SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

全豪オープン

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/28(日) 21:40:55.49 ID:jCucjhry9
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのJ・シナー(イタリア)が第3シードのD・メドベージェフを3-6, 3-6, 6-4, 6-4, 6-3の大逆転で破り、四大大会初優勝を飾った。さらにイタリア人として1968年のオープン化以降では初となる全豪オープンのシングルスタイトルを手にした。

22歳で世界ランク4位のシナーが出場するのは5年連続5度目。最高成績は2022年の8強となっていたが、今大会は好調を維持し、1回戦から準々決勝までセットを落とさず大会初の4強入りを果たすと、準決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-1, 6-2, 6-7 (6-8), 6-3で破り、四大大会初の決勝に駒を進めた。

両者は10度目の顔合わせで、対戦成績はメドベージェフから6勝3敗。直近の対戦は昨年11月の最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)準決勝で、この時はシナーが6-3, 6-7 (4-7), 6-1のフルセットで勝利している。

決勝戦の第1セット、第3ゲームでショットのミスが重なりブレークポイントを握られたシナー。最後はネット際で強烈なショットを返球できずブレークを許す。その後、メドベージェフの安定したサービスゲームを崩せないシナーは第9ゲーム、再びブレークポイントを握られると粘りのプレーでミスを誘発され、2度目のブレークを許して先行される。

続く第2セット、第2ゲームで4度のブレークポイントを握られるもメドベージェフのミスもあり凌いだシナー。しかし第4ゲーム、深いショットに苦しむと最後はネット際のボレーを決められ先にブレークを許す。第6ゲームでは2度目のブレークを奪われたものの直後の第7ゲームではこの試合初のブレークに成功する。

それでもメドベージェフの2度目のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲーム、1度のブレークチャンスをものにできず。最後は強烈なフォアハンドショットを決められ、セットカウント0-2と崖っぷちに立たされる。

そして第3セット、互いに安定したサービスゲームを展開しブレークポイントを与えず終盤へ。迎えた第10ゲーム、左右に揺さぶる配球でブレークチャンスとなるセットポイントを1本握ったシナー。最後はメドベージェフのショットがアウトとなりブレークに成功して1セットを返す。

第4セット、シナーは第2・第4ゲームでブレークチャンスを掴むも活かすことができず。第7ゲームではメドベージェフにブレークポイントを握られるも強力なサービスエースなどで凌ぎサービスキープ。すると第10ゲーム、シナーがブレークチャンスを握ると最後は強烈なフォアハンドショットをメドベージェフが返球できず、ブレークに成功し土壇場から2セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、第6ゲームでブレークチャンスを握ったシナー。最後は強烈なフォアハンドウイナーを決めブレークに成功する。その後はブレークバックを許さず、3時間半を超える試合を制した。

一方、敗れたメドベージェフは2021年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に次ぐ2度目のグランドスラム制覇とはならなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf23cb73ad9592b073697eb3011eccb848cfd180

【22歳シナー 大逆転で四大大会初V、メドベージェフを破り全豪OP制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/15(月) 21:17:28.51 ID:etZa4gan9
<テニス:全豪オープン(OP)>◇15日◇第2日◇オーストラリア・メルボルン◇女子シングルス1回戦
 昨年7月に出産した元世界ランキング1位の大坂なおみ(26=フリー)が、2季ぶりの4大大会復帰戦を勝利で飾ることはできなかった。
 同19位で第16シードのカロリーヌ・ガルシア(30=フランス)と対戦し、4-6、6-7で敗退。19年、21年と過去2度の優勝を誇る好相性の舞台だったが、母親としてのグランドスラム初勝利を挙げることはできなかった。
 試合直前まで白い歯をこぼし、手を振るしぐさで歓声に応えていた大坂。第1セット(S)の第1ゲーム(G)から落ち着いていた。2連続でサービスエースを決めるなど、サービスキープする幸先の良い立ち上がりを見せた。しかし、第5Gにサーブミスが重なり、先にブレークを許すと、元世界4位の緩急をつけたサーブに苦戦。粘り強く食らい付いたもののブレークを奪えず、このままこのセットを4-6で失った。
 第2Sはラブゲームキープで第1Gを取る好スタートも、相手も1歩も譲らず。サービスキープを続ける一進一退の攻防となった。お互いに強気のサーブで攻め立て、6-6でタイブレークに突入。結局、大坂は6―7で敗れた。
 21年の全豪OP2回戦で対戦し、ストレート勝ちを収めている相手だが、当然油断はなかった。「素晴らしい選手。彼女にはトップ5選手としての全てが備わっている」と警戒感を示していた。大会前には同6位のオンス・ジャブール(チュニジア)と練習。世界上位の実力を肌で感じ、この日に向けて実戦感覚を養ってきたが上回ることはできなかった。
 長女出産から3カ月後の昨年10月、本格的に練習を再開したことを報告。今月1日にブリスベン国際で約1年3カ月ぶりにツアー復帰を果たした。22年の全米OP以来となる4大大会出場までは、わずか5カ月。それでも、重圧はなく、感謝の思いをこめて臨む一戦だった。「素晴らしい対戦相手と戦えることが幸せ。そのおかげで、私はより良いプレーをするだろうし、自分がどのレベルにあるか理解するチャンス」と、胸中にあったのは前向きな気持ちだけだった。
 24度目の4大大会出場となったが、母親となって迎える大舞台はやはり特別だった。長女シャイちゃんを米国に残し、新年をオーストラリアで迎えた。「彼女のためにも頑張りたい。彼女とこんなに長く離れていることに対して、それが意義あるものにしたいと思っている」。大会前には、愛娘へ勇姿をとどける覚悟をにじませていた。
 昨年10月には自身のSNSで「都合の良い方に少し流され過ぎたのではないだろうか?」「良いお母さんにならないのでは」などと、育児との両立への苦悩も明かしていた26歳。それでも「とにかく前進するのみで全て何事もなる様になるんだという確信にたどりついた」と、自分を信じ抜き、コートに戻ってきた。勝利で飾ることはできなかったが、守るものが増えた元世界女王は、迷いなく「大坂なおみ第2章」を突き進む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d86c7f8dc10558638b91fb6b11d7e3c8d67653dd

【全豪OP女子シングルス・1回戦 昨年7月に出産して復帰した大坂なおみ、2季ぶりの4大大会勝利はならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/13(土) 21:10:46.85 ID:gH8Z68hR9
1/13(土) 20:56配信

tennis365.net
全豪オープン
大坂なおみ[画像/Getty Images]

14日に開幕を迎えるテニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に出場する元世界ランク1位の大坂なおみは、初戦が迫ったなか同大会を全日程生中継するWOWOWのインタビューに答え「娘のためにも頑張りたい」と語った。

【大坂なおみvsガルシア 1ポイント速報】

2019年と2021年の全豪オープン女王である26歳の大坂は、2022年の9月に行われた東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)を最後にツアーを離脱し、昨年7月に出産した。

今年の開幕戦となったブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTA500)で約1年3ヵ月ぶりにツアー復帰を果たした大坂は、同大会の1回戦でT・コルパッチ(ドイツ)を6-3, 7-6 (11-9)のストレートで下し初戦突破。2回戦では第16シードのKa・プリスコバ(チェコ)に6-3, 6-7 (4-7), 4-6の逆転で敗れたもののハイレベルなプレーを披露した。

大坂は今大会の1回戦で第16シードで世界ランク20位のC・ガルシア(フランス)と対戦する。

【大坂なおみ インタビュー】

Q. 出産から5ヵ月。レベルはどうですか?

自分の今のレベルはとても良いと思う。以前のレベルとは、比較出来ていないけれど。私の記憶力がそれほど良くないので。以前よりも良くなっている面もあるとも思っているので、辛抱強くなろうとしているわ。

Q. 母として大会に参戦にするにあたり、どういうマインドセットですか?

以前とは違うマインドセットになったのは、コートに立てる事に対して、とてもありがたいという気持ちになっているからだと思う。そして、このことを大いに活かしたいと思っているわ。(長女の)シャイは連れてこなかったので、良い結果を出したいし、ある意味で、娘のためにも頑張りたい。彼女とこんなに長く離れていることに対して、それが意義あるものにしたいと思っている。

Q.久しぶりのグランドスラムですが、プレッシャーを感じていますか?

プレッシャーだとは思わないわ。もう以前ほど、プレッシャーはあまり感じていないと思う。私に成功してほしいと思っている人たちは、ここまで来るのに、大変な努力があったと分かっている。でも、プレッシャーよりも、少しストレスを少し感じていると言える。というのは、良い結果を出したいからよ。同時に素晴らしい対戦相手と戦えることが幸せだと思っている。そのおかげで、私はより良いプレーをするだろうし、自分がどのレベルにあるのかと、理解するチャンスだからよ。

Q.初戦の相手はガルシア選手ですが、どういう印象がありますか?

印象としては素晴らしい選手だということよ。以前に何度か対戦したことがある。彼女にはトップ5選手としての全てが備わっていると思う。とても難しいと思うけれど、二人とも少しナーバスになるでしょうね。でも全体としては、とても楽しい試合になるでしょうね。

Q.ファンに向けてのメッセージを。

皆さん、久しぶり!メルボルンにまた戻って来たのは、本当に嬉しいです。応援ありがとうございます。もうすぐ私の試合があるので、皆様にも見てもらいたいです。ありがとうございます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/260a2282942c18d1800904b3b224bac6477ea92d

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240113-00010012-tennisnet-000-1-view.jpg?pri=l

【<女子テニス>大坂なおみ 全豪OPへ「娘のためにも頑張りたい」「良い結果を出したい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 21:56:18.64 ID:dOz4ayZF9
<テニス:全豪オープン>◇29日◇メルボルン◇最終日

男子シングルス決勝で第4シードのノバク・ジョコビッチ(35=セルビア)が10度目の大会制覇を実現した。4大大会初優勝狙った第3シードのステファノス・チチパス(24=ギリシャ)に6-3、7-6、7-6のストレート勝ち。4大大会の男子最多だったナダルに並ぶ通算22勝目となった。

涙が止まらない。優勝が決まると、観客席に飛び込むと、仰向けになってしばらく動けない。観客席を出てもベンチに座ると、タオルに顔を伏せて嗚咽した。

「ここまで家族、仲間がついてきてくれた。感謝している。コート内外で無理や無茶を言っても支えてくれた。わたしのわがままを許してくれればと思う。このトロフィーは私だけの物ではない。チーム、家族、仲間、みんなで勝ち取ったもの」

大事な試合だった。この試合の勝者が、30日に更新する世界ランクで1位となる。まさに現在の世界一を争う戦いは熾烈(しれつ)を極めた。第1セットこそ、ジョコビッチが順当に取ったが、第2セットは接戦の展開。ゲームを取られると苛立ちを隠せず、大声でわめく場面もあった。それでもメンタルをうまくコントロールしならがら立て直し、第2セットも制す。第1セットに続き、70分に及ぶ長期戦のセットを奪うと勢いに乗った。

第2セットもチチパスの強列なサーブに苦しみながらも、ベテランらしい巧みなプレーでポイントを重ね、タイブレークの末に競り勝った。

第3セットも一進一退の手に汗握る攻防を繰り広げた。6-6からタイブレークに突入すると、鮮やかなリターンを決めるなど5ポイントを連取し、抜け出した。相手の粘りにもあったが、最後はチチパスのショットがアウト。7-5として勝利が決まると、会場は歓喜に包まれた。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2023年1月29日21時25分
日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/m/sports/news/202301290001319_m.html?mode=all

【全豪OP男子シングルス・決勝 ジョコビッチ4大大会22勝目!チチパスにストレート勝ち、ナダルに並び男子最多】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 06:06:39.28 ID:kPPFKjry9
テニス 全豪女子ダブルス 青山 柴原ペア 四大大会初の決勝進出
2023年1月27日 14時43分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230127/k10013962791000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230127/K10013962791_2301271324_0127135832_01_02.jpg
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230127/K10013962791_2301271324_0127135832_01_03.jpg


テニスの四大大会、全豪オープンの女子ダブルスの準決勝で、青山修子選手と柴原瑛菜選手のペアが第2シードのアメリカの選手のペアをストレートで破って、四大大会で初めて決勝に進みました。

オーストラリアのメルボルンで開かれている全豪オープンは大会12日目の27日、女子ダブルスの準決勝などが行われ、第10シードの青山選手と柴原選手のペアは、第2シードのアメリカの18歳、コーリ・ガウフ選手とジェシカ・ペグーラ選手のペアと対戦しました。

第1セット、柴原選手の正確なストロークと青山選手の素早い反応のボレーでポイントを重ねて最初のゲームで相手のサーブをブレークすると、ここから4ゲームを連取してこのセットを6-2で取りました。

第2セットは、立ち上がりから3ゲームを連取されましたが、積極的に前に出てここから3ゲームを取り返して追いつき、その後は互いにサービスゲームをキープして、タイブレークにもつれました。

タイブレークでは相手に先にセットポイントを握られましたが、勝負どころで集中力を発揮して9-7でタイブレークを制し、このセットを7-6で取ってセットカウント2対0でストレート勝ちしました。

青山選手と柴原選手のペアは四大大会で初めての決勝進出で、決勝では第1シードでチェコのバルボラ・クレイチコバ選手とカテリナ・シニアコバ選手のペアと対戦します。

四大大会の女子ダブルスで日本選手どうしのペアが決勝に進むのは、2018年の全仏オープンの穂積絵莉選手と二宮真琴選手のペア以来2組目で、この時は決勝でクレイチコバ選手とシニアコバ選手のペアに敗れて準優勝となっています。

青山修子選手とは

青山修子選手は、東京都出身の35歳。

コート全体をカバーするフットワークのよさと、タイミングよく飛び出すポーチで日本の女子ダブルスをけん引してきました。

2010年にプロに転向し、2019年、柴原選手と初めてペアを組んで最初のツアー大会で準優勝しました。

柴原選手と組んだダブルスではこれまでにツアー8勝をあげています。

四大大会では、2021年のウィンブルドン選手権と、去年の全豪オープンのベスト4が最高成績で、決勝進出は初めてです。

柴原瑛菜選手とは

柴原瑛菜選手は、アメリカ・カリフォルニア州出身の24歳。

父親の仕事の関係で移住したアメリカで、7歳でテニスを始めました。

8歳の時に全米テニス協会の強化選手に選ばれた経験があります。

力強いフォアハンドと兄から教わったという高く跳ねるキックサーブを得意としています。

ダブルスの第一人者である青山選手と「一緒にプレーをしたい」とSNS経由でメッセージを送ったり、ツアー大会に向かうバスの中で声を掛けたりしてアプローチを重ね、ペアを結成しました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【全豪OP女子ダブルス・準決勝 青山、柴原ペア 四大大会初の決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 00:18:33.35 ID:w2zzXyyj9
2023年01月28日23時32分

 男子ダブルスは地元オーストラリアのヒジカタ、クブラー組が初制覇。21歳の新星、日系のヒジカタが大車輪の活躍を見せた。
 スピード感のある攻めで第1セットを先取すると、第2セットはタイブレークにもつれ込む接戦を制した。ヒジカタは前衛でボレー、
後衛でロングショットやスマッシュを決めるなど自在にプレー。全豪オープン出場は2度目で、シングルスはチチパス(ギリシャ)に2回戦で敗れたが、
主催者推薦で出場したダブルスで初の栄冠を獲得。表彰式で「ここまで戦う機会を得たことに感謝したい」と喜びを語った。(メルボルン時事)
https://www.jiji.com/jc/article?g=spo&k=2023012800508

【全豪OP男子ダブルス 日系のヒジカタが大活躍】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/22(日) 17:32:24.87 ID:qRRE0MCF9
西岡「何が起きたか分からない」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日、男子シングルス4回戦が行われ、第31シードの西岡良仁は第18シードのK・ハチャノフに0-6, 0-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、四大大会初のベスト8進出とはならなかった。試合後の会見では「2セットは何が起こったのか全く分からなかった」と語った。

全豪オープンに9年連続9度目の出場となる西岡。錦織圭に続く日本人男子2人目となる四大大会の男子シングルスでシード入りを果たした今大会、1回戦で世界ランク69位のM・イメル(スウェーデン)、2回戦で216位のD・スヴルシナ(チェコ)、3回戦で同65位のM・マクドナルド(アメリカ)を下し、キャリア初の四大大会ベスト16進出を果たした。

この日、西岡はファーストサービスが入ったときのポイント獲得率が第1セットは27パーセント、第2セットは0パーセントを記録。23本のアンフォーストエラーを犯すなどミスを犯し、ハチャノフから1ゲームも取ることができず、ダブルベーグルを許して2セットを落とす。

第3セット、第2ゲームでブレークを許し、第1セットから14ゲームを連取された西岡だったが、第3ゲームでブレークバックに成功。その後のサービスをキープしタイブレークにもつれ込むも終盤で2度のミニブレークを許し、1時間58分で力尽きた。

試合後の会見で西岡は「自分にとっては少し不思議な試合。最初の2セットは、こんな風になるとは思っていませんでした。何が起こったか分からないというか。でも、まず第1に彼(ハチャノフ)のプレーが素晴らしかったです。もっとミスをするんじゃないかと思っていましたが、そうはならなかったです。ほとんどすべてのリターンを決めていたと思います」とコメント。

「だから、毎回、自分のサービスゲームにプレッシャーがかかりました。でも、よく分かりませんでした。最初の2セット、何が起こったのか全く分からなかったです」

「何か違うことをしなければならないと思ってプレーしました。2セットを失ったあとも、まだ自分は復活できると信じて、ひたすら彼と戦いました。第3セットでは少しずつチャンスを掴みもう少しで取れそうなところまで行きましたが、今日は調子が悪くて勝てませんでした。満足のいく結果ではありませんが、最後にベストを尽くしたと思います」

勝利したハチャノフは全豪オープン初の8強入り。準々決勝では第29シードのS・コルダ(アメリカ)と対戦する。コルダは4回戦で第10シードのH・フルカチュ(ポーランド)を3-6, 6-3, 6-2, 1-6, 7-6 (10-7)のフルセットで下しての勝ち上がり。

https://news.tennis365.net/news/smartphone/today/202301/140392.html

【全豪OP男子シングルス・4回戦 西岡良仁、ダブルベーグル許し8強ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/20(金) 15:32:09.15 ID:+ohA7DfJ9
西岡良仁、四大大会初16強

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス3回戦が行われ、第31シードの西岡良仁が世界ランク65位のM・マクドナルド(アメリカ)を7-6 (8-6), 6-3, 6-2のストレートで破り、マッチ100勝を飾るとともにキャリア初の四大大会ベスト16進出を果たした。

全豪オープンに9年連続9度目の出場となる西岡。錦織圭に続く日本人男子2人目となる四大大会の男子シングルスでシード入りを果たした今大会、1回戦では世界ランク69位のM・イメル(スウェーデン)を6-4, 6-2, 7-5で、2回戦で216位のD・スヴルシナ(チェコ)を6-3, 6-4, 6-2で、いずれもストレートで下して2020年以来3年ぶり2度目の3回戦進出を決めた。

一方のマクドナルドは1回戦で世界ランク49位のB・ナカシマ(アメリカ)を7-6 (7-5), 7-6 (7-1), 1-6, 6-7 (10-12), 6-4のフルセットで、2回戦で昨年覇者で第1シードのR・ナダル(スペイン)を6-4, 6-4, 7-5のストレートで破っての勝ち上がり。

西岡とマクドナルドは5度目の対戦で、西岡が3勝1敗とリード。直近では前々週に行われた前哨戦のアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)2回戦で対戦し、西岡が6-4, 6-3のストレート勝ちをおさめている。

この日の第1セット、互いにブレークチャンスを活かせず、サービスキープが続きタイブレークに突入。ミニブレークを奪い合うも西岡が4度目のセットポイントをものにし、1時間で先行する。

続く第2セット、第1ゲームで0-40から40-40とした西岡。しかし、4度目のデュースとなったタイミングでマクドナルドが腹部を痛めメディカルタイムアウトを取る。再開後、西岡が2度目のブレークチャンスをものにし、いきなりブレークに成功。第1ゲームから4ゲームを連取し、セットカウント2-0と勝利に王手をかける。

第3セット、負傷もあり通常通りのプレーができないマクドナルドに対し、西岡が第4ゲームでブレークに成功。第3ゲームから4ゲームを連取して2時間25分で勝利した。

日本男子選手が全豪オープンでベスト16に進出するのは2019年の錦織以来4年ぶり。グランドスラムでは2021年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)での錦織以来となった。

また1968年のオープン化以降、グランドスラムでベスト16に進出するのは松岡修造、錦織に次いで日本男子3人目の快挙となった。

勝利した西岡は4回戦で第16シードのF・ティアフォー(アメリカ)と第18シードのK・ハチャノフの勝者と対戦する。

同日には第3シードのS・チチパス(ギリシャ)と第15シードのJ・シナー(イタリア)が16強に駒を進めている。

https://news.tennis365.net/news/smartphone/today/202301/140352.html

【全豪OP男子シングルス・3回戦 西岡良仁、キャリア初の四大大会ベスト16進出を果たす!】の続きを読む

このページのトップヘ