SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

南葛SC

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 19:34:39.86 ID:CAP_USER9
関東1部の南葛SCは1日、元日本代表DF伊野波雅彦(36)の加入を発表した。伊野波はFC東京、鹿島アントラーズやヴィッセル神戸などで活躍し、昨季は横浜FCでプレーしていたが、年末に契約満了に伴う退団が発表されていた。

クラブを通じ「僕にとって、Jリーグ加盟を目指すクラブでプレーすることは新たな挑戦になります。葛飾という伝統ある街と協働し、クラブを作り上げていく、進めていく道筋に携われることに魅力を感じ、サッカー選手としてだけでなく、人間としての成長につながるのではないかと思い、契約書にサインしました。  

僕のような年代のサッカー選手では珍しいのかもしれませんが、クラブのオーナーである高橋陽一先生の名作漫画『キャプテン翼』シリーズを実は読んだことがありません。ただ、周囲から漫画のストーリーなどを聞き、主人公の大空翼が中学卒業と同時にブラジルに渡ったことに、とても共感を得ました。

僕も中学時代に2度、短期のサッカー留学ではありますが渡伯したことが、プロを目指す大きなきっかけになったからです。まさか、このタイミングで接点を持つことになろうとは、少し不思議な感覚に陥ります。僕は過去を振り返るようなプロ生活を送りたくはありません。南葛SCに加入が決まった3月1日が未来への第1歩だと捉えています。契約したプロサッカー選手として責任を持ち、南葛SCをJFL、そしてJリーグへと導くべく、精進していこうと思います」などとコメントしている。

南葛は「葛飾区からJリーグ」を合言葉に、昨季の入れ替え戦を制し、今季は関東1部で戦う。J1から数えJ2、J3、JFLときて、「J5」に位置するクラブ。

カズ(三浦知良)が今季移籍加入しプレーするJFLの鈴鹿ポイントゲッターズより、1カテゴリー下になる。

南葛には、伊野波のように日本代表としてワールドカップ(W杯)を経験した稲本潤一、今野泰幸らが今季加入。豪華メンバーでリーグ開幕を待っている。

日刊スポーツ 3/1(火) 15:40
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5c0817029a267175a5cd3aaa05ff000dd489621

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220301-33010491-nksports-000-4-view.jpg?pri=l&w=557&h=640&exp=10800

【南葛SCに<元日本代表DF伊野波雅彦>加入!「『キャプテン翼』読んだことありせん」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 17:53:43.48 ID:CAP_USER9
関東1部リーグに昇格した南葛SCは1月25日、J1に昇格したジュビロ磐田を退団した元日本代表MF今野泰幸を獲得したことを発表。「補強えぐい」「マジで今野キタ!!」と反響を呼んでいる。

【去就一覧】Jリーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」2021-22シーズン

 ワールドカップ(W杯)に2回出場し、A代表で93キャップを刻む今野は、2019年夏から磐田でプレー。同年末の怪我から20年に復帰し、昨季は主にベンチスタートからJ1に昇格したチームを陰で支えたが、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。

 J1通算443試合、J2通算120試合出場を誇る38歳のベテランは、南葛SCへの移籍が決まったことを受けて、「今シーズンより、南葛SCでプレーすることになりました! 子どもの頃から大好きだった『キャプテン翼』のチームでプレーできるなんて夢のようです。子どもから大人まで、幅広い世代の人が大好きな『キャプテン翼』のチームを、より多くの人に応援してもらえるように、勝利に貢献していきたいと思います。サッカーを楽しんで、日々全力で頑張って、南葛SCの目標に向かってやっていきたいと思います!」とコメントした。

 南葛SCは1月16日に昨季ベガルタ仙台に在籍していた元日本代表MF関口訓充、18日に昨季SC相模原に所属していた元日本代表MF稲本潤一を獲得しており、クラブ公式ツイッターには、「マジで今野キタ!!」「関東リーグの銀河系」「稲本、今野のボランチとか豪華すぎ」「補強えぐい」など興奮の声が上がっている。

フットボールゾーン 1/25(火) 15:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/842735b44cd22237992b37519f8c600828e0acaa

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-00364470-soccermzw-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【マジで今野キタ!! 南葛SC・稲本&今野のボランチコンビ完成!「『キャプテン翼』のチームでプレーできるなんて夢のよう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/24(月) 11:47:35.98 ID:CAP_USER9
柴崎を先発に選んだ理由は?

先日、南葛SC入りが発表された元日本代表MFの稲本潤一が、DAZNで配信中の「やべっちスタジアム」にゲスト出演。1月27日に埼玉スタジアム2002で開催されるカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の中国戦に向け、推奨する日本代表のスタメンについて語った。

 フォーメーションは4‐3‐3を選択。GKは「安定感がある」と正守護神の権田修一(清水)をチョイス。故障により吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(アーセナル)が不在のCBは、右に谷口彰悟(川崎)、左に板倉滉(シャルケ)をセレクトした。

「完全なる主力がふたり抜けているということで、谷口選手と板倉選手はフロンターレで一緒にやってるんで、コンビネーションはそこまで問題ないのかな」

 SBは右に「安定感のある」酒井宏樹(浦和)、左はこれまでレギュラーの長友佑都(FC東京)ではなく、「期待も込めて」中山雄太(ズウォーレ)をチョイスした。

 中盤3枚は、アンカーに遠藤航(シュツットガルト)、右インサイドハーフに柴崎岳(レガネス)、左インサイドハーフに田中碧(デュッセルドルフ)。守田英正(サンタ・クララ)よりも柴崎を選んだ理由は、「多少攻撃的にいってほしいので」と語っている。


 3トップは、「収められる」大迫勇也(神戸)を中央に、右に伊東純也(ヘンク)、左に南野拓実(リバプール)を配している。

 注目選手には、自身と同じポジションの遠藤を選出。「僕もドイツでやってましたけど、1対1の強さ、(今季の)デュエル勝利数が2位というのは凄いこと。結果も出しているし注目したい。チームではキャプテンもやっているし、貴重な経験を代表に還元してほしい」と期待を込めた。

 現在4勝2敗の勝点12でグループBの2位につける日本。ホームで中国をしっかり叩き、2月1日に行なわれる首位のサウジアラビア戦に弾みをつけられるか。森保一監督の采配にも注目だ。

サッカーダイジェスト 1/24(月) 6:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8b3ae0fbdde202bb2b87ff9da3c9c7c5ad2eb56

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-00104342-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=483&exp=10800

【南葛SC・稲本潤一が推奨する日本代表、中国戦のスタメンは? 左SBは長友でなく中山。吉田と冨安を欠くCBは…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 11:36:26.76 ID:CAP_USER9
J1から数えて5部に相当する関東1部に昇格した南葛SCが、昨季限りで磐田を退団した元日本代表MF今野泰幸(38)の獲得に動いていることが18日、分かった。

 関係者によると既に正式オファーを提示。この日、獲得が発表された元日本代表MF稲本潤一(42=前J3相模原)と実力派ボランチをダブル獲りする可能性が出てきた。

 今野は10年南アフリカ大会から2大会連続、稲本は02年日韓大会から3大会連続でW杯に出場した。南葛SCは人気漫画「キャプテン翼」の作者、高橋陽一氏が代表を務め、今季はJ3の下にあるアマ最高峰のJFL昇格が目標。さらに将来のJ参入も目指しており、16日には仙台を退団した元日本代表MF関口訓充(36)を獲得するなど積極的な補強を行っている。

スポニチ 1/19(水) 4:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/d617b421663ac04647209a2be6140b3ebe2dc15f

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-00000092-spnannex-000-8-view.jpg?pri=l&w=515&h=640&exp=10800

【関東1部昇格・南葛SC 元日本代表・今野獲り、加入発表の稲本とW獲得も...実力派ボランチをダブル獲りする可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 15:37:08.54 ID:CAP_USER9
関東サッカーリーグ1部に所属する南葛SCは18日、元日本代表MF稲本潤一が加入することを発表した。

 現在42歳の稲本は、ガンバ大阪の下部組織から1997年にトップチームへ昇格。その後アーセナルやガラタサライ、フランクフルトなどヨーロッパの複数クラブでプレーし、2010年からは川崎フロンターレ、2015年からは北海道コンサドーレ札幌に所属した。2021シーズンまではSC相模原で3年間プレーしていたが、昨年12月、契約満了に伴い同クラブからの退団が発表されていた。

『キャプテン翼』の原作者、高橋陽一氏が代表取締役を務める南葛SCへの加入が決まった稲本は「このたび、南葛SCでプレーすることになりました!子どもの頃に夢中で読んでいた『キャプテン翼』から誕生したチームでサッカーができることを非常に光栄に思ってます!!チームの今シーズンの目標であるJFL昇格に少しでも貢献できるよう、自分のすべてを出し、チームのためにプレーしたいと思います!南葛SCの稲本潤一をよろしくお願いします!!」とコメントを伝えた。

 同クラブは今オフ、ベガルタ仙台を退団していたMF関口訓充を獲得するなど、積極的な補強を見せている。

SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab9ed72f86c9f1e06e7c917b38ceee1abeb95c5a

【元日本代表MF稲本潤一、南葛SC入りが決定】の続きを読む

このページのトップヘ