SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

佐々木朗希

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/12(金) 00:42:18.48 ID:zEZrIPil9
佐々木朗希、登板のメド立たず1カ月… このままメジャー挑戦なら「日本球界とケンカ別れ」の危惧


 首位を走るソフトバンクを追いかける2位ロッテ。その戦いぶりは「試合巧者」という言葉が当てはまる。スーパースターはいないが、ベンチのメンバーを含めた全員野球で白星を重ねていく。ただ、その輪の中に佐々木朗希がいない。6月13日に「右上肢のコンディショニング不良」で登録抹消されて以来、1カ月が経とうとしている。

 在京球団の元トレーナーは佐々木の状態についてこう語る。

「体をチェックしているわけではないので詳細は分かりませんが、球団のトレーナーが選手の出場にゴーサインを出せるわけではありません。レントゲンで患部の状態を見て異常がなくても、本人が違和感を覚えて不安を払しょくできないようだったら登板できない。昔は首脳陣が『痛い、かゆいとか言わずに投げろ』と強制的に投げさせましたが、時代が違いますからね。見切り発車で投げてコンディションが悪化する危険性もあります。復帰時期は自分の状態を一番理解している佐々木の決断次第だと思います」

 160キロを超える直球に、140キロのフォーク、スライダーを操る投球は異次元の領域だが、肉体が出力に耐えられない状況になっている可能性がある。

 度重なる故障により、プロ4年間で規定投球回数に到達したシーズンが一度もなく、勝ち星も22年の9勝が最多で二ケタ勝利はない。

 ただ、ロッテは「令和の怪物」を大事に育ててきた。新人の1年目に1、2軍登板なしで体作りに専念し、2年目以降も登板間隔、球数に細心の注意を払っている。

「入団当時より体が分厚くなったことは間違いない。ただ、まだまだ線が細いですね。佐々木投手の全盛期は3、4年後だと思います。肉体強化は一朝一夕で作り上げられるものではありません。トレーニングだけでなく、1軍の先発ローテーションで投げ続けることでしか本物のスタミナはつきません。とにかく焦らないことですね。メジャー挑戦? 僕は反対です。今の状態で行っても数年で体が壊れてしまいます」(前出のトレーナー)


■キャンプイン前にメジャー挑戦を公言

 佐々木に対する風当たりが強くなっているのは、先発ローテーションで稼働していないという現実ではない。昨オフ、キャンプイン直前に契約更改した際、初めてメジャー挑戦の意向を公言したことが大きく影響している。

 現在22歳。MLBには「25歳ルール」があるため、現状はマイナー契約しか結べない。仮にロッテがポスティングシステムのメジャー挑戦を認めても、譲渡金を低く抑えられてしまう。

 シーズンを通じて球団に恩返しをしたと言える成績を残していない状況でメジャー挑戦を熱望したことによって、佐々木に対して逆風が強まる状況になってしまった。

 ロッテOBは首をかしげる。

「入団当時からずっと育成に携わっている吉井理人監督と関係が良好ですし、チームメートにもなじんでいる。マスコミの前では好青年ですが、他の選手をいじったりする面白い一面もある。ロッテでのプレーは心地よいですし、このメンバーで優勝したいという思いは誰よりも強いはず。クレバーな投手なので自分が足りない部分も分かっている。じっくり力をつけて日本を代表するような投手になってからメジャー挑戦でも遅くないと考えていたはずです。だから、昨オフの動きは驚きました。メジャーでプレーしたい気持ちはロッテ入団前からあったと思いますが、なんでそんな急ぐんだろうと。誰かが裏で糸を引いているのかと勘ぐってしまいます」

 危惧されるのは、佐々木の今後の動向が読めないことだ。今季は9試合登板で5勝2敗、防御率1.96。出力を抑えた投球で長いイニングを投げ、先発ローテーションで回ることを重視した投球だったが、故障で離脱しているうちにシーズンは残り70試合を切った。現在の投球回数が59回2/3であることを考えると、規定投球回数(143回)到達は厳しい。

 他球団を見渡すと、ポスティングシステムでのメジャー挑戦を希望している高橋光成、平良海馬(いずれも西武)は、エースにふさわしい結果を残すことが球団サイドのポスティングシステムを容認する条件となっている。

 これは当然だろう。所属している球団で誰もが納得する成績を残してこそ、メジャーにステップアップできる。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb6ad62bb65894c48e4cc2168040dba5e177826e?page=1

【ロッテ・佐々木朗希、登板のメド立たず1カ月… このままメジャー挑戦なら「日本球界とケンカ別れ」の危惧】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/10(水) 15:22:27.29 ID:gdZmXn0X9
https://news.yahoo.co.jp/articles/0c19838a1128ad4b695e0da0815798a42b1fbf0c

ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

 8日、オールスターの監督推薦が発表されたが、またもやロッテの佐々木朗希(22)の名前はなかった。

 ファン投票、選手間投票に続いて、3度目の選外。9日から始まるプラスワン投票で選出される可能性はあるものの、6月13日に右上肢のコンディショニング不良を理由に抹消されており、仮に選ばれたとしても出場できるかどうかは不透明だ。

 その佐々木は、今季の開幕前に年間通してのローテ入りを目標に掲げながら、疲労蓄積と故障ですでに2度も二軍での再調整を強いられている。

 しかも今回は、抹消から1カ月が経とうする中、報道やSNSで音沙汰なしの状況が続いている。それだけに球界では、佐々木を巡ってさまざまな声が飛び交っているのだ。


「ひとつが『重症説』です」と、放送関係者がこう続ける。

「上肢は腕の肩関節から指先までの総称で、肩か肘に不安があるのは間違いない。今は二軍の浦和球場で調整していますが、当初はノースロー状態。二軍では1試合も投げていません。大きな注目を集める選手にもかかわらず、しばらく音沙汰がないのは、目立った進展がないということ。つまり、リハビリに長期間を要するからではないか、というわけです」

 一方でチーム周辺には、こんな声もある。

「オフのメジャー挑戦に備えて、肩肘を温存しているのではないか。以前から再三にわたって自ら疲労蓄積を訴えていますが、今季は開幕から球速を抑えた省エネ投法を取り入れ、体力を温存してきたにもかかわらず、すでに2度抹消。4月末には中9日を開けるなど、首脳陣は疲労にはことさら気を使っていた。1カ月に1度のペースで疲労を訴えるのは、いくら体力がない朗希でも度が過ぎる。朗希はすぐにでもメジャーに行きたい。メジャーへ行く前に無理をしたくない、故障したくない、という気持ちが強いのでしょう」(球団OB)

 いち早く一軍で投げてくれれば、すべてはスッキリするのだが……。

【ロッテ・佐々木朗希にまさかの「重症説」 抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声… MLB挑戦に備えて肩肘を温存説も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/05(金) 16:21:39.62 ID:riNHjyYP9
 1位になってしかるべきだが……。

 4日に発表されたプロ野球オールスター(23、24日開催)の選手間投票。パの投手部門はファン投票と同じく、日本ハムの山﨑福也が88票でトップ。ロッテの佐々木朗希(22)は85票の2位で、惜しくも選出されなかった。

 山﨑は13試合に先発し、6勝3敗、防御率2.86。一方、佐々木は同9試合で5勝2敗、防御率1.96。他の先発ローテ投手より登板数が少ないにもかかわらず、70奪三振はリーグ6位で、勝率(.714)も高い。

 日本人最速タイのMAX165キロの直球を武器に、投げた試合は高確率で勝つ。能力を考えれば選手間投票で選出されて当然だが、“身内”からの評価がイマイチなのは「虚弱体質」がゆえだろう。

 プロ5年目を迎えた佐々木はこれまで一度も年間を通してローテを守ったためしがない。ローテ定着を「公約」に掲げた今季もすでに故障で2度離脱。登板予定2日前の6月13日に右上肢のコンディショニング不良で登録抹消された時は、吉井監督が「中6日で回るのが難しいということ」と説明していた。いくら能力がズバ抜けていても、安定したパフォーマンスが発揮できないとなると評価は落ちる。

「しかも佐々木は23年の春季キャンプ直前に選手会を脱会。選手会の加入は任意とはいえ、会沢会長をはじめ、突然の脱会に首をかしげる選手は少なくない。いくらプロは実力の世界といえども、こうした言動が得票数に影響している可能性はあります」(放送関係者)

 つまりは、プロの風上にも置けないということか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e502eec8462826a2059d848f9af52e046ca93b4a

【ロッテ・佐々木朗希は“身内”からも嫌われた? 選手間投票でも球宴選外のトホホ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/02(火) 00:07:09.97 ID:VwLcmdL09
https://news.yahoo.co.jp/articles/238b1aeb47709f650d56f10e5529c61081d87d2b

伊東勤氏がロッテ・佐々木朗希に苦言「いったいどこを見て野球をやっているのか」

 西武、ロッテで監督を務めたプロ野球評論家の伊東勤氏(61)がロッテ・佐々木朗希投手(22)に苦言を呈した。

 自身のユーチューブ「110チャンネル」の中でロッテについて「十分Aクラス、優勝を狙える投手陣の戦力はある」としたが、登録抹消を繰り返す〝ガラスのエース〟佐々木朗に触れると、

 「頑張っているのは佐々木…と最初に挙げたいんですけど、彼がなかなか1年間通して働くこともない。将来的にはメジャーを頭に入れながらやっていると思うんですけど、なんか見ててちょっと残念。急に登板回避になったり、いいピッチングしていたのにどうして抹消なのとか…」と厳しい言葉を並べた。


 5月28日に上半身のコンディション不良で出場登録を抹消され、6月8日の広島戦に復帰して5勝目をマーク。

 ここから波に乗ると思われたが、13日に再び登録抹消となっている。オフにポスティングシステムによるMLB挑戦を視野にしているだけに〝虚弱体質〟との批判も噴出している。

 伊東氏は「いったいどこを見てやっているのか。まずは日本の野球、チームのためでしょう。優勝させるために柱としてやってほしい。なんか調整方法にしても、あれ? というクエスチョンがつく」と続け、

 周囲への負担についても「多少なりともある。個人スポーツでありながら団体スポーツというのが野球。ロッテはブルペンデーというのが多い。1人だけ蚊帳の外というのは困るし、みんなと戦っていくのが野球の形。そう思われないように態度も含めてやってほしい」と指摘した。

 愛ある叱責が佐々木朗に届くか…。

【伊東勤氏、登板回避を繰り返すロッテ・佐々木朗希に苦言 「いったいどこを見て野球をやっているのか」「見ててちょっと残念」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/29(土) 23:48:23.63 ID:ZN5HVzcS9
ロッテ佐々木朗希 日本では「虚弱体質」の烙印も…米球団むしろプラス評価でゾッコンの理由


一軍に上がったと思ったら、1試合に投げただけで再び登録抹消――。

佐々木朗希(22=ロッテ)の虚弱体質はプロ5年目を迎えても何も変わっていない。以前からドジャースとデキているといわれるだけに、さすがに他のメジャー球団は愛想が尽きたかと思ったら、さにあらず。むしろ評価はうなぎ上り。

今オフ、ポスティングでメジャー挑戦するようなら、「全30球団が獲得に名乗りを上げるかもしれません」とア・リーグのスカウトがこう続ける。


「今季は球速を抑えて体調を維持、年間を通じてローテを守るつもりだったようですが、5月10日の日本ハム戦で六回途中、8安打5失点と打ち込まれてやり返す気になったのでしょう。同17日の日本ハム戦と同24日のソフトバンク戦で出力を上げた。そうやって160キロ超の速球をガンガン投げ込んだ反動が出たのですよ。2度の離脱に関してはむしろ、自己管理能力に長けている、ケガを未然に防ぐ意識が強いと受け止めています。

 まだ22歳。当分の間、登板間隔をあける必要はありますが、体が出来上がるであろう26、27歳になれば変わるとみています。なによりも ドジャースの大谷(29)や山本(25)以上のポテンシャルをもった投手が、25歳ルールのおかげでマイナー契約で獲得できるのは大きい。もし、25歳になっていれば、山本の12年約465億円を超すカネが必要でしょうからね」



佐々木に関しては、中でもヤンキースのキャッシュマンGMがゾッコンだ。

昨オフ、山本獲得に本腰を入れながらドジャースに奪われただけに、今度こそという思いは強いそうだが、目の色を変えているのはヤンキースに限らない。

「パドレスが佐々木に対して怪しい動きをしていると聞きました」とは西海岸の代理人関係者だ。



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/356816

【ロッテ・佐々木朗希 日本では「虚弱体質」の烙印も…米球団むしろプラス評価でゾッコンの理由】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/20(木) 00:23:10.98 ID:k/VByCrp9
https://news.yahoo.co.jp/articles/b480e065cb2659e4a0c0e0e1053120a958e2a479

ロッテ・佐々木朗希 23日・ソフトバンク戦での最短復帰はなし 吉井監督「投げられないことはないけどパフォーマンスも上がってこない」

 ロッテの吉井理人監督(59)が19日、右上肢のコンディショニング不良で13日に今季2度目の出場選手登録抹消された佐々木朗希投手(22)について、

 「前回も2週間空けて投げて(8日・広島戦で)同じ状態だった。また2週間空けて、投げられないことはないと思うんですけど、それだと彼のパフォーマンスも上がってこない」と話した。23日・ソフトバンク戦での最短復帰はなくなった。

 佐々木は5月28日、上半身の疲労の回復に少し遅れが見られるため、出場選手登録を抹消。今月8日・広島戦で復帰登板し6回90球を3安打1失点で今季5勝目を挙げたが、13日に右上肢のコンディショニング不良のため再び出場選手登録を抹消された。

 現在はファームで調整中。復帰について指揮官は「1軍でリハビリして帰ってこられるめどが立っている人はここを目指してとなりますけど、2軍に行っちゃった人は行けるようになったら教えてという感じです」と話した。

【ロッテ・佐々木朗希 23日SB戦での最短復帰なし 吉井監督「2軍に行っちゃった人は行けるようになったら教えてという感じです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/14(金) 23:31:38.64 ID:aaoessG/9
https://news.yahoo.co.jp/articles/158a400005f24549766b1711051b6b0308d5dfdf

ロッテ・吉井監督、佐々木朗希の状態説明「中6日が難しかったら投げる試合がない」

 ロッテ・吉井理人監督(59)が13日、DeNA戦(ZOZOマリン)後に、同日に右上肢のコンディショニング不良で出場選手登録を抹消した佐々木朗希投手(22)の状態について「前回2週間空けて試合に投げて、また同じような症状だったらしいです。中6日ではきついということだったので抹消しました。中6日が難しかったら投げる試合がないので」と説明した。

 球団は「登板後のコンディショニング確認の中で上肢の状態が万全でないことを受けての総合的判断」としている。

 最短で23日に再登録可能となるが「何とも言えない。いけるぞとなってからいきたいと思っている」と現状の復帰見通しは立っていないことも明かした。

 佐々木は当初、中6日で15日の中日戦(ZOZOマリン)に先発予定で、12日までキャッチボールなどの通常メニューをこなしていた。5年目の今季は9試合に登板し5勝2敗、防御率1・96の成績。


関連スレッド
【野球】佐々木朗希、15日・中日戦の先発なくなる…右上肢のコンディション不良で登録抹消 [数の子★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1718263740/

【ロッテ・吉井監督、佐々木朗希の状態説明「中6日ではきついということだったので抹消した。中6日が難しかったら投げる試合がない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 16:29:00.03 ID:YVw45OgD9
ロッテは13日、右上肢のコンディション不良のため佐々木朗希投手(22)の出場選手登録を抹消した。球団は抹消理由について「登板(8日の広島戦)後のコンディション確認の中で上肢の状態が万全ではないことを受けての総合的判断」と発表。登板を予定していた15日の中日戦(ZOZOマリン)での先発はなくなった。

 佐々木は前日の12日にキャッチボールなどで体を動かしていたが、この日のDeNA戦(ZOZOマリン)での試合前練習には姿を現さなかった。

 佐々木は5月24日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)で7イニング被安打5、8奪三振の1失点に抑え、今季4勝目を挙げた後、28日に上半身の疲労回復に遅れがみられるため、出場選手登録を抹消。その後、中14日で8日の広島戦(マツダスタジアム)に復帰し、6イニングを被安打3、9奪三振の1失点(自責点0)に抑え、チームトップの5勝目を挙げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/21b2d46e8566477b49c55e2018ab8cb74c06521f

【ロッテ・佐々木朗希、15日・中日戦の先発なくなる…右上肢のコンディション不良で登録抹消】の続きを読む

このページのトップヘ