SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

伊東純也

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/13(火) 17:47:07.92 ID:1U5lqqlr9
2月1日発売の「週刊新潮」(新潮社)で、女性らへの性加害疑惑で刑事告訴されたことが報じられたサッカー日本代表・伊東純也。
この報道がきっかけとなり、『AFCアジアカップカタール2023』から離脱したが、所属するフランス1部スタッド・ランスのMFとして、現地時間11日、リーグ戦にフル出場したと伝えられた。

 多くのサッカーファンはその知らせに安堵し、純粋に喜びを見せているものの、一部の“暴徒”が新潮社や被害を訴える女性らを攻撃する状況が続いているとのこと。
新潮社側も然るべき措置を講じたといい、「今後は逮捕者が続出する可能性がある」(一般紙記者)と見られているようだ。

 「新潮」が報じたところによると、伊東は昨年6月、2人の女性とともに飲酒し、同意を得ない性行為に及んだという。女性らは大阪府警に刑事告訴を行い受理された一方、伊東側は虚偽告訴容疑の告訴状を提出。こちらも受理されたことが発表されている。

「本誌発売前日、新潮社のニュースサイトで伊東の性加害疑惑が速報された時点から、X上では伊東側に近い複数のユーザーが新潮サイドへの批判を展開。担当記者の実名や、被害を受けたとされる女性たちの“ヒント”などを投稿したんです。また伊東の代理人弁護士もさまざまなメディアに登場し、女性たちが嘘をついている“証拠”の存在をチラつかせた。
伊東側が性加害疑惑の火消しを行っているとみられますが、これにより、伊東のアジア杯離脱を不服とするサッカーファンは、新潮社や女性らへの憎悪をさらに募らせるようになっていきました」(テレビ局関係者)

特に、一部“暴徒”の新潮社に対するヘイトは相当なもので、2月7日には同社公式サイト上で
「弊誌記者に対してSNSなどで誹謗中傷・脅迫、ひいては殺害予告に至るまで、悪質なネット上の投稿が相次いでいます。犯罪性が明白な投稿に対しては、断固たる法的措置を取る所存です」(原文ママ、以下同)という声明文が公開された。

「実際にはネット投稿では収まらず、同社や『新潮』以外の編集部にまで、直接、誹謗中傷や脅迫文が送られているという話です。先日は爆破予告に近い強迫行為もあったそうで、会社周辺では連日パトカーも目撃されていました。今後の展開次第では、伊東よりも先に逮捕者が出てしまうかもしれません」(前出・一般紙記者)

さらに新潮社の声明文では「刑事告訴した女性たちや無関係の女性にまで悪質な誹謗中傷も相次いでいますが、こちらも看過し難いものであると考えております」と言及されている。
報道当初、一部のXユーザーが女性に関するヒントを出したことにより、ネット上の特定行為に歯止めがかからない状況となっているようだ。

「当事者の女性たちはもちろんのこと、まったく無関係の女性も誹謗中傷に見舞われるという状況が生まれています。伊東側からすれば、“火消し”のための情報戦だったのかもしれませんが、深刻な二次被害を生んでしまいました」(同)

伊東の性加害に関してはあくまで“疑惑”の段階だが、裁判当事者とは無関係である“暴徒化した第三者”の逮捕者が続出することとなってしまいそうだ。

2024/02/13 12:45
https://www.cyzowoman.com/2024/02/post_465430_1.html

【日本代表・伊東純也の性加害疑惑、新潮社に連日パトカー! “暴徒”の脅迫で逮捕者続出か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/12(月) 02:51:53.74 ID:XVEt9DrY9
アジア杯で日本代表から離脱のSランスFW伊東純也が復帰戦でフル出場 
前半にミス散見も後半は復調


週刊新潮による性加害疑惑報道により、カタールで行われていたアジア杯中に日本代表を離脱したSランスFW伊東純也(30)が11日、アウェーのロリアン戦で先発出場を果たした。

フル出場したが得点に絡むことはできず、チームは0―2で敗戦。

伊東にとってはアジア杯の1次リーグ第3戦・インドネシア戦(1月24日)、後半41分から途中出場して以来のプレーとなった。


得意とする右ウイングで、アジア杯後は初、Sランスでは12月20日・ルアーブル戦以来の出場。

前半26分にはゴール前でチャンスを迎えたが、トラップが大きくなりシュートに持ち込めず。

後半は自慢のスピードを生かし、相手のカウンターを潰して守備で貢献するシーンもあった。

さらに同19分には鋭いターンから左足でシュートを放ったが、オフサイドの判定に。

同じく先発したチームメートの日本代表FW中村敬斗が後半27分に途中交代した後も、ピッチに立ち続けた。


試合終了間際には右サイドから際どいクロスを送り込み、チャンスを演出。

しかし得点に絡むことはできず、チームを勝利に導くことはできなかった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/78f510c897be6a25f00d876850a4ae21449babcf

【性加害疑惑報道で日本代表から離脱のSランス・伊東純也が復帰戦でフル出場! 前半にミス散見も後半は復調】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 22:38:33.53 ID:MKXYpWuQ9
https://news.yahoo.co.jp/articles/04e37a1b0e75fa6d265a1ccc9aa457215d7cf072

性加害疑惑報道の伊東純也 Sランス会長が支持「推定無罪にこだわる」


 フランス1部スタッド・ランスのジャンピエール・カイヨ会長が、1月31日に「デイリー新潮」で性加害疑惑を報じられ、事実関係で争う姿勢を示している日本代表MF伊東純也に対する〝現時点〟での支持を表明した。

 報道を受けて当時アジアカップに参戦していた日本代表からの離脱を余儀なくされた伊東はその後、チームに復帰。6日から所属クラブの練習に参加した。

 ウィル・スティル監督は、敵地でのロリアン戦(日本時間11日午後11時キックオフ)での起用を示唆している。

 その背景には、カイヨ会長の支持がありそうだ。

 フランス紙「レキップ」によると、同会長は「伊東とは話をした。私は推定無罪にこだわっている。彼は『何も間違ったことはしていない』と主張しており、私には彼を信じない理由がない」。

 疑惑が報じられただけの段階では、ごく当たり前の主張だ。その上で「正当であれ不当であれ告発された者は誰でもそうであるように、彼も(告発と)無関係ではいられない」と気遣った。

 仮に伊東が〝クロ〟という結果となれば、Sランスも厳しい処分を下すだろうが、そうならないことを願っている状況だ。

【性加害疑惑報道の伊東純也 Sランス会長が支持 「推定無罪にこだわる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 19:46:55.21 ID:aUmZ6jS29
 幻冬舎の統括編集長、舘野晴彦氏が8日、「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜午後1時55分)に出演。サッカー日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)をめぐる一連の報道についてコメントした。

 伊東の報道をめぐっては、ニュースサイト「デイリー新潮」や「週刊新潮」が1日までに、伊東が過去の性加害疑惑で女性2人から刑事告訴されたなどと報道。しかし伊東側は性加害はなかったとして、虚偽告訴容疑の告訴状を大阪府警に提出する事態となっている。

 MC宮根誠司から「1つの週刊誌の報道で伊東選手が離脱する。同じ出版社としていかがですか」と聞かれ「書く側と書かれる側のリスクの釣り合いが取れてない。書く側は名誉毀損(きそん)で何百万で終わることも多々あるけど、伊東選手の場合、アジア杯にも出られなかったわけですよね。取り返しがつかないことが起こる」と切り出した。

 続けて「書く側と書かれる側の釣り合いの差がこんなにまかり通って、ある種、週刊誌がこんなに権力になってしまうのは、同じ出版社ですけど、僕は週刊誌やってないですけど、何か疑問を思いますね」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d5283e974ab620f58276d0ae6309f7cd240e5f1

【「週刊誌がこんなに権力になってしまうのは疑問」幻冬舎統括編集長、日本代表MF伊東純也めぐる報道に言及】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 18:26:47.96 ID:79zzjxrZ9
2/10(土) 10:32配信

東スポWEB

 フランス1部スタッド・ランスのウィリアム・スティル監督(31)が、敵地でのロリアン戦(11日)に向けて日本代表MF伊東純也(30)を起用する方針を明かした。同国メディア「UNION」が報じた。

【写真】前田大然とくつろぎながら談笑する伊東純也

 伊東は森保ジャパンの一員として臨んだアジアカップ(カタール)期間中にニュースサイト「デイリー新潮」で、2人の女性と同意なく性行為に及んだとして大阪府警に刑事告訴されたと報じられると、虚偽申告の容疑で逆告訴。この騒動で、日本代表チームからは離脱することになった。

 今後の動向が注目される中、所属のSランスに合流。クラブ側は公式X(旧ツイッター)を更新し、伊東が普段通りに練習に取り組む姿の動画を公開していた。そんななか同メディアによると、スティル監督は「私は彼(伊東)にフットボールの外で何が起こっても、サッカー選手としてプレーする準備ができているのであれば『我々のためにプレーできる』と言いました」と語り、週末の試合で伊東の起用を示唆したという。

 伊東はピッチ外の出来事で心身ともに疲弊していることも懸念されているが、指揮官は「疲れていると感じたのは週の初めで、それは(カタールから)移動してきたからだ」とし、「トレーニングは熱心で自主的で、とても良かった」とコメント。同メディアは「性的暴行を告発されたストライカーは土壇場で番狂わせがなければロリアンに遠征する」と報じていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81219bb22e593f8263181f329bcd701ca4e3bc9f

【性加害疑惑で注目集まるSランス・伊東純也が試合出場へ 指揮官が起用を示唆し遠征メンバー入り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 14:47:29.69 ID:zpF6YDJl9
サッカー日本代表・伊東純也の“性加害疑惑”が波紋を広げている――。

「週刊新潮」が2月1日発売号で報じたもので、伊東が昨年6月に大阪市のホテルで酒に酔った状態のA子さん、B子さんに対し、自身の専属トレーナーとともに性加害に及んだと報じた。

女性2人は大阪府警に準強制性交罪等で刑事告訴。一方の伊東も代理人である加藤博太郎弁護士を通じて、女性2人を虚偽告訴罪で“逆告訴”した。

その間、伊東は日本代表メンバーから離脱し、チームはアジアカップ準々決勝でイランに逆転負けを喫して大会から姿を消した。

「タイミングがタイミングだけに、一連の疑惑を報じた新潮社や告発女性にヘイトが集まりました。伊東側の加藤弁護士がマスコミの取材に応じ、『でっち上げ』と主張していることも拍車をかけているのかもしれません」(スポーツ紙サッカー担当記者)

週刊新潮は8日発売号では、伊東に関する続報は掲載されなかった。『ダウンダウン』松本人志で二の矢、三の矢を繰り出す“文春方式”はとらなかった。

その代わり、ウェブ版の『デイリー新潮』で、伊東側が性行為自体は過去の代理人とのやりとりで認めており、同意の有無が争点であること、告発女性に対する誹謗中傷をやめるよう要望する記事を掲載した。

「ここまでハレーションが大きくなるとは、新潮サイドも想定していなかったそうです。新潮記者個人への中傷も巻き起こっており、万全の準備ができるまで続報は控えたと聞いています。決して二の矢、三の矢がないわけではないそうです」(新潮関係者)

それほどの大ごとになっているわけだが、今後危惧されるのは、刑事告訴の結果が出た時だ。法曹関係者やメディア関係者の見方では「双方、不起訴になるのではないか」という見立てが大半を占めている。

「民事ではなく刑事ですからね……。密室かつ双方の言い分が違っている事案を、大阪府警の捜査員が白黒はっきりつけるのはなかなか難しい。

数年前にジャーナリストの伊藤詩織さんが元テレビ局員の男性を“性加害”で告発した際も、民事では勝訴となりましたが、刑事では不起訴処分となりました。そう考えると、双方立件のハードルは高いように思います」(ワイドショー関係者)

捜査当局は不起訴理由について公表しないことがほとんど。となると、伊東と新潮サイドがそれぞれ“勝ち名乗り”を上げることが予想される。

だが、ここで注意しなければいけないのは、「不起訴=事実無根」ではないことだ。前述した通り、その後民事が次の舞台になる可能性もある。

8日には日本サッカー協会の反町康治技術委員長が伊東の問題に言及。

「この件については警察マターになるので、われわれがそれについてコメントすることはできない」

としつつも、疑惑を招いた行動については

「彼も一人のプロ選手として、しっかりと自分のことを律しながらやる必要があるとは個人的には思っている」

と私見を述べた。

フランス1部スタッド・ランスに所属する伊東は6日にチームに合流。クラブの公式Xでは練習ウエアを着た伊東の写真が掲載されている。

「不起訴となれば、日本代表復帰も現実的な話になります。伊東の代理人は告発女性に民事で損害賠償請求すると豪語していますが、それをやると復帰が遠のく可能性もあります。依頼人(伊東)がどう考えているかでしょう」

とは前出のスポーツ紙記者。事態はまだ予断を許さない――。

2/11(日) 12:00配信 FRIDAY
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e06752ecc56f90a0a126db17e4fee50090f84bd

【「“二の矢”無かった…」サッカー日本代表・伊東純也 安心できない“捜査終了後”の「最悪シナリオ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 13:56:07.13 ID:VufQky329
現代ビジネス 2/8(木) 8:04

涙ぐみながらX氏が語ったこと
 伊東純也選手を巡る一連の騒動は続いていて、3月のサッカー日本代表W杯二次予選に出場できるのかは予断を許さない。

前編記事(略) それだけを読むと、次の様な「すれ違い」の可能性が浮かび上がったことがわかる。

 ■(問題が起きた当時、スポーツビジネスのコンサルティング会社で伊東純也選手のマネジメントを担当していた)X氏は、この日Aさんを自分の部屋に呼んだのに来なかったので、怒った。

 ■これに対してAさんは、何かを「任された」と思って伊東選手らの部屋にいたのに怒られたので、怒り返した。

 芸能事務所社長は、Aさんらとともに週刊新潮に被害を訴えた側だ。しかしその証言メモには、被害を訴える前に、Aさんには感情的になるような出来事があったとも考えられる記載があったのだ。

 あらためていうまでもなく、これらは芸能事務所社長ひとりの主張だ。果たしてこの証言メモの内容は真実なのか。カギを握るのはX氏だ。

 私はX氏のもとへ話を聞きに行った。
 「これはでっち上げです!」
 X氏は、時折目に涙をにじませながら語気を強めた。
 「私が女性を手配するわけなどない」
 「私は伊東選手とは長い付き合いで、私が女性を手配するわけなどないし、これまでにも一度もそうしたことはありません。今回も仕事の関係者として同行しただけです。部屋からAさんを一人だけ自分のところに呼び出すはずもない。私がAさんに送ったメッセージは、『財布など荷物が部屋にあったため、取りに来るように』という意味です」

 X氏は、Aさんを近づけてきたのは仕事を探していた芸能事務所社長だとした上で、「自分は眠くなったので、翌日仕事もあるため『先に部屋に戻るね』と皆に伝えて自室に戻ったまでです」と説明した。

 そして「翌朝Aさんらが伊東選手の部屋に4人で朝までいたのが分かり、私も事務所社長も、Aさんに注意しなければいけないと思った」と話しながら、X氏は私にある写真を見せた。

 事件翌日の昨年6月22日、事務所社長から「X氏に弁明しておく」と伝えられたAさんが返信したLINEの画像だ。そこにはこう書かれていた。

証言メモと食い違っている点
 「ですよね、、、裏切ってしまった感ほんとに強いです。」

 しかしその後、X氏が事務所社長とAさんとの仕事の関係を断ち切ると、Aさんから性被害の訴えが出され、Aさんのスポンサーを名乗る男性が現れるなどして長期化し、今回の刑事告訴となってしまった。

 これがX氏の話だった。芸能事務所社長の証言メモとは食い違う点がある。X氏はLINE画像という証拠を示して説明していたが、私がここでどちらがどうと決めつけることはしない。ただこれだけは言うことができる。

 この事件には、これまで週刊誌が報じてこなかった側面が、ある。

 伊東選手と女性の周りには様々な人物と思惑が交錯している。その一つ一つを解きほぐさない限り、あの部屋の中で一体何が起きたのか、真実にはたどりつけないのではないか。

 Aさんと伊東選手以外の第三者との関係のもつれが刑事告訴に影響した可能性はないか、Aさんの弁護士に文書で質問した。しかし期限までに回答はいただけなかった。

「被害が深刻で大問題」
 いずれにしてもまだ事実関係は確定していないが、議論は過熱している。

 女性側の弁護士は、被害者らを誹謗中傷するような投稿などが散見されるとして、「やっとの思いで性被害について声を上げた被害者らを更に精神的に追い込んでおります」とコメントした。

 伊東選手側の加藤博太郎弁護士も、こう訴える。

 「アジアカップ期間中に刑事告訴状を週刊誌に持ち込んで報道させるというやり方は被害が深刻で大問題なので、弁護士が矢面に立って証拠を出し早く解決しようと取り組んでいます。落ち着いて見守って欲しいと思っています」 (以下、略)

※全文・詳細はリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/6a80c77741ed485d0ddabb1c335e102552564822&preview=auto

◆関連 ※下記スレの続編
【現代】芸能事務所社長の証言メモ、X氏の肉声…伊東純也問題で新たに明らかとなった「事件の核心」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707348078/

【【現代】「これはでっち上げです!」…伊東純也問題で注目のX氏がはじめて明かす「あの日の夜、起きていたこと」(証言メモの続編)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 08:21:18.36 ID:Px+Gvbnq9
現代ビジネス 2/8(木) 8:04

資料に書かれてあった「事務所社長の証言」
 伊東純也選手を巡る問題について、今日発売の週刊新潮は続報を出さなかった。
(中略)
 そう思っている中、関係先からある資料を入手した。
(中略)
AさんとX氏の間で起きていたトラブル
 この芸能事務所は、今回被害を訴えている女性の1人、Aさんの契約先。そしてメモの中には、Aさんと週刊新潮に「X氏」と書かれた男性との間にトラブルがあったと書かれていた。

 Aさんと「X氏」について、週刊新潮などがこれまでに報じてきたのは、以下のような内容だった。

 X氏とは、当時スポーツビジネスのコンサルティング会社で伊東選手のマネジメントを担当していた人物だ。昨年3月、AさんはX氏と出会い、YouTube動画に出演させてもらうなど、仕事上の付き合いがあった。

 今回の事件の際、X氏は「伊東選手が出演するテレビ朝日の特番の収録現場に連れて行って、番組プロデューサーなどを紹介する」という目的で、Aさんを事件現場となった大阪に呼んだと報じられている。

 呼ばれたAさんは、友人のBさんを連れて大阪でサッカー日本代表対ペルー代表戦を観戦、終了後にはX氏や事務所社長とともに、伊東選手や他の代表選手もいる飲み会に参加した。その場では男性向けマッサージの話なども出たという。

 さらにその後、伊東選手のホテルの部屋に伊東選手、トレーナー男性、Aさん、Bさん、X氏の5人が向かい、引き続き飲酒した。

 ただX氏はすぐに隣の自室に戻ったため、伊東選手の部屋にはAさん、Bさん、伊東選手、トレーナー男性の計4人が残り、今回事件があったとされる時刻を迎えることになる。

 そしてここから先が、今回入手した芸能事務所社長の証言メモなどに書かれた情報だ。これはあくまで「Aさん側の社長の言い分」だという前提で読んで欲しい。概要は以下の通りだ。

決して「自分からではない」
 Aさんや伊東選手ら男女4人が残る部屋から出たX氏は、Aさんに「俺の部屋に来い」と携帯電話でメッセージを送った。しかしAさんからは返事がなかった。

 翌朝、X氏が伊東選手の部屋に入ると、AさんやBさんが寝ていた。それを見たX氏はAさん、Bさんを急いで出て行かせ、後日、芸能事務所社長に連絡した。その時、X氏はAさんについて、このように言っていたという。

 「俺のメッセージを無視した。許せない」

 一方、Aさんは芸能事務所社長に対し、次の様なLINEメッセージを送って謝罪した。

 「その前のバーでマッサージがどうたらって話してたので、『私の中であれ純也さんにしろってこと? 』と疑問があって、(X氏の実名)の中で純也さんにいい思いをさせてあげる会なのかなってちょっとなってたとこもあって、その中でホテル行って(X氏の実名)が部屋からでっていったので むしろ任せた! って捉えたところもありました。どちらにせよ迷惑かけてすみません。」

 ただその後、社長が事情を聞いたときには、Aさんは「お酒を大量に飲まされて伊東選手に無理やり性的行為をされたもので、自分からではない」と説明したという。

「すれ違い」の可能性
 それから約1週間後、X氏はAさんを呼び出して説教。これをきっかけにAさんは「X氏とは縁を切りたい」と芸能事務所社長に伝え、その後、弁護士を立てた協議が始まった。

 この芸能事務所社長の証言メモだけを読むと、次の様な「すれ違い」の可能性が浮かび上がる。

 ■X氏は、この日Aさんを自分の部屋に呼んだのに来なかったので、怒った。

 ■これに対してAさんは、何かを「任された」と思って伊東選手らの部屋にいたのに怒られたので、怒り返した。

 芸能事務所社長は、Aさんらとともに週刊新潮に被害を訴えた側だ。しかしその証言メモには、被害を訴える前に、Aさんには感情的になるような出来事があったとも考えられる記載があったのだ。

 ただこれも芸能事務所社長ひとりの主張だ。果たしてこの証言メモの内容は真実なのか。カギを握るのはX氏だ。

 私はX氏のもとへ話を聞きに行った。

 「これはでっち上げです!」

 X氏は、時折目に涙をにじませながら語気を強めた。その理由とはいったい何なのか。

 つづく(以下、略)
※全文・詳細はリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/ee80294acd8ba9510d83f91ccae62605e57a895f&preview=auto

【芸能事務所社長の証言メモ、X氏の肉声…伊東純也問題で新たに明らかとなった「事件の核心」】の続きを読む

このページのトップヘ