SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

京大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/20(木) 21:53:19.89 ID:d6l8y14j9
◇20日 プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD

 194センチの長身から繰り出す最速152キロ右腕の水口(みなくち)創太投手(4年・膳所)はソフトバンクから育成7位指名を受けて「評価していただいてうれしい。周りの意見を聞きながら、自分なりに結論を出したい」と話した。

 19日に大学最終試合を終えた時点では「育成では行かない」と話していたが、育成に定評があり、しかも恩師の近田怜王監督(32)が元ソフトバンク投手だった縁もあり「今は行くか行かないかは半々です」とプロ入りへ寄り戻した。

 医学部人間健康科学科で理学療法を学ぶ水口。ドラフト指名がかからなかったあとも会見場で育成ドラフトを見守り、ついに名前が呼ばれた。

 「スケールの大きい投手になりたい。時間は掛かると思いますが、球界を代表する投手になりたいです」。まだ半々と言いながらも取材に応えるうちに、夢を語る。ソフトバンクは4軍制を敷くことになるが「上背があるので、角度のある直球と落ちる球で空振りを取れます。ライバルは多くなるかもしれませんが、それは気にせず、自分に必要なことをやっていきたい」と前向きだ。
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ab455cc01f78b4336ec75561a5242329eb5fe436

【京大医学部・水口創太投手「今は行くか行かないかは半々」 ソフトバンク育成7位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/01(木) 21:06:59.61 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年9月1日 20:53
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/09/01/kiji/20220901s00040000563000c.html

3年ぶりに通常のリーグ戦が復活した関西学生アメリカンフットボール1部リーグが開幕した。

昨年2位で、7年ぶりの甲子園ボウル出場を狙う立命大は京大に大苦戦。前半を終え、7―14とリードを許しながら、後半に地力を発揮して逆転勝利。1990年シーズン以来、32年ぶりの黒星スタートは免れた。

【関西学生アメフト1部リーグ 立命大、京大に大苦戦の22年初陣 逆転勝利で32年ぶりの「屈辱」免れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/25(木) 13:21:20.01 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年8月23日20時50分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202208230001094.html

関西学生野球連盟が23日、大阪市内で秋季リーグ戦プレス発表会を開催し、春5位の京大はプロ注目で最速152キロ右腕の水口創太投手(4年=膳所)を優勝のキーマンに挙げた。

近田怜王監督(32)は「頑張ってもらわないと。彼はプロに行きたい。秋に頑張って結果を出さないといけないと思っている」と期待。水口は医学部に在籍し、春は平日に病院実習があったため、満足に試合登板できず。コロナ禍や実習でいまも調整段階だ。「9イニング完投するというところが難しくなっている。(仕上がりは)4割くらい」と近田監督。今後、先発か救援か判断していく。リーグ戦は9月3日に開幕する。

【<関西学生野球>京大Vのキーマンはプロ注目で152キロ右腕の水口創太(医学部) 近田監督「秋に頑張って結果を」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/15(月) 07:18:47.84 ID:CAP_USER9
◇14日 フィギュアスケート げんさんサマーカップ ジュニア男子フリー(大津市・滋賀県立アイスアリーナ)

愛知・東海高出身で、12日のショートプログラム(SP)は8位だった佐々木晴也(18)=京大=がフリー2位の122・89点をマーク。合計を173・71点として、5位で今大会を終えた。

受験勉強に専念するためしばらく競技から離れていたこともあって、今大会が約1年半ぶりの試合だったが、フリーでは冒頭の連続ジャンプのダブルアクセル(2回転半ジャンプ)―3回転トーループを着氷。最後の3回転フリップで転倒したものの、3本目の3回転ルッツからの3連続や後半の3回転ルッツ―2回転トーループといったコンビネーションジャンプをミスなくまとめて、フリー2位の得点につなげた。 現在は経済学部経営学科1年生として京大に在学中で「とてもいい感触でできたのではないかと思います」とホッとした表情。勉学とともに競技を続ける文武両道のスケーターは11月の全日本ジュニア選手権で6位以内に入って12月の全日本選手権に進むことを目標としており、「できるだけ上を目指していきたい」と先を見据えた。

トーチュ2022年8月14日 14時36分
https://www.chunichi.co.jp/article/526570

【『京大生フィギュアスケーター』佐々木晴也5位 大学受験によるブランクで約1年半ぶりの試合「いい感触」】の続きを読む

このページのトップヘ