SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

伊東純也

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/18(日) 22:13:02.76 ID:CAP_USER9
現地時間17日、リーグ・アン第8節が各地で開催され、スタッド・ランスとモナコが対戦した。

新天地のスタッド・ランスで早くも攻撃の軸を担っている伊東純也。同じく今季からフランスの地に移った南野拓実はモナコで苦しんでいる。明暗分かれるリーグ・アンの日本人選手2人が所属するチーム同士が相見えた。

伊藤は先発を飾り、南野はベンチから出場機会を伺う。

試合は22分、スタッド・ランスにアクシデント。ロッコの振り抜いた足裏が相手に当たったとして1発退場の判定を受けてしまう。

数的優位となったモナコは後半開始直後の47分、ディサシの右からのクロスをゴロヴィンが頭で合わせる。アウェイのモナコが先制に成功する。

スタッド・ランスは61分、コーナーキックのこぼれ球をバロガンが押し込みネットを揺らすも、オフサイドの判定でゴールは無効に。

追加点の欲しいモナコは65分、ゴロヴィンに代わって南野が投入される。

87分、遂に南野にゴールが生まれる。カウンターから南野が右サイドでフリーに。スルーパスを受けた南野はドリブルでエリア内に侵入。落ち着いてゴールに流し込んで待望の初ゴールが生まれた。

モナコは終盤にも追加点が生まれ、試合は終了。モナコがリーグ戦3連勝を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/814074c52db1cf828ef85dd35b9718c2c7486f35

【南野拓実、待望の初ゴール&初アシスト!伊東vs南野の日本人対決はモナコがスタッド・ランスに勝利でリーグ3連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/01(木) 09:37:26.42 ID:CAP_USER9
サッカーダイジェストWeb編集部 2022年09月01日

前節にリヨンから移籍後初ゴール
 現地8月31日に開催されたリーグ・アン第5節で、伊東純也が所属するスタッド・ドゥ・ランスがアウェーでアンジェと対戦した。

 この試合で貴重な追加点を叩き出したのが伊東だ。23分にムネチの得点で先制して迎えた前半アディショナルタイム1分、敵最終ラインの裏に抜け出ると、DFに後ろから押されながらもGKとの1対1を制して、右足で冷静にシュートを流し込んでみせた。

 日本代表アタッカーは、移籍後初ゴールを決めた前節のリヨン戦に続き、2試合連続の得点となった。

 後半は点の取り合いとなり、S・ランスは2-2に追いつかれるも、退場者を出しながらも2点を奪い、4-2で勝利した。伊東は数的不利となった直後の69分に交代を強いられたものの、今シーズン初勝利に貢献している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=116158?mobileapp=1
https://i.imgur.com/5atVOGC.jpg

【S・ランス伊東純也が2試合連続ゴール!裏抜けから冷静に追加点を奪取! チームの今季初勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/29(月) 02:01:15.05 ID:CAP_USER9
日本代表FW伊東純也がスタッド・ランス移籍後初ゴールをマークした。

開幕3戦で1分け2敗の未勝利となっているS・ランスが、2連勝スタートを切ったリヨンと対戦。今夏にスタッド・ランスに加入した伊東は初先発だった前節に続いてスタメン出場した。

2トップの一角としてスタートからピッチに立った伊東は、24分に試合を動かす。右サイドのブシが入れたクロスにニアサイドの伊東がヘッド。しっかりと振った完璧なヘディングシュートをファーのゴール左に突き刺して、加入後初ゴールでチームに先制点をもたらした。

伊東のゴールにより1点リードで試合を折り返したS・ランスだが、63分には中盤で危険なチャレンジにいったロビーが一発退場となり、数的不利となる。これにより、ランスは伊東が一人で前線に残る形になった。だが、その伊東は67分にアグバドゥとの交代でベンチに退くことになる。唯一のゴールを挙げた伊東にはスタンドの観客も拍手でたたえた。

その後、10人のランスはリヨンの攻撃に耐えるも、86分にはクロス攻撃からムサ・デンベレのヘディング弾を浴びて同点に。試合はそのまま1-1で終了し、最後は苦しみながらも勝ち点1を獲得している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5be5c3215360379d1d3c560acdfbb3eeb2741f76

【FW伊東純也、完璧ヘディング弾で移籍後初ゴール! 退場者を出したスタッド・ランスは初勝利ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/04(木) 02:08:21.74 ID:CAP_USER9
フランス1部スタッド・ランスに入団した日本代表MF伊東純也(29)に、多くのサッカー選手が悩まされてきた恥骨炎の疑いが出て検査を受ける運びになった。

 伊東は7月31日に親善試合のサッスオロ(イタリア)戦で新天地デビューを果たし、先制アシストを見せるなど活躍したが前半のみで交代していた。

フランス紙「リュニオン」は「伊東純也は重症の可能性がある。彼は、それが恥骨炎ではないかどうかを確認するために、検査を受けなければならない」と報道。
今後精密検査を受け、7日に予定されるリーグ開幕戦のマルセイユ戦は欠場の選択肢も出てきた。

同紙が重症の可能性を指摘したのは、疑いが出ている恥骨炎がこれまで多くの有名サッカー選手を悩ませてきたから。
恥骨炎や股関節周囲の痛みは、かつて日本代表のエースだったMF中田英寿やフランス代表のスターだったMFジネディーヌ・ジダンなども慢性化して苦しんできた。

 伊東が同様の症状かは現時点ではハッキリとしていないが、診断次第では11月開幕のカタールW杯に向けて森保ジャパンにも大きな影響が出てくる。日本のエースの状態が心配だ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4361846/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/08/418575cab168cf127d5b629fdab1fa8a-338x450.jpg

【森保ジャパンのエースMF伊東純也が恥骨炎の疑いで検査へ…フランス紙は重症の可能性を指摘】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/30(土) 08:53:46.63 ID:CAP_USER9
伊東純也の仏1部スタッド・ランス加入が正式発表 4年契約で背番号39 8月6日マルセイユと開幕戦

 サッカーのフランス1部スタッド・ランスは29日(日本時間30日)、ベルギー1部ゲンクから日本代表FW伊東純也(29)を獲得したと発表した。2026年までの4年契約で背番号は39。伊東はゲンクとの契約を2024年6月末まで残していたため、移籍金が発生する。仏紙「レキップ」などによると、ゲンクは1000万ユーロ(約13億6千万円)の移籍金を要求していたという。

 伊東は2019年2月にJ1柏からゲンクに期限付き移籍し、20年3月に3年契約で完全移籍に移行。21年10月には契約を1年間延長したことが発表されていた。約3年半の在籍でベルギー1部リーグやカップ戦で優勝を経験し、昨季はリーグ戦39試合で8得点18アシスト。今季もクラブ・ブルージュとの開幕戦(7月24日)でアシストを記録していた。

 スタッド・ランスは1911年創設で、フランス北部ランスに本拠地を置く。1940~60年代にリーグ優勝6度を達成した古豪。80年代には元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が選手として在籍した。昨季は11勝13分け14敗で12位だった。今季は8月7日の開幕戦でマルセイユと対戦する。

 ◆伊東純也(いとう・じゅんや)1993年3月9日、神奈川県横須賀市出身。神奈川・逗葉高から神奈川大を経て、2015年に当時J1の甲府入り。16年に柏へ完全移籍した。19年2月からベルギー1部ゲンクでプレー。17年12月に東アジアE-1選手権の北朝鮮戦で日本代表デビュー。国際Aマッチ通算36試合9得点。右利き。176センチ、66キロ。

https://nordot.app/925886823137230848?c=862902082997780480

【日本代表FW伊東純也、フランス1部スタッド・ランス加入が正式発表 4年契約で背番号39 8月6日マルセイユと開幕戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/29(金) 18:01:28.42 ID:CAP_USER9
 ベルギー1部のゲンクは29日、日本代表FW伊東純也がフランス1部・スタッドランスへと移籍することについて、基本合意に達したと発表した。伊東はこの日朝に選手、スタッフに別れを告げ、メディカルチェックを受けるためにフランス入り。移籍は近日中に正式発表となる。

 伊東はクラブを通じてコメントを発表。「この美しいクラブで素晴らしい時間を過ごせたことを、皆さんに感謝したいと思います。スタッフ、社員、そしてもちろん素晴らしいサポーターたち。この美しいスタジアムでプレーできたことは光栄であり、自分の家のようにくつろぐことができました。ここ数日、激しい議論が交わされましたが、彼ら(ゲンク)は本当に私をここに留めておきたいと思っているのだと感じました。しかし、私はこの一歩を踏み出し、挑戦を受けることにしました。私も楽しみにしています。でもその前に、ゲンクのみんなに改めて感謝します」。思いをつづり、約3シーズン半にわたって過ごしたクラブに別れを告げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ce214c06b77af19b2f6cb0bef15cc11fd763ecf

【ゲンクがFW伊東純也のフランス1部スタッドランス移籍に合意発表 本人は現地入り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 19:06:36.17 ID:CAP_USER9
 スタッド・ランス(フランス1部)は、ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也の獲得に関心を示しているようだ。27日、ベルギー紙『Het Laatste Nieuws(HLN)』が報じた。

 伊東は昨年10月にヘンクとの契約を2024年夏まで延長。『HLN』によると、その際に1000万ユーロ(約14億円)を超える契約解除金が設定された模様で、スタッド・ランスは同額の支払いに前向きだという。ヘンクは伊東の残留を望んでいるようだが、契約解除条項が発動された場合は同選手の決断次第となる。

 現在29歳の伊東は、神奈川大学卒業後の2015年にヴァンフォーレ甲府でプロデビューを果たし、翌年に完全移籍した柏レイソルでも主力として活躍。2019年2月にヘンクへと期限付き移籍し、2020年3月から完全移籍に移行した。

 ヘンクでは公式戦通算144試合に出場し、29ゴール49アシストを記録している。2018-19シーズンに国内リーグ、19-20シーズンにスーパー杯、20-21シーズンに国内カップ戦優勝を経験した。

 また、2017年12月にデビューを果たした日本代表では、これまで36試合に出場。右サイドのレギュラーに定着し、これまで9ゴールを挙げている。

 伊東の獲得に動いているスタッド・ランスは1950年代~60年代に黄金期を築き、6度のリーグ・アン優勝、2度のクープ・ドゥ・フランス優勝を誇る古豪。また、ヨーロピアンカップ(チャンピオンズリーグの前身大会)では2度の決勝進出経験がある。1990年代には財政難に陥り、一時は下部リーグが主戦場となったが、近年は再び1部に定着。2021-22シーズンのリーグ・アンは20チーム中12位で終えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/71b13a8fc37253d22da3ce85c464480481d72104

【ヘンク・伊東純也に仏1部スタッド・ランスが関心? 約14億円超の契約解除条項を発動か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 20:28:39.95 ID:CAP_USER9
〝新銀河系軍団〟が日本人獲りへ――。フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が、25日のG大阪戦(パナスタ)で6―2と圧勝。大フィーバーを巻き起こした日本ツアーの最終戦を3連勝で締めくくった。
超高額チケットや異例の有料練習などで話題をさらったが、今後はさらなる市場拡大のため、日本人スター獲得の可能性も出てきそうだ。

PSGの日本ツアー最終戦は、フィーバーを凝縮したような圧巻のゴールショーが展開された。

 ブラジル代表FWネイマールが前半32分に自ら得たPKで今回のツアー初ゴールを挙げると、39分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが見事なコンビネーションから追加点。後半15分にも、2人のホットラインから今度はネイマールが決めた。

仕上げは途中出場のフランス代表FWキリアン・エムバペ。41分に超速ドリブルから倒されて得たPKを自ら決めて締めくくった。世界最強トリオが揃い踏みし、パナスタの最多入場者数を更新する3万8251人の大観衆を魅了した。

今回の日本ツアーでは最高3000万円という超高額チケットや、異例の有料練習を2回実施して計3万人超を動員するなど、連日話題を振りまき熱狂的なフィーバーを巻き起こした。
〝新銀河系軍団〟として注目度は急上昇し、ファンの拡大にも成功。新たなスポンサー獲得も含めた今回のツアー収益は「少なくとも100億円以上」(大手広告代理店関係者)と指摘されており、PSG側も日本市場の重要性を再認識している。

そこで今後注目されるのが、さらなる人気拡大を狙った日本人選手の獲得だ。これまでMF香川真司(シントトロイデン)やMF本田圭佑など、スター選手が移籍したクラブには日本企業が新規スポンサーにつくなど、
大きな経済効果を生み出してきた。近年もMF久保建英(レアル・ソシエダード)が所属したクラブではSNSのフォロワー数が急増するなど、ピッチ外の価値が脚光を浴びている。

PSGは久保がFC東京からレアル・マドリード入りした際など何度か獲得に動いており、かねて日本人選手の動向をチェック。
欧州事情に詳しい代理人も「実力があることが前提条件だが、さまざまな効果が見込める日本人選手の獲得は十分ある」と指摘している。

果たして日本人選手のPSG入りはあるのか。クラブのレジェンドで日本ツアーにも同行したパトリック・エムボマ氏は「日本代表の選手たちは素晴らしいことを果たせる実力を持っている」と高く評価。
そして自身と同じスピードを武器とするMF伊東純也(ゲンク)を挙げて「時間を取ってフォローしてみようと思う」と関心を示した。

近い将来PSGで〝超人〟たちとプレーする日本人は現れるのか。今後の動向に注目だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/684210113a83a7e72bb9eeaab6c2fef23fea8cba

【PSG日本ツアー「100億円以上」の荒稼ぎ さらに市場拡大へ…伊東純也ら日本人選手に熱視線】の続きを読む

このページのトップヘ