SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

久保建英

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/12(木) 10:44:21.33 ID:CAP_USER9
[5.11 ラ・リーガ第36節 セビージャ0-0マジョルカ]

 ラ・リーガは11日、第36節を各地で行い、MF久保建英所属のマジョルカがセビージャと敵地で対戦した。マジョルカは1部残留に向けて是が非でも勝ち点のほしい一戦。0-0のスコアレスドローで試合を終え、敵地で貴重な1ポイントを獲得した。久保は後半24分からピッチに立ったが、得点に絡むことはできなかった。

 前節グラナダ戦(●2-6)の大敗で降格圏に転落したマジョルカはこの日、5-3-2のシステムを採用。久保とMFイ・ガンインが揃ってベンチに回り、まずは守りを固めた。それでも前半3分、ダイナミックな攻撃からMFアルバロ・サンチェスがゴール前に攻め上がり、惜しいボレーシュートも放った。

 対するセビージャもUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権獲得のためには勝利がほしい試合。立ち上がりから一方的にボールを握って何度もゴールを脅かすが、右CKに合わせたFWラファ・ミルのヘッドはMFサルバ・セビージャにギリギリでクリアされ、前半終盤にはDFジュール・クンデやMFヘスス・コロナのシュートがブロックされるなど、ゴールを奪えないままハーフタイムを迎えた。

 後半はややマジョルカが前傾姿勢となり、後半20分には大きな決定機。DFブライアン・オリバンのロングスローからFWベダト・ムリキが頭で合わせたが、GKヤシン・ブヌのファインセーブに阻まれた。そのまま0-0で迎えた同24分、FWアンヘル・ロドリゲスとの交代で久保がピッチへ。久保は同30分にMFネマニャ・グデリに倒されてFKを獲得し、同33分にはイエローカードをもらった。

 その後はセビージャがサイドを起点に猛攻を展開。後半45分にはFWアントニー・マルシャルがペナルティエリア右からゴールに迫った。だが、正守護神の座を奪い返しているGKマヌエル・レイナが落ち着いてセーブ。同45+3分には左からのクロスにMFトーマス・デラネイが反応し、ボレーシュートを狙うも枠を外れた。

 後半45+5分、マジョルカは久保が左サイドでボールを引き出し、鋭いパスをムリキに通すと、ムリキはゴール前を横断するクロスボールを供給。だが、ファーに走り込んだDFパブロ・マフェオはシュートまで打ちきれなかった。すると終了間際、今度はセビージャに決定機が訪れるも、FWユセフ・エン・ネシリのヘッドはレイナがまたしてもスーパーセーブ。そのままタイムアップを迎えた。

 勝ち点1を奪ったマジョルカは残留圏と勝ち点2差で依然降格圏の18位。ラージョ、オサスナとの残り2節で逆転残留を狙う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d24f4d43d54528f667bdc4c6e2f2588757687d1

【久保途中出場のマジョルカが敵地セビージャでドロー!! 残り2節で逆転残留なるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/11(水) 20:36:29.44 ID:CAP_USER9
RCDマジョルカ所属の日本代表MF久保建英(20)について、今季終了後のレアル・マドリード復帰が不可能という見方が現地で広まっているようだ。10日、スペインメディア『Fichajes』が伝えている。

同選手は昨年の東京五輪男子サッカー競技終了後、レアル・マドリードからRCDマジョルカへ1年レンタルにより再加入。ルイス・ガルシア前監督のもとでは攻撃陣の中心選手としてコンスタントに先発起用されていた。
しかし、3月下旬に元日本代表監督のハビエル・アギーレがマジョルカ指揮官に就任するとスタメン抜てきの機会が減少。監督交代後のリーグ戦6試合中2試合の先発出場にとどまっている。

そんな久保建英の去就について、今年3月の時点ではウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)の後釜としてレアル・マドリードに復帰する可能性があると伝えられていた。
しかし、FIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選・ベトナム戦での低調なパフォーマンスやアギーレ監督就任以降の序列低下もあり、日本国内でレアル・マドリード復帰は厳しいという見方が広まっていた。

『Fichajes』は「2022/23シーズンのレアル・マドリードにクボの居場所はなく、より心配なシナリオに直面する」と、久保建英がレアル・マドリードの来季構想に含まれていないと主張。
「彼が最高レベルのパフォーマンスを発揮できるポジションが(現有戦力で)大幅に溢れ返っている。それにカルロ・アンチェロッティ監督を納得させるだけのメリットがない」と理由を説明している。

また、『Fichajes』は同選手がレンタル移籍によりレアル・マドリードに籍を置くか、完全移籍によりレアル・マドリードを退団するのか、現時点では「不透明」と報道。他の選手の去就に左右されるという見方を示している。

なお、久保建英は森保一監督率いる日本代表でも序列低下が顕著に。2月1日開催のカタールW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦や3月24日のオーストラリア戦ではいずれも出番がなく、
一部からはカタールW杯本大会のメンバー落選の可能性を心配する声が上がっている。

https://www.excite.co.jp/news/article/FOOTBALLTRIBE_242784242784/

【「レアルに久保建英の居場所はない」現地メディアが来季構想外と報道!日本代表でも序列低下】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 19:40:41.99 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表の森保一監督(53)が9日、報道陣のオンライン取材に応じた。代表の現状について話した中で、MF久保建英(20)=マジョルカ=に奮起を求める異例の注文をした。
今季はスペイン1部で1得点と結果を残せていない状況が続く若武者を「一皮むけないといけない時」「まだまだ成長しないといけないことがある」などと評した。
11月開幕のW杯1次リーグで同組の強敵、ドイツ、スペインとの戦いをにらみ、局面を打開できる能力を持つ久保へ、指揮官が珍しくハッパをかけた。

選手評には慎重になる森保監督が、久保に対してはストレートな言葉を向けた。例に出したのは、2列目の右で先発した7日のグラナダ戦。
残留を争うライバルとの対戦で前半4分に相手GKと1対1を迎えたが、決めきれなかった。チームはその後6失点の大敗。久保に3点満点で「0点」の赤点をつける現地紙もあった。

「決定的なシーンがあった。そこで決めていたらいろんなことは言われていなかったかなと思うが、局面を決めるところも含めて、まだまだ成長しなければいけないことがあると思う」

そして、マジョルカを率いるハビエル・アギーレ監督の要求を満たしていないとの考えを示した。アギーレ監督が「良いプレーをしても、10分消える。
現れて、再び消える」と言うように、守備との両立ができていないとの見方がある。

「彼しかいない能力を持つ選手だと思うが、今監督から攻守にわたっての要求がされている。成長するにあたって、一皮むけないといけない時かなと思っています。
今後プロとしてのキャリアをつないでいくために、より輝かせるために、アギーレさんが良い要求をしてくれている」

久保は今季26試合に出場し、1得点。リーグを問わず攻撃的なポジションを張れる数字ではない。ただ、ドイツ、スペインと同居したW杯1次リーグを突破するために、
久保のような局面を打開できる選手は貴重だ。森保監督も「チームとしても難しい状況だが、乗り越えていければパワーアップした選手になれる」と期待を寄せる。
6月にはブラジル戦など強化目的の4試合が予定されている。そこで久保が決定力と攻守の両立を見せられるか。森保監督から2つの課題を課せられた。(内田 知宏)

https://hochi.news/articles/20220509-OHT1T51206.html?page=1

【日本代表・森保一監督、結果出せない久保建英に異例の注文「一皮むけないといけない時」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 06:31:27.92 ID:CAP_USER9
日本サッカー界の〝至宝〟がカタールW杯メンバーから落選する可能性が浮上した。11月開幕のW杯に臨む日本代表MF久保建英(20)は、所属するスペイン1部マジョルカでレギュラーから陥落。
しかも今シーズンは日本代表でポジション争うライバルたちに大きな差を付けられており、大舞台に臨む森保ジャパン入りを懸念する声が高まっている。

久保が窮地に立たされている。スペイン紙「アス」は「日本は久保に期待しているが、大きな希望は取るに足らないものになった。森保監督の計画において重要性を失い、
期待は希薄になっている」と指摘し「これまで彼の立場はW杯に向けて危険にさらされていなかったが、もう明確ではない。このまま行けば久保は岐路に立つ」と伝えた。

日本代表で久保の現状は、W杯アジア最終予選で歴代最多となる4試合連続ゴールをマークするなどMVP級の活躍を見せたMF伊東純也(29=ゲンク)が務める右サイドの控え。
さらに4―2―3―1のシステムを採用した場合でも、久保が得意とするトップ下のポジションは10番を背負うMF南野拓実(27=リバプール)が一番手となる。

J1クラブの強化担当者は「さすがにタケは選ばれるとは思うけど、今は伊東を外せないからあくまでサブ」としながらも「ただ攻撃陣は、どのポジションもサバイバルでしょ。
そこで何をアピールできるか。スピードがあるとか、得点が取れるとか、守備がうまいとか…。何か特筆するものがなければ(W杯メンバーとして)生き残るのは厳しいのかもしれない」と語っていた。

久保は攻撃面で非凡な才能を発揮しているものの、肝心のゴールに関しては明らかに物足りない。A代表では期待されながらもいまだにノーゴール。マジョルカでも今季公式戦2得点とまったく結果が出ていない。
4月末の時点ながら同じ左利きで右サイドのメンバー入り争うライバルのMF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)は今季公式戦9得点。トップ下を争うMF鎌田大地(25=Eフランクフルト)も同じく9得点をマークしている。

また守備面では、森保監督が久保について「守備の強度はまだ足りない」と指摘していたように現在でも大きな課題。実際に、元日本代表の指揮官で、3月末からマジョルカを率いるハビエル・アギーレ監督も「足元の技術はうまいが、
サッカーでは攻撃と守備が重要だ」と久保の守備力に注文を付けてレギュラーの座を剥奪をしたように、W杯では攻撃陣でもある程度の守備力がなければ、ポジションを確保できないのは間違いない。

Jクラブ関係者は「じゃあ左サイドっていっても、南野と最終予選で活躍した三笘(薫=サンジロワーズ)もいるし、守備ができる原口(元気=ウニオン・ベルリン)もいるし…」と話しており、
こちらも厳しい見通しといえる。W杯開幕まで約6か月。なかなか覚醒しない久保はW杯メンバーの座を勝ち取れるか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/4163471/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/dc0b1833dde387efac5daa29a940c159-406x450.jpg

【久保建英、カタールW杯落選の可能性は?競争激化で「特筆するものなければ厳しい」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/28(月) 12:07:35.66 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表のMF久保建英(20=マジョルカ)とMF三笘薫(24=サンジロワーズ)が、W杯アジア最終予選のベトナム戦(29日、埼玉)で揃って先発する可能性が高くなり、ピッチ外でも熱い注目を集めている。

 日本代表は27日、ベトナム戦へ向けて千葉市内で練習を実施。当初非公開だった予定が変更となり、報道陣にすべての練習が公開された。戦術練習では、最終予選の6連勝中に採用されている4―3―3システムの主力組に久保が右サイド、三笘が左サイドの前線に入ってプレー。久保は昨年9月の中国戦以来、三笘はA代表で初となるスタメン抜てきが濃厚になった。

 注目されるのは、両選手のプレーだけではない。「W杯出場が決まって、ベトナム戦ではこれまでとは違う選手、特に久保選手や三笘選手が話題になるはず。そのあたりがどれだけ数字につながるか」と中継を担うテレビ朝日関係者は期待を寄せる。

 森保ジャパンの視聴率はずっと低迷が続いていたが、天王山となった2月のサウジアラビア戦で世帯平均視聴率が関東地区で20・0%の大台に乗った(ビデオリサーチ調べ)。すでにW杯出場を決めているとはいえ、至宝の久保とオーストラリア戦で2ゴールの三笘による〝競演〟は、ファンの興味を引くところ。日本にさらなる熱狂を呼び起こすか。

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220328-04090997-tospoweb-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=381&exp=10800

東スポ 3/28(月) 5:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/93c72ed4d11a71ff87bc55345c9f2a4dd82890c6

【テレ朝関係者がベトナム戦で久保建英&三笘薫に寄せる「期待」サウジ戦では視聴率20・0%の大台に乗せた】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/27(日) 22:32:15.45 ID:CAP_USER9
森保ジャパンのMF久保建英(20=マジョルカ)とMF三笘薫(24=サンジロワーズ)が、29日に行われるカタールW杯アジア最終予選ベトナム戦(埼玉)で揃って先発する可能性が高くなった。

 日本代表は27日、ベトナム戦へ向けて約1時間半にわたって千葉市内で練習を実施。当初非公開だった予定が変更となり、報道陣にすべての練習が公開された。

 実戦形式の戦術練習では、最終予選の6連勝中に採用されている4―3―3のシステムを採用した主力組とみられるメンバーで久保が右サイド、三笘が左サイドの前線に入ってプレー。ともに得意のドリブル突破などで猛アピールした。

 久保は先発すれば昨年9月に行われた最終予選の中国戦以来。その試合ではオマーン戦の黒星で崖っぷちに立たされていたチームで攻撃をけん引して救世主となった。

 一方の三笘はA代表初先発となる。7大会連続のW杯出場を決めた24日のオーストラリア戦では、終盤から登場して衝撃の2ゴールをマークして日本サッカー史にその名を刻む大活躍を見せた。

 日本が誇る2人の至宝は昨夏の東京五輪ではともにプレーしているが、A代表でコンビを組むことになれば初めて。日本サッカー界の未来を担う夢タッグが森保ジャパンで初披露となるか注目される。

東スポ 3/27(日) 19:59
https://news.yahoo.co.jp/articles/f88dbb8faefeedd3c1ddd5e8831a0b54c548abf2

【W杯アジア最終予選 森保ジャパン、久保建英と三笘薫がベトナム戦先発へ 主力組として戦術練習】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/23(水) 19:02:52.24 ID:CAP_USER9
日本代表MF久保建英(20=マジョルカ)が、大一番となるカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(24日、シドニー)に向けて、鬼門攻略へ〝イメトレ〟で準備万端だ。

 久保は23日に取材に応じ、試合当日の雨予報に言及。「あまり楽しくない。雨だとグラウンドがぐちゃぐちゃになったりして、お互いに目指しているサッカーができない」としつつも「雨が降ってもドリブルには自信を持っているし、雨が降ったくらいでドリブルがずれていたら、サッカーやっていられない」と自信をみなぎらせた。

 また、日本はW杯予選で敵地でのオーストラリア戦は未勝利とまさに鬼門だが、負のデータを覆すべく準備に抜かりはない。

「たまたま1週間前くらいにユーチューブで前回のオーストラリアでのアウェーでの試合を見て、いろいろ面白いというか、すごく激しい試合だったなと思った」

 ハリルジャパンが戦った2016年10月の最終予選で1―1と引き分けた試合を視聴し、敵地でのオーストラリア戦の厳しさをしっかり脳裏に焼き付けた。

 日本の至宝が7大会連続のW杯出場を決める劇弾を突き刺すか大きな注目が集まる。

東スポ 3/23(水) 13:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/c18c7cd11e8447fe6a2cc03add9deeaec18cc111

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220323-04079339-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=493&exp=10800

【「雨でドリブルがずれたら、サッカーやってられない」日本代表MF久保建英、豪州戦の雨予報にも強気!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/23(水) 05:51:52.28 ID:CAP_USER9
3/23(水) 5:15配信
東スポWeb

東京五輪でも躍動した三笘薫(左)と久保建英(東スポWeb)

 森保ジャパンに〝救世主〟は現れるのか。日本代表は24日にカタールW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(シドニー)に臨む。勝てば7大会連続のW杯出場が決まる大一番が目前に迫る中、チームは攻撃陣の主力に辞退者が相次ぐ非常事態に直面。元日本代表MFで本紙評論家の前園真聖氏(48)は、窮地を救うキーマンとして2人の選手を指名した。

 決戦を控える森保ジャパンで、特に不安が広がっているのが攻撃陣だ。今季絶好調だったFW古橋亨梧(セルティック)は右太もも裏の負傷の影響で選外となった。メンバー発表後には、1トップで不動のレギュラーだったFW大迫勇也(神戸)が負傷のため参加を辞退。さらに代役候補として注目を集めたFW前田大然(セルティック)までもが、コンディション不良で不参加となった。

 この苦しい状況の中で、強敵オーストラリアの鉄壁の守備陣を崩すにはどうすればいいのか。前園氏がまず挙げるのがMF三笘薫(24=サンジロワーズ)だ。「ドリブルで仕掛けられるので、オーストラリアのような大柄な選手が多いチームには効果的になると思います。しかも、三笘は前回対戦した昨年10月の試合に出場していません。もちろん相手も研究しているとはいえ、データも少ない可能性があり、そういう選手が入ってくるのは嫌がるのではないでしょうか」と指摘する。

 三笘は日本が苦境に立たされていた昨年11月のオマーン戦で後半開始から投入されると、何度もドリブル突破を見せて攻撃を活性化させ、MF伊東純也(ゲンク)の決勝ゴールをアシスト。衝撃的なA代表デビューで救世主となった。今回の相手となるオーストラリアに対しても三笘のドリブルは絶大な威力を発揮すると前園氏は分析。基本的には後半の投入と見ているが、スタメンへの抜てきも「アリだと思います」と大きな期待を寄せている。

 そしてもう一人のキーマンが〝至宝〟のMF久保建英(20=マジョルカ)だ。「久保は今マジョルカでチャンスをつくっていますし、期待が持てるプレーを見せています。おそらく途中出場になるかと思いますが、仕掛けられてクイックネスがあるのでファウルをもらえますし、PKを取ることも期待できます。相手にとって脅威となるはずです」と日本のジョーカー役として注目する。

 さらに久保には強力なFKもあり「スペシャリストですし、彼のキックは一番チャンスが生まれると思います」。セットプレーで魔法の左足から決定機が生まれると予想した。

 日本の誇るドリブラーコンビは、W杯出場を決めるヒーローとなれるか――。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220323-04078547-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d3bd70d11a96eeb9eba3e9102d3dfde7aea7d5b

【窮地の森保ジャパンを救うキーマンは? 前園真聖氏が〝2人のドリブラー〟を指名】の続きを読む

このページのトップヘ