SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

井口資仁監督

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/11(火) 09:16:42.06 ID:CAP_USER9
FRIDAY 10/11(火) 8:00

結局5位とかだと、色々と叩かれるよね。この女性スタッフがいて良かったと思う選手も…もっと見る

今季最終戦後のあいさつで辞意を表明したロッテの井口資仁監督(写真:共同通信)

千葉ロッテマリーンズの井口資仁・前監督は10月2日、本拠地でソフトバンクに5-3と勝利した後に行われた最終戦セレモニーで突然、ファンの前で今季限りでの辞任を発表した。現場で戦ってきた選手やスタッフは当日まで一切辞任の意向を知らされていなかったという。井口前監督が「来季に向けて求められたコーチ陣のテコ入れの内容が飲み込めるものではなかった」ことが辞任の原因といわれているが、同前監督がシーズン途中からベンチ入りを決めた女性スタッフとコーチ陣の間に生まれた不協和音によって、チーム内に亀裂が走っていたことが明らかになった。

◆シーズン途中からベンチ入りした女性スタッフが…

「昨年、一昨年と2位になり、今年こそ頂点をつかむ、ということでキャンプインし、シーズンをスタートしました。3年ぶりにBクラスになってしまったことはこれは本当に私の責任だと思っています。

『2025 マリーンズプロジェクト』にむけて突き進んでまいりましたが、志半ばではありますが私は今シーズンをもって退任させていただき、次の指揮官にバトンをうつしていきたいと思います」

突然の辞任表明。当然、ベンチ裏に戻ってきた選手やスタッフは戸惑いを隠せなかった。

「ビックリですよ。試合前まで何も聞かされていませんでしたから…」

「(井口前監督の)挨拶の途中で『お前が辞めろ』という心無いヤジがスタンドから飛んだんです。それで、井口監督は本当は言うつもりはなかったのに、カッとなってつい言ってしまったのかな……。そう考えたくなるぐらい、驚いています」

2018年に就任した井口監督は就任3年目、4年目の2020、21年と連続でパ・リーグ2位となりチームをCS出場に導き、今季は優勝を期待された。開幕13戦目の4月10日、20歳の佐々木朗希がプロ野球史上16人目の完全試合を達成。受けた捕手は高卒ルーキーの松川虎生だった。イキのいい若手も台頭し、17年ぶりのリーグ制覇への期待は高まるばかりだった。

しかし開幕4番を任されたレアードは来日8年目で初の打率1割台、本塁打も15本にとどまり、同じく主軸として期待されたキューバ出身のマーティンも打率1割台と極度の不振に陥り、8月末に途中帰国。リーグ最多失点だった投手陣を打線がカバーできなかった。完全試合を達成した佐々木も、チームが3位で踏ん張っていた夏場にマメがつぶれて約1か月離脱。完全試合の輝かしさがある反面、チームが苦しい時に救う投球はできなかった。ある球界関係者がこう明かす。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/89df300cc90f4fe688ee44f49de6599de8843b02

【ロッテ「3年ぶりBクラス」を招いた”女性スタッフ”の正体】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/06(木) 19:58:04.00 ID:CAP_USER9
ロッテは5日、鳥越裕介2軍監督(51)、木村龍治投手コーチ(52)、河野亮打撃コーチ(51)、清水将海バッテリーコーチ(47)、的場直樹戦略兼バッテリーコーチ補佐(45)の退団を発表した。いずれも、辞任した井口資仁監督(47)のダイエー(現ソフトバンク)、母校・青学大時代の人脈からコーチに招かれたが、指揮官ともに一掃された形となった。
球団は新監督を「白紙」としているものの、来季はこれまで冷や飯を食ってきた生え抜きOBが大集結の新政権が発足しそうだ。

ロッテOBは「外様のコーチばかりで現場でコミュニケーションを取りづらかった面がある。2005年の日本一経験者を中心にテコ入れを図るのが最適では」と指摘。次期監督について、球界関係者は「まず球団主導の組閣を認めてくれることが条件」と掲げる。

となると「コーチは公募」と公言している人気OBで球団スペシャルアドバイザーの里崎智也氏(47)は消える。浮上している福浦和也1軍打撃コーチ(46)はファンの支持は得られるものの、現役時代からチームの先頭に立ち引っ張っていくタイプではなく、指揮官としては疑問符が付く。

その福浦コーチと常に行動をともにしていたのが現楽天スカウティングアドバイザーのサブローこと大村三郎氏(46)。今週も東京六大学などを視察していたが、復帰の可能性は最も高い。
井口体制では非主流派となり全国に散らばっていた有力OBが、復権を果たすことになりそうだ。 (山戸英州)

https://news.yahoo.co.jp/articles/10058200cc1e0b57052327be353bd4d411a8bd11
10/6(木) 夕刊フジ

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1664748138/247

【"井口派一掃" ロッテ、生え抜きOBの新政権へ 福浦和也氏、大村三郎氏が復帰の可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 23:58:26.51 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221002-00240746-tospoweb-000-1-view.jpg
ファンにあいさつするロッテ・井口監督

ロッテ・井口資仁監督が辞意 後任には福浦和也コーチが浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221002-00240746-tospoweb-base

 ロッテの井口資仁監督(47)が、今季最終戦となった2日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)の試合後、最終戦セレモニーのあいさつで「今季限りで退任して、次の指揮官にバトンをつなぎたい」と辞意を表明した。今季は5位だった。

 現役引退後、2018年シーズンからロッテの指揮官となった井口監督は、20年にリーグ2位となり、4年ぶりのCS進出に導くと、昨季はオリックスと最後まで優勝を争い、一時は1シーズン制でのチーム51年ぶりとなる優勝マジック「9」を点灯させるも、2位に惜敗した。

 後任監督の候補としては、球団OBの里崎智也氏(46)らの名前も出ているが、現状では福浦和也打撃コーチ(46)が最有力視されている。

【ロッテ・井口監督の後任に福浦和也コーチが浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 00:43:31.67 ID:CAP_USER9
 ◇パ・リーグ ロッテ5-3ソフトバンク(2022年10月2日 ZOZOマリン)

 ロッテの井口資仁監督(48)が2日、今季限りで辞任することを発表した。今季最終戦となったソフトバンク戦(ZOZOマリン)後に行われたセレモニーで、「3年ぶりのBクラスとなったのは、全て私の責任です。今季退任して次の指揮官にバトンを託したい」と表明した。

 スタンドのファンからは悲鳴が起こり、スタジアムは異様な雰囲気に。指揮官はセレモニー後に取材に応え、「(退任は)今日決まったことなので、なかなか選手にも伝えられず、あの場で言うしかなかった」と明かした。試合前に球団と話し合い、自ら申し出たという。

 これを受けて球団は公式サイトで「井口資仁監督より辞任の申し出があり、受理しましたのでお知らせします」と発表。後任監督については「決定次第、お知らせします」とした。

 井口監督は18年から指揮を執り20年、21年は2年連続2位と躍進。今季はドラフト1位・松川を開幕スタメンに据えるなど若手を積極起用したが、マーティン、レアードなど助っ人は不振。69勝73敗1分けで5位と3年ぶりのBクラスに終わった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec87db8f84554e9e0f0531b348b2a9f5fc2134ce

【ロッテ・井口監督 ナインも知らなかった電撃辞任表明「今日決まったことなので」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 21:46:51.58 ID:CAP_USER9
ベースボールキング
@BaseballkingJP
🏟ZOZOマリン📡

試合後の最終戦セレモニーにて、井口資仁監督が今季限りでの退任を発表しました。

#chibalotte

🎦 @PacificleagueTV
https://twitter.com/BaseballkingJP/status/1576553567162597376
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【ロッテ・井口資仁監督が今季限りでの退任を発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/22(木) 06:55:43.30 ID:CAP_USER9
 ロッテが井口資仁監督(47)の来季続投を基本線に調整していることが21日、分かった。就任5年目で2年契約2年目の今季。現在5位も、CS圏内となる3位・楽天まで3ゲーム差と逆転進出の可能性を残している。最終決定には残り9試合の結果も重要となるが、順当ならば6年目の指揮も託されそうだ。

 昨季まで2年連続リーグ2位と躍進。今季は優勝にこだわったが、マーティン、レアードが大不振で、チーム127盗塁はリーグトップも、打率・230、87本塁打はともにリーグ5位と得点力不足に陥った。一方で若手を積極的に起用、ドラフト1位・松川を高卒新人捕手として史上3人目となる開幕スタメンに据え、3年目の高部を中堅のレギュラーに定着させた。3年目の佐々木朗は4月10日のオリックス戦で完全試合を達成するなど、目標とする「常勝」の道を前に進ませた。球団で2年連続2位以上は84、85年の稲尾和久監督以来2人目。来季6年連続指揮となれば球団最長タイとなる。

 今季は「頂点を、つかむ。」をスローガンに指揮官は「最後までしっかりと目標を持ち続けてやっていきたい」と決意していた。首位ソフトバンクと6・5ゲーム差で直接対決は残り5試合。22日のオリックス戦で敗れれば、優勝の可能性が消滅する。最後まで内容が問われる戦いとなる。

 《球団4人目》ロッテの井口監督は来季で就任6年目。ロッテを6年連続率いると、別当薫(54~59年度)、金田正一(73~78年度)、バレンタイン(04~09年度)に並ぶ4人目の最多連続期間になる。また、連続に限らない就任年数としては(代理、代行シーズンは除く)、前記金田監督の8年(73~78、90、91年)に次ぐ球団2位タイ。

 ◇井口 資仁(いぐち・ただひと)1974年(昭49)12月4日生まれ、東京都出身の47歳。青学大では東都大学リーグ記録の通算24本塁打。96年に逆指名でダイエー(現ソフトバンク)入団。04年オフにホワイトソックスに移籍し、フィリーズ、パドレスを経て09年にロッテで国内復帰。13年に日米通算2000安打を達成。17年限りで現役を引退し、18年から監督に就任した。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/52fb16cf01f5425f908b9b9dbfca0c32e6ea01f1

【ロッテ・井口監督が続投へ 球団最長タイ6年連続指揮に向け調整、若手積極起用で「常勝」へ前進】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 19:27:28.48 ID:CAP_USER9
2022年05月16日 15:12 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/kiji/20220516s00001173376000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/jpeg/20220516s00001173129000p_view.jpg

 斉藤惇コミッショナー(82)は16日、ロッテの井口資仁監督(47)とブランドン・レアード内野手(34)に対し、厳重注意と制裁金10万円の処分を科した。

 井口監督は14日のオリックス─ロッテ8回戦(京セラドーム)の0―1の9回2死一、二塁。一打同点の好機でフルカウントからエチェバリアへの7球目がストライク判定となるとベンチから飛び出して猛抗議した。福家英登球審の注意を受けても引き下がらず、嶋田哲也三塁塁審から「侮辱的発言」で退場処分が下った。責任審判の吉本文弘二塁塁審は「退場に値する発言がありました」とし、嶋田塁審も「警告は1回している」と処分の正当性を主張していた。

 またレアードは15日の同9回戦の2回の第1打席で見逃し三振の判定に猛抗議。暴言で白井一行球審から退場処分を受けた。

【ロッテの井口監督とレアードに厳重注意と10万円の制裁金 退場に伴う処分】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 22:00:02.23 ID:CAP_USER9
<ロッテ0-1日本ハム>◇17日◇ZOZOマリン

ロッテ井口資仁監督(47)の決断が揺らぐことはなかった。8回裏の攻撃が終わると、ベンチを出て、球審に告げた。佐々木朗希投手(20)は、2試合連続でパーフェクトなるか-。その直前で代えた。

「本当に素晴らしい投球で、できれば最後まで我々も見たかったし、ファンの方も見たかったと思いますけど、いろいろ先々考えると、あそこが今日は限界だったのかなと思います」

投球自体は「素晴らしかった」とたたえた。一方で「今日は100球弱と思っていた」。7回を終えると86球になっていた。

「7回終わった時点で朗希がちょっとへばりつつあったので、何とか8回までと思っていました」

2試合連続での完全試合-。日米ともにない偉業。国内外の野球ファンたちが注目した。未知の記録がかかっていた。指揮官は102球で大きな決断をした。

「記録は記録でありますけどね、やっぱりチームが勝つというか、1年間朗希がローテーションを回るということが大事なので。いろんなことを加味して」

プランは変わらない。「行きます。明日以降の体の状態を見ながら」と、24日のオリックス戦(京セラドーム大阪)での先発予定を明言した。プロ3年目。初めて中6日で先発を務め、次回で5度目のマウンドになる。プロ1年目は肉体強化に終始し、実戦登板なし。2年目はほぼ2週間に1度のペースで投げた。「中6日で1年間投げられるように」。本人の年間目標、チームの方針を優先した。

3年前の夏。岩手大会決勝で投げなかった佐々木は「監督の判断なので…」と神妙な表情をした。この日は。「途中、疲れている部分もあったので、その中で首脳陣の判断なので。試合中にも木村コーチと話しながら、納得する形で降りました」。うなずきながら、口にした。【金子真仁】

https://news.yahoo.co.jp/articles/f45566fc0796a804a23373fc79b31deb2349338c

【ロッテ・井口監督102球での決断揺らがず「1年間朗希がローテーションを回ることが大事」】の続きを読む

このページのトップヘ