SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

北朝鮮

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 22:01:36.91 ID:VzAgAOi09
U-17日本女子代表は19日、AFC U-17女子アジアカップ インドネシア2024の決勝でU-17北朝鮮女子代表と対戦した。

準決勝でU-17韓国女子代表に3-0で完勝した日本は、大会上位3カ国に入ったことですでにU-17女子ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得。プライドを懸けて、準決勝でU-17中国女子代表に1-0で競り勝った北朝鮮との今大会全勝同士の一戦に臨んだ。

スコアレスで折り返して迎えた46分、チョ・イルソンにボックス右への侵攻を許したところで前に出たGK坂田湖琳と交錯。こぼれ球をジョン・イルチョンに押し込まれて北朝鮮にリードを奪われる。

日本はその後、選手を入れ替えながら得点を目指したが最後まで追いつくことはできず。北朝鮮が1-0で戴冠を果たし、日本の連覇かつ5度目の優勝は叶わなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bf3ce159020beb1176b75ae0ab55f5154a85d4b

【リトルなでしこ、U-17女子アジア杯連覇ならず…決勝で今大会全勝の北朝鮮に敗れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/22(金) 12:31:53.15 ID:ZM0Lruau9
日本テレビ系で21日に放送されたW杯アジア2次予選「日本-北朝鮮」の平均世帯視聴率が午後7時から20分間が5・4(平均個人視聴率は3・4%)、同20分から124分間が13・4%(平均個人視聴率は8・5%)だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。

試合は2026年FIFAワールドカップ(W杯)北中米大会アジア2次予選の第3戦で、ホームの日本(FIFAランキング18位)がMF田中碧(デュッセルドルフ)の先制ゴールを守り切り、北朝鮮(同114位)に1-0で勝利を手にした。W杯2次予選は開幕3連勝となった。

https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202403220000146.html

【W杯アジア2次予選 日本代表、北朝鮮戦の視聴率13・4% 田中碧の決勝弾で撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/21(木) 22:48:55.32 ID:4iVLoV4k9
◆26年北中米W杯アジア2次予選▽第3戦 日本1―0北朝鮮(21日・国立競技場)

 日本サッカー協会(JFA)は21日、26日に予定されている26年北中米W杯アジア2次予選、北朝鮮―日本戦の平壌での開催が中止になったとJFAの田嶋幸三会長が明言した。

 日本が1点リードで折り返したハーフタイムに、田嶋会長は2戦連続での日本開催を北朝鮮に提案されたことを説明。「(キム団長から)平壌で(試合が)できなくなったと試合前に話しを聞いて、ハーフタイムに日本で開催できないかって話しを受けました。日本でできないか?と聞かれたので、今聞かれて『できます』って申し上げられないと、少なくとも2、3日かかると。それは難しいと伝えた」と明かした。試合後にはミーティングを行ったが、次戦の会場は未定のままだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20c55089a01740c619ce2f4bddc70ec4603959b3

関連スレ
【サッカー】日本代表、26日のW杯予選・北朝鮮戦が平壌での開催不透明に 北朝鮮側の意向 日本の不戦勝の可能性も [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711023615/

【26日の北朝鮮戦は平壌開催中止 JFAの田嶋会長がハーフタイムに北朝鮮側から日本開催の提案を受ける】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/21(木) 21:15:47.90 ID:4iVLoV4k9
日本代表は21日、2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループB第3節で北朝鮮代表をホームに迎え、1-0で勝利した。

【ゴール動画&テキスト】日本 vs 北朝鮮|結果・試合の主な展開

2次予選2連勝スタートの日本が、1勝1敗の北朝鮮と対戦。森保一監督は今回、前線に堂安律、上田綺世、前田大然を並べ、トップ下に南野拓実を置く4-2-3-1を採用し、遠藤航と久保建英をベンチスタートとした。

試合は開始早々、1分22秒ほどで日本が先制する。ショートコーナーからのクロスをボックス右の堂安が折り返し。南野が合わせきれなかったが、こぼれ球を拾った堂安が再びクロスに持ち込むと、正面で合わせた田中碧がゴール右上にシュートを突き刺した。日本代表26キャップ目の田中はこれが代表通算8ゴール目となった。

幸先よくリードした日本は、ポゼッション率を高めて試合の主導権を掌握。ボールロストしても素早い切り替えですぐにボールを奪い返すと、堂安らが枠内シュートに持ち込んで追加点を狙いにいく。しかし、43分にゴール前に抜け出して決定機を迎えた堂安のシュートもGKのファインセーブに遭って追加点を挙げることはできず、リードは1点のまま試合を折り返した。

迎えた後半、日本は49分にペナルティアーク付近のハン・グァンソンにゴール右を捉えるシュートを放たれるも、GK鈴木彩艶が好反応でわずかに触ったボールがポストに直撃。跳ね返りからネットを揺らされるが、その前にファウルがあったことでノーゴールとなり、難を逃れる。

終盤にかけてオープンゲームとなると、日本は自陣ボックス内まで侵入される場面も増やされるも、最後の部分で踏ん張って得点を許さず。80分にボックス左へ抜け出した上田のシュートもGKのセーブに遭って2点目とはならなかったが、そのまま1-0で勝ちきることに成功した。

3連勝で勝ち点9とした日本はこの後、26日に行われる第4節で北朝鮮とのアウェー戦を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf9a4b5fb89b8174fdb8bb4ee3d848eb1a3b35f6

【日本代表、W杯アジア2次予選3連勝! 田中碧弾で北朝鮮に1-0辛勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/21(木) 20:13:58.26 ID:hNkq2DCo9
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/03/21/kiji/20240321s00002014694000c.html
[ 2024年3月21日 20:10 ]

W杯アジア2次予選B組 日本ー北朝鮮 ( 2024年3月21日 国立 )

 FIFAランク18位のサッカー日本代表(森保ジャパン)は21日、26年W杯アジア2次予選で同114位・北朝鮮代表と国立競技場で対戦。前半2分にMF田中碧(25=デュッセルドルフ)が先制ゴールを決め、1ー0とリードして後半へ折り返した。

 同予選開幕2連勝で首位に立つ日本は第3節となるホームでの北朝鮮戦に向け、今年のアジア杯で全試合に出場したGK鈴木を引き続きスタメン起用。DFラインには菅原、板倉、町田、伊藤洋の4人を並べ、ダブルボランチは守田と田中碧を起用。2列目には前田、南野、堂安が入り、1トップにはFW上田が起用された。

 一方で主将の遠藤や久保はベンチスタート。DF毎熊とMF相馬がベンチ入りメンバー23人から外れた。

 試合は前半2分、コーナーキックの流れで右サイド深い位置から堂安がグラウンダーのクロス。これをフリーで走り込んだMF田中が右足ダイレクトで強烈なシュートを放ち“電光石火”の先制ゴールが生まれた。

 ボールを支配する日本は追加点を狙うも好機で決めきれず。それでも相手をシュート0本に封じるなど安定した戦いぶりで、前半を1点リードで終えた。

【日本代表 北朝鮮戦1点リードで前半終了 相手のシュート0本に封じる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/21(木) 01:51:34.74 ID:Pq1w+0De9
【日本代表】国立での北朝鮮戦チケット、試合前日で6万枚超えほぼ完売 残りは数百枚に


21日に東京・国立競技場で行われるワールドカップ(W杯)北中米大会アジア2次予選の日本対北朝鮮戦のチケット発券が6万枚を超えた。

日本サッカー協会(JFA)関係者によると、20日時点で、発券枚数が6万枚を超えて、残りは数百枚。完売が近いという。

夜はまだ冷えるこの時期の平日ナイターにもかかわらず、注目度の高さが伺える。

元日のタイ戦では、6万1916人が詰めかけた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/acdde980d815347e6ec941ca7ff9b88d7976bac6

【日本代表 国立での北朝鮮戦チケット、試合前日で6万枚超えほぼ完売 残りは数百枚に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/16(土) 23:57:30.22 ID:Wmv+Tt2M9
 現地時間3月16日、ウズベキスタンで開催されているU-20女子アジアカップの決勝で、U-20日本女子代表は北朝鮮と対戦している。

【動画】辻澤亜唯がヘッドで先制弾!

 グループステージで0-1の敗戦を喫した相手へのリベンジに燃える日本は、序盤から積極的に攻撃を仕掛ける。3分、こぼれ球に反応した大山愛笑がペナルティエリア手前の左から強烈なミドルを放つも、相手GKにセーブされる。

 20分には、右サイドからの土方麻椰のクロスをファーサイドの辻澤亜唯が頭で合わせて先制点を奪った。

 しかし44分、左サイドを突破されると、クロスからヘディングシュートを叩き込まれて同点弾を許した。このまま1-1で前半を終える。

 後半に入り48分、日本はカウンターで前線に上がった途中出場の樋渡百花がミドルを狙うも、わずかにゴール右に外れる。

 さらに61分には、左サイドからドリブルで仕掛けた笹井一愛のクロスに大山がヘッドで合わせたが、上手くミートできなかった。

 76分、左CKから強烈なヘッドを浴びたが、GK鹿島彩莉のファインセーブでゴールを許さない。

 すると86分、左サイドを崩されると、クロスからジョン・リョンジョンにヘッドを突き刺されて勝ち越し弾を奪われた。

 試合はこのまま1-2で終了。逆転負けを喫した日本は4連覇を逃した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/69b686a1caf39f17d261a35db5c183fb6abfc1f1

【U-20女子アジア杯 ヤングなでしこが4連覇逃す。決勝で北朝鮮に1-2の逆転負け、GSのリベンジならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/10(日) 19:05:07.08 ID:KP1pTYuq9
 ヤングなでしこの愛称を持つU-20日本女子代表が、3月10日に今年のU-20女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねたU-20女子アジアカップのグループリーグ最終戦、北朝鮮戦に臨み0-1の敗戦。グループ2位での準決勝進出となった。

 今大会は8チームが出場し、4チームずつに分かれてグループリーグを実施。その上位2チームずつが準決勝に進むと同時に8月31日からコロンビアで行われるU-20女子W杯への出場権を獲得する。日本はB組でベトナムと中国に2連勝してすでに世界大会への出場権とグループリーグ突破を決めた。一方で北朝鮮は引き分け以上で突破が決まるが、日本に敗れた場合は同時刻キックオフの中国とベトナムの試合結果次第になる状況でキックオフした。

 日本は2試合連続で途中出場からいいプレーをしていたMF笹井一愛を最前線に起用し、大会初出場になる選手も数人スタメンのピッチに送り込んだ。しかし、第2戦のベトナム戦で主力の多くを休ませてコンディションのいい北朝鮮に対して、なかなかいい形の攻撃を仕掛けさせてもらえずに苦戦した。

 そうしたなかで前半22分には、ゴールキックをショートパスでつなごうとしたところを狙われてしまう。相手主将のMFチェ・ウンヨンに奪われてそのままシュートを決められ失点。前半終了間際には最終ラインの背後に抜け出され、GK鹿島彩莉が飛び出すも相手選手のドリブルと入れ替わるような接触で相手が転倒。相手選手が芝に足を滑らせて体勢を崩すのと、鹿島の足が接触するのとどちらが先だったかという微妙な場面だったが、主審の判定はノーファウルだった。

 前半途中でFW土方麻椰を投入していた日本は、ハーフタイムの交代でMF大山愛笑とFW辻澤亜唯をピッチに。さらにMF松永未夢も後半16分に投入して反撃を模索した。しかし、ボール際の寄せが強い守備をベースに速攻に切れ味もある北朝鮮の牙城を崩すことはできず、このまま0-1で敗戦した。

 この結果、北朝鮮はB組を1位通過となりU-20女子W杯への出場権も獲得し、日本は2位通過となった。日本はA組を3連勝で首位通過したオーストラリア、北朝鮮は2位通過ながら3試合で20得点した韓国と3月13日の準決勝で対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e680186b16aaed94d49a79a5bb88a97f898b070

【ヤングなでしこ、0-1敗戦でグループ2位通過 北朝鮮が逆転首位でU-20W杯切符を獲得】の続きを読む

このページのトップヘ