SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

国際親善試合

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/13(金) 18:51:22.51 ID:twQKP+Zv9
 日本代表は13日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで、カナダ代表との国際親善試合を行う。午後7時35分のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、FW中村敬斗、MF南野拓実、DF毎熊晟矢らが先発に入った。

 カナダ代表はFIFAランキング44位(日本は19位)。過去の対戦成績は日本が2勝1敗で勝ち越しているが、直近の対戦は昨年11月17日にUAE・ドバイで行われたカタールW杯直前の国際親善試合で、1-2の逆転負けを喫している。


[日本]
▽先発
GK 12 大迫敬介
DF 22 中山雄太
DF 19 町田浩樹
DF 26 毎熊晟矢
DF 16 冨安健洋
MF 6 遠藤航(Cap)
MF 14 伊東純也
MF 8 南野拓実
MF 17 田中碧
FW 18 浅野拓磨
FW 13 中村敬斗
▽控え
GK 1 小島亨介
GK 23 鈴木彩艶
DF 3 谷口彰悟
DF 4 板倉滉
DF 21 伊藤洋輝
DF 27 橋岡大樹
DF 2 菅原由勢
MF 7 川辺駿
MF 5 守田英正
MF 24 旗手怜央
MF 15 伊藤敦樹
MF 20 久保建英
FW 11 古橋亨梧
FW 9 上田綺世
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/67b49800a27d41d22cd2c8004eca6f6daf198b96

【中村敬、毎熊、南野ら先発!! 森保J、カナダ戦のスタメン発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/11(水) 11:28:41.44 ID:LknCx/Ly9
森保ジャパンに〝三笘ショック〟が直撃だ。日本代表は10日、国際親善試合カナダ戦(13日、デンカS)に向けて千葉県内で全体練習を行った。今回の活動では、9日にエースのMF三笘薫(26=ブライトン)が体調不良のため突如不参加が決まり、激震が走った。貴重な強化の場で大きな戦力ダウンとなるほか、ピッチ外でも不在の影響が心配されている。

 合宿2日目は欧州組が続々と合流し、ミニゲームなども行って調整のピッチが上がってきた。

 その中で注目の一人が、カタールW杯以来の復帰となったMF南野拓実(モナコ)だ。昨季は不振が続き新チームでの招集は見送られてきたが、今季は開幕から絶好調。第2次森保政権でついに〝初招集〟を果たした。練習後には「ここに来た以上、どんな攻撃のポジションでも求められれば自分はできる。どこでもプレーしたい」とヤル気満々に語った。

復帰する選手が話題になる一方で、今回の活動では主力組の不在が目立つ。MF堂安律(フライブルク)とMF鎌田大地(ラツィオ)がコンディション不良のため招集が見送られたことに加え、メンバー選出後にFW前田大然(セルティック)がケガのため不参加に。そして三笘までが、体調不良で招集を辞退することになってしまった。

 今回のカナダ戦とチュニジア戦(17日、ノエスタ)は、11月から始まる2026年北中米W杯アジア2次予選前の貴重なテストの場。強化計画への影響が懸念されるほか、不安はピッチ外にまで及んでいる。

 民放キー局関係者は「今はとにかく三笘がサッカー界で一番の話題。ただでさえ代表の話題が乏しいのに、いないとなれば視聴率は当然厳しいだろう」と指摘する。

 第2次森保政権発足後の平均世帯視聴率は、3月が初陣となったウルグアイ戦で14・8%、三笘が開始3分で鮮烈ヘッドを決めたコロンビア戦が14・5%。6月はエルサルバドル戦が9・6%、ペルー戦は三笘が1得点1アシストと活躍したこともあり12・2%と持ち直したものの、いずれも厳しい数字となっている(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 そうした中でファンの関心が集中する三笘が不在となれば、視聴率でさらなる苦戦は必至。カナダ戦を中継するテレビ朝日関係者も「三笘選手を推すはずでしたが…」と顔を曇らせた。9月の欧州遠征でドイツとトルコを連破するなど強さが際立つ森保ジャパンは、人気面でも底力を示せるか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b9f9289f972d2714a3bb3606cb24867f3e3b07d5

【テレビ局にも〝三笘ショック〟 民放キー局関係者「三笘が一番の話題。視聴率は当然厳しい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/12(火) 23:41:35.83 ID:tG0Or7ft9
<国際親善試合キリンチャレンジ杯:日本4-2トルコ>◇12日◇セゲカ・アレーナ(ベルギー・ゲンク)

 サッカー日本代表(FIFAランキング20位)がトルコ代表(同41位)に4-2で勝った。

 見ていて緊張感がなかったな。お互いにサブメンバー中心の戦い。選手たちは必死だっただろうけれど、試合は面白くなかった。ドイツ戦の後だったからだろうな。勝ったことは評価するけどね。

 相手は球際が激しいフィジカルのチーム。それを日本は速いパスとスピードで崩した。

 唯一、可能性を感じたのは代表2戦目のMF伊藤かな。相手にぶつかってボールをもらってワンツーで横にずらし、左足できれいに先制した。得点までの流れを自分で描いて、狙い通りのシュート。あの場面で伊藤は、シュートまでを想定して自分のための展開を作ったと思うよ。

 左足であれだけのシュートが打てるんだから、たいしたもんだ。ボランチには、得点も求められる時代。現在の力は、遠藤と守田のレギュラーには及ばないかもしれないけれど、あのプレーで伊藤はポジション争いができる資格は得たと思うよ。

 残念だったのは、前半終了間際の失点だな。セットプレーでほぼ全員が中に集中してしまった。映像で見ていても逆サイドのマークがあまりにもおろそかで、当然相手はそこを狙う。
そこで中央に折り返され、混戦の中で失点した。レギュラーが並んだチームなら、ちゃんとマークできたはずだけど、やはり急造チームの印象が強い失点シーンだったね。

 せっかくの欧州遠征でサブ組の試合。前半を3-0で折り返したのなら、普段代表であまり試合経験のない選手たちはもっと長い時間プレーできたのだろう。
森保監督は勝ちたい気持ちが強かったのか、選手をどんどん交代した。サブ組にもっと経験を積ませれば良かったけれど、やはり勝利は大事か。(日刊スポーツ評論家)
https://news.yahoo.co.jp/articles/55f38aca55eb9a3df24e9a7049b99d3307fb1a71

【セルジオ越後 見ていて緊張感がなかった 選手は必死だっただろうけれど…試合は面白くなかった】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/12(火) 23:21:07.21 ID:cY5KUs+O9
 日本代表は現地9月12日、キリンチャレンジカップでトルコ代表とベルギーのヘンクで対戦。4-2で日本が勝利した。

【PHOTO】欧州遠征でドイツ・トルコと対戦!親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

 日本のスタメンは以下のとおり。システムは4-2-3-1で、GKは中村航輔、4バックは右から毎熊晟矢、谷口彰悟、町田浩樹、伊藤洋輝、ダブルボランチは伊藤敦樹と田中碧、2列目は右から堂安律、久保建英、中村敬斗、ワントップは古橋亨梧というラインナップだ。

 15分に伊藤敦が強烈なミドルで均衡を破ると、28分に久保のシュートのこぼれ球に詰めて追加点を奪った中村敬が、36分には毎熊のお膳立てからチーム3点目を挙げる。44分にはセットプレーから1点を返され、3-1で試合を折り返す。

 迎えた後半も、日本が押し気味に試合を進める。56分、久保が絶好機もシュートはポストに嫌われる。3分後には伊東純也のスルーパスに古橋が抜け出すが、間一髪で相手にクリアされてシュートを打ち切れない。

 チャンスをモノにできずにいると、61分、右サイドを崩されて最後はベルトゥー・ユルドゥルムのゴールを許す。

 直後、前田大然のクロスに古橋がダイレクトで合わせる。だが、シュートは惜しくもポストに弾かれる。

 1点差に詰め寄られ、勢いづいたトルコを前にやや劣勢を強いられる日本。ただ、粘り強い守備で簡単にはゴールを割らせない。73分、74分と立て続けに決定的なシュートを見舞われるが、いずれもシュミット・ダニエルのビッグセーブで防ぐ。

 76分には、自慢の快足を飛ばした伊東がエリア内で倒されてPKを獲得。これを伊東自らが確実に仕留めて、日本が4点目を奪う。

 その後は危なげない戦いぶりで時計の針を進めてタイムアップ。9日のドイツ戦(4-1)に続く勝利で、欧州遠征を連勝で終えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8969e2c1d419655b65772bc1a81f352946a89e99

【日本代表、トルコに4-2勝利! 伊藤敦の先制弾、中村敬が2発、とどめは伊東純のPK! 欧州遠征2連勝!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/10(日) 05:38:44.13 ID:dvVqRnci9
<国際親善試合:ドイツ1-4日本>◇9日(日本時間10日)◇フォルクスワーゲン・アレーナ

 【ウォルフスブルク(ドイツ)=岡崎悠利】サッカー日本代表(FIFAランキング20位)がドイツ代表(同15位)と対戦し、FIFAワールドカップ(W杯)優勝経験国に対しては日本史上初となる2連勝を成し遂げた。

 昨年11月のW杯カタール大会1次リーグ初戦に続く2-1で返り討ちにした。伊東純也、上田綺世、浅野拓磨、田中碧が決めた。

 先発はGKに大迫敬介、DFラインは左から伊藤洋輝、板倉滉、冨安健洋、菅原由勢。2ボランチはリバプール遠藤航と守田英正が組んだ。2列目は右に伊東純也が入り、トップ下に鎌田大地、左に三笘薫。1トップに上田綺世を置く4-2-3-1の陣形でスタートした。

 開始から出足鋭いプレスとコンパクトな守備で、ドイツの攻め上がりを許さない。完全敵地でペースを握ると、前半11分に伊東がいきなり先制した。菅原の右からの高速クロスにニアサイドへ走り込み、レアル・マドリードDFリュディガーの鼻先で合わせ、右足ワンタッチで流し込んだ。

 その8分後にドイツFWサネに同点弾を許したが、わずか3分後の22分に上田のゴールで勝ち越した。

 再び菅原の右クロスに伊東が右足で合わせる。これはミートできず、こぼれたが、そのボールを上田が左足ダイレクトで合わせた。急にボールが来ても決める嗅覚にSNSも興奮となった。

 ドイツは自国で、まだサポーターが格下と見ているだろう日本を相手に、連敗など許されない。その中で反対に森保ジャパンが、リードだけでなく複数回の決定機を決め切る展開となった。センターバックでは初の先発コンビ結成となった冨安と板倉も奮戦。前半終了時には、スタジアム内にドイツ代表に対する猛烈なブーイングが響く異様な空気に包まれた。

 後半に入ると、さらにチャレンジした。守備時に三笘がウイングバックに下がる3バックに布陣を変更。前半、右サイドから攻め込んできたサネを抑えにかかった。13分には上田に代えてFW浅野拓磨、鎌田に代えてDF谷口彰悟を投入。昨冬W杯で決勝点を挙げたジャガーも登場した。20分には、その浅野がロングパスに抜け出して1対1の決定機。GKテアステーゲンの好セーブに防がれたものの、ゴールに迫り続けた。

 28分には、ドイツで現役最多122試合目の出場となったFWミュラーが送り込まれたが、日本が追加点を許さず。後半終了間際には浅野、田中碧が追加点。久保建英の2アシストだった。W杯で「ドーハの歓喜」と呼ばれた歴史的金星を挙げた日本が、今度は敵地でW杯優勝4度の強豪に真っ向勝負を挑み、勝ち切った。W杯制覇国からの連勝は日本サッカー史上初の快挙となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3caba90e04813d6c1a796dcb0562ea0bd5fd596

【日本がドイツに4-1快勝!伊東、上田、浅野、田中がゴール!初のW杯優勝経験国を相手に2連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/07(木) 17:32:49.67 ID:4HjuGXjH9
日本サッカー協会(JFA)は7日、9月の活動に向けた日本代表メンバーの背番号を発表した。

【9月10日】日本代表 ドイツ戦のキックオフ時間・試合会場・放送予定

カタール・ワールドカップ(W杯)後も森保一監督体制で続行している日本。9月には、9日の国際親善試合でドイツ代表、12日のキリンチャレンジカップ2023でトルコ代表との対戦を予定している。

先月に発表された代表メンバーで初招集されたセレッソ大阪のDF毎熊晟矢の背番号は「26」に。三笘薫と堂安律はそれぞれ、前回に引き続き「7」、「10」のユニフォームを着用する。

■日本代表 招集メンバー&背番号
▽GK
23 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
1 中村航輔(ポルティモネンセ/ポルトガル)
12 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▽DF
3 谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)
4 板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)
24 森下龍矢(名古屋グランパス)
22 町田浩樹(ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)
26 毎熊晟矢(セレッソ大阪)※初招集
16 冨安健洋(アーセナル/イングランド)
21 伊藤洋輝(シュトゥットガルト/ドイツ)
19 橋岡大樹(シント=トロイデン/ベルギー)
2 菅原由勢(AZ/オランダ)

▽MF/FW
6 遠藤航(リヴァプール/イングランド)
14 伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
18 浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
11 古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
5 守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)
8 鎌田大地(ラツィオ/イタリア)
7 三笘薫(ブライトン/イングランド)
25 前田大然(セルティック/スコットランド)
10 堂安律(フライブルク/ドイツ)
15 伊藤敦樹(浦和レッズ)
9 上田綺世(フェイエノールト/オランダ)
17 田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
13 中村敬斗(スタッド・ランス/フランス)
20 久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/37829cbbc553f1b17ef9284099a93ac1ca2a28e6

【日本代表メンバーの背番号発表! 三笘薫「7」、堂安律「10」。初招集の毎熊晟矢は「26」に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/04(月) 20:03:46.00 ID:Bk38Y1Zl9
今月、日本代表は国際親善試合でドイツ代表、『キリンチャレンジカップ2023』でトルコ代表と対戦する。注目の2連戦を前に押さえておきたい基礎情報を紹介する。
①対戦日程
ドイツ代表 vs 日本代表
日時:日本時間9月10日(日) 3時45分(現地時間9日20時45分)キックオフ予定
会場:フォルクスワーゲン・アレーナ(ドイツ/ヴォルフスブルク)
テレビ放送:NHK・総合テレビで生中継
日本代表 vs トルコ代表
日時:日本時間9月12日(火) 21時20分(現地時間12日 14時20分)
キックオフ予定
会場:セゲカ・アレーナ(ベルギー/ヘンク)
テレビ放送:日本テレビ系で生中継

②チーム紹介
ドイツ代表
◇FIFAランキング 15位(2023年7月20日更新)
◇EURO2024予選:開催国のため不参加

ドイツ代表は、日本代表と同組となったFIFAワールドカップカタール2022・グループステージで敗退して以降、国際親善試合で1勝1分3敗と不振に陥っている。ドイツ国内における批判の声は高まっており、
今月の結果次第では、ハンジ・フリック監督の進退問題に発展する可能性がある。カタールW杯のリベンジという因縁も含め、非常に高いモチベーションで試合に臨んでくるはずだ。

メンバー選考
DFアントニオ・リュディガー(レアル・マドリード/スペイン)やMFジョシュア・キミッヒ(バイエルン)ら主力が順当に招集され、負傷により状態が心配されていたMFジャマル・ムシアラ(バイエルン)もメンバーに名を連ねた。
また、ブライトンで日本代表FW三笘薫とともに活躍中のMFパスカル・グロスが初招集された。一方、MFレオン・ゴレツカ、FWトーマス・ミュラー(いずれもバイエルン)、DFルーカス・クロスターマン、FWティモ・ヴェルナー(いずれもライプツィヒ)らは、招集外となった。

全文はソースで
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20230904/1806126.html
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2023/09/4c85c234076325c638e2c305400f29d6-500x333.jpg

【日本代表、9月は欧州遠征へ! ドイツ戦&トルコ戦の日時&メンバー紹介】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/31(木) 14:02:17.76 ID:adCuIqFI9
日本サッカー協会(JFA)は31日、9月にドイツとベルギーで行われる国際親善試合2試合に臨む日本代表メンバーを発表した。DF毎熊晟矢(C大阪)がサプライズ初招集。負傷が続いていたDF冨安健洋(アーセナル)、MF田中碧(デュッセルドルフ)が復帰を果たした。

【写真】日本代表DFの“肉体改造”にファン驚き「ラグビー選手?」「ゴレツカ」「トラオレみたい」

 森保ジャパンにとって第2次体制で初めての欧州遠征。9月9日にはカタールW杯グループリーグで金星を挙げたドイツ代表との再戦が実現し、敵地ボルフスブルクに乗り込む。12日にはキリンチャレンジカップでトルコ代表とベルギー・ゲンクで対戦。トルコ戦は2002年の日韓W杯決勝トーナメント1回戦以来21年ぶりとなる。

■スタッフ
▽監督
森保一
▽コーチ
名波浩
齊藤俊秀
前田遼一
▽GKコーチ
下田崇
▽フィジカルコーチ
松本良一
▽テクニカルスタッフ
寺門大輔
中下征樹
渡邉大

▽GK
シュミット・ダニエル(シントトロイデン)
中村航輔(ポルティモネンセ)
大迫敬介(広島)

▽DF
谷口彰悟(アルラーヤン)
板倉滉(ボルシアMG)
森下龍矢(名古屋)
町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)
毎熊晟矢(C大阪)☆
冨安健洋(アーセナル)
伊藤洋輝(シュツットガルト)
橋岡大樹(シントトロイデン)
菅原由勢(AZ)

▽MF/FW
遠藤航(リバプール)
伊東純也(スタッド・ランス)
浅野拓磨(ボーフム)
古橋亨梧(セルティック)
守田英正(スポルティング)
鎌田大地(ラツィオ)
三笘薫(ブライトン)
前田大然(セルティック)
堂安律(フライブルク)
伊藤敦樹(浦和)
上田綺世(フェイエノールト)
田中碧(デュッセルドルフ)
中村敬斗(スタッド・ランス)
久保建英(ソシエダ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e58c8033ae710ad6f1ebcc14df7b8031de298c94

【森保J欧州遠征メンバー発表!! C大阪DF毎熊がサプライズ初招集!! 冨安、田中碧ら復帰でドイツと再戦へ】の続きを読む

このページのトップヘ