SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

出場辞退

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 20:12:35.64 ID:CAP_USER9
5/17(火) 18:11配信

日テレNEWS

ブラジルで開催された聴覚に障害のある選手のオリンピック「デフリンピック」で突如、日本選手団の出場辞退が発表されました。ショックを隠せない選手たちの心境を聞きました。

「怒りと悔しさがあふれていましたね」と怒りを語ったのは、ブラジルで開催された「デフリンピック」の陸上の日本代表選手です。

「デフリンピック」は、新型コロナウイルスの影響で延期となり、5年ぶりの開催となりました。大会11日目。閉会まであと4日を残したところで、突然ある発表がありました。

デフリンピック日本代表 湯上剛輝選手
「コロナの人がいたから慌てて中止に、辞退にしようっていう、そこに、私たち選手は違和感を覚えてますね」

全日本ろうあ連盟から、日本選手団の全競技・全試合の出場辞退の発表があったのです。

今回の大会で、日本選手団は、史上最多の30個のメダルを獲得し、盛り上がりが最高潮に達していたその時でした。

湯上選手
「派遣前から(感染者が出ることは)予測できたことであって、連盟側の見通しの甘さだったり、準備不足が露呈したなと思います」
連盟は、日本選手団149人中11人が新型コロナに感染したため、「感染源は各競技会場にある可能性が高いと判断し、日本選手団の命と安全を最優先に考えた」としています。

感染者が確認されていない競技でも“連帯責任”のような形で出場辞退となったのです。

卓球は、3位決定戦を辞退するなど、メダルがかかった試合の出場が叶いませんでした。

一方、陸上は試合が始まったばかり。2大会連続の金メダルが期待されていた男子400メートルリレーなどの試合が目前に控えていました。

チーム内に、感染者や体調不良者はひとりもおらず、屋外で実施されることなどから、試合への出場の交渉が続きました。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/deea065c21c5d2c0ebe74dc9d0d754849bd77bd8

【5年ぶり開催の「デフリンピック」 日本が突如“辞退”に選手困惑 全日本ろうあ連盟「撤回せず」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/07(木) 06:47:58.69 ID:CAP_USER9
【大学野球】どうなる?広島六大学 広国院大が出場辞退<スポーツ最前線>
中国新聞デジタル2022/4/5
https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/152219

広島六大学野球連盟が、異例の体制で春季リーグを開催している。本年度限りで閉校する広国院大が部員不足で出場を辞退し、暫定的に5校で開催。来年度以降の参加校数は決まっていない。1967年の連盟発足以来、初めて迎える曲がり角。今後考えられる選択肢を探る。

※以下会員記事

【どうなる?広島六大学 広島国際学院大が出場辞退・・・】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/29(火) 18:46:36.43 ID:CAP_USER9
ラグビーの第23回全国高校選抜大会は29日、熊谷ラグビー場で準決勝2試合が行われる予定だったが、
第1試合は佐賀工(佐賀)の出場辞退により東福岡(福岡)の不戦勝となった。佐賀工が28日の準々決勝で
対戦した国学院栃木で試合後、複数の体調不良者が確認され、新型コロナウイルス感染の疑いがあるため、
大会実行委員会が佐賀工に辞退を勧告。佐賀工も勧告を受け入れた。

 東福岡は31日の決勝進出が決定。準決勝の第2試合、桐蔭学園(神奈川)―報徳学園(兵庫)の勝者と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e968ed05b3ab11f6a78c9c8f7c50af24f8527d79

【高校選抜ラグビー 佐賀工業が選抜準決勝出場辞退 準々決勝で対戦した国学院栃木に複数の体調不良者が確認された為】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 19:32:34.76 ID:CAP_USER9
2022年03月17日 18:58 野球

 日本高野連は17日、18日に開幕する第94回選抜高校野球大会で、京都国際が出場を辞退すると発表した。

 14日に実施した大会前のPCR検査を受けた31人中8人が陽性と判定され、そのうち2人はその後に発熱。
陰性となった選手について、16日に再びPCR検査を行ったところ、さらに5人が陽性となったという。この日に同校から大会への参加を辞退するとの申し出があり、大会本部が受理した。

 大会本部は16、17日に緊急対策本部の会議を開き、京都国際の大会参加について、新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに則り、審議。
計13人の陽性者が確認されたことなどから、チーム内での集団感染と判断した。京都国際の辞退に伴い、近畿地区の補欠1位校の近江(滋賀)が出場する。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/03/17/kiji/20220317s00001002501000c.html

【18日開幕のセンバツ V候補・京都国際が辞退、部内で13人コロナ集団感染…補欠の近江が代替出場へ】の続きを読む

このページのトップヘ