SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

佐々木麟太郎

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 16:38:18.67 ID:CAP_USER9
写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-03171086-sph-000-4-view.jpg?pri=l&w=598&h=640&exp=10800

あす開幕の第94回センバツ高校野球大会に出場する花巻東(岩手)の佐々木麟太郎内野手(新2年)が17日、オンライン取材に応じ、昨年12月に手術した両肩の状態を「回復状態も順調で、試合もフルで出られるようになっている」と明かした。花巻東の1回戦は第5日第1試合、最速149キロ右腕・米田天翼投手(新3年)を擁する市和歌山(和歌山)と対決する。

 1年間で高校通算56本塁打を打っている怪物スラッガーが、本番に間に合った。昨年12月に中学時代から患っていた胸郭出口症候群で両肩を手術。練習試合解禁の5日以降は、下位の打順から打ち始めた。状態が上がっていくにつれ打順も3番に戻り、3月16日には花巻東OBでエンゼルス・大谷翔平投手(27)の高校時代の記録に並ぶ、56号を放った。5日以降の12日間で計6発を放つも、「記録では56本打たせてもらいましたが、はっきりと手術前の感覚を取り戻してはいない」と麟太郎。「まだ調子の浮き沈みもあるのでこれからもしっかり練習に取り組んでいきたい」と最後まで万全な調整を見据えた。

スポーツ報知 3/17(木) 14:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bc560147f41115d87aba98a68750091227c8a27

【花巻東・佐々木麟太郎 昨年12月に中学時代から患っていた胸郭出口症候群で両肩手術から復活!「試合フルで出られる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 18:44:28.29 ID:CAP_USER9
今春のセンバツに出場する怪物1年生スラッガー、花巻東(岩手)・佐々木麟太郎内野手(1年)が16日、高校通算本塁打を56本に伸ばし、同校OBのエンゼルス大谷翔平投手(27)が在籍時マークした高校通算本塁打数に並んだ。

この日は神戸市内のグラウンドで育英とダブルヘッダーを行い、1試合目は5回2死一、二塁からフォークをすくい上げると、3ランの打球は大きな放物線を描きながらバックスクリーンへ吸い込まれた。続く2試合目では3回、真っすぐを捉え右越えソロ。2試合連続本塁打で通算56号まで積み上げ、センバツ前の練習試合を締めた。

本塁打で好調を存分にアピールした。練習試合解禁となった5日から12日間で6発。高校入学から1年足らずで、驚異的なペースで本塁打を量産している。初戦は22日の市和歌山戦。自身は初めて乗り込む甲子園の大舞台で、「大谷超え」に挑む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e86e16fc0e8952b6d82171992fbf277d1e5cb693

【花巻東の〝怪物1年生スラッガー〟佐々木麟太郎が高校通算56号! OB大谷翔平記録に並ぶ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 07:22:31.77 ID:CAP_USER9
1/29(土) 5:15配信
東スポWeb

早くもメジャー関係者から注目を集めている花巻東・佐々木麟太郎(東スポWeb)

 第94回選抜高校野球大会の出場32校が決定した。今大会の注目は、何と言っても昨秋東北大会を制し、4年ぶり4回目の出場を決めた花巻東(岩手)。その中軸に座る怪物スラッガー・佐々木麟太郎内野手だ。高校1年生ですでに50本塁打をマークする〝みちのくの怪物〟は、初見参となる甲子園でどんなドラマを見せてくれるのか。一方で、そんな怪物には早くもメジャーが調査を開始している。佐々木が高校3年生となる来年2023年に「即メジャー挑戦」を目指す可能性に備えてのものだ。

 日米の球界事情に詳しいメジャー関係者はいう。

「近年、日本でトップの高校生が母国のプロ野球を経ずにMLBに行こうとした事例が2例ある。そのいずれもが花巻東という岩手の同一私立高校で起きた事例で、2009年に菊池雄星、12年に大谷翔平という高校生がそれを望み、社会問題となった。3例目が起きるとすれば、甲子園の常連・大阪桐蔭でも横浜高でもなく、やはり花巻東になると思う。そして、3例目の可能性がある今回は、その事例を指導者として望み、後押ししてきた監督さんの息子という特殊な背景がある。『教え子』という他人の子供でなく、自分の息子をどう扱うのか。佐々木監督を知るメジャー関係者は皆その一点に注目しています」

 菊池、大谷の事例は言わずと知れた日本球界、ドラフトを揺るがす大騒動となった。菊池は国内12球団の他にメジャー8球団と面談を行い「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しないと思いました。日本の方全員に認められてから、世界でプレーしたいと思いました」と、この段階でのメジャー挑戦を断念。6球団の指名が競合したドラフトで交渉権を引き当てた西武に入団し、その9年後に渡米した。

 その〝雄星騒動〟から3年後、今度は夏の岩手県大会で160キロを叩き出した大谷がNPBを経ずに「即メジャー挑戦」の意思を表明。「日本のプロよりもメジャーリーグへのあこがれが強い。マイナーからのスタートを覚悟の上でメジャーリーグに挑戦したい」と菊池よりもメジャー行きに近づいた。

 しかし、ドラフトでは日本ハムが大谷を強行指名し「投打二刀流」「メジャーに行くだけでなく成功するための育成」を提案し翻意させた。大谷は日本ハム5年の在籍でメジャー移籍をかなえ、昨年のア・リーグMVPにつなげた。

 菊池、大谷ともに高校から即メジャー挑戦の夢はかなわなかったが、そもそもメジャー側は高校生が単独でメジャー挑戦を志向しているとは信じていない。

 あるア・リーグ球団スカウトは「もちろん、佐々木監督の指導者としての夢がそこにあるからですよ」としこう続けた。

「花巻東の理念でもある『岩手から世界へ』を菊池と大谷で実現させ、佐々木さんは確固たる地位を築いた。あとは2人のメジャーリーガーでは果たせなかったその年のトップ高校生が、NPBを経ずに即メジャー挑戦という野望を麟太郎くんで実現させるのかどうか。常日ごろから『常識を疑え』『非常識を常識に変える』と指導している監督さんですから、可能性はゼロではない」

 佐々木麟太郎の進路に関してはメジャースカウトだけでなく、これまでも菊池、大谷、そして大船渡・佐々木朗希を追いかけてきた大物代理人、スコット・ボラス氏の事務所関係者も23年に向けた動きを見せている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-03958763-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f2bdd1c0f717a3fbc2298ba88144984a6a29f4e

【大谷翔平に続く花巻東のモンスター “父子鷹” 佐々木麟太郎にMLBが夢見る「即メジャー」の道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/05(水) 07:10:01.89 ID:CAP_USER9
2022年01月05日 05:30 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/05/kiji/20220104s00001173523000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/05/jpeg/20220104s00001173521000p_view.jpg

 日本ハムが23年ドラフトに向け、超高校級スラッガーの花巻東・佐々木麟太郎内野手(1年)を密着マークすることが分かった。1年生ながら早くも高校通算50本塁打とアーチを量産。清宮の高校通算最多とされる111本塁打を更新する勢いで、同じ左打ちの稲葉篤紀GMが直接視察する可能性もある。

 これまでスカウト会議で下級生の個人名が挙がることはなかったが、球団幹部は「各大会で“下級生も見てください”と話をしている」と明かした。その下級生の筆頭候補に挙がるのが佐々木。1メートル83、113キロの巨体スラッガーについて、球団関係者は「清宮の111本を超える可能性がある」と期待した。

 中学では花巻東出身の大谷翔平(現エンゼルス)の父・徹さんが監督を務める金ケ崎リトルシニアでプレー。打撃の手本とするのが、メジャー歴代最多の通算762本塁打したバリー・ボンズ(元ジャイアンツ)だ。新庄監督はジ軍でボンズとともにプレー。2人は固い絆で結ばれ、昨年11月の監督就任直後には、スポニチ本紙を通じて「新庄!おめでとう!幸運を祈る」とエールを届けた。新庄監督は1年契約だが2年後まで指揮していれば、ボンズ打法完成へこれほど頼れる指南役もいない。

 日本ハムの昨季チーム本塁打78本はリーグワーストで唯一の2桁台。大砲獲得による得点力の上積みが不可欠だ。新球場「エスコンフィールド北海道」が開業する23年の秋に控えるドラフト。新球場の顔として1位指名が期待される規格外の怪物を注視していく。

 ≪3・18開幕センバツ出場決定的 父・洋監督と東北勢初V狙う≫佐々木は準決勝で敗退した明治神宮大会後の11月28日に東海大相模と年内最後の対外試合を行い、高校通算50号となる右越え本塁打を放った。高校通算111本塁打の清宮を上回るペースで量産中。今年の対外試合は3月5日に解禁される。花巻東は3月18日開幕のセンバツ出場が決定的で父・洋監督と東北勢初優勝を目指す。

 ▽新庄監督とボンズ 2人は02年にジャイアンツでプレー。中堅・新庄、左翼・ボンズで左中間を守った。新庄監督は開幕前に「左中間の打球は全部、俺がキャッチする。お前は右方向だけ。あとは打つことに集中しろ」と声を掛けると意気投合。チームは13年ぶりのワールドシリーズ進出を果たした。当時のボンズは孤高の存在だったが、新庄監督とは仲を深め、「俺のバディ(相棒)」とボンズに呼ばれる関係となった。

【新庄日本ハム 花巻東・佐々木麟太郎を密着マーク!1年生ですでに通算50発 清宮超え十分】の続きを読む

このページのトップヘ