SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

佐々木麟太郎

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/23(土) 13:36:18.95 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年7月23日13時0分
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202207230000342.html

<高校野球岩手大会:盛岡中央3-2花巻東>◇23日◇準決勝◇岩手県営野球場

高校通算74本塁打の花巻東の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手の夏が終わった。

岩手大会準決勝に「3番一塁」で先発。

盛岡中央のプロ注目の最速152キロ右腕、斎藤響介投手(3年)と対戦し、第1打席は右前打、第2打席は中飛、第3打席は右前打、第4打席は右飛と2安打を放ったが勝利には届かなかった。

試合後は涙を流す選手たちの横で、厳しい表情のまま、盛岡中央の校歌を聞いた。一塁側のベンチに戻ると、両手をついてうなだれた。

花巻東は3回に2点の先制を許すと4回に5番小沢のソロで1点差に迫り、続く5回に追いついた。同点のまま終盤に入ったが、7回に1点の勝ち越しを許した。

佐々木麟は初の甲子園となった今春のセンバツでは市和歌山相手に初戦敗退。4打数無安打2三振と結果が出なかった。

岩手大会準々決勝の水沢戦で今夏1号となる高通算74号を放っていたが、聖地にはあと2勝届かず。チームも盛岡中央の好投手、斎藤を打ち崩せずに完投を許し、3年ぶりの夏の甲子園を逃した。

【高校野球岩手大会 花巻東・佐々木麟太郎の夏終わる…「3番一塁」で2安打も盛岡中央の好投手・斎藤響介を崩せず 盛岡中央3-2花巻東】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/26(日) 22:39:35.01 ID:D6uX/imh0
<高校野球練習試合:花巻東7-7ノースアジア大明桜>
◇26日  花巻東(岩手)の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手が26日、岩手・金ケ崎町内で行われたノースアジア大明桜(秋田)との練習試合で高校通算73号(公式戦13本、練習試合60本)を放った。
 4-6で迎えた8回裏、右中間への特大2ランで同点に追いついた。その後、チームは勝ち越すも、9回に追い付かれ7-7の引き分けに終わった。  
前日の山形中央戦でも1本放っており、これで岡本和真(智弁学園)の同73発に並んだ。センバツ後は「胸郭出口症候群」の手術の影響で調子を落としていたが、タイミングの取り方をつかみ、夏本番を前に量産ペースに入った。

【花巻東・佐々木麟太郎が高校通算73号!岡本和真に並ぶ 夏本番前に量産ペース】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 19:54:32.90 ID:CAP_USER9
花巻東(岩手)の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手が高校通算71号(公式戦58本、練習試合13本)を放った。

 大曲農(秋田)創立130周年記念親善招待試合に「3番一塁」で出場。5回にソロ本塁打、6回に2点適時打を運んで5打数2安打3打点と躍動し、6-0の勝利に貢献した。通算本塁打数では70本の城島健司(別府大付)、平田良介(大阪桐蔭)を超え、高橋周平(東海大甲府)に並んだ。また21日までには69本の筒香嘉智(横浜)超えも果たしている。

    ◇   ◇   ◇

 佐々木麟が青空に大きな花火を打ち上げた。2-0の5回無死走者なしで迎えた第3打席。1ボールから大曲農のエース左腕、竹村凌平投手(3年)が投じた内角低め直球を、右中間へ運んだ。「とにかく積極的に振り抜くことをテーマにやってきて、逆らわずに来た球をセンターからレフトへという意識だったので、結果的に風に乗ってくれたと思います」。推定飛距離120メートルの特大弾を「日本一の花火の街」として有名な大曲で1発を決めた。

 今夏に弾みをつけるべく臨んだ春季東北大会は、準々決勝で東北(宮城)に1-3で競り負けて初戦敗退。佐々木麟も4打数無安打と沈黙した。この日はソロ本塁打だけでなく、4-0の6回にはダメ押しの2点適時打。一方、凡退した初回の中飛、2回の左飛、8回の中飛もアーチストらしい豪快な打球を飛ばした。いずれも中堅122メートルと広い大曲球場でなければ本塁打の可能性があり、佐々木麟自身も確かな手応えをつかんだ。

 「自分の持ち味である弾道のいい打球が出ず、調子が悪い時期が続いていた中で、今日はフライアウトが全部でしたが、それ以上に自分の中でも質のいい内容で打席を終えることができました。調子が完全に良くなってはないですけど、こういう内容が出たことに少し自信を持って、夏に向けて『ここから』だと思ってやっていきたいです」

 花巻東は19年以来3年ぶりの夏の甲子園出場を目指す。23日には県大会の抽選会が行われ、7月8日に聖地行きをかけた戦いが開幕する。「この夏は特別な思いを持ち、3年生ではないですが、最後の夏だと思って、この代で甲子園切符をつかみ取り、新たなステージへ進んでいきたいと思います」。筒香、城島、平田らの高校通算本塁打を上回った“花火師”が、夏本番も豪快な一撃で青空を彩る。【山田愛斗】

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c77c545b262de3ad243016877bcfe660d4de11e

【花巻東・佐々木麟太郎が城島健司ら超え高校通算71号「積極的に振り抜くことをテーマに」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 06:24:20.69 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月10日4時45分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205090000967.html

ロッテ佐々木朗希投手(20)は日本で、エンゼルス大谷翔平投手(27)は米国で、世界の野球ファンをわかせる活躍が続く。ブルージェイズ菊池雄星投手(30)やすでに高校通算60発超の花巻東・佐々木麟太郎内野手(2年)も含め、いずれも岩手県出身だ。この十数年間で野球の大物が次々に登場し「なぜ岩手から?」の注目が増す。岩手の近代史に詳しい新渡戸基金・藤井茂理事長(72)らの証言を元に、海外からも注目される謎に「潜入」する。

藤井氏は「岩手は人物が出るのが遅いです。ちょうど1世代分」と証言し、主に2つの理由を挙げる。

<1>気候的問題 同氏は江戸時代の旅行家の作品を挙げた。「江戸から北上し、秋田ではのどかな農村が描かれる。それが青森で折り返すと、岩手では人が倒れている描写があります」。三陸沿岸からの冷たい季節風「やませ」が内陸の凶作にも影響し「当時は食べていくのに一生懸命な土地だったようですね」。
<2>政治的問題 今の岩手広域にあたる南部藩は戊辰戦争で敗れ、明治政府の中枢に入れなかった。「南部の連中は外交官、軍人、新聞記者、教育者…の方向へ進みました。貧しい出自の人は学費がゼロのところへ。明治や大正の第1世代は、スポーツや芸術の世界に進めなかったんです。食べていくために」。

<1><2>を背景とした環境から、先人の努力や反骨心があって今の輝きがある。藤井氏の言う1世代分とは「30年くらいですかね」。30年前の岩手県はどんな時世だったか。昭和後期に大きな出来事があった。

82年(昭57)に東北新幹線が大宮-盛岡間で開通。「日本のチベット」とも呼ばれた岩手から首都圏へのアクセスが劇的に改善し、人やモノ、文化の往来が活発になり始めた。四国に匹敵するほど広い県域の交通網も発達。大物たちの親世代が少年少女あるいは思春期かといった頃が、ちょうど新幹線開通で岩手が勢いづいた10年後…今から30年前の時代にあたる。

昭和から平成へ。子どもがスポーツに打ち込める環境もどんどん整う。指導者や指導法の世代交代も複合的に作用。花巻東・佐々木洋監督(46)らは象徴的存在になる。佐々木朗を高校で指導した国保陽平氏(35)もアメリカの独立リーグでプレーし、支援学級での講師経験もある。他地域との交流試合は学童野球でも活発に。県内野球界のアップデートは、多くの関係者が証言するところだ。

そんな時代に登場した大谷や佐々木朗には「早寝効果」なども推測されるが、それ以上に個々の努力も大きいところ。ただ、大物の相次ぐ輩出は岩手県の土壌でもあるようだ。藤井氏は「奥ゆかしい藩民性、県民性です」と言い、岩手出身の人物の気質が表現された言葉を2つ挙げた。

「沈深牛の如し。至誠沈勇の人。2つとも『沈』が入っていますよね。どっしりとして、動かざるということ。大谷翔平さんもどっしりしていますよね」。

隣県の青森では、ねぶた祭で初対面の男女が一緒に“はねる”(=踊る)こともある。「岩手はそこは違う。じわりじわり、ゆっくり仲良くなって」。コロナ禍でも最後に陽性者が確認された県だった。「全体的に派手なのが苦手で、飛び抜けた頑張りと忍耐強さがある。そこは信頼されるし、その中でずぬけた人物は一気に世に出るんです」。

「なぜ岩手から?」は初めての事象ではない。明治初頭、原敬や新渡戸稲造らがこぞって上京し、大正で日本の中枢に上り詰めた。その1世代後、明治30年代に石川啄木、金田一京助ら盛岡中学OBが続々と名を上げ“盛岡中ルネサンス”と呼ばれた。

「その10年後には宮沢賢治も出た。岩手はいったん出ると一気に出る。我々でも大丈夫だ、と。出るまではモジモジだけど」

歴史は繰り返す。雄星、大谷、朗希、麟太郎-。21世紀のルネサンスは、まだ続きそうだ。【金子真仁】

◆菊池雄星と佐々木麟太郎の今 
菊池雄星 3月にマリナーズからブルージェイズに移籍。今季5戦目の登板となった4日(日本時間5日)ヤンキース戦で新天地初勝利を挙げた。11連勝中だったヤ軍を6回3安打1失点に抑える好投だった。

佐々木麟太郎 昨年12月に両肩の胸郭出口症候群の手術を受けた影響で、今春センバツでは無安打。チームも1回戦で敗退した。高校通算本塁打は清原和博(PL学園)に並ぶ64本(5月7日時点、公式戦12本、練習試合52本)。

◆沈深牛の如し 明治時代の詩人・高村光太郎が自身の作品「岩手の人」の中で「沈深牛の如し」と表現。ゆっくり、慌てずに目標を達成するという意味。

◆至誠沈勇の人 盛岡出身の第37代内閣総理大臣・米内光政の銅像の石碑に、当時の慶応義塾長・小泉信三が寄せた言葉。「体格は偉大、声は静かで太い」が第一印象だったという。

【「なぜ岩手から?」雄星、大谷、朗希、麟太郎…傑物次々誕生の理由「1世代遅い」ルネサンス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 06:39:50.17 ID:CAP_USER9
3/24(木) 6:00配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/9aaa9f6de787d1f089d79f04562045ccc6cf2a8c

◆第94回センバツ高校野球大会第5日 ▽1回戦 市和歌山5―4花巻東(23日・甲子園)

 高校通算56発を誇る花巻東(岩手)の2年生スラッガー・佐々木麟太郎一塁手が、初戦で散った。最速149キロ右腕の市和歌山・米田天翼(つばさ)投手(3年)の前に、4打数無安打2三振。持ち味の豪快なスイングで甲子園を沸かせたが、快音を響かせることはできず、チームは4―5で敗れた。試合後は、悔しさから号泣。さらに力を付け、聖地へ戻って来ることを心に誓った。

 麟太郎の甲子園デビュー戦は、フルスイングを貫いて終わった。「3番・一塁」で先発。初回無死一、二塁の好機で1ボールからの2球目、市和歌山・米田の高め140キロをフルスイングした。振り切ったあと、後ろによろめくほど豪快なフォロースルーにどよめきが起きた。だが、結果は空振り三振。4打数無安打1死球と不発に終わり、「自分のセンスのなさが結果に出ている。チームとして負け、個人としてもふがいない結果に終わってしまったことに責任を感じています」と涙を流した。

 鮮烈な聖地デビューはならなかったが、13度の“マン振り”は甲子園を席巻した。プロデビュー戦で金田(国鉄)に4三振を喫した長嶋(巨人軍終身名誉監督)ばりの全身全霊のスイングで、強烈な個性を示した。昨年12月に胸郭出口症候群のため両肩を手術。肩の動きに制限をかけながらボールを打ち始めた3月上旬、「とにかくフルスイングしたい」と切望していた。バットを振り始めて、わずか3週間で調整。三飛に倒れた3打席目は、この日最速145キロの直球に食らいついた。

 菊池(ブルージェイズ)や大谷(エンゼルス)ら、父・洋監督(46)が指揮する花巻東の先輩たちが聖地で躍動する姿を幼少期から目に焼き付け、「花巻東のユニホームを着て日本一を取るんだ」と心に決めた。入学からたった1年で、OBの大谷に並ぶ高校通算56本塁打。怪物スラッガーへと成長し、積年の夢をかなえるために臨んだ舞台だっただけに、「甲子園には人一倍の思いがある」と、無念の初戦敗退に涙が止まらなかった。

 今大会では真鍋慧(広陵)、佐倉侠史朗(九州国際大付)ら内野手スラッガーに、前田悠伍投手(大阪桐蔭)を加えた“2年生四天王”としても注目を集めたが、最初に甲子園を去ることになった。「監督からは、大谷選手よりセンスがなく、早熟タイプだと言われてきた」という麟太郎は、その言葉を受け止め、進化を期す。「センスのなさとか、そういうところが自分には足りない。夏に向けて一から練習して、人一倍強いバッターになって甲子園に戻ってきたい」。怪物が聖地に刻む伝説は、まだ序章に過ぎない。(小山内 彩希)

 ◆佐々木 麟太郎(ささき・りんたろう)2005年4月18日、岩手・北上市生まれ。16歳。幼少時から野球を始め、小1で江釣子ジュニアスポーツ少年団に入団。江釣子中では金ケ崎シニアに所属。高校では1年春から「2番・一塁」で、同秋から3番。183センチ、117キロ。右投左打。家族は両親と妹。

【「人一倍強いバッターになり甲子園に戻る」花巻東・佐々木麟太郎、無安打2三振で敗戦…悔しくて号泣】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 16:38:18.67 ID:CAP_USER9
写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-03171086-sph-000-4-view.jpg?pri=l&w=598&h=640&exp=10800

あす開幕の第94回センバツ高校野球大会に出場する花巻東(岩手)の佐々木麟太郎内野手(新2年)が17日、オンライン取材に応じ、昨年12月に手術した両肩の状態を「回復状態も順調で、試合もフルで出られるようになっている」と明かした。花巻東の1回戦は第5日第1試合、最速149キロ右腕・米田天翼投手(新3年)を擁する市和歌山(和歌山)と対決する。

 1年間で高校通算56本塁打を打っている怪物スラッガーが、本番に間に合った。昨年12月に中学時代から患っていた胸郭出口症候群で両肩を手術。練習試合解禁の5日以降は、下位の打順から打ち始めた。状態が上がっていくにつれ打順も3番に戻り、3月16日には花巻東OBでエンゼルス・大谷翔平投手(27)の高校時代の記録に並ぶ、56号を放った。5日以降の12日間で計6発を放つも、「記録では56本打たせてもらいましたが、はっきりと手術前の感覚を取り戻してはいない」と麟太郎。「まだ調子の浮き沈みもあるのでこれからもしっかり練習に取り組んでいきたい」と最後まで万全な調整を見据えた。

スポーツ報知 3/17(木) 14:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bc560147f41115d87aba98a68750091227c8a27

【花巻東・佐々木麟太郎 昨年12月に中学時代から患っていた胸郭出口症候群で両肩手術から復活!「試合フルで出られる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 18:44:28.29 ID:CAP_USER9
今春のセンバツに出場する怪物1年生スラッガー、花巻東(岩手)・佐々木麟太郎内野手(1年)が16日、高校通算本塁打を56本に伸ばし、同校OBのエンゼルス大谷翔平投手(27)が在籍時マークした高校通算本塁打数に並んだ。

この日は神戸市内のグラウンドで育英とダブルヘッダーを行い、1試合目は5回2死一、二塁からフォークをすくい上げると、3ランの打球は大きな放物線を描きながらバックスクリーンへ吸い込まれた。続く2試合目では3回、真っすぐを捉え右越えソロ。2試合連続本塁打で通算56号まで積み上げ、センバツ前の練習試合を締めた。

本塁打で好調を存分にアピールした。練習試合解禁となった5日から12日間で6発。高校入学から1年足らずで、驚異的なペースで本塁打を量産している。初戦は22日の市和歌山戦。自身は初めて乗り込む甲子園の大舞台で、「大谷超え」に挑む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e86e16fc0e8952b6d82171992fbf277d1e5cb693

【花巻東の〝怪物1年生スラッガー〟佐々木麟太郎が高校通算56号! OB大谷翔平記録に並ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 07:22:31.77 ID:CAP_USER9
1/29(土) 5:15配信
東スポWeb

早くもメジャー関係者から注目を集めている花巻東・佐々木麟太郎(東スポWeb)

 第94回選抜高校野球大会の出場32校が決定した。今大会の注目は、何と言っても昨秋東北大会を制し、4年ぶり4回目の出場を決めた花巻東(岩手)。その中軸に座る怪物スラッガー・佐々木麟太郎内野手だ。高校1年生ですでに50本塁打をマークする〝みちのくの怪物〟は、初見参となる甲子園でどんなドラマを見せてくれるのか。一方で、そんな怪物には早くもメジャーが調査を開始している。佐々木が高校3年生となる来年2023年に「即メジャー挑戦」を目指す可能性に備えてのものだ。

 日米の球界事情に詳しいメジャー関係者はいう。

「近年、日本でトップの高校生が母国のプロ野球を経ずにMLBに行こうとした事例が2例ある。そのいずれもが花巻東という岩手の同一私立高校で起きた事例で、2009年に菊池雄星、12年に大谷翔平という高校生がそれを望み、社会問題となった。3例目が起きるとすれば、甲子園の常連・大阪桐蔭でも横浜高でもなく、やはり花巻東になると思う。そして、3例目の可能性がある今回は、その事例を指導者として望み、後押ししてきた監督さんの息子という特殊な背景がある。『教え子』という他人の子供でなく、自分の息子をどう扱うのか。佐々木監督を知るメジャー関係者は皆その一点に注目しています」

 菊池、大谷の事例は言わずと知れた日本球界、ドラフトを揺るがす大騒動となった。菊池は国内12球団の他にメジャー8球団と面談を行い「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しないと思いました。日本の方全員に認められてから、世界でプレーしたいと思いました」と、この段階でのメジャー挑戦を断念。6球団の指名が競合したドラフトで交渉権を引き当てた西武に入団し、その9年後に渡米した。

 その〝雄星騒動〟から3年後、今度は夏の岩手県大会で160キロを叩き出した大谷がNPBを経ずに「即メジャー挑戦」の意思を表明。「日本のプロよりもメジャーリーグへのあこがれが強い。マイナーからのスタートを覚悟の上でメジャーリーグに挑戦したい」と菊池よりもメジャー行きに近づいた。

 しかし、ドラフトでは日本ハムが大谷を強行指名し「投打二刀流」「メジャーに行くだけでなく成功するための育成」を提案し翻意させた。大谷は日本ハム5年の在籍でメジャー移籍をかなえ、昨年のア・リーグMVPにつなげた。

 菊池、大谷ともに高校から即メジャー挑戦の夢はかなわなかったが、そもそもメジャー側は高校生が単独でメジャー挑戦を志向しているとは信じていない。

 あるア・リーグ球団スカウトは「もちろん、佐々木監督の指導者としての夢がそこにあるからですよ」としこう続けた。

「花巻東の理念でもある『岩手から世界へ』を菊池と大谷で実現させ、佐々木さんは確固たる地位を築いた。あとは2人のメジャーリーガーでは果たせなかったその年のトップ高校生が、NPBを経ずに即メジャー挑戦という野望を麟太郎くんで実現させるのかどうか。常日ごろから『常識を疑え』『非常識を常識に変える』と指導している監督さんですから、可能性はゼロではない」

 佐々木麟太郎の進路に関してはメジャースカウトだけでなく、これまでも菊池、大谷、そして大船渡・佐々木朗希を追いかけてきた大物代理人、スコット・ボラス氏の事務所関係者も23年に向けた動きを見せている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-03958763-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f2bdd1c0f717a3fbc2298ba88144984a6a29f4e

【大谷翔平に続く花巻東のモンスター “父子鷹” 佐々木麟太郎にMLBが夢見る「即メジャー」の道】の続きを読む

このページのトップヘ