SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

伊東純也

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 08:00:37.31 ID:Px+Gvbnq9
デイリー新潮 2/8(木) 6:10

弁護士は3代目
伊東純也
「週刊新潮」2月8日号が報じた、サッカー元日本代表の伊東純也が性加害で刑事告訴されていた件で、この数日、伊東側に立った情報を積極的に発信しているのが、現在の代理人弁護士である加藤博太郎氏だ。

 この件に関して伊東側の弁護士は加藤氏で「3代目」となる。昨年9月以降、女性らは伊東らに謝罪を求めてきたが、初代と2代目はすでに降板した。

 1月28日まで代理人を務めていた弁護士は、週刊新潮の取材に対して、「伊東氏やX氏(伊東のマネジメント担当者)と打ち合わせを重ねてきましたが、弁護方針が折り合わなかったため、代理人を辞任しました」と述べている。

 この2代目弁護士は、つい最近まで女性らとの示談交渉の席に着いてきた人物だ。

 その際、伊東側はAさんと性的な関係を持ったことについては認めていた。そのうえで、示談交渉していたのである。

 そして本来、この代理人は週刊新潮の取材に応じる意思を示していたが、その約束が実行される直前に降ろされた格好だ。

 なお、この代理人も含め、伊東側に週刊新潮は取材を申し込んできたが、伊東本人はもちろん、マネジメント担当者であるX氏らからは一度として反論、弁明はなされなかったのである。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/d1e893b28ddbba5ea5f511bb96ff04d526349f3a&preview=auto

【伊東純也「性加害問題」で急遽登場した「第3の弁護士」のメチャクチャな論理】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 01:42:47.70 ID:2MKl53OR9
伊東純也の性加害疑惑「逆告訴」で双方の主張は真っ向から対立 告発女性を特定しようとする“二次加害”が発生


性加害の実態は芸能界に留まらず、スポーツ界にも飛び火するのか。現役のサッカー日本代表選手に浮かんだ疑惑には、いずれ結論が出されるだろう。

だが、インターネット上ではまったく別の“火の手”が上がろうとしていた。

「非常に重要な大会への参加中に、日本代表チームを離脱せざるを得なくなるなど、大きな損害が生じてしまった。そのため、今後、損害賠償請求の民事訴訟を検討しているようです」(スポーツ紙記者)


徹底抗戦の構えを崩さないのは、サッカー日本代表の伊東純也(30才)だ。

2022年のカタールW杯に出場し、日本のエースとして今回のアジア杯にも招集されていた伊東は、大会期間中にもかかわらず1月31日を境にピッチから消えた。
同日の『デイリー新潮』と、翌2月1日発売の『週刊新潮』が、伊東の「性加害疑惑」を報じたのだ。

「昨年6月に大阪で行われた日本代表の試合の後、大阪市内のホテルで、芸能活動をしている20代のAさんとBさんの2人の女性が、伊東選手と、伊東選手の専属トレーナーから性被害を受けたと告発する内容でした」(前出・スポーツ紙記者)


記事によると、女性たちは1月中旬に告訴状を警察に提出し、受理された。その前段階で、金銭による示談の話し合いが進められていたという。

「伊東サイドは100万円を提示しましたが、女性側とは折り合いがつかなかったと聞いています」(伊東の知人)

事態を重く見た日本サッカー協会は、代表チームからの伊東の離脱を発表した。
ところが、伊東は女性側の告訴内容をまったくの事実無根として、2月1日、女性たちの「虚偽告訴」の告訴状を提出した。伊東の代理人弁護士が話す。

「性行為の『同意の有無』は争点にしていません。性被害はまったくのでっち上げで、そもそも性行為自体なかったということです。それを証明する客観的な証拠もあります」

その1つが、性加害があったとされる時間帯の動画の存在だという。伊東の別の知人が動画内容を明かす。

「Bさんとされる女性が、サッカーのジャージー姿でベッドで寝ているものです。着衣の乱れもなく、熟睡といった様子です。女性たちは、ホテルに到着してすぐに伊東さんからジャージーを借りて着替えたそう。にもかかわらず、新潮の記事には《ワンピースもたくし上げられて、胸まではだけている状態だった》と書かれている。そもそも服装からして違う。ありえない状況が記事になっている、と伊東さんサイドは考えているようです」

さらに、「性被害にあった」とされる時点より後の女性の行動にも不可解な点があると主張する。

「専属トレーナーに対して、女性側から、“ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに連れて行ってほしい”という要望があったというのです。普通、性加害の“犯人”と何時間も一緒に行動するテーマパークに行きたいなどと言うでしょうか」(前出・別の知人)


だが、性被害にあった女性が、直後に自身の被害を認識できないことはままあるとされる。ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元テレビ局員を相手に起こした裁判(※)では、伊藤さんが事後に「お礼メール」を送っていたことが「性行為の同意の証明にはならない」とされた。
「テーマパークに行きたい」というのも、性被害者が取ることがある、順応・迎合の行動だった可能性は否定できないだろう。

そもそも性被害を訴え出ること事態が、勇気のいる行為だ。実際、被害女性のうち1人は、PTSDを患い、いまも性被害のフラッシュバックが起きていると主張している。

一方、今回の告発で、前述のように伊東が代表チームを離脱したこともまた事実だ。伊東の不在が響いたかどうかはわからないが、優勝候補だった日本は、準々決勝で敗れた。

それを背景に、女性たちに対する「二次加害」が起き始めている。

「虚偽告訴の告訴状が受理されたことで、女性たちが“加害者でもある”というような危険な認識が広まりつつあります」(法曹関係者)

いわゆる「逆告訴」によって、インターネットを中心に、女性たちの氏名や住所、SNSのアカウントなどの“素顔”を特定しようとする動きがあるのだ。
実際、SNS上ではこんな発言も飛びかっている。

《伊東純也を告訴した女のインスタとTwitterだけ知りたい 特定班教えてくれ》
《どなたか伊東純也を告訴した女を特定して晒し上げてください》


記事全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/510c5d2f28299e21942eb26ee7aed17301f82eb4?page=1

【伊東純也の性加害疑惑「逆告訴」で双方の主張は真っ向から対立 告発女性を特定しようとする“二次加害”が発生】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 18:17:33.02 ID:DIbISook9
2/8(木) 17:41配信
東スポWEB

 性加害疑惑が報じられている日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)について、日本サッカー協会(JFA)の反町康治技術委員長が言及した。

 伊東はアジアカップ(カタール)に日本代表の一員として参加していたが、期間中に「デイリー新潮」で性加害が報じられて、女性から告訴されたことが明らかになった。その後、伊東側が相手を虚偽告訴容疑で逆告訴。日本代表からは2日に離脱が発表されていた。

 伊東は所属クラブの練習に復帰しており、今後の動向に注目が集まっている中で、反町委員長が8日に行われた技術委員会後に伊東について見解を示した。

 反町委員長は「この件については警察マターなるので、われわれがそれについてコメントすることはできない。(代表から)離脱するうんぬんはJFAが決めたことなので、コメントすることはできない。これはもう見守ることしかできない」と協会の立場としての言及は避けた。

 一方で、疑惑を招いた伊東の行動自体については私見として「彼も一人のプロ選手として、しっかりと自分のことを律しながらやる必要があるとは個人的には思っている」との見解を示し「その話を技術委員会で話すことはなかった」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c48d926f51075df75397a63dd60aab18e8889d1

【日本サッカー協会・反町委員長が伊東純也の性加害疑惑に私見「プロ選手としてしっかり自分を律する必要ある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/06(火) 22:24:53.61 ID:3MV0WTMB9
日刊スポーツ 2/6(火) 17:29

伊東純也
 大阪地検検事出身の亀井正貴弁護士が6日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜午後1時55分)に出演。サッカー日本代表MF伊東純也(30)への性加害疑惑が一部週刊誌などで報道され、刑事告訴される中で伊東側も女性2人を逆告訴する状態となったことについてコメントした。

 番組では伊東側が「客観的証拠」があるとし、名誉毀損(きそん)でも今週中に民事訴訟を起こすとしていることが伝えられた。亀井氏は「刑事事件の場合には捜査がどれだけかかるかわからない。だけど、提訴を打ってしまえば提訴から1カ月ないし1カ月半、2カ月位で期日が始まりますから、訴訟としては主張が展開していくので相手の手の内が読めてくる。今回非常に早い。虚偽告訴も早いし、提訴も早い。しかも2億円ですから相当プレッシャーをかける意味合いもある」と話した。

 また伊東の代理人を務める加藤博太郎弁護士について「(証拠が)何かないと弁護士として怖い。スベったら弁護士として損害賠償請求が来て、懲戒請求もくる。それなりの処分が出る可能性がある」と指摘。「記者会見、インタビューに応じたこと自体名誉毀損(きそん)になるかもしれない。虚偽告訴に乗っかっているということですから。そこそこの証拠を握っていないと自信が出てこないと思うんですよね。怖いと思います。私だったら握っていてもいったん待つと思います。すぐ出さずにちょっと待って、もう少し出るのを静観した上で、その後にぶつけると思う。しかもすぐ言って事件そのものをつぶす勢いで言っている。覚悟の上で言っているように思える」と語った。

 加えて「虚偽告訴ということは、強制性交がないということの立証が必要。存在しないことの立証が必要。だからハードルが高い。それを動画とかカメラとかラインとか、物的証拠で立証していこうという自信を持っているみたいではあります」と口にした。今後の展開については「民事の判決が出る前に恐らく刑事の結果が出ます」とした。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/0afd9f3ee4fcae877601e3d9eaab5b7feeb3dc00&preview=auto

【伊東純也側のあまりに早い虚偽告訴→名誉毀損訴え「証拠握っていないと怖い」ミヤネ屋亀井弁護士】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/09(金) 05:37:03.20 ID:OlVBTdk29
東スポWeb 2/9(金) 5:16

伊東純也
 性加害疑惑が報じられているサッカー日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)について、サッカー界からさまざまな声が上がっている。

 伊東はアジアカップ(カタール)に日本代表の一員として参加していたが、大会期間中に「デイリー新潮」で性加害が報じられ、女性側から告訴されたことが明らかになった。その後、伊東側が相手を虚偽告訴容疑で逆告訴。日本代表からは2日に離脱が発表され、その後6日から所属クラブの練習に復帰した。

 今後の動向に注目が集まる中で、日本サッカー協会の反町康治技術委員長が8日の技術委員会後、伊東について言及。「この件については警察マターになるので、我々がコメントすることはできない」と協会の立場からは明言を避けたが、私見として「彼も一人のプロ選手として、しっかりと自分のことを律しながらやる必要があるとは個人的には思っている」との見解を示した。

 一方で、サッカー界からは伊東側が逆告訴に踏み切るなど強硬姿勢を見せていることを〝支持〟する意見も出ている。

 Jクラブ関係者は「今回の件ではなく一般論」と前置きした上で「選手にまつわる女性トラブルなどは実際にあるが、その中にはハニートラップのようなものもある。実際に選手に身に覚えがないなら、徹底的にやることで週刊誌なども含め抑止効果になる」と指摘。伊東の無実を前提として、徹底抗戦の姿勢を後押しした。

 伊東に関する性加害疑惑の行方は、サッカー界でも大きな関心事になっている。

東スポWEB
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/d2ef7c132f1eb083d6402534d23315bfa3f7cde1&preview=auto

【伊東純也の逆告訴をJクラブ関係者が支持「ハニートラップもある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/07(水) 22:46:29.72 ID:utV7GjsV9
2/6(火) 22:20配信
超WORLDサッカー!

伊東純也と中村敬斗がスタッド・ランスに合流
日本代表のMF伊東純也とMF中村敬斗が揃ってスタッド・ランスに合流した。

スタッド・ランスは6日、公式X(旧ツイッター)を更新。アジアカップ2023に参加し離脱していた伊東と中村、そしてアフリカ・ネーションズカップ(CAN)に参加していたギニア代表MFイブラヒム・ディアキテの合流を伝えた。

伊東は、日本代表にも合流し、アジアカップ2023を戦っていたが、1月31日に『週刊新潮』のニュースサイト『デイリー新潮』が、昨年6月20日に行われたキリンチャレンジカップ2023のペルー代表戦後、女性の同意なく性行為に及んだとして刑事告訴されたと報道した。

これを受け、日本サッカー協会(JFA)は伊東の大会途中離脱を発表。一旦保留としたが、結果的には離脱となり、その翌日に日本はイラン代表との準々決勝に敗れて敗退となっていた。

驚きの報道があった中、スタッド・ランスは声明を発表し、「推定無罪」を考慮して「人間的な資質と行動に対し疑問視したことは一度もありません」、「現段階でも現在に至るまでも、クラブは選手との連帯を示します」と伊東に寄り添うことを表明していた。

また、守護神でもあるGKイェフヴァン・ディウフも伊東について「彼が戻ってくれば、普通に歓迎されるはずだ」とコメントするなどしていた。

そんな中、伊東は無事にランスに合流。この報告にファンは「ありがとうランス」、「練習にいるだけで泣ける」、「みんなが味方だ」、「涙が止まらない」、「練習させてもらえてよかった」とコメント。また「指輪もちゃんとしてる」、「薬指に指輪が!」と、伊東の様子にコメントが集まった。

スタッド・ランスは11日にリーグ・アン第21節でロリアンと対戦。伊東はピッチに立つだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bba107264fe42bda1d7e1439548a5ee36af3a93c

【「涙が止まらない」「みんなが味方だ」性加害・刑事告訴報道の伊東純也、スタッド・ランスのトレーニングに合流】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/06(火) 10:32:13.00 ID:hC76c1+E9
2024年02月06日 05:00
スポニチannex

スポニチの取材に応じた弁護士の加藤博太郎氏
 女性に対する性加害疑惑が報じられた日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)について、代理人弁護士を務める加藤博太郎弁護士(38)が、6月まで行われるW杯アジア2次予選中に代表復帰できるよう、早期決着を目指していることを明かした。

 5日、都内で取材に応じた加藤氏は「速やかに名誉を回復し、W杯予選までには決着させたい」と強調。裁判となれば判決まで年単位かかる可能性を示した上で「裁判を待っているわけにはいかない。そうなると選手生命が終わってしまうし、(26年)W杯も終わっちゃう。そうならないために急いで進めている」と説明した。

 さらに「(女性側の訴えが)かなりのでっちあげなので、捜査は速やかに終わり、不起訴はすぐに出ると思っている。必要な証拠も出している。1、2カ月はかかるが、それでも早い方」と自信を示した。女性側が告訴を取り下げるなどした場合、北朝鮮と2連戦する3月のW杯アジア2次予選で復帰できる可能性すら出てくる。伊東は現時点で帰国する予定はなく、フランスに滞在しながら結論を待つ見通しという。

 加藤氏は伊東から弁護の依頼があった先月27日以降、毎日連絡を取り続けている。アジア杯中の様子について「日本代表が負ける瞬間も私と話をして、非常に残念がっていて、憔悴(しょうすい)していた。悔しい思い」と明かした。今週にも多額の賠償請求を求める民事訴訟を起こす予定で「選手生命が脅かされるような虚偽告訴で試合に出られないということは、あってはならない」と語気を強めた。

 ▽1月31日 デイリー新潮で昨年6月、伊東から女性への性加害があったと報じられる。大阪府警が女性2人からの刑事告訴を受理したと判明。アジア杯決勝トーナメント1回戦のバーレーン戦で伊東はベンチ入りするも出場せず。

 ▽2月1日 伊東側が性加害はなかったとして、虚偽告訴容疑の告訴状を大阪府警に提出、受理される。日本協会が代表からの伊東の離脱を発表。その後「本日離脱しないことになりました」と訂正。

 ▽2日 日本協会の田嶋幸三会長らが再度協議の末、伊東の離脱を改めて決定し発表。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/02/06/kiji/20240205s00002000638000c.html

【日本代表MF伊東純也 6月まで実施のW杯2次予選中に復帰目指す 代理人弁護士「速やかに名誉回復し、決着」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/06(火) 07:03:28.70 ID:Ym/Xx1bR9
2/6(火) 5:16配信
東スポWEB

 サッカー日本代表MF伊東純也(30=スタッド・ランス)の性加害報道をめぐって当事者が告訴、逆告訴した騒動は芸能界にも波及した。SNS上で伊東を告訴した女性を特定しようとする動きが過熱し、無関係のタレントがDM(ダイレクトメッセージ)で誹謗中傷される事態に発展したのだ。

 週刊新潮は伊東が昨年6月、大阪市のホテルで酒に酔った女性A子さん、B子さんに自身の専属トレーナーとともに同意のない性行為をしたと報じた。女性2人は大阪府警に性加害を受けたとして刑事告訴。一方、伊東側は性加害はなかったとして虚偽告訴容疑で府警に逆告訴した。

 渦中の伊東はアジアカップ期間中の2日、日本代表から離脱すると日本サッカー協会から発表された。右サイドのアタッカーを欠いた日本は3日の準々決勝でイランに逆転負けし、敗退した。

 SNS上では「伊東がいれば…」との嘆きであふれ、告訴した女性を特定しようとする〝特定班〟の動きが過熱している。一連の騒動とは無関係の女性が誹謗中傷される事態にまで発展した。

 お笑いタレントのスマイリーキクチは5日、X(旧ツイッター)で「『伊東純也を告訴した女を一人特定した』こんな情報が投稿されて、疑われた女性が言葉の暴力の被害に遭われてる」と警鐘を鳴らした。

 特定班は主に伊東側に立つネットユーザーのようだが、水面下ではタレントや芸能事務所も巻き込まれている。TikTokやインスタグラムなどで総フォロワー数20万超の20代タレントが困惑し、こう語る。

「インスタのDMで、『A子さん、B子さんは誰か知りませんか?』とか『A子さんは○○ではないですか?』とか質問が来るんです。他の子にも同じようなDMが来ている。全く知らないし、答えようがないので無視していると、『無視しているということはあなたでしょ?』『それでいいですか?』などと追及するような文面が届く。怖すぎます」

 所属タレントから相談されたという大手事務所マネジャーも悲鳴を上げ、こう話す。

「もし、DMに返信しようものなら、その文面をSNSなどでさらされる危険性がある。『伊東さんの件、どう思いますか?』など見解を聞こうとする内容も届いている。伊東さんのために何かしたいという人かもしれませんが、事情を知らないタレントが答えようがない。迂闊(うかつ)なことも言えませんし、困っています」

 森保ジャパンの中心選手をめぐる騒動が芸能界に波及し、関係者は困惑している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dad2b8cf257d0d6b7faf04dbd408af4c74b7a808

【伊東純也「疑惑」が芸能界に飛び火 告訴女性特定班が20代タレントに送る暴走DM「無視しているということはあなたでしょ?」】の続きを読む

このページのトップヘ