SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

佐々岡真司監督

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 19:49:21.06 ID:CAP_USER9
 「広島0-3中日」(2日、マツダスタジアム)

 広島は今季最終戦で競り負け、借金8で終了。今季限りで辞任することが判明した佐々岡真司監督(55)は白星締めすることができなかった。

 先発の森は5回無失点と来季へ収穫をつかんだが、打線が沈黙。中日先発の根尾、2番手・柳らに抑え込まれ、反撃できなかった。

 佐々岡監督は就任3年目の今季、開幕6連勝とスタートダッシュに成功。だが、苦手の交流戦で黒星がかさんだ。9月30日のヤクルト戦に敗れ、4年連続のBクラス。チーム不振の責任を取りこの日までに球団に辞意を申し入れ、了承された。

 佐々岡監督は試合後、ファンの前で「選手はこの一年、本当に頑張ってくれました。残念ながら、わたくし、監督の力不足でご期待に応えられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。わたくし佐々岡は責任を取り、きょうこのユニホームを脱ぎます。来シーズンは一カープファンとして、皆様とともにチームを応援していきます。この一年のご声援、3年間本当にありがとうございました」と挨拶。ファンからは、大きな拍手が起こった。その後、右翼席のファンに別れを告げると涙があふれた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca93af98f584f570a83d08dca5f0e51baf7030e6

【広島・佐々岡監督が涙 ファンの前で辞任表明「申し訳ない気持ちでいっぱいです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 06:52:36.79 ID:CAP_USER9
 広島東洋カープの佐々岡真司監督(55)が低迷の責任を取り、今季限りで辞任することが1日、分かった。球団に辞意を申し出て、1日までに了承された。球団は今後、OBを基本線に後任監督の選定に入る。

 ヤクルトがリーグ連覇を決めた翌日の9月26日、佐々岡監督は球団幹部に辞意を伝えた。まだクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残していたが、就任から3年連続でレギュラーシーズン優勝を逃した責任を取ることとなった。

 佐々岡監督は球団では53季ぶりの投手出身監督として、2019年秋に就任。20年は52勝56敗12分けの5位、21年は63勝68敗12分けの4位。今季は開幕6連勝と好発進したが、交流戦での失速や故障者続出で順位を落とした。今季最終戦となる2日の中日戦(マツダスタジアム)を残し、66勝73敗3分けで5位が確定した。
中国新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/0da45c8ebddd2ac56c9e0c39ecd8a71e5cf743d0

【カープ・佐々岡監督が辞任へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/04(月) 06:56:04.88 ID:CAP_USER9
7/3(日) 21:14配信 中国新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2cc91161b6e5b54f99d3bb634a1d3f8ccde4893

 広島東洋カープの佐々岡真司監督が3日、秋山翔吾外野手は当面、2軍調整となることを明かした。2、3日に2軍の中日戦2試合に出た報告を受け「話はこれからするが、まだまだ2試合。もうちょっと様子を見てからという感じ」と話した。

 秋山は2軍の2試合で4打数1安打、1四球。左翼と中堅を守った。監督は「どこでも守れるというところをやってもらった。準備をしてもらっている」と説明した。

 2軍は5~7日に山口県岩国市の由宇球場でソフトバンクとの3連戦がある。秋山の1軍昇格は8日からの中日戦(バンテリンドームナゴヤ)や、地元でのデビューとなる12日からのDeNA戦(マツダスタジアム)以降となりそうだ。

【カープ・秋山翔吾、当面は2軍調整 佐々岡監督「もうちょっと様子を見てから」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 20:59:59.82 ID:CAP_USER9
 
4/30(土) 20:02配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a6b80e6d3417404051090db3823de3dc66ede1b

◆JERAセ・リーグ 中日4―2広島(30日・バンテリンドーム)

 広島の佐々岡真司監督が、乱調が続く中崎翔太投手について「体も心も今の状態で投げても、という判断ではあります」と再調整させる考えを示した。

 中崎は、打線が同点に追い付いた直後の8回に登板したものの、連打と犠打で1死二、三塁のピンチを招き、わずか9球で降板。3番手・塹江が勝ち越し打を浴び、中崎は1/3回を2安打2失点でリーグ単独ワーストとなる4敗目を喫した。28日のヤクルト戦でも2点リードの8回に登板したが、1死から3連続四球と村上の2点適時打で同点とされ降板していた。

 指揮官は今季開幕から「8回の男」として、かつての守護神に勝ちパターンの一角を託してきたが、ここまで登板14試合で防御率8・03の成績。

 「結果がね。前回は四球(から崩れた)。今日はしっかりと捉えられていた。久々の1軍での登板が続いて、疲れなども出ているのかもしれないけど、ザキだから前回の登板の後、今日はしっかりやってくれると信じて出しましたけど。こういう結果になり、球を見ても明らかに…」

 今後は早急に継投プランを練り直す必要がある。「そこ(勝ちパターンの継投)は考えながら。明日以降は流動的になるでしょうね」と話した。

【乱調続きの元守護神… 広島・中崎翔太の2軍調整示唆 佐々岡真司監督「体も心も今の状態で投げても、という判断」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/28(木) 23:22:57.01 ID:CAP_USER9
(セ・リーグ、広島5-9ヤクルト、ヤクルト3勝1敗、28日、マツダ)広島は八回に9点を失い、逆転負けで連敗を喫した。首位・巨人とのゲーム差は3・5に広がり、あと1勝に迫った球団通算4500勝は29日の中日戦(バンテリンドーム)以降に持ち越し。佐々岡真司監督(54)の主な一問一答は次の通り。

──2─0の八回に投入した中崎が(1死から)3連続四球

「勝ちパターンでね、当然そういう選手ですから。こっちは信頼して送り出した」

──八回1死満塁の場面で村上(を迎え中前2点打)。塹江は前回登板で打たれているが、継投の選択肢は

「当然、失敗すれば僕の責任」

──島内は緊張感のある場面での課題(連続四球で押し出し、さらにオスナに2点打)が露呈した形

「うちの勝ち(パターン)の2人。失敗すれば僕の責任。切り替えて頑張ります」

◆八回に2点差を追いつかれ、なお1死一、二塁で登板も連続四球で押し出しを許した広島・島内 「(勝ちパターンを)投げさせてもらっているので次は取り返せるようにしたい」

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/04680e21b549ee356d4100da6d10d1e2411fce65

【「失敗すれば僕の責任」広島・佐々岡監督、継投裏目で八回に9失点】の続きを読む

このページのトップヘ