SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

井上尚弥

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/13(金) 07:10:07.91 ID:CAP_USER9
2022年5月12日 19時33分


 米ボクシング専門誌リング(電子版)が12日までにパウンド・フォー・パウンド(全階級最強、PFP)ランキングを更新し、WBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(29)=大橋=が4位から3位に浮上した。首位だった世界4団体統一スーパーミドル級王者サウル”カネロ”アルバレス(31)=メキシコ=が、7日のWBAライトヘビー級タイトル戦で判定負けし6位に後退したため。井上は米スポーツ専門局ESPNのPFPでも12日までに2位に上昇している。

 リング誌の1位は世界3団体統一ヘビー級王者オレクサンドル・ウシク(35)=ウクライナ=で、ESPNの1位はWBOウエルター級王者テレンス・クロフォード(35)=米国=。ともに次戦は決まっていない。井上が6月7日に行われるWBCバンタム級王者ノニト・ドネア(39)=フィリピン=との3団体統一戦(さいたまスーパーアリーナ)で強烈なインパクトを与える勝ち方をすれば日本人初のPFP首位に立つ可能性も出てきている。

https://www.chunichi.co.jp/article/469072

【井上尚弥、全階級最強ランキングPFPで3位浮上 ドネア戦(6月7日)で強烈勝利なら日本人初のPFP首位も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/09(土) 23:33:45.72 ID:CAP_USER9
4/9(土) 22:36配信
スポニチアネックス

さいたまスーパーアリーナに姿を見せた井上尚弥

 プロボクシングのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦12回戦は9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(36=帝拳)は元3団体統一王者でIBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)に9回途中TKOで敗れ、王座から陥落した。

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)は試合会場でゲスト解説として生観戦。「自分もモチベーションになった」と刺激を受けた井上は、村田と同じ舞台で6月7日にノニト・ドネアとの再戦へ闘志を燃やした。

 2年7カ月ぶりの再戦となることに「再戦は自分のキャリアの中では初めてのこと。自分としては何が何でも勝たなきゃいけない試合」と決意を口にした。「約3年前、ここ、さいたまスーパーアリーナで一度激突しているので、2カ月後に、またここでドネアと対戦できることを自分は今から楽しみに頑張りたい」と心待ちにした。

 前回の対戦では12回まで戦い判定勝ちだった井上は「手の打ちも全て分かっている状態。自分は13ラウンド目からのスタートという、今回テーマとして、最初から倒すつもりでいくので、今回は判定にならない」と言い切った。そして「今日の試合でパワーをもらったので、後2カ月頑張りたい」と意気込んだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220409-00000361-spnannex-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/27582f354bea377be17e2e0a496e89a4dd2b3af4

【井上尚弥、村田の勇姿に刺激 同じ舞台でドネアと再戦へ「今回は判定にならない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/31(木) 05:30:26.71 ID:CAP_USER9
3/31(木) 5:15
東スポWeb

モンスター井上尚弥の有利揺るがず 解説者が指摘するドネアの〝警戒ポイント〟
KO決着を予告した井上尚弥(東スポWeb)
 勝負の行方は――。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)がWBC同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)と3団体統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)を行うことが30日に発表された。2019年11月のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)決勝で下したドネアとの再戦は、どのような展開になるのか。元世界ランカーでボクシング解説者の亀海喜寛氏は井上有利を予想した上で、唯一の〝警戒ポイント〟を挙げた。

 5階級制覇王者ドネアとの再戦が決まった井上は「一度決着はついてますが、決まったからには必ず(判定勝ちした)前回以上の内容で勝つことを約束します」と闘志を燃やした。日本人が3団体統一戦に臨むのは史上初だが「このベルトを取ったとしても、次は階級を上げたりとか、そういうところに目標を持っていくので。今はドネアを倒すだけ。そこだけを集中して考えている」と言い切った。

 プロのリングで同じ相手との再戦は初めて。それでも井上は「自分の方が有利」と自信をのぞかせる。前回の対戦では11ラウンド(R)に井上がボディーでダウンを奪った。ドネアが立ち上がるまでに10カウントが経過していたのではないかと指摘する声もあるだけに「WBSSの決勝では〝幻の10カウント〟がありましたから。次はそうはいかないぞと。キッチリと10カウント取ってみせます」と、KO決着を予告した。

「モンスター」の名をほしいままにするその圧倒的な強さは揺るぎなく、亀海氏も「リマッチはクレバーな方が有利と、よく言います。2人とも好戦的な部分はありますが、井上君の方が引き出しは多いし、ディフェンス能力は高いので。井上君が有利でしょうね」と予想する。ドネアは井上に敗れてからの2戦で2KO勝利と復活を証明しているが「ハッキリした形、大差で勝つんじゃないかなと」と返り討ちの可能性は高いと見ている。

 では、井上が敗れることがあるとすればどのようなケースか。亀海氏は「ドネアがプレッシャーをかけるにしても、井上君はカウンターが得意ですし、シャープな一発を狙うでしょうね。(井上が)詰める際のカウンターとかは怖い。ドネアは追い詰められた時とか、体の入れ替えざまにカウンターを強く打ち込むのが得意ですから」と指摘した。

 井上は前戦の2Rに左フックで右目眼窩底骨折。大苦戦を強いられただけに、一瞬たりとも気は抜けない。「強引にいくことはやっぱりリスクがあります。WBSSでも、倒しにいく時にガードも結構開いた状態で打ちにいくこともあったので。テンションが上がりすぎて、チャンスになった時にいきすぎてカウンター(をもらうの)は気をつけたいと思ってるんじゃないですかね」(亀海氏)

 歴史的名勝負との高評価を得た前戦から約2年半。「井上VSドネア2」も、まばたき厳禁の展開になることは必至だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220331-04097972-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5338fccfd5b761f947eb4c10ff0eb65984fdc2aa

【モンスター井上尚弥の有利揺るがず 解説者が指摘するドネアの〝警戒ポイント〟】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/30(水) 17:04:26.55 ID:CAP_USER9
3/30(水) 16:01配信
東スポWeb

VTRでコメントを発表したドネア(東スポWeb)

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)との3団体統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)に臨むWBC同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)が雪辱に自信をのぞかせた。

 ドネアは2019年11月のWBSS同級決勝戦で井上に敗戦。だが21年5月の再起戦でKO勝利を収めWBC王座を奪取すると、同年12月の初防衛戦でもKO勝利と2連勝を飾っている。30日の会見では井上との再戦決定を受けVTRでコメントを発表した。

 ドネアは「とてもワクワクしている。お互いこれまでより強くなっているから興奮度も増している。もう一度やりたいと思っていたから本当に楽しみだ」と目を輝かせた。井上戦での敗戦によりハングリー精神とモチベーションが復活したといい「大きな学びになった。あの試合が僕を生き返らせてくれた。あの試合で『戻ってきた』という気持ちになれた」と振り返った。

 39歳にしてなお進化を続ける〝フィリピンの閃光〟は「狩りにいくだけだよ。モンスターを狩るにはワナを仕掛けて仕留めるんだ。どんな戦略であれ、モンスターを捕獲し倒すことができれば任務完了だ」と、無敗の井上に土をつけることを予告。悲願の4団体統一のためにも、モンスター狩りを誓っていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220330-04096403-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b8af23d30389da10ab79d62058032b34faf85a1

【WBC世界バンタム級王者・ドネア(39)は井上尚弥への雪辱に自信「〝モンスター〟を狩るにはワナを仕掛けて仕留めるんだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/30(水) 13:06:47.65 ID:CAP_USER9
3/30(水) 13:00配信
オリコン

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(28)と、フィリピン出身で現WBC世界バンタム級王者のノニト・ドネア(39)が、6月7日に対決することが30日、発表された。試合の模様は、『Prime Video presents Live Boxing』(Prime Video)にて生配信される。

 2人は2019年11月に行なわれたWBSS決勝で初対戦。そのときは、井上が12ラウンドの判定3-0でドネアを破り、頂点に立った。この試合で井上の名前は世界にも知れわたり、再戦への期待の声が多く寄せられていた。

 なお、本日午後1時半から都内で会見が行われ、井上がこの試合に向けて意気込みを語る。

 『Prime Video』では、4月9日にさいたまスーパーアリーナで開催されるボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太と、IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦もライブ配信する。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220330-00000376-oric-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/474df6a4e992aa84526d800151bb8bfcadd85b3c

【3団体王座統一戦 井上尚弥VSノニト・ドネア、6・7に待望の再戦実現 Prime Videoで生配信】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 22:30:01.22 ID:CAP_USER9
1/23(日) 22:11
東スポWeb

井上尚弥 井岡一翔とのドリームマッチを改めて熱望!?「ラブコールは本気だぞ」
井上尚弥(東スポWeb)
 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が23日、自身のツイッターを更新。「滅多に言わないラブコールは本気だぞ ボクシング界盛り上げようじゃないか」(原文ママ)とメッセージを投稿した。

 井上は14日のWOWOWイベントでWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32=志成)との対戦に興味を示し、ファンの間では勝敗予想や実現の可能性などを巡って議論が白熱していた。一方で、ネット上では「実現不可能」「あり得ない」などと懐疑的な意見もあった。

 この日の井上の投稿を受けて、さっそくSNS上では「マジで期待してます」「え?ガチ井岡戦!見たい!見たい!!」「あれ、マジなんすか!? 想像だけでもう楽しい」などと実現を熱望する声が続出していた。果たして、モンスターVS日本男子初の4階級制覇王者のドリームマッチは実現するのか? 期待が高まるばかりだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-03946877-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba2cf250e7a493201c709ded5d731f347ef34197

【「ラブコールは本気だぞ」“モンスター”井上尚弥、井岡一翔とのドリームマッチを改めて熱望!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 01:44:53.88 ID:CAP_USER9
 夢のカードが急浮上だ。ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が14日、東京・後楽園ホールで開催されたWOWOWのイベント「エキサイトマッチ30周年記念 リングサイド会議SP『黄金の中量級』」に登場した。

 その後に取材に応じたモンスターは、6月に予定されているキック頂上対決「那須川 vs 武尊」に言及。「ファンが見たいカードが決まった時の雰囲気だったり、異様な雰囲気を醸し出す試合っていうものの一つになる」と言った後に「そういう試合を自分も組んでいきたいですね。日本人同士の戦いとか。ちょっと。実現に向けていきたいですけどね」と意味深な発言。

 さらに井上は「自分はバンタム級から下げることはできない。自分もキャリア後半に入るし、どこかで耳にした『5階級制覇を目指す』っていうコメントに期待しつつ、自分はそこに向けて…。2022年発言していってもいいのかな、と。発言するのは自由ですから」と口にした。

 明らかにWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32=志成)についての発言に報道陣は「おー」とどよめいたが、本人は「名前を言ってないのがミソですね」といらずらっぽく笑い、煙に巻いた。

 リップサービスは止まらない。モンスターは夢の一戦について、さらにこう続けた。

「この戦い(井岡戦)も自分がチャンピオンになってから、ファンの中でひそかに楽しみにって声も自分も聞きます。盛り上げるのであれば、そこはアリなのかなっていう。自分がバンタム級にいる間にそういう流れになればいいですし。話がくれば、ですよ(笑い)」

 井岡は大みそかに福永亮次(35=角海老宝石)に判定勝ち。井上はこの一戦を「見ていましたよ」という。その上で「自分とはボクシングに向き合う気持ちが違うのかなっていうのが率直な感想。それだけですよ。向き合う気持ちの違いは感じた一戦ではありましたね」と話した。

 すでに同ジムの大橋秀行会長とも井岡戦について「話をしているんですよ」という。ボクシングファンの「夢」がまた一歩近づいた。

東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb01e00ef5d29d068b63e19690dc46c72cbe721d

【夢のカードついに実現か… 井上尚弥、井岡一翔戦に言及「5階級制覇を目指すってコメントに期待…アリかな」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 01:37:54.22 ID:CAP_USER9
 2022年1月6日(木)、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が自身のSNSを更新。プロボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋ジム)とのツーショットを公開し、ファンを歓喜させた。

 武尊は「今日は大橋ボクシングジムで練習」と、元K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者の武居由樹も所属している大橋ボクシングジムに出稽古へ行ったことを明かし、「めっちゃ勉強になる。尚弥くんありがとう!」と、井上と練習したと投稿。

 技術指導があったのか、それともスパーリングを行ったのかは定かではないが、井上から武尊が何かを学んだことは間違いない。K-1とプロボクシングのスター同士の何とも豪華な顔合わせが実現した。

1/6(木) 21:29配信 ゴング格闘技
https://news.yahoo.co.jp/articles/30a6f9d6b7c41f9c996a42bcbe600b9a6aecba95
画像 武尊が自身のSNSで公開した井上尚弥との豪華ツーショット
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220106-00010005-gkakutogi-000-1-view.jpg

【K-1王者・武尊が井上尚弥とツーショット、大橋ジムへ出稽古「尚弥くんありがとう!」】の続きを読む

このページのトップヘ