SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

全豪オープン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/13(木) 16:24:47.96 ID:CAP_USER9
1/13(木) 13:51
デイリースポーツ

次々ウソ発覚ジョコビッチに「ズルばっかり」「偉いと勘違い」バイキングでボロカス
坂上忍
 17日に開幕するテニスの全豪オープンで4連覇を目指すノバク・ジョコビッチ選手が、オーストラリアから入国拒否をされた騒動で、13日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」では、出演者からジョコビッチを非難する声が殺到した。

 豪州では入国の際に2回のワクチン接種が必要だが、ジョコビッチは未接種だった。しかし、昨年12月17日に新型コロナウイルスで陽性だったことからワクチンが打てなかったと説明。また豪州政府の渡航申請書では過去14日間、旅行していないとしたが、実際にはスペインにいたことが発覚。虚偽申告の疑いを問われている。

 さらに、陽性を確認した翌18日にはフランス紙のインタビューを受けていたこともこの日、明らかに。次々と疑惑が浮上している。

 ジョコビッチは、虚偽申告については「スタッフの人為的なミス」と説明しているが、坂上忍は「政治家が秘書に責任を押しつけるようなやり方」、スポーツライターの小林信也氏は「言い訳にもなっていない」「渡航申告書の見落としも最後にサインするのは本人だから、本人のミス」「テニスはエキスパートだけど、ほかのことは初心者」とボロカス。松嶋尚美も「なんてズルいことばっかりしてんねやろ」と突き放した。

 フットボールアワー岩尾望も「たぶん、感覚が『ジョコビッチやし、いけるやろ』という感じだったのかな」「スーパースターの感覚のまひ」と非難し、ココリコ遠藤章造も「偉いと勘違いしている」とあきれた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220113-00000060-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/90c4097d0c7c97b4c9bfaa217d876784bfaa6fd2

【全豪OP4連覇を目指すジョコビッチの次々ウソ発覚に「ズルばっかり」「偉いと勘違い」バイキングでボロカス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/12(水) 11:44:32.75 ID:CAP_USER9 BE:439362949-PLT(40000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
1/12(水) 10:55
日刊スポーツ

ジョコビッチに入国申請書虚偽記載の疑い 再び国外退去命じられる可能性も
ノバク・ジョコビッチ(2019年5月27日撮影)
新型コロナウイルスワクチンの接種免除の要件を満たしていないとして、オーストラリアへの入国を拒否された問題で物議を醸している男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が11日、今度は入国申請書に虚偽を記載していた可能性があると報じられた。

17日に開幕する全豪オープンに出場するため5日にメルボルンの空港に到着したジョコビッチは、接種免除に必要な書類が提出できなかったとして入国ビザが取り消され、移民収容所として使われている市内のホテルに収容されたが、10日に行われた裁判で一転して入国が認められて自由の身となった。

しかし、その後の調査で、オーストラリア到着前の14日間に他国を訪れていないと入国申請書に記していたジョコビッチが、年末から年明けにかけてセルビアからスペインを訪問していたことが判明したと、英テレグラム紙が報じた。

入国に際して全員に課せられる、「入国の14日前に旅行したことがありますか?」との質問に「いいえ」と回答していたといい、うその回答をすることは虚偽申告として重大な違反とみなされ、処罰の対象となる可能性があると伝えている。ジョコビッチは4日に、スペインからドバイ経由でメルボルン入りしていたという。

SNSで昨年12月のクリスマス当日に、セルビアの首都ベオグラードにいるジョコビッチの姿が確認されているが、同31日にはスペインでテニスの練習をする様子を撮影した動画が投稿されており、虚偽の申告をした可能性もあるとみられている。

ジョコビッチはスペイン南部マルベリャに豪邸を所有しており、試合がない時期はそこで過ごすことが多いと同紙は伝えている。この事実が発覚後、ジョコビッチはオーストラリアの国境警察に申請書に記入したのは自分ではなく代理人だと主張しているという。

ワクチン接種免除の特例をめぐっても、ジョコビッチは、昨年12月16日に新型コロナの検査で陽性が確認されたことを免除理由として主張していたが、感染発覚直後にマスクを着用せず複数のイベントや写真撮影に出席していたことが判明して批判を浴びている。

ジョコビッチと家族は、陽性者に14日間の隔離を求めているセルビアの規則に反して公の場に出たことに対する説明を拒否していると同紙は伝えており、トップ選手としての良識を問う声も上がっている。

入国が認められたジョコビッチは、大会出場に向けて2日連続で現地で練習を行ったことが伝えられているが、同国の移民相がビザ再取り消しを検討していることが伝えられており、国外退去を命じられる可能性も残っている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220112-31120190-nksports-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/69def8126e1a25b52aaa94fe9eaabb936f7e7158

【ジョコビッチに入国申請書虚偽記載の疑い 再び国外退去命じられる可能性も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/10(月) 16:01:22.18 ID:CAP_USER9
1/10(月) 15:46
デイリースポーツ

ジョコビッチが全豪でプレー可能に 訴訟に勝利 裁判所がビザの取消を撤回
ノバク・ジョコビッチ
 豪・ABCなどは新型コロナウイルスのワクチン未接種を理由に当局から豪州入国が認められなかった男子テニスのノバク・ジョコビッチ(セルビア)について、メルボルンの裁判所が政府側が下したビザ取消をキャンセルする判断を下したと報じた。

 ジョコビッチは全豪オープン出場のため、5日夜にメルボルンの空港に到着したが、入国が認められず、難民関連の宿泊施設に収容され、行動が制限されていた。ジョコビッチ側は昨年12月中旬にコロナに感染したことを理由に「医学的な理由で接種が免除される」と主張。処遇を不服として、裁判所に救済を申し立てていた。

 ジョコビッチはこれにより入国が認められることになり、全豪オープンへの出場が可能となる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220110-00000073-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f04d97b0aa952dba3d0d5b37b70ca42973ec31d4

【ジョコビッチが全豪オープンでプレー可能に 訴訟に勝利 裁判所がビザの取消を撤回】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/05(水) 18:55:30.60 ID:CAP_USER9
男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手が1月4日にInstagramを更新。17日から開催予定の全豪オープンへ出場意思を示しましたが、かねてワクチン接種に否定的なコメントを発表していたために「特別扱い」だとして物議をかもしています。

 全豪オープンは出場選手へ向け、基本的に新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの接種を義務付けています。しかしジョコビッチはワクチン接種をこれまで明かしていないにもかかわらず、空港で撮影した写真とともに「免除許可が下りた」としてオーストラリア入りをSNSで宣言。豪各地ではワクチン接種が義務化され、未接種を理由に失職するケースも発生している中で「現地の一般人に対して無配慮では」「私は豪国外から実父の葬儀にすら帰国できなかったのに」と“特別扱い”を問題視し批判するリプライが相次ぎました。

 ジョコビッチは2021年大会の優勝者で、前年は4大大会中3大会を制し、東京オリンピックにも出場したスター選手です。それだけにジェイミー・マレーらテニス選手も「もし自分だとしたら、免除措置はなかっただろう」と反発を示しています。ついには大会主催者のクレイグ・ティリー氏、さらに主催団体テニス・オーストラリアのキャロライン・ブロデリックCMO(チーフメディカルオフィサー)が記者会見を開くまでの事態に発展しました。

 現地メディア「9News」の報道によると、ティリー氏はワクチン接種免除措置を受けたのはジョコビッチを含めて26選手と公表。過去にアナフィラキシーの経験がある、大きな手術を受けてから間もない、また過去6カ月以内に感染歴があるといった理由で免除が認められると説明しました。なおジョコビッチがいずれのケースに当てはまるか、また当てはまらないかは言及せず、本人のプライバシーに関わることだと発言を避けました。

 またブロデリックCMOは「誰も特別扱いを受けてはいない」と強調。ティリー氏、ブロデリックCMOともに、今回の措置が一般人にとって「いら立たしく動揺させるもの」と認識しているとして、反発には共感を示し豪市民をなだめるべく尽力しています。

 ジョコビッチを巡っては、2020年6月に自ら主催したチャリティー大会でクラスターを発生させた過去があります。妻とともに自身も感染し、「私たちのトーナメントが感染源となってしまったことを、心から申し訳なく思います」「(大会開催は)早すぎたのです」と非を認め謝罪していましたが、対策不十分と取られる大会運営状況を自ら投稿していたことから責任感の欠如が指摘され、厳しい批判にさらされていました。

ねとらば 1/5(水) 18:26
https://news.yahoo.co.jp/articles/219efe3de862dcc5fdd1ffce578110325cbcc656

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220105-00000092-it_nlab-000-1-view.jpg?exp=10800

【男子テニス世界ランク1位のジョコビッチ “ワクチン未接種で全豪出場”が特別扱いと大炎上!主催大会でクラスター出し猛批判された過去も】の続きを読む

このページのトップヘ