1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/07(月) 11:21:34.92 ID:N9yuNLHR9
 オリックスは7日、伏見寅威捕手(32)が国内FA権を行使するため申請書類を球団に提出したと発表した。

 伏見は「この度、FA権を行使させていただくこととなりました。プロ入りから10年間育てていただき、お世話になったオリックス球団、バッテリーを組んできた投手たち、チームメートにはもちろん愛着があるので、本当に悩みました。限られた時間の中で、色々なタイミングが重なり、権利を行使することに決めました。今後については、球団の方とも話をさせていただきながら、自分のことを評価してくださるチームがあるのなら、そういった話も聞かせていただきたいと考えています。ここまで支えてくださった方々、そしてファンの皆様が、どんな状況でも温かく応援してくださったお陰で、この権利を取得することができたと思っています」とコメントした。

 今季は76試合に出場。打率・229で3本塁打、21打点の成績を残した。日本シリーズ・第7戦では先発マスクをかぶり、3安打の活躍で26年ぶりの日本一にも貢献した。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/da0e8a80f50715030fafedfd7341439a6ebdbf35

【オリックス・伏見が国内FA権行使「本当に悩みました」】の続きを読む