SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

井手口陽介

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 11:44:57.88 ID:CAP_USER9
アロア・アスレティック戦でスタメン出場の井手口が負傷交代

https://news.yahoo.co.jp/articles/d94f3d76fb4f98e84c8558b790f589c84d580900

スコットランド1部の名門セルティックに冬の移籍市場で加入したMF井手口陽介は、現地時間1月22日の国内カップ戦のアロア・アスレティック戦でスタメン出場をしたものの、相手選手のタックルを受け負傷交代。イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドでのプレー経験も持つマイケル・ステュアート氏は「ハード・タックルではなく、バッド・タックル」「あれはとんでもない」と語っている。

【写真】「これは足の破壊者だ」「とんでもないよ」マンUのOBも糾弾! セルティック井手口陽介がタックルを受けて負傷した瞬間
https://pbs.twimg.com/media/FJu-B9HWUAMq-2X?format=jpg&name=small

 この試合では、冬の移籍市場で加入した3人のうち日本代表への選出が発表されたFW前田大然に加え、井手口がアロア・アスレティック戦でスタメン出場。FW古橋亨梧はメンバー外で、リーグ戦で鮮やかなデビューを飾ったMF旗手怜央はベンチスタートだった。

 そのゲームの後半15分頃、井手口は相手MFモハメド・ニアンの強烈なタックルを受けて倒れ込んだ。左足首を痛めた井手口はそのまま負傷交代となったが、ステュアート氏がTV局「プレミア・スポーツ」で語った言葉をスコットランドの現地紙「デイリー・レコルド」が伝えた。

「そのプレーをリアルタイムで見た時には、昔からよくある類のタックルだと感じたんだ。だが、リプレイで見れば足首を上から踏みつけているんだ。避けようがないよ。これは『レッグ・ブレーカー(足の破壊者)』だ。井手口の無事を願うよ。だから質問に答えるならば、あれは正しくないし、昔からよくあるようなものではないし、ハード・タックルでもない。あれは『バッド・タックル』だ。あれはとんでもないよ」

 いわゆる激しさが特徴の1つとされる英国サッカーで育ったステュアート氏の目にも、井手口が受けたタックルはそれで済まされないものに映ったようだ。大きな負傷につながらないかが心配される。
 
フットボールゾーン 1/23(日) 9:47
https://news.yahoo.co.jp/articles/d94f3d76fb4f98e84c8558b790f589c84d580900

【セルティックMF井手口陽介、負傷!強烈タックルをマンUのOBが非難「ハード・タックルではなく、バッド・タックル」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 12:18:14.41 ID:CAP_USER9
セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が、デビュー戦で躍動したMF旗手怜央らを称賛した。イギリス『Daily Record』が伝えた。

セルティックは17日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。古橋亨梧が負傷欠場したものの、今冬に加入した前田大然と旗手が先発で出場した。試合は4分に前田が電光石火のデビュー弾を挙げると、旗手も攻守に躍動して2-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。

試合後、ポステコグルー監督は『BBC Radio』で、「彼らは全員、うまくやった。彼らを早い段階で起用していくのはプロセスの一部だった。先週からここまで素晴らしいトレーニングができていたからね。3人は皆うまくやってくれた」と、途中出場したMF井手口陽介を含む日本人の新戦力を称賛した。

また、現地では旗手をレジェンドの中村俊輔と比較する声も出たとのことだが、ポステコグルー監督は「いや、彼はレオ・ハタテだ」と口にし、日本人選手たちの特徴を一括りに考えないようにすべきだと改めて強調した。

「彼は彼自身の名を成すだろう。非常に才能ある若いプレーヤーだ。そして、確固たる決意を持っている」

「彼らは全員違う選手なんだ。私がこれまで言ってきたようにね。彼はフットボールの世界でトップを目指している。このクラブに引き入れることができて嬉しいよ。我々は最高の彼を引き出したいと考えている。到達できる最高レベルまで引き上げていきたい」

セルティックはこの後、22日に行われるスコティッシュカップ4回戦でアロア・アスレティックとのアウェー戦を迎える。

GOAL 1/18(火) 12:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/c32566133f2655436c94bb11283084d4523285b8

【セルティック・ポステコグルー監督 躍動の旗手、前田、井手口を称賛!「3人は皆うまくやってくれた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 10:05:42.48 ID:CAP_USER9
1/18(火) 8:42配信
デイリースポーツ

 スコットランド・プレミアリーグのセルティックは17日(日本時間18日)、本拠地セルティック・パークでヒバーニアンと対戦し、2-0で勝利した。今冬に加入したFW前田大然(24)とMF旗手怜央(24)が先発出場し、MF井手口陽介(25)は途中出場した。前田は前半4分に先制点となるデビュー弾と決め、旗手はマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せた。FW古橋亨梧(26)はベンチ外となった。

 センターFWで先発出場した前田は開始早々の4分、右サイドからオーストラリア代表MFロギッチが送ったクロスを右足で流し込んだ。背番号38を背負った前田は日本で代名詞となっていた「アンパンマン」のパフォーマンスで喜びを表現。試合後には写真を添えて自身のツイッターを更新し、「Thank you all for your support tonight! I’m massively happy and looking forward to contributing more. It’s a Japanese anime(今夜の応援ありがとうございました!とても幸せで、もっと貢献したいです。これは日本のアニメです」とつづった。

 旗手は左インサイドハーフで先発出場し、クラブの公式ツイッターによるマン・オブ・ザ・マッチの得票率で78.2%2を獲得。21.8%の前田を圧倒し、「レオ・ハタテ なんてデビューだ」と賛辞を贈られた。前田と旗手は後半29分に途中交代。井手口は旗手に代わって出場し、デビューを果たした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220118-00000026-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6777532af013b7e7995256a55f980828fc9941c7

【セルティックFW前田大然が衝撃の開始4分デビュー弾 「アンパンマン」パフォ披露 旗手はMOM選出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/03(月) 23:11:59.94 ID:CAP_USER9
G大阪からセルティックに加入したMF井手口陽介(25)が2日、クラブ公式サイトのインタビューに応じた。

 「この歴史あるチームに声をかけてもらって凄く光栄で凄くうれしいです」と移籍の喜びを強調。横浜を率いていたポステコグルー監督に関しては「(声をかけてもらい)うれしいです。日本で監督をやっている時から見ていて面白いサッカーをしていたので、僕も面白いサッカーを体験できるように頑張っていきたい」と語った。移籍に際して話し合い「監督のプレースタイルを確立するために自分のことを探していたと言われた」という。

 昨夏に神戸から加入した古橋がエースとして活躍する中で「彼とはプレースタイルは違いますけど、自分の持ち味を出し、チームの勝利に貢献できるように頑張りたい」と訴えた。横浜からFW前田大然、川崎FからFW旗手怜央が同時加入したことには「日本人がいるのは非常に心強いですし、一緒に頑張っていきたい」と語り、共闘を誓った。

スポニチ 1/3(月) 22:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/6cdb8ad07c7e5789a9adc31b7eabc76c8c9b38df

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220103-00000271-spnannex-000-2-view.jpg?pri=l&w=403&h=640&exp=10800

【井手口陽介、G大阪からセルティックに加入!日本人カルテットに「非常に心強い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/31(金) 20:27:43.14 ID:CAP_USER9
スコットランド1部セルティックは31日、川崎フロンターレFW旗手怜央(24)、横浜F・マリノスFW前田大然(24)、ガンバ大阪MF井手口陽介(25)の日本人3選手を獲得すると発表した。

日本から複数選手の海外同一クラブ移籍が一斉に発表されるのは異例。日本代表FW古橋亨梧(26)のフィーバーに沸くセルティックが、一挙3人のJリーガーを獲得した。

旗手と井手口は完全移籍で、前田は買い取りオプション付きの期限付き移籍となる。

セルティックを率いるのは、今夏までJ1横浜を指揮したポステコグルー監督。昨夏に横浜入りした前田は、同氏のもと得点を重ねて今季J1得点王に輝いている。旗手と前田はともに今夏の東京五輪に出場し、11月にはA代表入りした。

井手口と前田は2度目の海外挑戦となる。

3選手はそれぞれ、所属元を通じてコメントを発表した。

日刊スポーツ 12/31(金) 20:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb726275783b318837251694e5712a808100c9de

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-42310875-nksports-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=575&exp=10800

【スコットランド1部セルティック 前田大然、旗手怜央、井手口陽介を獲得!日本から複数選手の海外同一クラブ移籍が一斉に発表されるのは異例】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/31(金) 12:16:41.52 ID:CAP_USER9
日本代表FW古橋亨梧のプレーするスコットランド1部の名門セルティックはさらなる日本人選手の補強が噂されている。英地元紙「デイリー・レコード」はFW前田大然(横浜F・マリノス)、FW旗手怜央(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)の3人が条件面で個人合意に達しており、一挙に3選手の獲得を完了させる見込みだと報じている。

 報道によれば、前田と井手口の2人はすでに英国に到着しており、旗手も数日中には渡英する予定だという。3人の労働ビザ取得の手続きも順調に進んでいるようだ。

 前田については日本でもすでに報じられていたように、今季終了まで半年間の期限付き移籍で、来夏に170万ポンド(約2億6000万円)で完全移籍となる。旗手と井手口に関して条件面の詳細はまだ明らかになっていないが、ともに合意に達しているという。

 アンジェ・ポステコグルー監督の下でセルティックは今季すでにリーグカップを制覇。決勝では古橋が2ゴールの活躍を見せた。昨季、宿敵レンジャーズに明け渡したリーグ王者の地位奪還を目指すなかで、ポステコグルー監督と古橋に続く日本からの補強でさらに戦力を充実させることになりそうだ。

フットボールゾーン 12/31(金) 9:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/f686494a39d94855b441834a8b664e32b67eed96

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-00359838-soccermzw-000-13-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【スコットランド1部セルティック 前田大然、旗手怜央、井手口陽介と個人合意報道!一挙に3選手の獲得を完了させる見込み】の続きを読む

このページのトップヘ