SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

六大学野球

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/04(土) 06:32:02.51 ID:gld8/rU19
スポーツ報知
2023年11月3日 11時14分
https://hochi.news/articles/20231103-OHT1T51052.html

◆東京六大学野球秋季フレッシュトーナメント 5、6位決定戦 最終日 ▽東大3-2早大=規定により8回打ち切り=(3日・神宮)

 東大が早大に競り勝ち、5位となった。

 2回に連打と死球で無死満塁の好機を迎えると、暴投と明石健内野手(1年=渋谷教育幕張)の左前2点適時打で計3点を先制した。

 早大の反撃を受け、1点差に迫られたが、7回からは元ロッテ投手で現在は社会人野球の日本製鉄かずさマジックで監督を務める渡辺俊介さん(47)の長男・渡辺向輝投手(2年=海城)がリリーフ。サブマリンから繰り出す緩急をつけた投球で2イニングを2安打無失点に抑え、勝利投手になった。

 早大は東大の6投手による継投の前に14残塁の拙攻。最下位が決まった。

【東京六大学野球・新人戦 東大が早大に競り勝ち5位 元ロッテ・渡辺俊介さん長男・向輝が2回ゼロ封の好救援 早大は14残塁で最下位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/30(月) 22:02:03.58 ID:QvaUmrMQ9
トーチュウ
https://www.chunichi.co.jp/article/799056
2023年10月30日 20時49分

 2回戦で先制打を放った慶大の4番、栗林泰三外野手(4年・桐蔭学園)が昨秋の慶大・萩尾(巨人)以来、戦後17人目となる打撃三冠に輝いた。「優勝もできて素直にうれしい。春は力むことも多かったんですが、芯に当たれば飛ぶと分かって今季は脱力を意識した」。桐蔭学園から早大を目指していたが現役で不合格となり、1浪して入学。早大を倒しての優勝という因縁に「慶応に来てよかったです」と照れ笑いした。

【東京六大学野球 早稲田に落ち、1浪で慶應大入りの4番栗林泰三が戦後17人目の打撃三冠「慶応に来て良かった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/30(月) 20:25:17.29 ID:QvaUmrMQ9
日刊スポーツ
[2023年10月30日18時57分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202310300001045.html

東京6大学野球秋季リーグの全日程が終わり、各タイトルとベストナインが発表された。

東大・酒井捷外野手(2年=仙台二)が、初のベストナインに輝いた。

1番打者として打線をけん引し、打率3割1分6厘はチーム最高。東大からの選出は17年秋の楠田創外野手以来6年ぶりとなった。「取れると思っていなかったので、驚いています。春は運もあったけど、秋は自分の技術で打てたと思う。東大野球部に入ろうとしてくれる高校生の道しるべになれたらと思います」と話した。

参考
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023103000925&g=spo

▽投手 外丸(1)
▽捕手 ※宮崎(1)
▽一塁手 浦和博(法大)(1)
▽二塁手 堀内祐我(明大)(2)、松下歩叶(法大)(1)
▽三塁手 上田希由翔(明大)(3)
▽遊撃手 熊田任洋(早大)(2)
▽外野手 ※栗林泰(2)、※吉納翼(早大)(1)、酒井捷(東大)(1)(カッコ数字は選出回数、※は満票=12票、上田は他に一塁手で1度受賞)。

【東京六大学野球 東大・酒井捷外が初のベストナイン「秋は自分の技術で打てた」打率3割1分6厘はチーム最高】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/28(土) 15:54:06.40 ID:LaH0hq1Q9

【〝華の早慶戦〟早稲田、慶應にサヨナラ勝ち 3-2 優勝に王手 九回裏に逆転】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/28(火) 08:21:36.66 ID:CAP_USER9
週刊現代2022.06.26
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/96658

■一軍の練習でも本塁打連発
2022年の春季六大学野球は明治大学の優勝で幕を閉じた。

リーグ戦への出場はなかったものの、1・2年生を中心として争われるフレッシュトーナメントで大きな話題となったのが慶應義塾大学の「サラブレッド」2人だ。

「西武・巨人などで一時代を築いた清原和博氏の息子である清原正吾内野手と、広島一筋で2000本安打を達成した前田智徳氏を父に持つ前田晃宏投手です。

清原選手はフレッシュトーナメントでは全試合4番に座り、強い期待を感じました。中高は野球から離れていたためまだブランクを埋めている途中ですが、ベンチでも声を切らさない姿勢など、スタッフからの信頼も厚い。

打撃練習での本塁打率は1軍メンバーの中でも屈指のため、この秋にはメンバー争に絡んできてもおかしくありません」(スポーツ紙記者)

■投手として頭角を現す「前田智徳2世」
前田投手は慶應高校時代からエースとして活躍し、鳴り物入りで大学野球部へと入部してきた。だが、まずは痛めている右ひざの状態を上げていくことが優先だという。

野球評論家の西尾典文氏が語る。

「高校3年生の夏に膝を負傷してフル回転できなかったことに対し、内心忸怩たるものがあったでしょう。球速は僕が見たときで139キロ。本当はもう少し出ているようですし、これからの成長にも期待です。

もっとも評価したいのは球速以外のところです。まずコントロールが抜群によく、牽制やフィーディングもいい。チェンジアップやスライダーの変化球をうまく混ぜ、完成度が高くまとまっている印象です。

本人の目指す投手像は元広島の北別府学氏。プロ入りは今の時点では未知数ですが、秋のシーズンでは神宮の杜を沸かしてくれそうです」

例年、下級生は夏場の練習を経て、大きな成長を見せる。これからの神宮を担う、若い力の躍動から目が離せない。

【清原ジュニアに前田ジュニア 六大学野球・サラブレッドの現在地 フレッシュトーナメントで見せた存在感】の続きを読む

このページのトップヘ