SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 19:25:42.29 ID:CAP_USER9
5/15(日) 18:52配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ece50e3619d9ad886130e7c279d06dd32fd18d3

 5月15日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナルが開催され、東地区2位の川崎ブレイブサンダースは、西地区3位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの第2戦に臨んだ。

 試合開始から両チームが3ポイントを入れ合う展開となり、接戦が続く。初戦に勝利した川崎はニック・ファジーカスを軸に得点を重ねるもリードを広げられず、22-21で第1クォーターを終えた。

 第2クォーター開始直後、菊池真人の3ポイントで名古屋Dに逆転を許す。しかし、篠山竜青が2本の長距離砲を沈めて川崎が追いかけると、前田悟の3ポイントで再逆転に成功。さらに前田がもう1本3ポイントを決めると、ファジーカスがブザービーターを沈め、41-36と川崎がリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター序盤、張本天傑の連続得点で名古屋Dに点差を詰められる。それでも、中盤からはマット・ジャニングが次々とシュートを沈め、64-54と10点差で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、張本と中東泰斗にそれぞれ2本の3ポイントを決められるが、パブロ・アギラールや篠山の得点で川崎がリードを拡大。最後は85-70で川崎が勝利を飾った。

 ホームで連勝した川崎は、ファジーカスが18得点11リバウンド7アシスト、アギラールが14得点12リバウンド、篠山が11得点5アシスト2スティール、ジャニングが11得点7リバウンドをマークし、セミファイナルへとコマを進めた。

 一方の名古屋Dは、張本が22得点6リバウンド、菊池が14得点と奮闘するも敵地で連敗を喫し、3年ぶりの出場となったチャンピオンシップを終えた。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 85-70 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@川崎市とどろきアリーナ)
川  崎|22|19|23|21|=85
名古屋|21|15|18|16|=70

【BリーグCSクォーターファイナル第2戦 ホームの川崎が名古屋Dに連勝…2年連続のセミファイナル進出を果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 21:51:15.76 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220514/372747.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1309220.jpg

 5月14日に川崎市とどろきアリーナで「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」クォーターファイナル第1戦が行われ、東地区2位の川崎ブレイブサンダースが西地区3位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦した。

 川崎は試合開始から熊谷尚也、ジョーダン・ヒースの得点で7-0のランに成功すると、第1クォーターで6点をリード。さらに、続く第2クォーターでは藤井祐眞が3本、篠山竜青とパブロ・アギラールがともに1本の3ポイントシュートを沈めるなど、42-30と点差を広げた。


 後半に入っても、第3クォーターで31-20、第4クォーターで24-21と、すべてのクォーターで相手を上回ることに成功。97-71で第1戦を制した。

 藤井が5本の5本の3ポイントを含む21得点に7アシスト3スティールと躍動。熊谷が14得点、マット・ジャニングが13得点、前田悟とヒースがともに10得点、ニック・ファジーカスが8得点9リバウンド5アシストを記録した。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 97-71 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@川崎市とどろきアリーナ)
川崎|20|22|31|24|=97
名D|14|16|20|21|=71

【BリーグCSクォーターファイナル第1戦 川崎ブレイブサンダースが先勝…名古屋ダイヤモンドドルフィンズを26点差で下す】の続きを読む

このページのトップヘ