SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

冨安健洋

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/24(土) 21:12:26.05 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会(JFA)は24日、日本代表DF冨安健洋(アーセナル/イングランド)の途中離脱を発表した。

 発表によると、冨安は「クラブ事情のため」チームを離脱。27日に行われるキリンチャレンジカップ2022エクアドル代表戦を欠場することになった。

 アーセナル2年目の冨安は今季、ケガの影響で開幕に出遅れたものの、ここまでプレミアリーグの6試合に途中出場している。8日に行われたヨーロッパリーグのチューリッヒ戦ではフル出場した。

 9月の代表ウィークで約10カ月ぶりとなる日本代表復帰を果たすと、23日のアメリカ代表戦でフル出場。4バックの左センターバック、右サイドバック、3バックの右センターバックと3つのポジションで安定したパフォーマンスを披露し、2-0の完勝に貢献していた。

 なお、アーセナルは10月1日に最大のライバルであるトッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”を控えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/34736afbc39db85f9f83ea2e749f7c27ed8f536d

【日本代表、アーセナルDF冨安健洋が途中離脱「クラブ事情のため」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/09(金) 06:44:35.75 ID:CAP_USER9
UEFAヨーロッパリーグ・グループA、グループステージ第1節。アーセナルはスイスのFCチューリッヒと対戦。日本代表DF冨安健洋は、今季初のスタメンとなった。

アーセナルは冨安のほか、GKのマット・ターナーやMFファビオ・ビエイラ、FWエディ・エンケティア、マルキーニョスなど、初先発の選手を多く起用。
しかし立ち上がりは国内リーグ不調のチューリッヒの中盤の積極的なプレスに苦戦し、ポゼッション時のリズムが出せない。GKターナーのパスミスから、あわやゴール献上かというシーンも見られた。

しかし徐々に縦パスやクロスが入りはじめると、決定的に流れが変わったのは16分。カウンターからエンケティアが大きく抜け出し、
クロスを送るとそこへ走りこんだのはマルキーニョスだった。ボレーで豪快に叩き込み、アーセナルが先制点を挙げる。

20分にはサンビ・ロコンガの長いパスからビエイラがループで狙い、25分にはコーナーキックの流れからグラニト・ジャカのミドルと、
次々にビッグチャンスを作り出すアーセナル。チューリッヒも右サイドを起点に少ないチャンスを生かそうとするが、スコアを動かすには至らない。

しかし43分、再び流れは変わる。コーナーキックの際、こぼれ球を競り合った選手にエンケティアが足をかけてしまい、
チューリッヒがPKを獲得する。これをミルリンド・クリェジウが左隅に決めて同点。1-1のスコアでハーフタイムを迎えた。

エリザベス女王逝去の報が入ったため黙祷から始まった後半は、チューリッヒがやや前がかりなシフトで攻勢に出る。
アーセナルは前半と同じくゲームを作るのに苦労するものの、冨安のハーフスペースからの上がりなどから次第にチャンスを作っていく。

そして62分、マルキーニョスのクロスにファーで合わせたエンケティアが今季初ゴールを奪い、アーセナルが再びリード。
チューリッヒのフランコ・フォーダ監督は3人代えで流れを変えようと試み、それを追うようにアーセナルもマルティン・ウーデゴーら3人のレギュラーメンバーを投入。
さらに78分にはガブリエウ・ジェズスも投入され、ミケル・アルテタ監督は週末のエヴァートン戦も見据えてか前線の陣容をレギュラーメンバーに入れ替えるという采配を見せた。

その後はウーデゴーやブカヨ・サカらレギュラー組がいつものスムーズな連係を見せるが、結局スコアは動かず1-2で終了。
アーセナルにとっては、チーム全体のコンディションを上げるという意味でも価値のある一戦だったかもしれない。冨安も今季初のフル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。

チューリッヒ 1-2 アーセナル
[得点者]
16分 マルキーニョス(アーセナル)
44分 ミルリンド・クリェジウ(チューリッヒ・PK)
62分 エディ・エンケティア(アーセナル)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd63fd45a4ad297a95dce05a1fb4436aa75d1ad8

【UEFAヨーロッパリーグ アーセナル“控え組2発”で初戦勝利 冨安健洋は今季初の先発&フル出場で好パフォーマンス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/01(木) 18:48:21.35 ID:CAP_USER9
決勝ゴールに絡む活躍を披露

現地時間8月31日に行なわれたプレミアリーグ第5節で、冨安健洋の所属するアーセナルは、アストン・ビラとホームで対戦。2-1で勝利し、怒涛の開幕5連勝を飾っている。

この日もベンチスタートとなった冨安は、1-1の状況だった64分からベン・ホワイトに代わって途中出場。いつも通り右SBに入ると、安定した守備を披露すれば、77分には決勝弾のプレアシストをマークする。
ペナルティエリア手前でボールを受けると、見事なタッチでブカヨ・サカにパスを繋ぎ、イングランド代表MFのクロスにガブリエウ・マルチネッリが合わせてネットを揺らした。

試合後、アーセナルのミケル・アルテタ監督は、昨シーズンから度重なる故障に苦しんでいる日本代表DFに言及した。クラブの公式サイトが伝えている。

「彼を何分かプレーさせられて、とても反応が良い点に本当に満足している」と語ったスペイン人指揮官は、こう賞賛している。

「彼はここ何週間、何の問題もなくトレーニングを続けてきたが、これは過去6、7か月で初めてだ。今日は、彼が来た時のようなプレーを見られた。本当に素晴らしかったと思う」

 アルテタ監督も冨安の"完全復活"に手ごたえを感じ、喜んでいるようだ。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=116172
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1661991794/files/topics/116172_ext_04_0.jpg

【「本当に素晴らしかった」“完全復活”の冨安健洋をアルテタ監督が賞賛!「過去6、7か月で初めて…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 01:04:23.93 ID:CAP_USER9
8月13日のプレミアリーグ第2節でレスター・シティと対戦
冨安途中出場のアーセナルがレスターに勝利【写真:Getty Images】

 イングランド1部アーセナルは、現地時間8月13日のプレミアリーグ第2節でレスター・シティと対戦。開幕戦を欠場したアーセナルの日本代表DF冨安健洋は今季初のベンチ入りとなり、後半30分から投入されて今季初出場を飾ったなか、試合は4-2と完勝した。

【布陣図】米メディア「ジ・アスレチック」が公開、2022-23シーズンのアーセナル「最強布陣」

 ふくらはぎの負傷によりプレシーズンから別メニューでの調整が続き、実戦からも遠ざかっていた冨安。今月5日のプレミアリーグ第1節クリスタル・パレス戦(2-0)も欠場したが、翌6日に行われたU-21チームの試合で45分間プレーし、復帰に向けて一歩前進していた。

 現在23歳の冨安は昨夏アーセナルに加入し、すぐさま右サイドバックの定位置を確保するなど存在感を発揮。冬以降は怪我に見回れたが、リーグ戦21試合に出場して評価を一気に高めていた。

 レスター戦でベンチ入りした冨安。試合は前半23分と35分にFWガブリエウ・ジェズスが連続ゴールを決め、アーセナルが2-0とリードして前半を折り返す。後半に入ると、オウンゴールで1点差に追い付かれたアーセナルだったが、同10分にMFグラニト・ジャカが追加点。同29分にMFジェームズ・マディソンに被弾した直後の後半30分、DFベン・ホワイトに代わって冨安を送り込み、冨安は今季初出場となった。

 試合は冨安が入った直後、MFガブリエル・マルティネッリが決めてアーセナルが4-2とリードを広げる。冨安は溌剌としたプレーを随所に披露し、終了間際には相手の突破を食い止めようとして相手を倒し、今季初イエローカードも受けている。

 エースFWジェズスが2ゴールと活躍し、冨安も怪我から復帰して上々のプレーを披露するなど収穫の多いゲームとなったアーセナルが4-2と完勝した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/668d64646545c6a5ea547c7b6dc08d6eb5f9193c

【アーセナルDF冨安が今季初出場! 途中起用で終盤にイエローカード、レスター戦4-2勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 23:15:21.22 ID:CAP_USER9
日本代表DF冨安健洋(23)が所属するアーセナルが20日、米フロリダ州オーランドで米MLSオーランド・シティーと対戦。FWマルティネッリのゴールなどで3-1と勝利した。

 筋肉系の軽い痛みがあるとして16日のエバートン戦を欠場した冨安は、この日もベンチ外。8日のニュルンベルク戦もベンチを外れており、まだ1試合もプレシーズン戦に出場していない。

8月5日のプレミアリーグ開幕戦・クリスタルパレス戦まで、プレシーズン戦は残り2試合。冨安が開幕に間に合うか心配される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62d2a204cfb0b11ff19f1500d27d62a88912f161

【アーセナルDF冨安健洋、筋肉系の軽い痛みでプレシーズン戦に欠場 開幕に間に合うか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 07:54:26.43 ID:CAP_USER9
長期離脱から復帰し、今回の代表活動で別メニューが続いていた冨安健洋(アーセナル)に、チュニジア戦で復帰する可能性はあるのか。12日の練習では全メニューをこなし、右サイドバックを想定したクロス練習も行っていたが、森保一監督は起用について、リスクを十分に考慮する必要があると語った。

11日から全体練習に合流も…
 冨安健洋は11日に全体練習に復帰し、12日もすべてのメニューをチームとともに消化した。冒頭15分のみ公開となった前日練習でもスパイクを履いてボール回しに参加していた。

 だが、14日のチュニジア戦の出場については慎重に進めることになりそうだ。森保一監督は前日会見で冨安の状態を問われ、「チームの全体練習に合流しているので出られる可能性も考えて、今日(13日)の練習後にメディカルスタッフ、ドクターと相談する。ただ、長期離脱から2、3日の練習でいきなりハイインテンシティーの国際試合でできるかどうか。非常にリスクになるので慎重に考えたい」と答えた。

 冨安本人は当然、出場したい思いがあるだろう。その一方で、昨年11月以来の代表活動で、「ミーティングにも参加し、日本代表のベースを改めて把握することができた。選手同士で細かい話し合いをするのは、実際に会わないと難しい部分もあるので、そこはポジティブ」とともに過ごした時間が有意義だったと説明した。「本大会前に長い期間、キャンプができるわけではないので、最後まで居させてもらっている」と、万全の状態ではないながらも参加した理由も明かしている。

 選手として1シーズンケガなくプレーすることができず、「一人のサッカー選手として、まだまだやらないといけないことがある」と悔しさを口にした冨安は、プレミアリーグで1シーズンを過ごし、自身の課題をはっきり把握したとも語る。「手を抜くわけではないけれど、常に100パーセント、120パーセントの力でやるというところを、80パーセントくらいの力で、うまくやらないといけない。他の選手を見ていると最後まで足をつったりしないし、高いインテンシティを持ったままやっている」。それを可能にするには、そもそもの100パーセントのレベルを高い位置に引き上げねばならないという。つまり、これまでの100パーセントを、80パーセントの力で出せるようなレベルに到達するということ。そうすることでハイインテンシティーが求められるプレミアリーグを戦い抜くことができるというのだ。

 1月にふくらはぎを痛め、復帰後、今度はハムストリングを負傷。苦しい時期を過ごしたが、いまは順調に回復し、全体練習に合流するまでに至った。森保監督の説明からすると、チュニジア戦は「無理をさせない」可能性が高いが、本番はあくまで11月に開幕するカタールW杯。そこでベストな状態であることが重要であり、今回はリスクを冒す必要はないだろう。「W杯ではドイツ、スペインと当たり、アジア相手よりも数段レベルは上がる」と話す冨安は、プレミアリーグでさらに経験を積み、そのすべてを代表にも還元したいという。残り5カ月。冨安の進化は、そのままチームの進化にもつながっていく。

https://news.yahoo.co.jp/articles/310ae4143e70fb19d4f4a1ede46128d75f6d22a1

【冨安健洋の起用について日本代表・森保監督はリスク回避の可能性を示唆「数日の練習で国際試合を戦えるかどうか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/12(日) 12:46:15.21 ID:CAP_USER9
 日本代表DF冨安健洋(23=アーセナル)が、たび重なる負傷への苦悩を吐露した。

 冨安は今回の代表活動に招集されたものの、シーズン終盤の右太もも裏の負傷の影響で別メニュー調整が続いており、11日にようやく初めて練習でフルメニューを消化した。

 12日に取材に応じた冨安は負傷について「1月と2月がふくらはぎで、今回はハムストリングのけがなので。ふくらはぎは本当に苦しんだし、何をしたらいいのか分からない状況でかなりしんどかった」と説明した。

 相次ぐ負傷の経緯も振り返り「シーズン前半戦は僕の感覚としてもよくて、最初の数試合はかなりしんどかったけど段々プレミアに慣れてきたなという感覚を持って、いい感じでやっていた時にふくらはぎを痛めてしまった。そこからは本当に負のサイクルだった。無理して戦術練習だけやって、試合やって、また休んで、やってという感じだったので…。次のシーズンに向けてしっかり準備していかないといけないという気持ち」と苦しい胸の内を明かした。

 現在は「いろいろ試行錯誤して、今回ハムストリングでけがする箇所は変わって、使う所が変わって、体の使い方がいい方向に変わってきているとポジティブにとらえたい」と負傷を防止する取り組みを行っている。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/30fae72218c5c8257ca2faa6c044615fba334b9b

【日本代表DF冨安がたび重なる負傷の苦悩を吐露「何をしたらいいのか分からない」「本当に負のサイクル」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 05:55:50.33 ID:CAP_USER9
現地時間16日、イングランド・プレミアリーグは第37節が行われ、冨安健洋の所属するアーセナルは敵地セント・ジェームズ・パークでニューカッスルと対戦した。

【スコア・スタッツ】ニューカッスル対アーセナル

5位トッテナムとのノースロンドン・ダービーに敗れ、1ポイント差に迫られてしまった4位アーセナル。しかし残り2試合勝てば自力でチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるため、まずはこのニューカッスル戦での勝利が重要となってくる。

右サイドバックで先発した冨安は、相手のキーマンであるサン=マクシマンと頻繁にマッチアップ。ボールを持ってガンガン仕掛けてくる相手に、冨安は立ち上がりから守備での対応に追われる。36分には高い位置でボールを奪い、ペナルティーエリア左でボールを受けたサン=マクシマンがカットイン。冨安をかわして右足を振り抜くも、これはGKラムズデールがはじいてCKへと逃れた。

するとこのCKを跳ね返した直後、冨安が右のもも裏を痛めて座り込んでしまい、そのままセドリックとの負傷交代を余儀なくされた。

互いに無得点で迎えた後半、立ち上がりに空中戦での競り合いでシェアが脳震盪を起こし、ラッセルズと交代。脳震盪での交代のため、ニューカッスルの交代枠は消費されない。

後半もニューカッスルの勢いに押されるアーセナルは53分、スミス・ロウに代えてマルティネッリを投入。しかし55分、左サイドを抜けたジョエリントンの低く速いクロスにカラム・ウィルソンが反応。カットに入ったホワイトが伸ばした足に当たったボールがそのままゴールに転がり、ニューカッスルがオウンゴールにより先制する。

前半から相手にペースを握られ、先制を許してしまったアーセナルは62分、ヌノ・タヴァレスを下げてラカゼットを投入。73分にはガブリエウに代えてペペを投入し、攻撃的な布陣で点を取りに行く。すでに前日の試合でトッテナムが勝利しているため、このまま敗れれば最終節を前に順位が逆転することとなってしまう。

焦るアーセナルはなかなかシュートチャンスを作れず、逆にニューカッスルはカウンターのチャンスを増やしていく。80分にはカウンターからDFと2対1という状況を迎えるが、マーフィーのシュートはGKラムズデールがはじき出した。

85分には厚みのある波状攻撃からロングスタッフのスルーパスにC・ウィルソンが抜け出すもGKラムズデールが飛び出してブロック。しかしこのこぼれ球をギマランイスが押し込み、ニューカッスルが大きな追加点を挙げる。

こうなると苦しいアーセナル。攻撃の枚数は増やしたものの、効果的なパスを前線に供給できず、決定機らしい決定機を最後まで作れないまま、敵地で敗戦。最終節を前にトッテナムに順位をかわされ、5位に転落することとなった。

■試合結果
ニューカッスル 2-0 アーセナル

■得点者
ニューカッスル:OG(55分)、ギマランイス(85分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b4b5833a8ac995a1a74a40a8db1f850298e1525

【アーセナル、ニューカッスルに敗れ5位転落…冨安健洋は39分に負傷交代】の続きを読む

このページのトップヘ