1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 23:19:51.82 ID:CAP_USER9
◆大相撲 ▽名古屋場所11日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 新たに佐渡ケ嶽、玉ノ井部屋の2部屋が新型コロナウイルス感染者が出たことにより休場した。
新型コロナ関連での休場は5日連続7部屋目で、番付上では、先場所後に引退した放駒部屋の元小結・松鳳山を除いて計125人に達した。

 11日目の20日に報道陣のリモート取材に応じた日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「困ったものですね。
残った者で頑張っていくしかない。濃厚接触者といのはね、こればっかりはどうにもならない。苦しいですよ。残念ですよ。どうすればいいのかね。頑張っていくしかない。厳しくやっているんですけどね。番数が減って、お客さんに申し訳ないですよ」と複雑な胸の内を明かした。

 場所中の新型コロナウイルス関連での休場は16日から連日発覚し、出羽海、鳴戸、放駒、武蔵川と続き、今回の佐渡ケ嶽&玉ノ井部屋を合わせて計6部屋。
場所前に全休が決まった田子ノ浦部屋を含め、新型コロナ関連の休場は計7部屋となった。

https://hochi.news/articles/20220720-OHT1T51191.html

【八角理事長「お客さんに申し訳ない」 感染拡大の名古屋場所 計125人休場 休場部屋7部屋】の続きを読む