SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

吉田麻也

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 23:59:44.78 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表は23日、キリンカップサッカー2022でアメリカ代表と対戦。FIFAワールドカップ・南アフリカ大会とブラジル大会出場経験を持つ大久保嘉人氏が、シャルケ所属DF吉田麻也のプレーに対して注文をつけた。

吉田麻也はロシアW杯後に長谷部誠が代表引退して以降、キャプテンとして日本代表をけん引。カタールW杯や今年6月のキリンチャレンジカップ・キリンカップサッカー2022全試合で先発出場していた。
ただキリンカップサッカー決勝チュニジア戦では2失点に関与すると、試合後に批判を浴びていた。

そんな吉田麻也はアメリカ戦でも先発出場。アーセナル所属DF冨安健洋やVfBシュツットガルト所属DF伊藤洋輝とセンターバックコンビを組んでいた。
しかし後半35分、自らドリブルでハーフウェイライン手前まで持ち上がったところでボールロスト。ショートカウンターを許すると、リーズ・ユナイテッド所属FWブレンデン・アーロンソンにシュートを放たれている。

するとTV中継で解説を務めていた大久保嘉人氏は、ピンチの直後に「この時間帯で吉田麻也のミスからピンチを招いた。集中することが大事」と苦言。
「スペインやドイツだと、こういうミスを見逃してくれない。確実にゴールを奪ってくる」と厳しい見解を示している。

吉田麻也は今年7月にシャルケへ加入。副キャプテンを任せられる中、今季ここまでブンデスリーガ全試合で先発出場している。ただ先月末のウニオン・ベルリン戦で5失点に関与。
今月はじめのVfBシュツットガルト戦では相手FWサイラスに何度もドリブル突破を許すと、現地メディアから「スピード不足でブンデスリーガで通用するか疑問」と指摘されている。

https://football-tribe.com/japan/2022/09/23/252098/
https://football-tribe.com/japan/wp-content/uploads/sites/23/2022/09/GettyImages-1243448173-1.jpg

【吉田麻也に日本代表OB苦言「スペインやドイツだと…」後半に致命的ミス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/11(木) 07:05:51.61 ID:CAP_USER9
<ブンデスリーガ:ケルン3-1シャルケ>◇7日◇ケルン

【ケルン(ドイツ)7日=浜野裕樹通信員】日本代表の主将、シャルケDF吉田麻也(33)がアウェーで行われたケルンとの開幕戦でフル出場。キャプテンマークを巻いてドイツでの第1歩を踏み出した。

試合はシャルケに退場者が出たこともあり1-3で完敗。それでも「苦しい時こそ引っ張っていけるようになりたい」と前を向いた。

   ◇   ◇   ◇

▽吉田麻也一問一答

-厳しいスタートになった

吉田 厳しいですが、退場したらこういう事は起こりうる。0-0、0-1の時間をもうちょっと長くしたかった。そこで踏ん張れなかった。

-初めてのブンデスリーガのピッチは?

吉田 雰囲気はいい。オープニングゲームでサポーターの熱もこもってたし、なかなかスタジアムが満員になることはイタリアでは少ないので、良かった。

-欧州4カ国目で試合の強度や相手のレベル?

吉田 フィジカル的にはドイツの方が高いかな。ただテクニカルな部分はイタリアの方が相手の隙を突いてくるのがうまい。バイエルンとか上のチームは違うと思いますけど。

-次はボルシアMGとのホーム開幕戦

吉田 すごく楽しみ。あのスタジアムでやれるっていうのは、十年来の目標なので。(板倉)滉もいるし。ここで落とすと精神的にも苦しくなるので、しっかり勝って最高のスタジアムの感覚を味わいたい。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202208080000955.html

【シャルケDF吉田麻也ブンデスデビュー! イタリアとドイツの違いについて「フィジカル的には・・・」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/06(水) 19:19:34.13 ID:CAP_USER9
「若いCBたちのメンターになるかもしれないな」

2シーズン半を過ごしたサンプドリア(セリエA)を退団し、今夏にシャルケ(ブンデスリーガ)の一員となった吉田麻也。
フランク・クラマー監督が「ピッチ上のリーダーで、守備から我々の試合を統率できる」(クラブ公式サイト)と称するように、新天地では即戦力としての期待が寄せられている。

では、ドイツ屈指の熱狂度を誇る“シャルカー”(シャルケ人。シャルケの熱狂的なファン)たちは、8月に34歳となるベテランの新戦力にどんな印象や期待を抱いているのか。シャルカーが集うファンサイト『Schalker-Block 5』に寄せられた声を紹介しよう。
 
「ひと目で強力な補強だ!」
「ヨシさん、がんばってね」
「完璧にフィットするよ」
「王様のオーラを感じるぜ」
「日本はW杯でドイツと対戦するんじゃなかったか?」
「うまくいけば、以前の日本人たちのようにお気に入りになるな」
「吉田とテロッデがここ数年で最高の移籍」
「すごく良いね。CBの経験が不足していたけど、彼はそれをたくさん持っている」
「とても良い移籍だ。そのポジションに必要だったもの」
「クラブメディアの映像を観たけど、スーパーオーラとポジティブなカリスマ性」
「若いCBたちのメンターになるかもしれないな」

ブンデスリーガ2部得点王に輝く活躍を見せ、トップリーグ昇格に貢献したFWジモン・テロッデを引き合いに出されるほど、
シャルカーたちから歓迎されている様子の吉田。もちろん、テロッデ級の当たり補強との声に「さすがにそれはない」と冷静な意見も挙がっていた。

 現地時間7月31日に控えるDFBポカール1回戦(対ブレーマーSV/4部)、同8月7日のブンデスリーガ第1節(対ケルン)などで好印象を残し、愛するクラブのために、身体を張って闘える選手を好むシャルカーのハートをがっちり掴みたいところだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=112551
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1657094723/files/topics/112551_ext_04_0.jpg

【「王様のオーラを感じるぜ」ドイツ屈指の熱狂度を誇るシャルカーが抱いた吉田麻也の第一印象「ポジティブなカリスマ性」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/05(火) 23:02:44.84 ID:CAP_USER9
シャルケは5日、日本代表の主将を務めるDF吉田麻也を獲得したことを発表した。移籍金なしのフリートランスファーとなる。

これまで名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトン、サンプドリアでプレーしてきた吉田。昨シーズンもセリエAで26試合に出場した吉田だが、契約満了での退団が決まっていた。

注目の新天地としてはJリーグ復帰も噂されていたが、4日にシャルケ入りが濃厚になったと報道。既報通り、ブンデスリーガへの初挑戦が決まった。吉田はオランダ、イングランド、イタリアに続く、欧州4カ国目でのプレーとなる。

一方のシャルケでは、昨季にマンチェスター・シティからレンタル加入していた板倉滉の買い取りオプションの行使を財政面から断念。同選手が2日にボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)に移籍した中、後釜のセンターバックとして日本代表の主将に白羽の矢を立てた。

昨季のブンデスリーガ2部を制して1部に復帰したシャルケは、ドイツ人のフランク・クラマー監督を6月に迎え、新たなスタートを切っている。シャルケは5日、日本代表の主将を務めるDF吉田麻也を獲得したことを発表した。移籍金なしのフリートランスファーとなる。

これまで名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトン、サンプドリアでプレーしてきた吉田。昨シーズンもセリエAで26試合に出場した吉田だが、契約満了での退団が決まっていた。

注目の新天地としてはJリーグ復帰も噂されていたが、4日にシャルケ入りが濃厚になったと報道。既報通り、ブンデスリーガへの初挑戦が決まった。吉田はオランダ、イングランド、イタリアに続く、欧州4カ国目でのプレーとなる。

一方のシャルケでは、昨季にマンチェスター・シティからレンタル加入していた板倉滉の買い取りオプションの行使を財政面から断念。同選手が2日にボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)に移籍した中、後釜のセンターバックとして日本代表の主将に白羽の矢を立てた。

昨季のブンデスリーガ2部を制して1部に復帰したシャルケは、ドイツ人のフランク・クラマー監督を6月に迎え、新たなスタートを切っている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1b544e1e6e1a722ed6315bb0bfdcadf0159e84a8

【日本代表主将・吉田麻也のシャルケ移籍が発表! 板倉滉と入れ替わりのフリー加入、欧州4カ国目に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/05(火) 01:03:38.28 ID:CAP_USER9
サンプドリアを契約満了で退団し、去就が注目されている日本代表DF吉田麻也の新天地が決まったようだ。

 現地時間7月4日、移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ記者が自身のツイッターで次のようにツイートした。

「シャルケは、日本のセンターバックの吉田麻也とフリー移籍でサインする予定だ。彼は明日ドイツに飛んでメディカルチェックを受ける予定だと言われている」

「シャルケは日本人の時代を続けるつもりだ。吉田はトラブゾンスポルを含む多くのオファーを断った」
 
 ドイツのブンデスリーガ1部に昇格した名門シャルケは、レンタル移籍でその昇格に貢献した日本代表DF板倉滉の買取を目ざしていたが、金額が合わずに断念。その穴を、日本代表のキャプテンが補填することになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/88bf71f3341f4ca9442198796944c8b284386c26

【日本代表DF吉田麻也、ドイツ名門シャルケに電撃移籍へ!5日にメディカルチェックと報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 22:53:16.74 ID:CAP_USER9
[6.14 キリン杯決勝 日本0-3チュニジア パナスタ]

 強化試合で出たミスと課題を前向きに受け止めた。自分たちのミスが絡んで失点を重ねたことを受け、日本代表の森保一監督は「W杯本大会でこのような状況になったときにしっかり対処できるよう、課題として取り組んでいき、本大会ではしっかり防げるようにしたい」と力説。「ボールの出どころや切り替えのところもそうだし、無駄なロストをしないようにしていきたい」と改善点を挙げた。

 シンプルなロングボールで最終ラインの背後を突かれたことには「良い形で攻撃する時間を長くすることで背後を突かれることも少なくなる。ボールを握って良い形で攻めること、相手に守備から攻撃に移るところで良い形をつくらせないこと。攻撃の部分のクオリティーを上げないといけない」と指摘。チーム全体の問題点として捉えながら、「背後を突かれることはあるので、そこのカバーやDFラインとGKの連携という部分はトレーニングなどで改善していけるようにしたい」と話した。

 キャプテンである吉田が失点に絡んだ一方、中盤ではMF遠藤航が厳しいチェックに遭い、ボールを失う場面も目立った。森保監督は「お互いのシステムのかみ合わせもあったが、DFラインからビルドアップして(遠藤)航のところを使いながら展開することで我々のチームとして良い流れができる」としたうえで、「航のところをつぶしに来ていたのは分かっていたし、今後も相手がそういう狙いを持って、我々がやろうとすることをつぶしに来るだろうし、今後の良いシミュレーションになった」と指摘。「我々の強みを消されたときに、違うオプションを出さないといけないし、そこは課題が出た」と、ビルドアップのバリエーションを増やしていく必要性を語った。

 吉田と遠藤は今回の代表活動で4試合すべてに先発した2人であり、改めて中3日の4連戦でのコンディショニングが難しいことも突き付けられた。「2人には4試合とも出場してもらって、出場時間はコントロールしたところもあるが、長いシーズンを欧州で戦ってきたあとの代表ウィーク4試合ということで、心身ともに疲労がかなり来ていたのかなと思う」。そう認める一方、「すべての時間、彼らにプレーしてもらうのではなく、試合ごとに選手を代えながら連係連動を高めたり、代わりに入ってくる選手にも経験を積んでもらったりした。チームとして中心選手を欠いてもチーム力を落とさないという意味では、今回いろいろな経験ができた」と、総力戦で戦った4連戦の意義を説いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62792ff96d54d86dfdd7a372370bf55df82dc5f9

【“狙われた”吉田麻也と遠藤航…森保監督「心身ともに疲労が来ていた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/15(水) 09:26:24.13 ID:CAP_USER9
「万全のコンディションを作らないとポジションも危うい」
 自らのミス絡みでまさかの3失点。6月シリーズ最後のテストマッチで収穫を得るどころか、課題は山積み。誰よりも、吉田本人が強い危機感を感じている。

「今日に限らずですが、全体を見ることと自分のプレーやパフォーマンスを構想させることという2つのタスクがあることは、キャプテンを始めた時から、ずっと担ってきた。自分がここにいる価値は、自分のパフォーマンスでしか証明できない。どれだけ良いコメントを残そうが、良いアクションをピッチ外でしようが、サッカー選手なので、ピッチ内でのパフォーマンスが最も影響力が大きいと、肝に銘じているつもりです。それが今日はできなかった」

 吉田はさらに「監督からの信頼は、もちろん感じますが、どの世界でも信頼を積み重ねていくのは時間もかかるし大変なことですが、特にサッカーではワンプレーで人生が変わる。ワンプレーで、そこの信頼もなくなる。そのことも重々理解している。ここから9月に向けて、次、なるべく早く良いチームで試合に出て、万全のコンディションを作らないと、自分のポジションも危ういことを理解している」と、悲壮な覚悟も示した。

 6月シリーズの4試合すべてでスタメン起用されたことからも、森保監督から絶大な信頼を置かれていることは明白。W杯メンバー入りもほぼ当確と言える立場だ。ただ、この日のパフォーマンスは、そんな信頼が一気に崩れかねないほどの衝撃を与えたのは否めない。カタール・ワールドカップ開幕までおよそ5か月。手負いの中で、吉田はいばらの道を歩む。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/59fab8a79c03dfc2db9d1b05b59c795c2907fb2c?page=2

【日本代表主将・吉田麻也、W杯メンバー入りへ危機感吐露 「ワンプレーで信頼なくなる」…惨敗後に示した悲壮な覚悟】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 21:58:02.16 ID:CAP_USER9
「時間の経過とともに、スペースができると予測」

 日本代表は6月14日、キリンカップサッカー2022の決勝でチュニジア代表と対戦し、0-3の完敗を喫した。

【動画】後半の2失点でチュニジアに完敗。敵将も「狙っていた形」

 日本に快勝したチュニジアのジャレル・カドリ監督は、試合後に取材に応じ、以下のように振り返った。

「おかげさまで勝つことができました。試合は大変良い試合で、12日間で4試合という厳しいスケジュールのなかでしたが、勝利することができて良かったです。日本は大変に素晴らしいチームで、技術的、戦略的に素晴らしい動きをしていた。しかし、結果的には、チュニジアのほうが良い作戦で臨めたと思う。大変忍耐のいるゲームだったが、選手たちが局面でどうすべきか分かっていたのが勝因ではないでしょうか」


 また、事前に分析していたこととして次の2点を挙げた。

「日本が良いチームだということで、我々は研究してきました。プレーが速く、戦略的に、特に攻撃時にはさまざまな戦術を駆使してくる。サイド攻撃も警戒が必要でした。ただ、時間の経過とともに、スペースができると予測していて、そこを突くことを考えていました」

「我々の強みは秩序だった守備。これに対して、日本は非常に速い球回しができる。中盤の試合だったと言える。その中盤で勝てたことが今回は非常に大きかったのではないか」

 さらに記者から3失点すべてに絡んだ22番の吉田麻也について質問を受けると、「守備から攻撃への切り替えの早さも日本の強みだと思う。ただ、難しい状況に置かれるとよくミスをする。最終ラインの背後を狙っていた」と明かした。

 そして指揮官は、「6回目のワールドカップで、初めて決勝トーナメントに進出したい」とチームの出来に手応えを深めたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81a99e12693f676cdbaf259f71f88a78937822a9

【「我々は日本を研究していた」3発快勝のチュニジア指揮官が明かした勝因。22番吉田麻也の「背後を狙っていた」】の続きを読む

このページのトップヘ