SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

古橋亨梧

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/30(木) 18:34:05.06 ID:x8sSRxsK9
スコットランド・プレミアリーグのセルティックに所属するFW古橋亨梧(29)がJ1浦和に移籍する可能性が出てきたと、英紙「デーリー・メール」が報じた。

 2021年にJ1神戸からセルティックに移籍した古橋は昨季のリーグ得点王に輝くなど、スコットランドで大きな存在感を示してきた。これまでも、欧州内のステップアップが報じられていた中、
同紙は「古橋は日本への衝撃的な復帰が予定されており、今夏にセルティックを退団する可能性がある」とし「29歳のストライカーは浦和レッズのターゲットになっている」と伝えた。

同紙は「浦和はJリーグで優勝できるチームづくりを目指しており、古橋を最有力候補に挙げている」とし「浦和は(イタリア1部)ローマから(FWオラ)ソルバッケンをレンタルで獲得したが、移籍する見込みだ。
そうなればチームに大きな穴が開くため、その穴を埋めたいと考えている」という。

 その上で古橋とセルティックの契約は、27年6月末までで獲得するには移籍金も発生する。移籍金として1000万ポンド(約20億円)以上の資金が「必要になるだろう」として「今後数週間のうちに、大規模な入札でセルティックを試すことになるかもしれない」と指摘していた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/304171?page=1#goog_rewarded
https://tokyo-sports.ismcdn.jp/mwimgs/5/e/800w/img_5e5f160487d88159b54beba2cb3e5d31189340.jpg

【セルティックFW古橋亨梧 今夏にJリーグ復帰報道「浦和のターゲットになっている」 移籍金20億円超か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 09:54:22.49 ID:nL/3ypog9
 スコティッシュ・プレミアリーグ(スコットランド1部)第37節が15日に行われ、日本人5選手が在籍するセルティックがアウェイでキルマーノックと対戦した。

【ハイライト】セルティックが3連覇を達成!前田が貴重な追加点!

 引き分け以上で優勝が決まる状況のセルティックは、前田大然と旗手怜央が先発出場。古橋亨梧と岩田智輝はベンチスタートとなり、小林友希は今節もベンチ外となった。

 試合は開始からわずか5分でアダム・イダがゴールを決めて、セルティックが先制に成功する。そして、12分には旗手のスルーパスを受けたジョンストンが低いクロスを供給すると、前田がゴールへと流し込み、追加点を奪った。前節を欠場した前田はこれで出場試合で2試合連続得点となり、今季リーグ戦通算では6点目を記録した。

 その後、前田は3点目をアシストして62分にベンチへ下がり、同時に古橋が投入された。74分には岩田がピッチに送られた。試合はさらにゴールを追加したセルティックがキルマーノックに5-0で勝利。3年連続54度目となるリーグ優勝を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3f9d750476c23d8a8389432419ad45b8c09394be

【セルティックが3連覇達成で54回目の優勝! 前田大然は貴重な追加点+1アシストで勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/11(月) 10:19:08.57 ID:CRBvfhNt9
 ◇スコットランド杯準々決勝 セルティック4―2リビングストン(2024年3月10日 英国・グラスゴー)

 セルティックのFW前田大然(26)がホームのリビングストン戦でスコットランドではハットトリックを記録してチームを準決勝進出に導いた。

 左ウイングで先発すると、開始7分にゴール左前に抜け出し、右後方からの浮き球をワンバウンドで胸トラップして右足で先制点。1―1の前半22分には相手GKが弾いたボールをダイビングヘッドで加点した。2―2の後半41分にはMF岩田智輝(26)の右クロスに右足を合わせて勝ち越した。前田の1試合3得点はスコットランドでは参戦3季目で初。今季公式戦8得点としてセルティックでの公式戦100試合出場を最高の形で飾った。

 前田は自身のインスタグラムに英語で「セルティックでの100試合目にチームの勝利に貢献できてハッピー。応援ありがとう」と投稿。日本語でスキンヘッドから髪の毛が伸びた丸刈りのヘアスタイルにも触れ「髪の毛伸ばし始めた理由はいつかするね~。ちなみにカミソリで最後剃ったのが14日前ね~。髪の毛も注目して見といて下さいね~」と発信した。これにはAZアルクマールのDF菅原由勢(23)が「ハットトリックよりも髪の毛が気になる」と反応していた。

 また、後半アディショナルタイムには途中出場のFW古橋亨梧(29)がダメ押し弾。今季公式戦14得点とした。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3898a951f178413b2fe36072adc265816eff0436

参考
https://i.imgur.com/43olZzj.jpeg

【前田大然 セルティック100戦目でハットトリック 丸刈りヘアに「髪の毛も注目して」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/03(水) 17:44:04.34 ID:qq083qYq9
⬛「日本は敬意を欠いている」古橋亨梧のアジア杯落選にセルティックサポは驚き!「マエダとハタテを選び、キョウゴを選ばないのはバカげている」


「日本の損失は我々の利益だ」

昨季と比べて得点ペースが落ちているのは確かだ。しかし、セルティックの古橋亨梧はアジアカップに臨む日本代表にふさわしくなかったのか。議論は尽きないだろう。

 日本代表が1月1日に発表したアジアカップの招集メンバーリストに、古橋の名前はなかった。森保一監督は招集外とした個々の選手について説明することを避けている。

 リーグ得点王と年間最優秀選手に輝き、公式戦で34得点をあげた昨季と違い、今季の古橋は公式戦29試合出場で10得点。約1か月にわたってゴールから遠ざかり、批判も浴びた。アンジェ・ポステコグルーからブレンダン・ロジャーズに監督が代わった影響を巡る話題は後を絶たない。

 それでも、古橋がセルティックのエースであり、日本を代表するストライカーのひとりであることは変わらないだろう。特にセルティックのサポーターからは、森保監督の決断に首をかしげているファンも少なくないようだ。

『Football Insider』によると、SNSではセルティックの一部サポーターから疑問の声が上がった。

「おかしな決定だが、我々にとっては素晴らしい知らせだ」
「キョウゴの落選にがっかり。だが、日本の損失は我々の利益だ」
「分からないんだけど? 彼はハタテやマエダより良い選手だ。理にかなっていない」
「ハタテ(旗手怜央)の日本代表入りは驚き。キョウゴよりもずっと可能性が低いと思った」
「日本は非常に敬意を欠いている。だが、最低あと1か月、彼はリーグを震撼させる時間を得た」
「自分勝手に喜んでいる。もちろん彼にとっては落胆だが、日本の損失はセルティックの利益だ」
「セルティックにとっては素晴らしい知らせだが、不可解な決定だ。彼は日本のすべての試合でスタメンになるべきだから」
「日本の監督がマエダ(前田大然)とハタテを選び、キョウゴを選ばないのはバカげていると思う。監督に好き嫌いがあり、キョウゴを好いていないのは明らかだ」

 森保監督と古橋は、それぞれの戦いの場で自らを証明することができるだろうか。

1/3(水) 17:31配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/cafb8817b0e3f8839276d88f5046d476ca6082a6

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240103-00145652-sdigestw-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=582&exp=10800

【「日本は敬意を欠いている」古橋亨梧のアジア杯落選にセルティックサポは驚き!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/03(水) 07:03:09.36 ID:qq083qYq9
スコティッシュ・プレミアシップ第22節が2日に行われ、セント・ミレンとセルティックが対戦した。

【試合ハイライト】
https://youtu.be/yEX_iqP5QGA?si=-1u4z8QlgO8pSqGk

 アウェイのセルティックは、前田大然と古橋亨梧が先発し、負傷明けの旗手怜央がベンチスタート。岩田智輝と小林友希はメンバー外となった。

 試合は開始早々に動く。キックオフから56秒、ボックス右のスペースに走り込んでスルーパスを受けた前田が左足でネットを揺らし、セルティックが先手を奪うことに成功する。さらに6分にもボックス右でパスを受けたマット・オライリーがゴールを決めて加点し、リードを広げた。

 その後もセルティックが主導権を握ったまま時間は経過。前半終了間際には、クロスに反応したトヨシ・オルサーニャの足がGKジョー・ハートの顔面に入り、オンフィールドレビューの末にレッドカードが提示され、セルティックが数的優位な状況となる。すると60分には、ボックス左に走り込んだグレッグ・テイラーが後方からの浮き球パスを左足でゴールに流し込み、セルティックが3-0とする。

 再三、好機に絡んでいた古橋は69分、左サイドからのクロスにヘッドで反応するが、ボールは枠を捉えきれない。直後に古橋はお役御免となり、旗手が途中出場。その旗手は際どいミドルシュートを放つなど存在感を示したが、試合は3-0のまま終了し、セルティックが4連勝を飾ることに成功した。なお、前田は63分に交代でピッチを退いている。

【スコア】
セント・ミレン 0-3 セルティック

【得点者】
0-1 1分 前田大然(セルティック)
0-2 6分 マット・オライリー(セルテイック)
0-3 60分 グレッグ・テイラー(セルテイック)

1/3(水) 6:53配信 サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20240103/1849899.html

【前田大然が開始56秒の電光石火弾!セルティックは4連勝を飾る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/31(日) 07:57:05.04 ID:z4LpYQun9
日本人5選手が所属するセルティックは12月30日に開催されたスコットランドリーグの第21節で、宿敵レンジャーズとホームで対戦。2-0で快勝を飾った。

【動画】古橋亨梧が宿敵から決めた圧巻のミドル弾
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=145426

 この伝統の“オールドファーム”で、衝撃のミドルシュートを叩き込んだのが、レンジャーズキラーの古橋亨梧だ。

 1点リードで迎えた47分、バイタルエリアでボールを受けると左足を一振り。豪快なミドルシュートをネットに突き刺してみせた。

 英公共放送『BBC』は、このスーパーゴールを「あぁ、彼はまたやった。マット・オライリーが中盤で美しくターンし、キョウゴにパスを送る。左足に移し、絶対的に美しいシュートを右上の隅に叩き込んだ」と伝えている。

「なんてゴールだ。フルハシは、先発したレンジャーズとのリーグ戦直近4試合で5ゴール目を記録した。無慈悲だ」

 今シーズンは得点力の低下を指摘されてきたが、ビッグマッチで結果を残した。

12/31(日) 7:31配信 サッカーダイジェストは、
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd94444f630608adb5fe150abac2d0e29da318a7

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231231-00145426-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=490&exp=10800

動画 
https://youtu.be/qc98l9EDOFg?si=G2omUxStS110viOp

【伝統オールドファームで日本人選手躍動!!セルティック vs レンジャーズ】試合ハイライト 23/24シーズン SPFL 第21節
https://youtu.be/5_GJdgTNtko?si=7ckmDJA1ntZnjgcJ

【「無慈悲だ」「絶対的に美しい」古橋亨梧、宿敵相手の衝撃ミドル弾に英BBCも驚嘆!「なんてゴールだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/30(土) 23:35:45.55 ID:7NlgNGQ+9
ベルナルド、古橋の得点で2-1白星
古橋亨梧の左足ミドル弾が決勝ゴールに【写真:Getty Images】

 スコットランド1部セルティックは現地時間12月30日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節で宿敵レンジャーズとの一戦に臨み、2-1で勝利した。先発出場した日本代表FW古橋亨梧は今季8点目をマークする活躍を見せ、チームのリーグ3連勝に貢献している。

【動画】相手GKもお手上げ 古橋亨梧がレンジャーズ戦で決めた左足ミドル弾の瞬間

 現在首位のセルティックだが、消化試合が2試合少ない2位レンジャーズとは勝ち点5差。宿敵をホームに迎えた伝統の「オールド・ファーム」では、古橋、FW前田大然は揃ってスタメンを飾り、10月末にハムストリングを負傷したMF旗手怜央がおよそ2か月ぶりにベンチ入りを果たした。

 試合は序盤からセルティックペースに。前半5分、後方からのロングボールに抜け出した古橋がゴール前まで迫り左足シュートで脅かせば、同10分にはFWルイス・パルマのクロスに対し中央へ走り込んだMFパウロ・ベルナルドが頭で合わせるも、シュートは右へ逸れてしまう。

 それでもセルティックは前半25分、右コーナーキックから最後はベルナルドがボレーシュートを突き刺し先制点を奪取。その後、反撃に出たレンジャーズに何度か攻め込まれるシーンこそあったが、守備陣が粘りを見せて無失点に。前半は1-0とリードのままハーフタイムを迎えた。

 迎えた後半2分、エース古橋の一撃が炸裂する。中央で味方からパスを受けたなかで左足を振り抜くと、鮮やかな弾道の一撃を突き刺し、リードを広げた。古橋はこれで今季リーグ8点目。第19節のリヴィングストン戦以来、2試合ぶりの得点となった。

 これで試合の主導権はセルティックへ。後半26分には古橋のパスに抜け出した前田を倒した相手DFレオン・バログンにレッドカードが提示され、有的優位に。古橋、前田が同38分に揃って途中交代したあと、直接フリーキックから1点を返されたが、2-1で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c943ee1c68e026bcf293bdb49df28e557d27850

【エース古橋亨梧が圧巻ミドル弾! セルティック、宿敵レンジャーズとの“伝統ダービー”勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/24(日) 08:04:10.86 ID:VZ/IWLxm9
■古橋亨梧、公式戦8試合ぶり待望のゴール!セルティック指揮官「安堵の表情が浮かんでいた」

セルティックFW古橋亨梧は、リヴィングストン戦で今季公式戦9ゴール目を奪った。

23日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第19節で、リヴィングストンと対戦したセルティック。ホームでリーグ戦の連敗を止めたい一戦となったが、後半開始早々に古橋が先制点を奪うと、その直後にもリアム・スケールズが追加点を記録し、2-0の勝利を収めた。

昨季は通算34ゴールを奪ってみせたエースだが、これが今季9ゴール目。公式戦8試合ぶりとなる待望の一発となった。試合後、ブレンダン・ロジャーズ監督も活躍を称えている。

「彼は昨シーズンの(同時期の)成績に3ゴール足りないと思うが、チームにとってはより重要な存在になっているんだ。それでも、アタッカーの仕事はチャンスクリエイトとゴール。彼の顔には安堵の表情が浮かんでいたね」

「よく読んでいたし、ゴールを決められて良かったよ。他にもあったチャンスを完全には決めきれなかったけど、チームという観点から見れば必要としていたものだったね。彼にボールが通らなかったり、背後を突くクレバーなランができず、フラストレーションも溜まる試合だったとは思う。それでも前に出続け、粘り強く続けたんだ。肩の問題もあるが、戦い続けている。本当に重要なことだよ」

「ストライカーは誰しもがゴールを望む。しかし、それはストライカーの問題だけではない。40ゴールを決められたとしても、他のメンバーが貢献しないと意味がないからね。ゴールを決めてくれて良かった」

12/24(日) 7:11 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/818901b49da53c6d7c46502f31d5e1b05c21147c

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231224-00010005-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

動画ハイライト
https://youtu.be/eVm04uAjBMw?si=1WNqRT5hXhrC0e_K

【セルティックFW古橋亨梧、公式戦8試合ぶり待望のゴール!ロジャーズ監督「安堵の表情が浮かんでいた」】の続きを読む

このページのトップヘ