SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

全豪オープン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 06:57:50.63 ID:CAP_USER9
1/21(金) 6:15配信
東スポWeb

元世界1位のマリーを下したダニエル太郎(ロイター)

 またも〝大物食い〟だ! 男子テニスの4大大会・全豪オープン2回戦(20日、メルボルン)で、世界ランキング120位のダニエル太郎(28=エイブル)が元同1位で現在113位のアンディ・マリー(英国)を6―4、6―4、6―4のストレートで撃破。18年3月に現世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破った時をほうふつさせる勝利となったが、その原動力は「ブルース・リー戦法」だった。

 勝利後、ダニエルは「ジョコビッチを破った時と並ぶもの」と笑った。今大会前にワクチン問題を巡って国外退去処分となって話題を集めたジョコビッチを破ったのが今から4年前。そして今回、かつてジョコビッチ、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)とともに「ビッグ4」と言われたマリーから金星を挙げた。

 とはいえ格上対戦前日は「ビッグマッチではあるけど、実際にプレーしている時は普通のテニスなので」と至って冷静。試合が始まると長いラリーが多く、その中でアグレッシブに攻め込んだ。「とにかくボールを動かさないといけないと思っていた。そうすれば彼も疲れてくれると予想した。先週からの疲れがたまっているだろうし、それを自分のアドバンテージに使えればと思って作戦を立てていました」

 思い通りの試合運びができた背景にはメンタルの充実もある。試合中の精神面について「感情の上がり下がりがあまりなく、自分でうまくコントロールできた。揺さぶられなかった自分の強さを自分で感じられた」と自画自賛。さらにダニエルは、こんな心境も明かした。「意識的に分析するよりもフィーリング。考えるより、体で感じることに集中した。意識よりも無意識の方が絶対に力を持っている。それを信じました」

 その言葉は、まさしく映画「燃えよドラゴン」で放ったブルース・リーの名ゼリフ「考えるな、感じろ」と同じ――。この武道精神で大仕事をやってのけたのだ。ダニエルは「フィーリング」「感じること」を繰り返し、最後は「感じながら前に進んでいきたい」と独特な表現で締めた。4大大会3回戦進出は自身初。さらなる快進撃へ向けて「ドント・シンク・フィール!」の境地で突き進む。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220121-03941333-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b73b89ad106b5343d79a98c93e509fc24d9c57a2

【また金星!ダニエル太郎〝大物食い〟の原動力は「ブルース・リー戦法」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 05:50:37.84 ID:CAP_USER9
1/20(木) 5:15配信
東スポWeb

3回戦に進出した大坂なおみ(ロイター)

 これがナオミ流の〝勝利の方程式〟だ。女子テニスの世界ランキング14位・大坂なおみ(24)が全豪オープンのシングルス2回戦(19日、メルボルン)で同54位のマディソン・ブレングル(米国)を6―0、6―4のストレートで下し、3回戦に進出した。これで復帰後は無傷の5連勝(棄権を除く)で、今大会はまだ1セットも取られていない。4大大会で優勝4回の実力通り相手を圧倒しているが、そのプレーには大会連覇を見据えた緻密な計算も隠されている。

 今大会の大坂は練習中から笑顔を見せるなどリラックスする一方で、試合になれば手の付けられない強さを発揮。心身ともに充実していることをうかがわせる。2回戦は試合開始と同時に強力なサーブ、レシーブを駆使して相手を翻弄。「オフにしっかり練習してきた」というリターンが決まり、全くスキのない一方的な試合運びで6ゲーム連取の〝ベーグル〟でセットを奪った。

 第2セットは中盤で3―4とリードを許したが、ラリーでは強打のウイナーにネットプレーも織り交ぜて反撃。結局、終盤3ゲーム連取で一気に試合を決めた。この勝利は単なる白星ではない。連覇を目指す大坂は、明らかに「優勝」から逆算したプレーを見せていたからだ。DAZNテニス中継の解説者・佐藤武文氏は「優勝の仕方を分かっている戦い方です。登山に例えるなら、過去に何度も登頂しているから、自分がいま〝何合目〟にいて、何が必要かを熟知してプレーしています」と説明する。

 その具体的な戦術がネットプレーだ。大坂はサーブやレシーブで圧倒する一方で、果敢に前に出るアグレッシブさを随所に見せた。第2セットで3―4と劣勢に立たされた場面でもネットに出て難局を打破。佐藤氏は、これが頂点を見据えたプレーだと分析する。「相手に考えるヒマを与えず、プレッシャーを与えた。ネットプレーにはさまざまな効果がありますが、その一つが早くゲームを終わらせ、体力温存できる利点です」。

 決勝まで7試合を考えると、トーナメント序盤は〝省エネ〟が必須。それをネットプレーによって実現させたのだ。さらに佐藤氏は「勝ち上がるに従って相手も強くなり、ネットプレーもなかなか通用しづらくなる。だからこそ、1、2回戦で戦法を試し、先を見据えているんです」と付け加えた。

 大坂は試合後、ネットプレーについて「男子の試合を見て(デニス)シャポバロフ選手がネットでポイントを取るイメージで自分もやってみたいと思ったし、それがうまくできた時もあった」と話した。4大大会5度目のVへ向けて、準備にぬかりはないようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-03939020-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/093c661a25f817ddf2e7efc2c4c8e2f6847e2869

【ナオミ流〝勝利の方程式〟で連覇見えた! 大坂なおみが披露した「優勝」から逆算したプレーとは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 18:49:40.00 ID:CAP_USER9
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク120位のダニエル太郎がワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク113位のA・マレーを6-4, 6-4, 6-4のストレートで破り、初の3回戦進出を果たした。

【ダニエル 太郎 3回戦 1ポイント速報】

2019年以来2年ぶり2度目の2回戦となったダニエルは第1セット、第3ゲームで強烈なバックハンドを披露しブレークに成功。16度のアンフォーストエラーを記録したマレーから第7ゲームでもブレークに成功し先行する。

第2セット、第3ゲームでブレークに成功したダニエル。5本のサービスエースを決めると1度もブレークを許さずにセットカウント2-0とリードを広げる。

第3セットでは第2ゲームでブレークを許したものの直後の第3ゲームでマレーのダブルフォルトもありブレークバックに成功したダニエル。その後はお互いにサービスキープが続くも第8ゲームでブレークに成功。2016年のデビスカップ以来となる2度目の対戦を制し、元世界1位のマレーから初勝利を挙げた。

勝利したダニエル太郎は3回戦で第11シードのJ・シナーか世界ランク104位のS・ジョンソンの勝者と対戦する。

同日には第5シードのA・ルブレフ、第15シードのR・バウティスタ=アグ、第20シードのT・フリッツ、第24シードのD・エヴァンス、第27シードのM・チリッチらが3回戦に駒を進めている。

1/20(木) 18:33
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6d1e7b510b3e28a7e1428c85601a7128bfd801a

【ダニエル太郎、元世界ランク1位のマレー撃破!全豪オープン初の3回戦進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 14:28:11.50 ID:oz+ki0EDd
 スポーツのヒーローを「特別扱いしろ」と言いたいのではない。ジョコビッチは、昨年の全豪オープン優勝者だ。今年の大会を開くにあたって、ディフェンディング・チャンピオンを「最高儀礼」で歓迎するのは当然のわきまえだ。それなのに、オーストラリア政府は、出場できると確信して渡航してきた最優先ゲストを、こともあろうに冷遇し、世界的な非難の的にした揚げ句、追い出したのだ。これほどスポーツ界の道理に背く行為はない。

 「全豪オープンには、もはや『世界のグランドスラムの一つ』と認められる資格はない」と私は感じる。
https://diamond.jp/articles/-/293602

【スポーツライター「ジョコビッチを冷遇し追い出した全豪はもはやグランドスラムではない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 19:58:28.96 ID:CAP_USER9
1/19(水) 19:25配信
東スポWeb

笑顔の大坂なおみ(ロイター)

 テニス4大大会の全豪オープン(メルボルン)の女子シングルス2回戦が19日に行われ、世界ランキング14位の大坂なおみ(24=フリー)が同59位のマディソン・ブレングル(米国)に6―0、6―4のストレートで下し、3回戦に進出した。

 センターコートの「ロッド・レーバー・アリーナ」のナイトセッションに登場した大坂。開始と同時に強烈なサーブとレシーブを連発して一方的に試合を運んだ。このセットのファーストサーブ成功率は47%にとどまったが、同得点率はなんと100%。相手に全くスキを与えず、わずか20分で6ゲーム連取の〝ベーグル〟でこのセットを奪った。

 第2セットに入ると勢いは小休止。第2ゲームで相手のブレングルが初めてキープに成功すると、両手でガッツポーズし、勝利したかのような雄たけびを上げた。相手を勢いづかせた大坂は第7ゲームで先にブレークを許して3ー4と劣勢に立たされた。ミスをして「ワー!」と声を上げて悔しがるシーンもあったが、すぐに反撃へ。2つのブレークを含む3ゲーム連取で相手をねじ伏せた。

 勝利後のオンコートインタビューでは「オフにしっかり練習してきたリターンが良かった」と振り返りつつ「私は完璧主義者なので、過去のことと比較したくはないです。1試合ずつ頑張っていきたい」と笑顔で語った。
 
 3回戦の相手、アマンダ・アニシモバ(米国)については「素晴らしいリターン、バックハンドを持っている。若手との対戦はとても興奮する」と話した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-03938213-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/298141f73c676eff355e7963a9608f3c6578b3da

【全豪オープンテニス 大坂なおみ2回戦ストレート快勝! 試合後は「私は完璧主義者」と笑顔】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 14:01:35.24 ID:CAP_USER9
1/18(火) 12:30配信
日刊スポーツ

全豪オープンでプレーする土居美咲(AP)

<テニス:全豪オープン>◇18日◇男女シングルス1回戦

世界ランキング75位の土居美咲(30=ミキハウス)が1回戦で敗れた。同96位のクチョバ(スロバキア)に3-6、5-7のストレートで敗退。13年以来9年ぶりの初戦突破はならなかった。

土居は、過去3戦全勝。今大会の前哨戦のアデレード大会1回戦でも勝っている相手に、スタートから一気に0-4とリードされた。必死で追い上げるも届かず、第2セットも接戦を落とした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220118-31180223-nksports-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b57b4f6ea2e05f858a755640441813f06ed3ab9

【テニス・全豪オープン 土居美咲は1回戦ストレート負け 9年ぶりの初戦突破ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/17(月) 12:20:58.57 ID:CAP_USER9
1/17(月) 12:08配信
日刊スポーツ

<テニス:全豪オープン>◇17日◇男女シングルス1回戦

4大大会の全豪オープンが開幕。世界119位の西岡良仁(26=ミキハウス)が、予選勝者で同124位のアルボット(マケドニア)に3-6、4-6、6-4、2-6の4セットで敗れ、1回戦敗退となった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220117-31170313-nksports-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb481758d247bd802c4e2347ff2de33a8df9ae4e

【全豪オープンテニス 西岡良仁は世界124位のアルボットに敗れ1回戦敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/17(月) 14:44:10.26 ID:CAP_USER9
1/17(月) 14:40配信
スポーツ報知

全豪オープンの初戦を制した大坂なおみ(ロイター)

◆テニス 全豪オープン第1日(17日・メルボルン)  ▽女子シングルス1回戦 大坂なおみ2(6―3、6―3)0オソリオセラノ

 女子シングルス2連覇を狙う第13シードで大坂なおみ(フリー)が7年連続で初戦を突破した。世界ランキング50位のマリアカミラ・オソリオセラノ(コロンビア)から、最初の5ゲームを連取。初対戦の20歳に勢いで押される場面もあったが、乗り切ってストレート勝ちした。

 会見では最初の質問で、国外退去となった男子NO1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が開幕前10日ほどの話題を独占していたことを聞かれた。「正直、全く関係なかった」と一蹴。「男子の組み合わせには少し影響があるかもしれないから、男子選手に聞いた方がいい」と切り返し、「こういう状況になる前から、自分の目標は、よりよくなるためにももっと自分に集中すること。ニュースもそんなに見てなかった」と話した。たたみかけるように、選手に注目が集まるべきか聞かれると「みんな自分が注目したいものに注目すればいい。それは個人的な質問。私はテニス選手だから、試合に集中している。推測するに、あなたは観客だからニュースに集中してる。そうでしょ?」と返していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220117-01171088-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1ba8acdcfd1f8af9bcd44e3bfab0a89d4412f10

【全豪オープン・女子シングルス 大坂なおみ、1回戦突破 ジョコビッチ国外退去騒動は「全く関係ない」】の続きを読む

このページのトップヘ