SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

全仏オープン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/04(金) 14:54:33.87 ID:CAP_USER9
3/4(金) 13:58
デイリースポーツ

ジョコビッチ 全仏出場可能な見通し 仏政府の接種証明義務撤廃で 英報道

 テニス男子のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が四大大会の1つ、全仏オープン(5月開幕)に出場できる見通しが高まった。

 英BBCなどはフランス政府が3日にスタジアムや飲食店に入る際のワクチン接種証明書の提示義務を14日に廃止すると発表したことを受け、ジョコビッチについて「全仏でタイトルを守ることができる可能性が高い」と、報じた。ワクチン未接種とされるジョコビッチは、1月の全豪オープンでは厳格な感染対策をしいていた豪州への入国を巡り、法廷闘争となり、国外退去を命じられた。全仏も接種証明提示義務があったことから、一時は出場は厳しいとみられていた。

 ジョコビッチ自身も海外メディアの取材に「接種が必要ならば、グランドスラムに出場はしない」と話していたが、今回の廃止で出場できる可能性が大きく高まった。

 ジョコビッチは2月28日付けの最新世界ランキングで通算歴代最多となる361週君臨してきた1位から陥落し、2位に後退した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220304-00000068-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3184cbd8b9a7dbfe29637c6d593e4465fc1992e

【ジョコビッチ、全仏オープン出場可能な見通し 仏政府の接種証明義務撤廃で】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 16:52:29.00 ID:CAP_USER9
1/29(土) 15:49配信
東スポWeb

ジョコビッチの選択は…(ロイター)

 テニス男子で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に、またまた全仏オープンアウトの可能性が浮上した。
 
新型コロナウイルスワクチンを接種せず、全豪オープン出場をめざしたがオーストラリアから入国拒否を食らったジョコビッチ。今後の4大大会出場全滅も予測されるなか、全仏が行われるフランスはワクチン未接種でも一定の条件を満たせば入国できる可能性があるとされてきた。

 しかし、フランス「レキップ」は、同国政府の規制変更が、ジョコビッチの全仏出場を奪う可能性があると報じた。現行のルールでは、過去6か月間にコロナから回復した人にワクチンパスポートが与えられるため、12月中旬に感染したジョコビッチはワクチン未接種のままでも大会が行われる5月末に入国が可能と言われてきた。しかし、フランスでは2月15日に新しい規則が発令され、4か月に短縮されてしまうという。

 ジョコビッチはワクチンを接種するか、新たにコロナに感染しない限りローランギャロスに立てない形。またまた狂騒曲が始まるかもしれない。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-03959366-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd77208b010cbe0dd443aa75b53b51cd6fd7005e

【究極の2択!ジョコビッチ、全仏出場の条件は…ワクチン接種かコロナ再感染】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 07:16:34.61 ID:CAP_USER9
1/23(日) 5:15配信
東スポWeb

今後が注目されるジョコビッチ(ロイター)

 テニス男子の世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が新型コロナウイルスのワクチン接種拒否により4大大会で〝出禁危機〟に直面している問題で、同選手が一転して全仏オープンに出場できる可能性が浮上した。

 ジョコビッチはワクチン接種拒否を巡ってオーストラリア政府から強制退去を命じられ、今後の4大大会も出場できない見見通しとなっている。次戦となる5月開幕の全仏オープンもフランス政府の閣僚がワクチンを接種しなければ入国させない方針を示唆。同国紙「レキップ」も「ワクチン接種を受けたテニスプレーヤーだけがローランギャロス(会場)に参加できる」と報じ、ジョコビッチの全仏出場は絶望視されていた。

 しかし、ここへきて風向きが変わってきた。セルビア紙「ブリック」は「最新情報でノバクにとって朗報だ! 一定の条件を満たせば、ジョコビッチは次のグランドスラムでプレーすることができる」と全仏出場の可能性が急浮上したことを報じた。

 同紙によると、フランスのジャン・カステックス首相が、長期的に病床のひっ迫が大幅に改善した場合、ワクチン接種を求める措置を緩和する可能性を示した。オリビア・ベラン保健大臣も「集中治療室にいる人が1000人に満たない昨年8月のような病院の状況」を例に挙げて、感染対策のための各種規制を緩和する方針を示唆した。

 こうした点を踏まえて同紙は「プレーヤーが以前にウイルスに感染したことがある場合に、プレーできるかどうかは現在のところはっきりしていない」と指摘。ジョコビッチのように大会から逆算して比較的近い時期に感染歴がある選手は、ワクチン接種の義務を免除される〝特例〟が今後検討される可能性があるという。

 ジョコビッチは最終的に、全仏に出場することができるのか。世界中が固唾をのんで動向を見守っている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-03945407-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc2509d21bf53db96b8ee0a3fa2618589c5b5a51

【4大大会「出禁危機」から一転!ジョコビッチ、全仏オープン出場の可能性浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/17(月) 20:51:30.69 ID:CAP_USER9
1/17(月) 20:40
スポーツ報知

ジョコビッチ全仏もアウト? フランスが選手のワクチン接種を義務に

 オーストラリアを国外退去処分になった男子テニス世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、開催中の全豪オープン(OP、メルボルン)に続き、全仏OP(5月22日開幕・パリ)にも出場できない可能性が出てきた。ロイター通信は17日、フランスのスポーツ相がフランス国内に入国するスポーツ選手に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付ける意向を示したと報じた。

 フランス議会は16日に、実質的にワクチン接種を義務化する「ワクチンパス」導入法案を可決。法案可決を受けて、スポーツ相は「ルールはシンプル。ワクチンパスが導入されれば、プロのスポーツ選手、観客ら全てに適用される。全仏もそうだ。状況がより好転することを望んではいるが、免除はない」と断言した。フランスでは23年ラグビーW杯、24年パリ五輪と国際的ビッグイベントが予定されており、影響は広がりそうだ。

 ワクチン未接種のジョコビッチは、接種が義務付けられているオーストラリアの入国を巡って2度の法廷闘争を経てワクチン取り消しが決定し、国外退去処分を受けた。法律では国外退去処分を受けて以降3年間は、特定の状況を除きビザ発給が受けられないと定められているが、来年以降の全豪には出場できる可能性が出てきた。

 オーストラリアのモリソン首相は17日、地元ラジオ局のインタビューで「適切な状況であれば復帰の機会はあるし、その時に検討されるだろう」と話した。現在は入国に新型コロナウイルスのワクチン接種が義務。接種が「検討」の前提にはなるが、“恩赦”の余地は残されている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220117-01171164-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6d2fbf324c3281930d234f9f9ec69fd5081ce26

【ジョコビッチ、全豪に続き全仏もアウトか? フランスが選手のワクチン接種を義務に】の続きを読む

このページのトップヘ