SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

古橋亨梧

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/01(火) 21:30:55.32 ID:yXg3iavU9
前田は選出、古橋&旗手は落選

11月1日に日本サッカー協会(JFA)はカタール・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表メンバー26人を発表した。

 このメンバー発表で、明暗が分かれる結果となったのは、セルティックの3選手だ。9月に行なわれた日本代表のドイツ遠征に招集された前田大然、古橋亨梧、旗手怜央のうち、カタールW杯のメンバーに選出されたのは前田のみで、古橋と旗手の名前は呼ばれなかった。

この発表後、セルティックが公式ツイッターで「ワールドカップの日本代表メンバーに選ばれたダイゼン、おめでとう」と投稿したところ、前田に対して「FWの中で1番期待してます」「大然おめでとう」「2人の分も頑張れ」など激励のコメントが寄せられた。

一方で古橋と旗手の落選に、セルティックファンは驚きを隠しきれないようだ。「セルティックの試合を見ていないのか」「キョウゴとレオが落選なんて信じられない」「がっかりだな」
「ジョークだろ?」「コメ欄がすべてを物語っている」「日本の監督は何を考えているんだ」など声が数多く寄せられている。

また、チームの中心である2選手の落選を多くの地元メディアも取り上げており、現地ではかなりの衝撃だったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=119648
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1667301662/files/topics/119648_ext_04_0.jpg

【「ジョークだろ?」W杯のメンバー発表で明暗分かれた3選手に、セルティックサポから意見殺到!「試合を見ていないのか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/31(月) 02:59:44.96 ID:BmzzyWNX9
FOOTBALL ZONE 10/30(日) 22:51

古橋のゴールで先制、後半にも2点を加えてリヴィングストンとのアウェー戦を勝利
先制ゴールを決めたセルティックの古橋亨梧

 スコットランド1部セルティックは現地時間10月30日のスコティッシュ・プレミアシップ第13節でリヴィングストンと対戦。FW古橋亨梧の今季リーグ戦8ゴール目となる先制弾などで3-0と勝利し、リーグ戦5連勝で首位をキープした。

 敵地での一戦でセルティックは古橋、MF旗手怜央がスタメン出場。FW前田大然がベンチスタートとなったなか開始9分、さっそく試合が動く。敵陣中央でDFグレッグ・テイラーからのスルーパスを受けた古橋が、エリア内から左足で強烈なシュートを放つと、これが決まって先制ゴールとなった。

 古橋は、今月1日の第9節マザーウェル戦以来、リーグ戦のゴールから遠ざかっていたが、日本代表のワールドカップメンバー発表(来月1日)前、最後の公式戦で4試合ぶりの得点をマーク。セルティックはその後も、前線の古橋にボールを集めて攻勢に出たものの、決め手を欠き1-0のままハーフタイムを迎える。

 後半もセルティックペースで試合が進むと同8分、右サイドからのクロスがエリア外に流れたところに、後方から走り込んだテイラーが反応。左足ミドルを突き刺し、追加点を奪う。リードを2点に広げたあともセルティックの圧倒的なボール支配が続くなかで、古橋、旗手ともに後半35分に途中交代となった。

 その後、FWジョタのゴールでさらにもう1点を加えたセルティックは、3-0のスコアで勝利。リーグ戦5連勝を達成し首位をキープしている。

FOOTBALL ZONE編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5593e77dd44bc4d07b5698a9d3d38a3fffd2302

【セルティックFW古橋が左足豪快ゴールでリーグ8点目! 敵地で3-0快勝、5連勝で首位をキープ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/28(水) 21:19:17.75 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表は27日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦。
ブラジル代表やアルゼンチン代表など、多くの強豪国がひしめく南米予選を4位で通過した同代表との一戦は、0-0の引き分けに終わった。

この試合で森保一監督は、アメリカ合衆国代表戦からスタメン11人全員を変更。古橋亨梧や南野拓実らが先発に名を連ねた。

昨夏にセルティックへ加入した古橋は、1年目ながら公式戦20得点をマークした。今季もその調子は衰えず、リーグ戦7試合6得点とゴールを量産し続けている。
しかし、日本代表ではアジア2次予選途中から数えて12試合連続ノーゴール。なかなか結果を出すことが出来ずにいる。

古橋の特徴は、相手の隙を突いた裏への抜け出しや相手DFの死角から飛び出してクロスに合わせるといった、
巧みなオフ・ザ・ボールの動き出しだ。1人で局面を打開するのではなく、味方に”活かされて”点を取るストライカーなのだ。

しかし、日本代表でCFに求められるのは、最前線でのキープや正確なポストプレーといった攻撃の起点となる働きだ。日本代表ではサイドの選手にボールが集まることが多いため、
ワンツーの壁役などで足元へパスが入ることはあるが、中盤やサイドバックの選手から裏へのパスが出ることが少ない。

古橋はこの試合でもディフェンスラインの背後を取るランを繰り返していたが、そこに効果的なボールが入ることはほとんどなかった。裏へのパスが出たのは18分に右サイドライン際でボールを持った山根視来からと、
26分にピッチ中央でボールを持った柴崎岳からの2回のみ。35分には三笘のスルーパスに反応する場面があったが、こうした古橋の特徴を活かすシーンがほとんどなかった。

これはこの試合に限った話ではない。6月に行われたブラジル代表戦やチュニジア代表戦でも古橋の特徴を活かすシーンはほとんど見られなかった。

 前述したように、欧州でゴールを量産する古橋の実力に疑いの余地はない。このFWを日本代表でも活かすためには、
エクアドル代表戦に後半から出場した上田のようなつぶれ役を求めるのではなく、チームとして相手DFの裏を狙う戦術が必要になる。
FIFAワールドカップ カタール2022までは残りわずか。このまま変化がなければ、本大会でも古橋は本領を発揮できないかもしれない。
https://www.footballchannel.jp/2022/09/28/post477341/
https://img-footballchannel.com/wordpress/assets/2022/09/b4001b11a630714f68e3b80f288b3303-1-560x373.jpg

【なぜ古橋亨梧はサッカー日本代表で活躍できないのか? 12試合得点なし…。噛み合わない原因とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/17(土) 13:38:35.21 ID:CAP_USER9
スコットランド・プレミアリーグのセルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(27)が来年1月にもイングランドに移籍する可能性が高まっていると地元メディア「CELTIC BHOYS」が伝えている。

昨年夏にJ1神戸から加入後、負傷で長期間の離脱がありながらも公式戦22試合16得点をマークし、リーグ制覇に貢献。今季もリーグ6試合6得点と絶好調だ。
同メディアは「古橋はセルティックのスターであり、クラブで最も人気のある選手としての地位を確立した」と伝えている。

その上で「日本の国際的なスターはすばらしいパフォーマンスでサポーターの信頼と愛に応えてきた。彼が今後もセルティックでこのようなパフォーマンスを続けてくれることを願うが、
プレミアリーグのクラブが彼を求める日も遠くないかもしれない。すでに南部のいくつかのチームと関係がある」と指摘した。

これまで古橋に興味を示した英南部のクラブといえば、サウサンプトンだ。日本代表MF南野拓実(現モナコ)がレンタルで加入し、同DF吉田麻也(現シャルケ)が所属していたクラブ。
かねて日本選手の勤勉さを高く評価している。それだけに移籍市場が解禁となる来年1月にも古橋の獲得に乗り出す可能性は高そうだ。

すでに古橋の移籍金は3000万ポンド(約48億9000万円)と報じられている中、今後のパフォーマンスとともに移籍の動向が気になるところだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4448021/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/09/6d516cdf05269cc591e66e283fb7adb7-1-450x327.jpg

【6戦6発のセルティックFW古橋亨梧にサウサンプトン移籍が浮上 移籍金49億円!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/07(水) 14:12:21.35 ID:CAP_USER9
「クロースとモドリッチに匹敵」「セルティックのベスト選手」旗手に賛辞続々!前田&古橋は… 現地メディアがCLデビュー戦を採点

SOCCER DIGEST Web 9/7(水) 8:34

旗手は先発、前田と古橋は途中出場
 現地時間9月6日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節で、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介(CLの登録メンバー外)が所属するセルティックは、前回王者レアル・マドリーとホームで対戦。後半にヴィニシウス・ジュニオール、ルカ・モドリッチ、エデン・アザールにゴールを奪われ、0-3と完敗を喫した。

日本人選手で唯一先発した旗手は、積極的にパスを受け、攻撃の中心として存在感を発揮。前田は後半の頭から、直近のレンジャーズ戦で肩を負傷した古橋は72分から出場。両者とも惜しい場面を作った。

 現地メディアの採点では、いずれも旗手に賛辞を寄せる一方、途中出場の日本代表FWコンビへは辛口となっている。

『THE CELTIC WAY』
旗手:8点(チームトップタイ)
「この24歳は開始早々、ジョッタへ素晴らしいパスを出した。とても知的な選手で、エンジンルームで信じられないようなギアを入れながら、鋭いシュートでクルトワの手のひらを攻撃していた。彼はなんというプレーヤーになりつつあるのだろう」

前田:6点 
「戦術的な変更により、アバダに代わって後半から出場。2分以内にボールが足下に落ちたが、先制ゴールに繋がる綺麗な合わせ方はできなかった」
古橋:4点(チームワーストタイ)
「タリスマン的ストライカーは、試合の残り4分の1で戦列に加わり、シュートを放ったが、ゴールの枠を外れた」

『SCOTTISH DAILY EXPRESS』
旗手:6点
「良いパスを出し、常にセルティックを素早く動かそうとした。クロースらと中盤で競り合いながら、自分の役割を果たした」

前田:5点
「出場して数分のうちに大きなミスを犯し、いつもの走りも見せられなかった」
古橋:4点(チームワーストタイ)
「ゴール前に何度か顔を出したが、出番は少なかった」

『GLASGOW TIMES』
旗手:7点
「前半は非常に効果的な連係が見られた。見事なハーフボレーはクルトワにクリアされた。前半は、クロースとモドリッチに匹敵するような、意欲と熱意に溢れたプレーを見せた」
前田:6点
「出場後2分で、絶好のチャンスを得たが、フィニッシュを失敗した」
古橋:4点
「とっさの判断で上手くシュートを放ったが、ポストをかすめた」

『footballscotland』
旗手:8点(チームトップ)
「見ていて楽しい選手。前半には素晴らしいパスを何本か見せ、クルトワの前で強烈なシュートを放った。ワールドクラスの中盤の選手たちと対戦したが、場違いな感じはしなかった。今夜のセルティックのベストプレーヤーだ!」
前田:4点
「日本のスターはハーフタイムに投入された後、数分で素晴らしいチャンスを逃した。絶え間なくプレスをかけるも、マドリーは平然としていた」
古橋:4点
「週末に負傷した後、明らかにコンディションが万全ではなかった。シュートを放ったが、惜しくも枠を外れた」

 CLデビュー戦の評価は三者三様となった。10日の国内リーグ、リビングストン戦を経て行なわれる、14日のシャフタール・ドネツク戦ではチームに勝利をもたらし、揃って高評価を得られるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/333d5caa6f41ee47eedfd11de7ab6220068de8b6

【「クロースとモドリッチに匹敵」「セルティックのベスト選手」旗手に賛辞続々!前田&古橋は?現地メディアが採点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/05(月) 23:17:08.76 ID:CAP_USER9
[ 2022年9月5日 22:17 ]

セルティックのFW古橋亨梧(AP)
Photo By AP
 サッカーのスコットランド・プレミアリーグでセルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(27)は5日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)開幕戦に向けた前日練習に参加した。3日の国内リーグ・レンジャーズ戦で左肩を負傷して開始5分で交代。ホームで行われるスペイン1部レアル・マドリードとの対戦に向けて出場が不安視されていたが、デーリー・レコード紙は練習参加に触れ「セルティックの“魔よけ”キョウゴはレアル・マドリードとの大一番に間に合う見通し」と伝えた。
 古橋はレンジャーズ戦で連続試合得点こそ4で止まったが、国内リーグ開幕から6試合で6得点。前身の欧州チャンピオンズ杯を含めて最多優勝14回を誇る名門との対決に向けて「レアル・マドリードとやりたかった。(ホームの)セルティック・パークに迎えるのはいいこと。我々には素晴らしいサポーターがいて、エネルギーを与えてくれる」と話していた。「ボールと人を動かし続けて相手を休ませない。我々のサッカーは特別」と訴え、レアル相手に金星を狙う。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/09/05/kiji/20220905s00002000628000c.html

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/08/28/jpeg/20220828s00002000805000p_view.webp

【セルティック・古橋がCLデビューへ。前日練習参加で左肩負傷への懸念を払拭】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 21:57:36.14 ID:CAP_USER9
スコティッシュ・プレミアシップ第5節が28日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックは敵地でダンディー・ユナイテッドと対戦した。FW古橋亨梧とMF旗手怜央が先発出場し、FW前田大然はベンチスタート。MF井手口陽介はベンチメンバーから外れた。

【ゴール動画】古橋亨梧がゴールショーの幕開けを告げる先制弾

 開始早々、セルティックのGKジョー・ハートがダンディー・Uのスティーヴン・フレッチャーと交錯。ハートは頭部から出血したものの、メディカルスタッフの止血措置を受けてプレーに復帰した。

 セルティックは15分に先制する。リエル・アバダの絶妙なスルーパスに抜け出したジョタが左からグラウンダーで折り返し、ボックス中央の古橋がボールを収める。トラップから落ち着いて右足を振り抜き、相手GKとの一対一を制した。古橋は4試合連続ゴールとなった。

 19分、旗手に絶好機が訪れる。味方のパスをペナルティエリア中央で受けると、右足で放ったシュートは相手にブロックされる。さらにこぼれ球に反応して放ったシュートも相手DFに当たる。再びセカンドボールに反応したが、相手GKの好セーブに阻まれて3度目の正直とはならなかった。

 セルティックは40分、ペナルティエリア手前に流れたルーズボールに古橋が反応。右足を振り抜き、正確な一撃をゴール右上に突き刺した。さらに前半アディショナルタイム2分、浮き球パスに抜け出したアバダがペナルティエリア右から折り返し、ゴール前に飛び込んだ古橋が合わせてハットトリックを達成した。

 前半アディショナルタイム6分にはマット・オライリーの折り返しをジョタが押し込み、セルティックは大量リードで折り返す。49分にはオライリーの折り返しにアバダが合わせて5点目を獲得すると、55分にはフリーキックのこぼれ球を拾ったヨシプ・ユラノヴィッチがミドルシュートを突き刺し6点目。

 さらに59分、ジョタの絶妙なスルーパスに抜け出した旗手がペナルティエリア左から折り返し、ゴール前のアバダが合わせてセルティックに7点目が生まれる。今季初スタメンの旗手は初アシストとなった。古橋と旗手は62分までプレー。代わって前田らが途中出場を果たした。

 77分、アーロン・ムーイの浮き球パスに前田が抜け出す。前田が左から折り返すと、ゴール前のアバダがループシュートで相手GKとの一対一を制し、こちらもハットトリックを達成。前田は3試合連続のアシストで今季4アシスト目となった。

 81分には右コーナーキックにカール・スタルフェルトが頭で合わせて9点目。

 試合はこのまま終了し、セルティックは開幕5連勝を飾った。次節はミッドウィークのリーグ杯を挟んで3日に行われ、セルティックは宿敵レンジャーズとホームで対戦する。

【スコア】
ダンディー・ユナイテッド 0-9 セルティック

【得点者】
0-1 15分 古橋亨梧(セルティック) 
0-2 40分 古橋亨梧(セルティック)
0-3 45+2分 古橋亨梧(セルティック)
0-4 45+6分 ジョタ(セルティック)
0-5 49分 リエル・アバダ(セルティック)
0-6 55分 ヨシプ・ユラノヴィッチ(セルティック)
0-7 59分 リエル・アバダ(セルティック)
0-8 77分 リエル・アバダ(セルティック)
0-9 81分 カール・スタルフェルト(セルティック)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad649b823e348b3ac2efe3f72e21f250270a5c1

【古橋亨梧がハットトリック! セルティックが9発大勝、旗手怜央と前田大然はアシスト記録】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 21:57:45.98 ID:CAP_USER9
セルティックは14日、スコティッシュ・プレミアシップ第3節でキルマーノックとのアウェー戦を迎えた。

【スタッツ・フォーメーション】キルマーノック対セルティック

開幕2連勝スタートを切ったセルティックは、前田大然と前節で今季初ゴールを挙げた古橋亨梧が揃って引き続きスタメン入り。負傷が伝えられる旗手怜央と井手口陽介はメンバー外となった。

試合は序盤、セルティックが日本人ホットラインから先制点を奪う。7分、左サイドで最終ライン裏に抜け出した前田がセンタリング。正面に走り込んだ古橋がダイレクトシュートでネットを揺らし、2試合連続弾でセルティックに先制点をもたらした。

攻めるセルティックは続く35分、ペナルティアーク手前で前田からボールを受けたジョタが右足一閃。ブレ球の強烈ミドルシュートをゴール左に突き刺し、前田のアシストからジョタのスーパーゴールが決まって2-0とする。さらに、前半アディショナルタイムにもセットプレーの流れからイェンツが決めて、3点差で試合を折り返す。

迎えた後半もセットプレーから古橋のシュートがバーに弾かれる場面をつくるなど、試合の主導権を握るセルティック。ポステコグルー監督は、前田と古橋を66分にお役御免として交代させる。

その後、セルティックは76分にCKからスタルフェルトが4点目を挙げると、82分にはジャコウマキスがゴール至近距離からのバイシクル弾でダメ押しの5点目。そのまま完勝したセルティックが日本人選手の活躍もあり、開幕3連勝を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de4e6f2687d9b77cd0a4356c95c6e4157b62df3d

【古橋亨梧2戦連続弾、前田大然2アシスト! 日本人コンビ活躍のセルティック、5発完勝で開幕3連勝】の続きを読む

このページのトップヘ