SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

北京五輪代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 18:37:00.83 ID:CAP_USER9
1/19(水) 15:36配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/75e4e2deb796f99122070d704de757596f798460

全日本スキー連盟は19日、スノーボードの北京五輪代表内定選手を発表し、ハーフパイプ男子では平野歩夢(23=TOKIOインカラミ)らが選ばれた。昨夏の東京五輪にスケートボードで出場した平野歩は、冬季五輪ではスノーボードで過去2大会連続銀メダル。北京で悲願の金メダルを目指す。

昨季無敗の戸塚優斗(ヨネックス)、平野流佳(るか=太成学院大)、平野歩の弟にあたる平野海祝(かいしゅう=日大)も選出された。

ハーフパイプ女子は冨田せな(アルビレックス新潟)、冨田るき(チームJWSC)の姉妹、小野光希(バートン)、今井胡桃(プリオHD)が選ばれた。

スロープスタイルとビッグエアの女子では、17歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)、2大会連続出場となる鬼塚雅(星野リゾート)と岩渕麗楽(バートン)、芳家里菜(STANCER)が選出された。

スロープスタイルとビッグエアの男子は大塚健(バートン)、国武大晃(STANCER)、浜田海人(ムラサキスポーツ北海道)、飛田流輝(ウィルレイズ)が代表に内定した。

アルペン女子で14年ソチ五輪パラレル大回転銀メダルの竹内智香(広島ガス)は6大会連続出場となった。

【スノーボード北京五輪代表に平野歩夢が内定!弟の海祝と兄弟五輪実現】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/16(日) 05:38:01.01 ID:CAP_USER9
1/16(日) 5:15
東スポWeb

鍵山優真(ロイター)

 フィギュアスケート男子・北京五輪代表の鍵山優真(18=オリエンタルバイオ・星槎)に覚醒の予感が漂っている。

 昨年2月の世界選手権で銀メダルに輝き、一躍脚光を浴びた鍵山は、昨年末の全日本選手権で先輩の羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(トヨタ自動車)に向けて「今季は五輪もかかっているので、2人を抜かさないといけない状況。自分も勢いでは負けないように全力で立ち向かいたい」と宣戦布告。結果的には2人に敗れて3位だったが、初の五輪切符を手にした。

 15日には愛知・豊田市内の中京大で練習を公開。当時の発言の意図について「自分が発言している言葉は全て本音で言って、自分を高めるっていうのもありますね」とコメント。頂点を見据える上で、グランプリ(GP)シリーズ、全日本選手権で回避してきた4回転ループの練習を再開しており「この調子だったら入れるんじゃないかなと。まだ確定はしていないですけれども、入りたい」と充実した表情を浮かべた。

 北京五輪の開幕まで残り3週間を切った。「すごい特別な舞台なので、選手村での生活も競技も1分1秒楽しんでいろんなことを感じて経験できたら」。基礎点が1・1倍になる後半に4回転トーループ―1回転オイラー―3回転サルコーの3連続ジャンプを組み込む方針も示すなど、貪欲にレベルアップを目指す若武者の伸びしろは無限大だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220116-03930416-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/50fa0f79cf69b5f1e4be67a65e009ec40fb413e6

【フィギュアスケート北京五輪代表・鍵山優真「発言している言葉は全て本音」 羽生結弦、宇野昌磨への挑戦状!北京で有言実行なるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/08(土) 20:36:49.74 ID:CAP_USER9
1/8(土) 15:28配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cfe33deb800d3ed1776d34717eeac2e38ec36c5

 全日本スキー連盟は8日、スキージャンプ男女の北京五輪代表内定選手を発表した。男子は伝統のジャンプ週間で3勝を挙げ、2度目の総合優勝を飾るなど好調なエースの小林陵侑(25)=土屋ホーム=を筆頭に、佐藤幸椰(26)=雪印メグミルク=、中村直幹(25)=フライングラボラトリー=、小林潤志郎(30)=雪印メグミルク=、伊東大貴(36)=雪印メグミルク=の5人。小林陵、小林潤は2大会連続。伊東は5大会連続で、佐藤と中村は初出場となる。

 全日本連盟は男子代表について6日のW杯終了時点で派遣推薦基準を満たした、W杯個人総合上位5人と定めていた。

 女子は平昌五輪銅メダリストのエース高梨沙羅(25)=クラレ=が3大会連続五輪に内定。悲願の金メダルを目指す。伊藤有希(27)=土屋ホーム=、岩渕香里(28)=北野建設=、勢藤優花(24)=北海道ハイテクAC=の合計4人が内定した。

 女子は1月に予定されていた札幌、蔵王でのW杯も選考対象だったが、新型コロナウイルス感染拡大による水際対策の強化により中止となり、前倒しての発表となった。

 日本ジャンプ陣は1998年長野五輪の金メダル獲得の期待が懸かる。

【スキージャンプ北京五輪代表 小林陵侑、高梨沙羅らが内定】の続きを読む

このページのトップヘ