1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/08(水) 00:15:37.62 ID:CAP_USER9
■日本ハム0ー2DeNA(7日、札幌ドーム)

 日本ハム・新庄剛志監督(50)は、試合後「手も足もヒットも出ません」と苦笑いしながら登場。DeNAの今永にノーヒットノーランを食らい「おめでとうですね。いやー、テンポもいいし、コースにビタビタ、タイミングを遅らせてね、いい投手ですよ」と完敗を認めた。

 この日の先発は、4月19日の楽天戦以来、白星から遠ざかっている加藤。新庄ビッグボスは、左腕を援護するべく「守備(重視)から”点を取ってみよう打線”に替えてみた」と攻撃型のオーダーを組んだ。

 しかし、終わってみれば、塁に出たのは二回に四球を選んだ清宮だけ。新打線は不発に終わり「加藤君もすっげー良かった。なんとか勝ちを付けてあげたかったんだけど…。作戦も何もできないんだから。かき回したかったけど、かき回せないっていうこのもどかしさ」とお手上げだった。

 4月17日のロッテ戦では佐々木朗に八回まで完全投球を許しており「ある意味これ2回目ですよね。今シーズン」。それでも、九回先頭で代打起用した浅間には「小細工するなよ。3球で終わってもいいからせこいことするな」と助言。奇策を使うことなく、最後まで真っ向から立ち向かった。

 本拠地・札幌ドームで初のノーヒットノーランを許し、チームは今季2度目の5連敗。「俺は切り替えが早いから引きずらない。おめでとうの方が強い」と前向きに話した指揮官とは対照的に、清宮らが試合後のベンチでぼう然とした表情を浮かべるシーンもあった。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/bba160a72b1aa2829365645ad777a5b7c11c5a00

【日本ハム・新庄BIGBOSS 札幌ドーム初のノーノーを許し「手も足もヒットも出ません」】の続きを読む