんな先じゃないです。(丸は)今日の最後の打席で光が見えました」と遠くない日での2人の復活を予言した。

つながりを欠き連敗を喫している中で、2選手の復活が打線復調へのカギとなっていることは間違いない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/0d8b87a1dd7e6f847f01656b03a8d59c5adce57b
https://i.imgur.com/9sN49D6.jpg

【巨人、不振の坂本勇人&丸佳浩の復活「そんな先じゃない」  デーブ大久保コーチが〝予言〟】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/08(水) 20:00:02.29 ID:jZlMUtaL9
2/8(水) 19:40配信

 今季から右翼にコンバートされる巨人の丸佳浩外野手が宮崎キャンプ中の8日、フリー打撃の守備で右翼に入った。「普通でしたよ」と振り返りつつ「どうでした?」と逆取材。「違和感なくできていたと思う」という返答に「じゃあそういうことで」と納得の口ぶりで生きた打球の処理を振り返った。

 見守った原監督も「締まるね。やっぱり肩が強いな。締まるね」と強肩ぶりに目を細めた。

中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/216aa36a66d67ee1c88944848bfcf6c8dcc3049d

【「締まるね。締まるね」右翼転向の巨人・丸佳浩の”実打”確認に原辰徳監督もご満悦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/01(木) 00:41:11.56 ID:2q7lujEY0
現在123四球ペース
これでも追いつかないっておかしいやろこの年の丸

【ヤクルト・村上101四球(8/31) 広島・丸130四球(2018年)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 20:43:32.78 ID:CAP_USER9
 日本野球機構(NPB)は22日、「マイナビオールスターゲーム2022」(26日・ペイペイD、27日・松山)の出場選手変更を以下の通り発表した。

【辞退】

 ▽セ・リーグ

巨人・大勢、菅野智之、中田翔、岡本和真、丸佳浩(新型コロナウイルス陽性判定)、坂本勇人(仙腸関節炎)

▽パ・リーグ

西武・増田達至(新型コロナウイルス陽性判定)

日本ハム・野村佑希(新型コロナウイルス陽性判定)、松本剛(左膝蓋骨骨折)

【補充】

パ・リーグ

西武・本田圭佑、ロッテ・高部瑛斗。

 補充選手は後日、追加発表される。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/c00759a6872b94c776e34088bf735ae683b4d9b9

【巨人・大勢、坂本勇人、中田翔らセ・パ9選手がオールスター出場辞退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/04(月) 17:36:47.22 ID:CAP_USER9
文春野球コラム ペナントレース2022

後上 翔太(純烈) 2022/07/03

「無事是名馬(ぶじこれめいば)」という言葉があります。

 エンターテインメントの世界に身を置く者として、この言葉の重みを感じずにはいられません。ファンが「見たい時に見られる」という存在こそ、もっと評価されるべきだと感じるのです。

 歌謡・演歌界の大先輩である北島三郎さんや五木ひろしさんなどは、大きな劇場で1日2部制の座長公演をこなしておられます。年間通して続けていれば、体調がベストな日ばかりではないはずです。声が出にくい日や体が重いと感じる日もあるでしょう。

 それでも、幕は待ってくれません。ステージに立った以上は、最高のパフォーマンスを見せる。それが真のプロであり、スターなのだと学ばせてもらっています。





骨折しても休まない男・丸佳浩

 プロ野球の世界も同じではないでしょうか。スタジアムにいる観客は毎日来られるファンばかりではありません。

 2カ月前からチケットを取り、楽しみにしていた試合直前。お目当ての選手がケガで登録抹消になってしまったとしたら……。仕方ないと割り切りつつも、落胆は大きいはずです。

 日々、当たり前のように試合が繰り返されるなかで見落とされがちですが、試合に出続けるということは160キロのボールを投げることと同じくらい価値があると思うのです。

 今季の巨人で開幕からフル出場を続けているのは、丸佳浩選手だけです。チームとしては首位・ヤクルトに大きく引き離されて苦しいシーズンが続いていますが、それでも2位に踏みとどまっていられるのも丸選手のような大黒柱が休みなく働き続けていてくれるからです。

https://bunshun.jp/articles/-/55401

【大御所演歌歌手に通じる“休まない”生き方 巨人・丸佳浩をもっと評価したい理由】の続きを読む

このページのトップヘ