SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

千葉ロッテマリーンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/11(火) 09:16:42.06 ID:CAP_USER9
FRIDAY 10/11(火) 8:00

結局5位とかだと、色々と叩かれるよね。この女性スタッフがいて良かったと思う選手も…もっと見る

今季最終戦後のあいさつで辞意を表明したロッテの井口資仁監督(写真:共同通信)

千葉ロッテマリーンズの井口資仁・前監督は10月2日、本拠地でソフトバンクに5-3と勝利した後に行われた最終戦セレモニーで突然、ファンの前で今季限りでの辞任を発表した。現場で戦ってきた選手やスタッフは当日まで一切辞任の意向を知らされていなかったという。井口前監督が「来季に向けて求められたコーチ陣のテコ入れの内容が飲み込めるものではなかった」ことが辞任の原因といわれているが、同前監督がシーズン途中からベンチ入りを決めた女性スタッフとコーチ陣の間に生まれた不協和音によって、チーム内に亀裂が走っていたことが明らかになった。

◆シーズン途中からベンチ入りした女性スタッフが…

「昨年、一昨年と2位になり、今年こそ頂点をつかむ、ということでキャンプインし、シーズンをスタートしました。3年ぶりにBクラスになってしまったことはこれは本当に私の責任だと思っています。

『2025 マリーンズプロジェクト』にむけて突き進んでまいりましたが、志半ばではありますが私は今シーズンをもって退任させていただき、次の指揮官にバトンをうつしていきたいと思います」

突然の辞任表明。当然、ベンチ裏に戻ってきた選手やスタッフは戸惑いを隠せなかった。

「ビックリですよ。試合前まで何も聞かされていませんでしたから…」

「(井口前監督の)挨拶の途中で『お前が辞めろ』という心無いヤジがスタンドから飛んだんです。それで、井口監督は本当は言うつもりはなかったのに、カッとなってつい言ってしまったのかな……。そう考えたくなるぐらい、驚いています」

2018年に就任した井口監督は就任3年目、4年目の2020、21年と連続でパ・リーグ2位となりチームをCS出場に導き、今季は優勝を期待された。開幕13戦目の4月10日、20歳の佐々木朗希がプロ野球史上16人目の完全試合を達成。受けた捕手は高卒ルーキーの松川虎生だった。イキのいい若手も台頭し、17年ぶりのリーグ制覇への期待は高まるばかりだった。

しかし開幕4番を任されたレアードは来日8年目で初の打率1割台、本塁打も15本にとどまり、同じく主軸として期待されたキューバ出身のマーティンも打率1割台と極度の不振に陥り、8月末に途中帰国。リーグ最多失点だった投手陣を打線がカバーできなかった。完全試合を達成した佐々木も、チームが3位で踏ん張っていた夏場にマメがつぶれて約1か月離脱。完全試合の輝かしさがある反面、チームが苦しい時に救う投球はできなかった。ある球界関係者がこう明かす。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/89df300cc90f4fe688ee44f49de6599de8843b02

【ロッテ「3年ぶりBクラス」を招いた”女性スタッフ”の正体】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 22:22:14.86 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/07/16/0015476573.shtml
2022.07.16

千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手と歌手・あいみょんの対談が16日、TBS系「音楽の日2022」で放送された。

「あいみょんさんが好き」で、「今夜このまま」(18年発売)を登場曲にしている佐々木。“立会人”になった安住紳一郎アナウンサーから対面直前の心境を聞かれ、「ちょっとさすがに緊張します」と顔を真っ赤に。「なかなか人に会う時、緊張しないんですけど、さすがにちょっと緊張しますね」と照れまくり。好きなポイントは「歌うまいですよね。歌詞とか曲、全体…いろいろ好きです」と明かした。

そこであいみょんが登場。あいみょんも「ちょっと緊張しますね」「めっちゃうれしいです。ちょっと(佐々木投手を)見れないですね、恥ずかしい」と照れ、改めて対面後の気持ちを問われた佐々木は「ちょっと心臓の音、聞こえます」と照れ笑いし、あいみょんや安住アナからも笑いが起こるなど、和やかな雰囲気に。

2020年のさいたまスーパーアリーナ公演に行き、タオルも買ったという佐々木。「今夜このまま」を登場曲に決めたのは高校時代だったそうで、「高校時代、こもって練習することが多かったんですけど。そん時、寂しかったんで、色々音楽きいて、(この)曲がかかった瞬間、この曲にしよう、とピンときて」と説明。プロになって初めて入場曲として球場に流れた時「鳥肌が立ちました」と打ち明けた後、「(俺って選曲の)センスいいな」と思ったことを明かし、笑わせた。

https://pbs.twimg.com/media/FXyDGpjagAAYabi.jpg
https://pbs.twimg.com/media/FXyWFZaUsAIn3p_.jpg

【ロッテ・佐々木朗希、顔真っ赤 大ファンあいみょんと初対面で「心臓の音聞こえます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 22:01:15.31 ID:CAP_USER9
5/28(土) 5:00配信 読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a38dd45499bb9e512e7760864e7544236a177e8

 プロ野球で快投を続ける千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希(ろうき)投手(20)。岩手・大船渡高時代の監督としてその成長を支えながら、長く取材に応じてこなかった国保陽平・現野球部長(35)が読売新聞の取材に応じ、プロ3年目で才能を開花させた教え子にエールを送った。

 佐々木投手は27日の阪神タイガース戦で6回無失点と好投し、今季は5勝0敗。4月10日のオリックス・バファローズ戦で完全試合を史上最年少で達成した際には、高3当時、故障リスクを考えて県大会決勝で投げさせなかった国保さんの判断が改めて脚光を浴びた。当時はチームが敗れて批判にさらされた。準決勝からの連投や、過度な運動で損傷する可能性がある骨の状態を踏まえた判断は、今や「英断」との認識が広がる。

 しかし、国保さんは「壊さないで次のステージへ、との思いだけだった。『あの時投げなかったから』と言うつもりはありません」と冷静に受け止めている。高校入学後から佐々木投手の探究心と芯の強さに感心しており、成長は本人の努力とみる。「何でそうなるのか、と考えるのが好きだった。また、決してへこたれない。踏ん張りどころで2、3段階、頑張れる」と驚かされたという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【「完全試合」佐々木朗希、高3夏の決勝戦登板回避に改めて脚光 大船渡高校・恩師語る「壊さないで次のステージへ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/20(水) 11:32:45.18 ID:CAP_USER9
4/20(水) 11:07
女性自身

佐々木朗希を育て上げたシングル母の奮闘…震災直後は仮設住宅で涙の日々

「今年1月の成人式で朗希に会ったとき、『そろそろ(体の)成長が終わる』と言っていて、活躍を楽しみにしていましたが、まさか完全試合を成し遂げるとはね」

岩手県陸前高田市で、かつて少年野球チームの監督を務めていた村上知幸さんはそう感嘆する。

4月10日、プロ野球史上16人目となる完全試合を史上最年少で達成した、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(20)。

大船渡高校時代から“令和の怪物”と評されて注目されていたが、

「ロッテ入団後の2年間は、筋力や下半身の強化に励んできました。体づくりの努力が実り、3年目で一気にすごい投手になってしまったわけです」(スポーツ紙記者)

生まれ育った地元・岩手県を取材すると、圧巻の活躍への驚きと喜びの声が聞こえてくる。佐々木の中学時代に地区選抜チーム「オール気仙」で指導した布田貢さんは、

「こんなに早く結果を残すなんてね。朗希は好青年。いい意味で普通のコですよ。練習は一生懸命だし、中学生のころから自分で考えられる頭のいい選手でしたね」

また、大船渡高校の野球部コーチの新沼丞さんは、

「もう順調すぎるくらい立派に成長してくれました。地元の同級生たちともいまも仲がいいですよ。帰ってきたときは、再会を兼ねて仲間たちと一緒に練習してます」

地元に愛される20歳の武器は、190センチの長身から繰り出される剛速球。前出の村上さんいわく、「野球を始めた小学校3年生のときから、身長は高いほうだった」というが、その恵まれた体格は、3兄弟(佐々木は次男)を産んだ母・陽子さんの子育てルールのおかげかもしれない。

「“寝る子は育つ”で、大きく育てたいと、お母さんは早寝をさせていたそうです。小学生のころは20時に就寝していたとか。佐々木選手はプロになってからもその教えを大切にしていて、いまも早寝を心がけているそう」(前出・スポーツ紙記者)

佐々木と母の絆は強い。

「今、こうやってプロ野球で野球ができているのは母のおかげ」

本人が球団のYouTubeでそう話していたこともある。地元の人々によると、母・陽子さんは「人当たりがすごくいい。息子の活躍にも気が大きくなることなく、謙虚」「しっかりしたお母さん」といわれる人柄。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220420-00010002-jisin-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7266817c418b85e254f2d624f57d3374271e9d88

【佐々木朗希を育て上げたシングル母の奮闘…震災直後は仮設住宅で涙の日々】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/12(火) 21:28:14.64 ID:CAP_USER9
2022.04.12 17:31
まいじつ

4月10日、プロ野球『千葉ロッテマリーンズ』の佐々木朗希投手が、実に28年ぶりとなる完全試合を達成した。おまけに1試合19奪三振の日本タイ記録、13者連続奪三振の日本新記録も樹立し、野球ファンはお祭り騒ぎ。しかし冷静に振り返ってみると、これはただの〝棚ぼた〟でラッキーな出来事にすぎないという。

この日の試合内容を見てみよう。佐々木投手は初回から三振の山を築き、4回で早くも9者連続奪三振の日本記録を更新。5回で止まるまで13Kと記録を大幅に伸ばし、昨年優勝したオリックス打線を全く寄せ付けなかった。

しかしこの試合、オリックスは主力が大幅に欠け、ベストメンバーには到底及ばないチームコンディションだったのだ。

「オリックスは4月に入ってから選手・コーチに続々とコロナ感染が判明。7日に伏見寅威選手、8日に宗佑磨選手、黒木優太投手、頓宮裕真選手、9日に小木田敦也投手と、完全試合の前日までに5人が登録を抹消されています。完全試合当日にも、前日まで出場していた佐野皓大選手と太田椋選手に感染が発覚。実に3日で8人のクラスター感染ですから、同じくクラスター発生の『横浜DeNAベイスターズ』が試合中止になっていることを考えると、強行したのが不思議なくらいです。8日に感染が発覚した宗選手は、昨シーズン.272、9HR、42打点を記録した中軸打者。9日感染の佐野選手に至っては、前日の試合で決勝の3ランホームランを放ち、調子が上がっていたため、佐々木から1安打放って〝記録阻止〟するくらい朝飯前だったでしょう」(スポーツ紙記者)


運での二軍狩りを“大記録”と誇る違和感

また、この日のオリックスは、ホームラン王を獲得したこともある昨年の主力・T-岡田選手も欠場。前年にチーム打率・ホームラン数リーグ1位を記録した強力打線には程遠い〝二軍状態〟での戦いを強いられていたのだ。

「いわば佐々木のやったことは、試合中止になってもおかしくない相手への〝二軍狩り〟に過ぎません。並み居る強打者を抑えてきた歴代の完全試合達成者と並べ、〝大記録〟と言われても首を傾げます。また、ZOZOマリンスタジアム特有の強風が投手有利の風向きだったこともありますから、二重三重にラッキーな棚ぼたでしたね。実力というよりも運でしょう」(辛口野球評論家)

ネット上にも、

《主力の8人いない状態のオリックスだったからね…》
《こっちはコロナで主力ごっそりいかれてんのよ》
《主力がことごとく不振の上、調子の良さそうな選手がコロナ陽性で活躍した翌日抹消されるという、呪われたチーム状態のオリックスが相手なのはラッキーな事》
《コロナ感染で離脱の8人と主力選手の不振のオリックスを抑えてそんなに嬉しいですか》
《主力が離脱していてボロッボロという状況を鑑みると、完全試合をみてこんな釈然としない気持ちにさせられる》
《オリックス今日主力コロナで欠けまくってんねん。そこに当たったもんやから佐々木朗希も完全試合するにはこれ以上ないシチュエーション》
と疑問の声は多い。

今度は誰もが認める形で記録を達成してほしいものだ。

https://myjitsu.jp/archives/345499

【MLBでも稀な9回ストレート平均球速159.8キロも…佐々木朗希“完全試合”はただの運? 棚ぼた記録に不満殺到「釈然としない」】の続きを読む

このページのトップヘ