SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

国際親善試合

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 20:29:52.68 ID:kOp5fGW29
 第2次森保ジャパンがスタートを切る3月の国際親善試合の相手にウルグアイが浮上してきた。

 カタールW杯で16強に躍進した日本代表は昨年末に森保一監督(54)の続投が決定。今後は同24日(国立)と28日(ヨドコウ)に試合が予定されており、新チームの船出となる。

 ともに相手は未定で、森保監督は欧州視察へ出発した28日に「聞いてない。まだメドが立っていないということじゃないか」と語るにとどめていた。

 そうした中、ウルグアイの有名なサッカージャーナリストのフェデリコ・ブイサン氏が自身のツイッターで「3月のウルグアイ代表の対戦相手が確定した」として韓国、日本の順番で対戦すると投稿した。

 南米の強豪ウルグアイはカタールW杯で1次リーグH組となり、1勝1敗1分けで決勝トーナメント進出を逃した。その際に韓国とは同組で0―0と引き分けており、両国にとってはリターンマッチとなる。

 森保ジャパンは発足直後の2018年10月に埼玉で対戦して4―3と熱戦を制しているが、新チームも世界的な強豪と腕試しすることになるのか注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c25a3bdd84516ef33a676c71c0d52308e9bde57

【新生森保ジャパン3月の相手はウルグアイか 同国の著名ジャーナリスト明かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/20(日) 21:18:42.91 ID:yXj6NvvL9
[11.19 国際親善試合 U-19日本 1-0 U-18スペイン スペイン]

 U-19日本代表は19日、欧州遠征の第2戦でU-18スペイン代表と対戦し、1-0で勝利。MF熊取谷一星(明治大)が決勝ゴールを挙げた。

17日のU-19スロバキア代表戦は3-2で勝利した日本。第2戦のU-18スペイン代表では先発を6人変更。布陣も3-4-2-1から4-3-3に変えた。GKは若林学歩(大宮)、4バックは左からDF松田隼風(水戸)、DF田中隼人(柏)、DF菊地脩太(長崎)、DF屋敷優成(大分)。中盤3枚はアンカーにMF福井太智(鳥栖U-18)で、
インサイドハーフにMF中井卓大(レアル・マドリー)とMF松木玖生(FC東京)。前線3枚は左から熊取谷、FW熊田直紀 (FC東京U-18)、MF甲田英將(名古屋)が入った。キャプテンマークは松木が巻いている。

前半13分、日本が先制点を奪う。後方からパスを受けた松田がゴール方向へドリブル。PA付近で奪われるが、熊田、甲田、屋敷が最前線から即時奪回を試みる。甲田が奪い切ってPA右の深い位置から折り返すと、ニアサイドに詰めた熊取谷がワンタッチでゴールに流し込んだ。

 1-0とリードした日本だが、前半終了間際に福井が2度目の警告を受けて退場処分。ハーフタイムには田中、松田、甲田に代わってDF諏訪間幸成(筑波大)、DF中野伸哉(鳥栖)とMF永長鷹虎(川崎F)が投入された。布陣を4-4-1に変更し、永長は右サイドハーフに入り、松木と中井がボランチでコンビを組んだ。

日本は後半11分に2枚替え。中井と松木が下がり、MF山根陸(横浜FM)とMF佐野航大(岡山)がボランチの位置に入る。同23分には熊取谷、熊田、屋敷が下がり、DF西久保駿介(千葉)、MF保田堅心(大分U-18)、FW坂本一彩(G大阪)が途中出場。西久保は右SB、保田はボランチ、坂本は1トップで起用。佐野は左サイドハーフに移動した。

 数的不利の中でも拮抗状態に保つ日本は、大きなピンチを迎えずに守備で高い集中力を発揮。逆に、後半35分には敵陣内でチャンスも作る。右CKの流れから永長がこぼれ球を拾い、敵陣内でカットイン。左足シュートはブロックされるが、
こぼれ球を保田が右サイドにつなぐ。佐野のダイレクトクロスを諏訪間がヘディングシュートも、わずかにゴール上に逸れていった。

後半38分には菊地が下がり、DF高井幸大(川崎F U-18)が入る。終盤は緻密な守備ブロックと、少ない人数でのカウンターで逃げ切りに成功。1-0で勝利を収めて連勝を果たした。21日には遠征最終戦でU-19フランス代表と対戦する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/061dc5eee027bb0b39d1ecffbefaefe67fc67b32

【U-19日本代表がU-18スペインを撃破!熊取谷が先制点、数的不利でキャプテン松木&ピピ中井がダブルボランチ形成】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/12(土) 09:25:33.02 ID:xGEmU17e9
【ムルシア(スペイン)共同】サッカー女子の国際親善試合は11日、スペインのムルシアで行われ、国際サッカー連盟ランキング11位の日本代表「なでしこジャパン」は同4位のイングランドに0―4で完敗した。

 日本は前半38分に自陣ゴール前でのパスミスから先制点を許し、後半も相手の速さに苦しんで3失点。長谷川(マンチェスター・シティー)がシュートを放つなど好機はあったが、ゴールに迫る機会自体が少なかった。

 日本は15日(日本時間16日)に同6位のスペインと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79aba27ee91158873b9f52353039d6102fa077ba

【なでしこジャパン、イングランドに完敗 0対4 サッカー女子、国際親善試合】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 19:13:44.66 ID:WhbRExdp9
【専門家の目|栗原勇蔵】トップ下で結果を残せず、鎌田とのポジション争いは苦境に

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は、11月17日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われた国際親善試合でカナダ代表(同41位)に1-2で逆転負けを喫した。トップ下で先発出場したMF南野拓実(ASモナコ)は決定機がありながら、結果を残せずに途中交代。元日本代表DF栗原勇蔵氏は、「チャンスを決め切れないと存在価値が薄れる」と厳しく評価している。

(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

https://www.football-zone.net/archives/414926
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2022/11/18013122/20221117_MINAMINO_GettyImages.jpg

【10番・南野拓実だけ「何もなかった」 カナダ戦でアピール失敗、W杯での起用に日本代表OBが黄信号】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 00:40:15.50 ID:RQrsc1oM9
SOCCER KING
日本代表、ワールドカップ前最後の強化試合はカナダに逆転負け…試合終盤に痛恨のPK献上

 日本代表は17日、カナダ代表との国際親善試合をアラブ首長国連邦のドバイで行った。

【ゴール動画】柴崎の絶妙パスから相馬が先制点

 FIFAワールドカップカタール2022開幕前、唯一の強化試合は、北中米カリブ海予選を1位で勝ち上がったFIFAランキング41位のカナダ代表が相手に。日本代表は遠藤航、守田英正、三笘薫がコンディションの問題でベンチメンバーから外れ、ケガ明けの板倉滉や浅野拓磨らが先発に名を連ねた。一方、カナダ代表は大黒柱のアルフォンソ・デイヴィスが負傷の影響で欠場し、エースのジョナサン・デイヴィッドらが先発した。

 森保一監督は4-2-3-1で試合に臨み、柴崎岳と田中碧をツーボランチで起用。相馬勇紀を右サイド、久保建英を左サイドに配置した。すると8分、柴崎と相馬が先発起用に応えて結果を残した。敵陣中央から柴崎が絶妙の浮き球パスを供給すると、相手DFの背後に抜け出したのは相馬。つま先でボールに触り、ゴールへと流し込んだ。

 カナダ代表は徐々にスピーディな攻めで深い位置に入り込むようになると、21分にセットプレーで試合を振り出しに戻す。右コーナーキックからデイヴィッド・ホイレットがアウトスイングのボールを送り、ペナルティエリア中央でマークを外したアティバ・ハッチンソンがボールに触る。これは当たり損ねとなったが、ゴール前のスティーヴン・ヴィトーリアが反応して押し込んだ。

 その後はフィジカル面で分があるカナダ代表がセットプレーで何度か日本代表のゴールを脅かすが、いずれも得点には至らない。日本代表も久保が中央でボールに絡んで決定機を生み出したものの、こちらもゴールネットを揺らすことはできず、試合は1-1で折り返す。

 後半はお互いにメンバーを入れ替えながら、主導権の掌握を目指し合う拮抗した展開に。緊迫した攻防が続くが、決定的と呼べる場面は訪れないまま終盤を迎えた。日本代表は85分、南野拓実に代えて吉田麻也を投入。3-4-3に変更して最後の数分間に勝負をかける。すると89分、後半最大の絶好機が到来。中盤でのパス回しで相手の注意を引きつけると、柴崎が鋭いスルーパスを相手DFの背後に供給。抜け出した山根視来がペナルティエリア右に侵入して右足を振り抜いたが、シュートは惜しくも右ポストに嫌われた。

 すると試合終盤、山根がペナルティエリア内でリッチー・ラリアを倒してしまい、カナダにPKを与えてしまう。権田修一はキッカーを務めたルーカス・カヴァリーニのシュートを触ったものの、止め切ることはできず、ボールはゴールに吸い込まれた。

 試合はこのまま終了し、日本代表は1-2で敗れた。カタールW杯は20日に開幕。グループEの日本代表は23日にドイツ代表、グループFのカナダ代表は24日にベルギー代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 1-2 カナダ代表

【得点者】
1-0 8分 相馬勇紀(日本)
1-1 21分 スティーヴン・ヴィトーリア(カナダ)
1-2 90+4分 ルーカス・カヴァリーニ(カナダ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a25f8b0057f7b4430729ffc0b71f3673ceb497f

【日本代表、ワールドカップ前最後の強化試合はカナダに逆転負け…試合終盤に痛恨のPK献上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 00:22:25.68 ID:dJNuBAu49
サッカー日本代表
@jfa_samuraiblue
🇯🇵選手交代🔄

後半21分
17 #田中碧 ⏩ 15 #鎌田大地
4 #板倉滉 ⏩ 5 #長友佑都

🏆国際親善試合
🇯🇵#SAMURAIBLUE 1-1 カナダ代表🇨🇦

⌚22:40KO<日本時間>
📺NHK総合で生中継
🔗 https://www.jfa.jp/samuraiblue/20221117/

#jfa #daihyo
#サッカー日本代表
#つな超え #新しい景色を2022
https://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/1593259955418980355
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【後半21分 田中碧にかわり鎌田大地、板倉滉にかわって長友佑都を投入 日本×カナダ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/17(木) 21:49:38.04 ID:NaSJ4MsP9
 日本代表は17日、UAE・ドバイのアルマクトゥームスタジアムで行われる国際親善試合で、カナダ代表と対戦する。カタールW杯前最後の強化試合。午後5時40分(日本時間午後10時40分)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、MF柴崎岳(レガネス)、MF田中碧(デュッセルドルフ)が名を連ねた。


[日本代表]
▽先発
GK 12 権田修一(清水)
DF 19 酒井宏樹(浦和)
DF 3 谷口彰悟(川崎F)
DF 4 板倉滉(ボルシアMG)
DF 26 伊藤洋輝(シュツットガルト)
MF 7 柴崎岳(レガネス、Cap)
MF 10 南野拓実(モナコ)
MF 24 相馬勇紀(名古屋)
MF 17 田中碧(デュッセルドルフ)
MF 11 久保建英(ソシエダ)
FW 18 浅野拓磨(ボーフム)
▽控え
GK 1 川島永嗣(ストラスブール)
GK 23 シュミット・ダニエル(シントトロイデン)
DF 5 長友佑都(FC東京)
DF 22 吉田麻也(シャルケ)
DF 2 山根視来(川崎F)
DF 16 冨安健洋(アーセナル)
MF 14 伊東純也(ゲンク)
MF 15 鎌田大地(フランクフルト)
MF 8 堂安律(フライブルク)
FW 21 上田綺世(セルクル・ブルージュ)
FW 25 前田大然(セルティック)
FW 20 町野修斗(湘南)
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e0d28371f1aa204818917ef277b150e1b61e7f6

【日本代表W杯前最後の強化試合、カナダ戦のスタメン発表!! 久保、南野、柴崎ら先発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/17(木) 09:53:21.76 ID:hUqALrHV9
 【ドーハ時事】サッカーの国際親善試合は16日、各地で行われ、アルゼンチンはアラブ首長国連邦(UAE)に5―0で大勝した。

 メッシは1得点1アシストを記録。アルゼンチンは公式戦の無敗記録を36に伸ばし、ワールドカップ(W杯)カタール大会を迎える。

 クロアチアはサウジアラビアに1―0で勝ち、ポーランドはチリを1―0で退けた。メキシコはスウェーデンに1―2で敗れた。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/61c2ba4f49d234407e659dac289183fcb748cfe2

【アルゼンチン大勝、36戦無敗 メッシ1得点1アシスト サッカー国際親善試合】の続きを読む

このページのトップヘ