SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

前田大然

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/12(木) 10:42:02.54 ID:CAP_USER9
 スコティッシュ・プレミアシップ第37節が11日に行われ、セルティックが敵地でダンディー・ユナイテッドと対戦した。

 引き分け以上で今季のリーグ制覇を決められるセルティック。前節から中3日で迎えた今節は、旗手怜央がスターティングメンバー入り。井手口陽介、古橋亨梧、前田大然はベンチからのスタートとなっている。

 試合は序盤からセルティックが主導権を握って進めるが、なかなか先制点を奪うことはできない。45分にはゴール前の混戦から、旗手がルーズボールを拾ってシュートまで持ち込むも、相手DFに阻まれてしまう。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半に入ってもセルティックが圧倒的にボールを保持。徐々にゴールへ迫り始めると、52分に均衡が破れる。右サイドでパスを受けたアンソニー・ラルストンがドリブル突破からクロスを送ると、ゲオルギオス・ギアクマキスが頭で叩き込み、セルティックが待望の先制点を記録した。

 直後の55分にはセルティックにピンチ。ミドルシュートがポストに当たってこぼれると、ニッキー・クラークに押し込まれる。しかし、クラークのポジションがオフサイドであったため、ゴールは認められなかった。

 セルティックは70分、前田をピッチに送り出す。しかし、72分には再びピンチが。ペナルティエリア手前でボールを持ったディラン・レヴィットが右足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに吸い込まれる。豪快な一撃で試合は振り出しに戻った。

 引き分けでも優勝を決められるものの、セルティックは勝利のみを目指して攻撃を続ける。84分にはスルーパスから抜け出したジョタが右足で狙うも、シュートはサイドネットに。後半アディショナルタイムにはペナルティエリア内でフリーとなった前田がパスを受けるも、ワントラップから放たれたシュートは枠を外れた。

 試合はこのままタイムアップ。引き分けで終わったものの、セルティックは2シーズンぶり52回目のトップリーグ優勝が決定した。来季のチャンピオンズリーグ本戦出場権を勝ち取っている。

 旗手は63分までプレー。前田は70分から、古橋は後半アディショナルタイムから途中出場している。井手口に出番はなかった。次節は14日に行われ、セルティックはホームでマザーウェルと、ダンディー・ユナイテッドは敵地でロス・カウンティと対戦する。

【スコア】
ダンディー・ユナイテッド 1-1 セルティック

【得点者】
0-1 53分 ゲオルギオス・ギアクマキス(セルティック)
1-1 72分 ディラン・レヴィット(ダンディー・ユナイテッド)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d7826f63159b07c651782c0800613842c9d0dd38

【セルティックが2シーズンぶりのリーグ制覇! 旗手は先発、前田と古橋は途中出場に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 21:54:38.60 ID:CAP_USER9
 スコティッシュ・プレミアシップ第36節が7日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックとハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)が対戦した。FW古橋亨梧とFW前田大然が先発出場し、MF旗手怜央はベンチスタート。MF井手口陽介はベンチメンバーから外れた。

【動画】セルティックの前田&古橋がアベック弾!
https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1522904369548562432?ref_src=twsrc%5Etfw

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1522906893106040833?ref_src=twsrc%5Etfw
 首位セルティックは前節、2位レンジャーズとの“オールドファーム”で引き分け、両者の勝ち点差「6」のまま残り3試合に突入。勝てば優勝に王手をかける状況で試合を迎えたが、開始早々の3分に相手の先制を許して追いかける展開となる。

 セルティックは28分、カラム・マグレガーのグラウンダーでの折り返しに古橋が合わせるが、シュートは相手GKクレイグ・ゴードンに防がれる。それでも30分、ピッチ中央からペナルティエリア右までドリブルで運んだジョタが折り返すと、前田が押し込んでネットを揺らした。前田は今季公式戦8点目となった。

 さらに37分、セルティックが逆転に成功する。左サイドからマット・オライリーがクロスを送り、ジョタが頭で折り返すと、古橋がヘディングで押し込んだ。古橋は2試合ぶりの得点でリーグ戦10得点目、公式戦では18ゴール目となった。

 リードで折り返したセルティックは、64分に前田や古橋らを下げ、旗手ら3選手を投入する。

 セルティックは69分、オライリーがネットを揺らして点差を広げる。78分にはスルーパスに抜け出したジョタが4点目を決めたかに思われたが、これはオフサイドで認められない。86分には旗手がミドルシュートを放つが、ゴール左下を狙った一撃はわずかに枠を外れる。

 90分にはギオルゴス・ギアクマキスがダメ押しの4点目をマーク。4-1で勝利したセルティックは2試合ぶりの白星を収め、2シーズンぶり52回目の優勝に王手をかけた。8日に行われる試合で2位レンジャーズがダンディー・ユナイテッドに引き分け以下の場合、残り2試合で勝ち点差が「8」または「9」となり、セルティックのリーグ制覇と来季のチャンピオンズリーグ本戦出場が決定する。

 次節は10日に行われ、セルティックはアウェイでダンディー・Uと対戦する。

【スコア】
セルティック 4-1 ハート・オブ・ミドロシアン

【得点者】
0-1 3分 エリス・シムズ(ハーツ)
1-1 30分 前田大然(セルティック)
2-1 37分 古橋亨梧(セルティック)
3-1 69分 マット・オライリー(セルティック)
4-1 90分 ギオルゴス・ギアクマキス(セルティック)

https://news.yahoo.co.jp/articles/37b6d81a97e0d40ba669211f1370cfa03d81d603
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【セルティック前田大然&古橋亨梧が揃い踏み! ハーツに逆転勝利でリーグ優勝に王手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/06(日) 23:03:45.30 ID:CAP_USER9
3月6日に開催されたスコットランド・リーグ第30節で、日本人選手4人が所属する首位のセルティックは、5位のリビングストンと敵地で対戦。古橋亨梧は負傷でメンバー外、旗手怜央と井手口陽介はベンチスタートとなるなか、前田大然がCFで先発した。

【動画】抜群の嗅覚で反応!前田がヘッドで奪った今季5点目をチェック

 立ち上がりから押し込むセルティックは15分、前田がペナルティエリア内から放ったシュートが相手の手に直撃。PKを獲得するも、キャプテンのマクレガーのキックは右ポストに嫌われ、失敗に終わる。

 しかし、その2分後に先制点を挙げる。ジョッタのCKからスタンフェルトがヘディングシュート。一度はGKストリェクに阻まれるも、前田がヘッドで押し込んだ。


 24歳の日本代表FWは、先月17日のボデ/グリムト戦(ヨーロッパカンファレンスリーグの決勝トーナメント・プレーオフ)以来の今シーズン5点目で、リーグ戦では3点目となった。
 
 前半はそのまま1―0で終えたアウェーチームは、後半開始早々に2ゴールを挙げる。46分にラルストンの鋭いクロスからオウンゴールで、55分にショートカウンターからフォレストのフィニッシュでそれぞれ追加点を奪った。

 ただ、喜びもつかの間、3点目からわずか1分後に、ロングスローからシニーに1点を返される。

 慌ただしい展開のなか、69分にはジョッタのグラウンダーのクロスに、中央で前田が左足で合わせるが、ストリェクの好守に遭う。この日2点目の決定機を逃した前田は、75分にお役御免となった。

 結局、試合はこのまま3―1で終了。セルティックが快勝を収め、宿敵レンジャーズとの勝点3差をきっちりキープした。

 なお、今冬に加入以降、リーグ戦では初めて先発を外れた旗手は83分から途中出場し、前節にデビュー戦以来のリーグ戦出場を果たした井手口は出番なしに終わった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/e849ef88969af366ca55fad069fd523a4e644bfc

【スコットランド・リーグ第30節 首位セルティック、前田大然の今季5点目などで3発快勝!リーグ戦で初めて先発を外れた旗手怜央は83分から出場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 17:30:39.03 ID:CAP_USER9
古橋亨梧のようにセルティックのサポーターから愛されるためには、もちろんピッチでの活躍が欠かせない。同時に、ピッチ外でもファンの心を揺さぶる必要がある。

【動画】「英語うまいね」称賛を浴びている前田の試合後インタビュー
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=104104

 1月17日のハイバーニアン戦で開始4分にデビュー弾を挙げた前田大然は、ピッチ外でもサポーターから良い反応を引き出したようだ。


 試合後、前田は「ゴールを決めてチームに貢献できたことを喜んでおり、次戦で再び貢献するのが待ち遠しい」と英語で話した。『Yardbarker』によると、この様子を収めた動画がクラブから公開され、セルティックのファンからSNSで賛辞が寄せられている。
 
「アレックス・レイ(レンジャーズOB)よりうまい英語」
「クリス・ボイド(レンジャーズOB)よりも英語がうまいね」
「3人とも素晴らしくて感心だ。今後に向けて良い兆しだよ」
「試合後会見を英語でこなせる十分な自信。よくやった、ダイゼン」
「あらゆる成功を祈っているよ、マエダ…素晴らしいデビューだった」
「ほれ込んだ。彼もジョッタもキョウゴもハタテもグチも、みんな大好き」
「とても謙虚でリスペクトできる人だね。英国や欧州のサッカー界のプリマドンナは見習うべきだ」
「なんというスタート。君はすでに僕らのお気に入りのひとりだ。セルティックファミリーにようこそ」
「この男のことが大好きだ。多くの日本人のように、自分がうまくやる機会をくれた全員に感謝している。我々はダイゼンに感謝だ。今後の幸運を祈っているよ」

 もちろん、まだ1試合で得点を挙げたに過ぎない。前田が古橋のような存在となるには、継続して結果を残しつつ、セルティックファミリーとの関係を深めていく必要がある。だが、少なくとも出だしは上々だ。今後の前田のさらなる活躍に期待したい。

サッカーダイジェスト 1/19(水) 16:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1978c2b1faf532777eb5c7ab424f705e9f7b2a8

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-00104104-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=494&exp=10800

【セルティックデビュー戦でゴールを決めた、前田大然の英語会見が大反響!「この男のことが大好きだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 12:18:14.41 ID:CAP_USER9
セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が、デビュー戦で躍動したMF旗手怜央らを称賛した。イギリス『Daily Record』が伝えた。

セルティックは17日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。古橋亨梧が負傷欠場したものの、今冬に加入した前田大然と旗手が先発で出場した。試合は4分に前田が電光石火のデビュー弾を挙げると、旗手も攻守に躍動して2-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。

試合後、ポステコグルー監督は『BBC Radio』で、「彼らは全員、うまくやった。彼らを早い段階で起用していくのはプロセスの一部だった。先週からここまで素晴らしいトレーニングができていたからね。3人は皆うまくやってくれた」と、途中出場したMF井手口陽介を含む日本人の新戦力を称賛した。

また、現地では旗手をレジェンドの中村俊輔と比較する声も出たとのことだが、ポステコグルー監督は「いや、彼はレオ・ハタテだ」と口にし、日本人選手たちの特徴を一括りに考えないようにすべきだと改めて強調した。

「彼は彼自身の名を成すだろう。非常に才能ある若いプレーヤーだ。そして、確固たる決意を持っている」

「彼らは全員違う選手なんだ。私がこれまで言ってきたようにね。彼はフットボールの世界でトップを目指している。このクラブに引き入れることができて嬉しいよ。我々は最高の彼を引き出したいと考えている。到達できる最高レベルまで引き上げていきたい」

セルティックはこの後、22日に行われるスコティッシュカップ4回戦でアロア・アスレティックとのアウェー戦を迎える。

GOAL 1/18(火) 12:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/c32566133f2655436c94bb11283084d4523285b8

【セルティック・ポステコグルー監督 躍動の旗手、前田、井手口を称賛!「3人は皆うまくやってくれた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 10:05:42.48 ID:CAP_USER9
1/18(火) 8:42配信
デイリースポーツ

 スコットランド・プレミアリーグのセルティックは17日(日本時間18日)、本拠地セルティック・パークでヒバーニアンと対戦し、2-0で勝利した。今冬に加入したFW前田大然(24)とMF旗手怜央(24)が先発出場し、MF井手口陽介(25)は途中出場した。前田は前半4分に先制点となるデビュー弾と決め、旗手はマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せた。FW古橋亨梧(26)はベンチ外となった。

 センターFWで先発出場した前田は開始早々の4分、右サイドからオーストラリア代表MFロギッチが送ったクロスを右足で流し込んだ。背番号38を背負った前田は日本で代名詞となっていた「アンパンマン」のパフォーマンスで喜びを表現。試合後には写真を添えて自身のツイッターを更新し、「Thank you all for your support tonight! I’m massively happy and looking forward to contributing more. It’s a Japanese anime(今夜の応援ありがとうございました!とても幸せで、もっと貢献したいです。これは日本のアニメです」とつづった。

 旗手は左インサイドハーフで先発出場し、クラブの公式ツイッターによるマン・オブ・ザ・マッチの得票率で78.2%2を獲得。21.8%の前田を圧倒し、「レオ・ハタテ なんてデビューだ」と賛辞を贈られた。前田と旗手は後半29分に途中交代。井手口は旗手に代わって出場し、デビューを果たした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220118-00000026-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6777532af013b7e7995256a55f980828fc9941c7

【セルティックFW前田大然が衝撃の開始4分デビュー弾 「アンパンマン」パフォ披露 旗手はMOM選出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/02(日) 19:10:26.36 ID:CAP_USER9
「井手口はおそらく適正価値だが…」

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220101-00103350-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=496&exp=10800

スコットランドの名門セルティックは昨年12月31日、川崎フロンターレのMF旗手怜央とガンバ大阪のMF井手口陽介を完全移籍で、横浜F・マリノスのFW前田大然を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。

【関連動画】セルティックに日本人3選手が加入! かるた風のイラストも脚光!

 横浜の前監督であるアンジェ・ポステコグルーが率いるチームは今シーズン、ヴィッセル神戸から引き抜いた古橋亨梧が大ブレイク。横浜時代の教え子である前田をはじめ、指揮官がよく知る3人の補強に、古橋に続く活躍を期待する声が高まっている。

 そんななか、話題となっているのが日本人選手3人の移籍金(非公表)だ。セルティックの専門メディア『CELTS ARE HERE』は「図々しい強盗。日本人トリオの移籍金」と題した記事を掲載。それぞれの移籍金(前田は買い取りとなった場合)を、前田が170万ポンド(約2億5500万円)、旗手が100万ポンド(約1億5000万円)、井出口が85万ポンド(約1億2750億円)であると伝えた。


 同メディアはさらに、日本を拠点とするジャーナリストのダン・オルロウィッツ氏がつぶやいた「井手口はおそらく適正価値だが、前田と旗手に関しては、英国で最も図々しい強盗だ」というツイートを引用。こう綴っている。

「セルティックはJリーグからいくつかのすごい掘り出し物を手に入れたようだ。彼らはヨーロッパで何かを成し遂げることができると証明したい、若くてハングリーな選手たちだ」

 ちなみに、古橋の移籍金は460万ポンド(約6億9000万ユーロ)と伝えられている。それよりもかなり格安で手中に収めた3人は、その日本代表FWに続くヒットとなるか。

サッカーダイジェスト 、?1/1(土) 17:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c93323093ffc1137cba051cb85f2ee8a623d759

【名門セルティック加入の旗手&前田の移籍金が“安すぎる”と海外驚愕!「図々しい強盗のようだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/31(金) 20:27:43.14 ID:CAP_USER9
スコットランド1部セルティックは31日、川崎フロンターレFW旗手怜央(24)、横浜F・マリノスFW前田大然(24)、ガンバ大阪MF井手口陽介(25)の日本人3選手を獲得すると発表した。

日本から複数選手の海外同一クラブ移籍が一斉に発表されるのは異例。日本代表FW古橋亨梧(26)のフィーバーに沸くセルティックが、一挙3人のJリーガーを獲得した。

旗手と井手口は完全移籍で、前田は買い取りオプション付きの期限付き移籍となる。

セルティックを率いるのは、今夏までJ1横浜を指揮したポステコグルー監督。昨夏に横浜入りした前田は、同氏のもと得点を重ねて今季J1得点王に輝いている。旗手と前田はともに今夏の東京五輪に出場し、11月にはA代表入りした。

井手口と前田は2度目の海外挑戦となる。

3選手はそれぞれ、所属元を通じてコメントを発表した。

日刊スポーツ 12/31(金) 20:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb726275783b318837251694e5712a808100c9de

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-42310875-nksports-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=575&exp=10800

【スコットランド1部セルティック 前田大然、旗手怜央、井手口陽介を獲得!日本から複数選手の海外同一クラブ移籍が一斉に発表されるのは異例】の続きを読む

このページのトップヘ