SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

仙台育英

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/06(日) 21:49:20.95 ID:7JZRpHYB9
 「全国高校野球選手権・1回戦 仙台育英19-9浦和学院」(6日、甲子園球場)

 浦和学院に大勝した仙台育英・須江監督は「こんな試合になるなんて、0・00001%も思っていなかった」と評した。

 初回にアピールプレーで得点が修正される場面もあったが、2死から3連続タイムリーで一挙4点を先制した仙台育英。三回には二ゴロ間に1点を追加後、尾形、湯田の2者連続アーチが飛び出した。さらに猛攻は止まらず、橋本の右前適時打で計5点を挙げた。

 4月に行われた両校の練習試合では8回まで2-2の接戦を展開。九回に仙台育英が2点を勝ち越して勝利していた。

 それだけに指揮官の想定外となったゲーム。ただ浦和学院も猛反撃で強力投手陣に対抗し、追い上げてきたことで「強いチームだった。点差より拮抗していた。圧があった。話しても追いついてくる」とベンチでの心境を明かし、「こんなに取ったのも取られたのも初めて」と驚きの表情を浮かべた。

 それでも打線が終盤に粘る浦和学院を突き放し、夏連覇へ向けて大勝で一歩を踏み出した。組み合わせ抽選後に「打ち合いになったら勝てない」と語っていたが、春よりも力強さを増した打線の成長が頼もしい。

 次戦は同じ東北地区でしのぎを削る福島・聖光学院。甲子園経験が豊富な難敵だが、湯田は「ストレートや変化球含め、次戦に向けて見直したい」と前を向いた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/73cbf8acbfd73aa5c48a7b325f024c222bc67acd

【仙台育英・須江監督「こんな試合になるなんて0・00001%も思ってなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/06(日) 20:51:52.02 ID:2/SJ6SvD9
浦和学院 0 0 0  4 0 0  5 0 0| 9
仙台育英 4 0 5  0 1 5  0 1 X|16 

【バッテリー】
(浦)鈴木、渡辺、細沢、月野、田中、伊藤 - 篠塚
(仙)湯田、高橋、仁田 - 尾形

【本塁打】
(浦)
(仙)尾形1号(3回裏2ラン)
   湯田1号(3回裏ソロ)
   
https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021019134/

【第105回全国高校野球選手権・1回戦 浦和学院 9-19 仙台育英 先発全員安打HR2発で仙台育英が2回戦進出 浦和学院6失策 両チーム合わせて37安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/29(水) 19:57:36.65 ID:yzIHO4549
スポニチ[ 2023年3月29日 19:10 ]
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/03/29/kiji/20230329s00001002452000c.html

第95回選抜高校野球大会準々決勝 報徳学園5ー4仙台育英 ( 2023年3月29日 甲子園 )

 報徳学園がサヨナラで仙台育英を下し、17年以来となる4強入りを決めた。
 3-1とリードして迎えた9回に同点に追いつかれ、2試合連続で延長タイブレーク。延長10回に1点を勝ち越されたが、先頭・竹内の犠打を三塁手がエラーし、同点に追いついた。2死満塁、山増竜也(3年)が左前適時打を放ち、サヨナラ勝利を収めた。

 大角健二監督は「生徒たちに助けてもらって、ありがとうと言いたい」と振り返った。山増には「気持ちが高まる場面。ボールの内側を叩こう、いつも通りのバッティングをしよう」と声をかけたという。最後まで諦めなかった選手たちを「どんな場面でも楽しむ姿勢を忘れていない、本当に頼もしい姿が見られた。試合ごとに精神的に強くなってくれて、今後も楽しみ」と称えた。

 31日の準決勝は大阪桐蔭との近畿対決となった。「秋に負けてその思いを胸に冬はやってきたので、今日以上のゲームをやってくれると思う」と指揮官は力を込めた。

【第95回選抜高校野球・準々決勝 報徳学園サヨナラ4強 昨夏王者・仙台育英を延長タイブレークで下す 大角監督「ありがとう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/21(火) 19:32:06.80 ID:hPlY/C2s9
日刊スポーツ2023年3月21日17時3分
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202303210000886.html

<センバツ高校野球:仙台育英2-1慶応>◇21日◇2回戦

史上5校目の夏春連覇を目指す仙台育英(宮城)が慶応(神奈川)をサヨナラで破り、初戦を突破した。

6回裏、2死一、三塁から高橋煌稀投手(3年)が先制適時打。8回までリードを守ったが9回表に同点に追いつかれた。

11-1で今大会初のタイブレーク(今大会から10回から)へ。10回表を無失点に抑えるとその裏、2死満塁から1番山田が左へサヨナラ安打を放った。

慶応は9回に同点に追いつく粘りを見せたが、18年ぶりのセンバツ勝利を逃した。清原和博氏の次男、勝児内野手(2年)は「5番三塁」で先発出場。第1打席で左前安打を放ち5打数1安打。しかし父に続く甲子園勝利はつかめなかった。

仙台育英・須江航監督は「声出しの応援が解禁された甲子園が素晴らしい試合をつくってくれたのかなと思います。両校のすべてを出し切った試合だったなと思います」と話していた。

依頼あり
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ ★1606 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1679052212/286

【第95回選抜高校野球・2回戦 仙台育英がタイブレーク制し史上5校目の夏春連覇へ初戦突破 慶応・清原は初戦で涙】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/23(火) 11:21:02.49 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 8/23(火) 10:37

<全国高校野球選手権:仙台育英8-1下関国際>◇22日◇決勝◇甲子園

 全国高校野球選手権の決勝、仙台育英(宮城)-下関国際(山口)が22日、NHKで生中継された。

 世帯平均視聴率は午後1時50分から80分間が12・3%(個人平均6・3%)、同3時12分から128分間が13・0%(同6・7%)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで明らかになった。

 仙台育英が下関国際を下し、春夏通じて初優勝を果たした。東北勢としても春夏通じて13度目の挑戦で初優勝となり、悲願の「白河越え」を遂げた。

 0-0の4回1死三塁。4番の斎藤陽外野手(2年)が一、二塁間を強いゴロで破る右前適時打で先制。4-1と3点リードの7回1死満塁では、県大会でメンバー外だった岩崎生弥内野手(3年)が、今大会チーム初本塁打となる満塁本塁打を放ち、試合を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/218c8e57022a0ea8a55d54cc3e0dd9596c78d242

【全国高校野球選手権・決勝 仙台育英が下関国際下し東北勢初V 視聴率は13・0%、悲願の「白河越え」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 21:34:25.52 ID:ALhZOLG40
中日の仙台育英OBの梅津晃大投手、郡司裕也捕手が22日、母校の甲子園初制覇に祝福コメントを寄せた。

 梅津は小学6年生の時に、仙台育英秀光中等教育学校で監督を務めていた須江航氏(現仙台育英監督)に誘われ、入学を決意。恩師が成し遂げた快挙に喜びもひとしおだ。

 「中学生の頃から知っている監督ですし、すごくうれしいです。満塁本塁打を打った岩崎選手がここまで色々苦労して頑張っているのも知っていて応援していたので、とても感動しました。3年間の猛練習に耐えた選手たちが監督の理想に応え、成果を出せたのだと思います。後輩たちには『お疲れ様』『優勝おめでとうございます』と伝えたいです」

 自身はトミー・ジョン手術を受け、リハビリ中だが、復活に向け、大きな刺激になるはずだ。

 15年夏の決勝で、小笠原慎之介(現中日)を擁する東海大相模(神奈川)に敗れた郡司も、喜びを隠せなかった。

 「まず、後輩たちに素直におめでとうと伝えたいです。誇りに思うと共に、7年前に僕らが達成できなかった東北勢初優勝を果たしてくれたことに感謝しています。これで少しは現在同僚の小笠原慎之介への雪辱が果たせたと勝手に思っています。後輩たちからは大きな刺激を受けました。僕自身、結果を出せるように頑張ります」

 この日、出場選手登録を抹消されたが、残りシーズンでリベンジの機会は残っている。後輩たちの快挙をエネルギーに変える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32e62eecbee9e53e6d32953571366e8588c39540

【仙台育英OBの中日・梅津晃大&郡司裕也、後輩を祝福「小笠原慎之介への雪辱果たせた」15年夏準V】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 16:26:37.90 ID:CAP_USER9
仙台育英 (宮城) 8-1 下関国際 (山口)

下関国際 000001000-1
仙台育英 00012050X-8

【投手】
下関国際:古賀、仲井
仙台育英:斎藤蓉、高橋

【本塁打】
仙台育英:岩崎

※仙台育英が初優勝

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011319/score

【第104回全国高校野球選手権・決勝 仙台育英が8-1で下関国際を下し、春夏通じ初の甲子園優勝!東北勢、悲願の全国制覇!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 11:54:37.87 ID:CAP_USER9
 第1回大会(1915年)から1世紀を過ぎても、深紅の大優勝旗が「白河の関」を越えて東北の地に降り立ったことはない。仙台育英は積年の悲願に挑む。

 東北のチームが決勝に臨むのは4年ぶりで、仙台育英の3度を含めて10度目。決勝は延長や接戦が多く、優勝旗がすぐ手の届くところまで何度も迫ってきた。

 大正4年に開かれた第1回大会決勝は、秋田中(現秋田)が延長十三回の末、サヨナラ負け。半世紀以上を経た第51回(69年)は、元祖「甲子園のアイドル」の太田幸司投手を擁する三沢(青森)が、松山商(愛媛)との延長十八回引き分け再試合の末に敗れた。

 元号が昭和から平成に変わって最初の第71回(89年)は、大越基投手が活躍した仙台育英が初の準優勝。この年の決勝も延長十回の激闘だった。

 今世紀に入ってから、東北勢の決勝進出は珍しいことではなくなった。第85回大会(2003年)は、2年生だったダルビッシュ有投手が注目を集めた東北(宮城)が接戦の末に敗れた。光星学院(青森、現八戸学院光星)は、第93回(11年)から2年連続で決勝に進出。「高校野球100年」の節目を迎えた第97回(15年)は仙台育英が2度目の決勝を戦ったが、九回に勝ち越し点を奪われた。第100回大会(18年)は、吉田輝星(こうせい)投手を中心にメンバー全員が地元出身の金足農(秋田)が準優勝した。「金農旋風」は流行語にもなった。

 元号が令和に変わってから、東北勢初の決勝進出となった今回。東北の6校のうち5校が初戦を突破し、準決勝は初めて東北勢対決となるなど、みちのくのチームの活躍ぶりが目立っている。(八鍬耕造)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bac0ad7605c5c66e46b89e99c0d469d52129dec

【東北勢、甲子園決勝は激闘の歴史 ダルビッシュらも挑んだ「白河の関越え」】の続きを読む

このページのトップヘ