SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

埼玉

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/26(日) 23:18:46.79 ID:1rUNfcNv9
ラグビー・リーグワンプレーオフ決勝が26日、東京・国立競技場で行われ、レギュラーシーズン2位の東芝ブレイブルーパス東京(BL東京)
同1位・埼玉パナソニックワイルドナイツ(埼玉)に24-20で勝利。14季ぶり6度目の優勝を手にした。埼玉は2季ぶり7度目の優勝はならず。
今季限りで現役引退する元日本代表HOの38歳・堀江翔太、32歳のSH内田啓介は途中出場したが、有終の美を飾れなかった。

昨季決勝の4万1794人を上回るリーグ史上最多の5万6486人が集結。試合前のメンバー紹介で堀江の名前を呼ばれると、一番の歓声が
上がった。試合は埼玉が前半5分と20分、SO松田力也のペナルティーゴール(PG)で6-0とした。しかし、リーチ・マイケル率いるBL東京は
同27分、敵陣残り5メートルのスクラムから右に展開し、WTBジョネ・ナイカブラが3人を引きずりながらトライ。ニュージーランド代表の
世界No.1SOリッチー・モウンガのゴール(G)で逆転した。

同35分にもモウンガのPGで10-6とし、BL東京リードで後半に突入。スクラムで優位を取れなかった埼玉だが、後半から堀江が登場した。
しかし、後半5分にトライとゴールを許し、6-17の苦しい展開。堀江は敵陣残り5メートルの攻防から自らボールをもらい、相手防御に何度も
突っ込んだ。すると同23分、FLベン・ガンターが反撃トライ。松田がGを決めて13-17とした。

同28分にも裏を狙ったキックパスで相手防御を崩すと、こぼれ球を拾ったSH小山大輝が逆転トライ。松田のGで20-17とした。だが、同34分に
再度逆転のトライとGを許して20-24。それでも試合は終わらない。同39分、敵陣で連続攻撃を仕掛け、長田智希がトライ。25-24と土壇場で
逆転したかに思われたが、直前に堀江のボールを前に投げるスローフォワードの反則があり、TMO(ビデオ判定)の末に痛恨のトライ取り消しになった。

試合はそのまま終了。BL東京が激闘を制した。リーチにとっては嬉しい自身初優勝になった。勝利後の場内インタビューでは「本当にハラハラした試合。
勝てて嬉しいです。さすがのチームでした。相手は最後まで戦い続けるチームでどこからでもトライを獲ってくる。運がよく勝てた」と振り返った。

堀江は小学5年でラグビーを始め、大阪・島本高、帝京大でプレー。2009年に初キャップを獲得した日本代表では、11年からワールドカップ(W杯)に
4大会連続出場した。スクラムの最前線で体を張り、相手が恐れる強さや高い技術、存在感からついた異名は「ラスボス」。トレードマークのドレッドヘアー、
懐の深い人格でチームにも、ファンにも愛される存在だった。

昨季、埼玉は決勝で東京ベイに敗れたが、今季はリーグ最多得点&最少失点を誇り、16戦全勝で首位を独走した。3季連続で決勝に進出。
BL東京とは3月9日に対戦し、36-24で勝利していた。BL東京は前身のトップリーグを含め、14季ぶり6度目の優勝を目指したシーズン。
主将のリーチは自身のキャリア初となる日本一が懸かり、日本代表でW杯4大会をともに戦った堀江にぶつかる覚悟だった。

堀江は埼玉のロビー・ディーンズHCが指揮を執るバーバリアンズとして、6月22日のフィジー戦(英トゥイッケナム)にも招集予定。現役最終戦の
見込みとなっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/957655669446477bcbf76ce36e11867008fa8a34

【ラグビー・リーグワンPO決勝 東芝ブレイブルーパス東京が24-20で埼玉パナソニックワイルドナイツを破り14季ぶり6度目の優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/24(土) 10:55:30.91 ID:4O7akJ8w9
 第2ラウンドが行われ、初日イーブンパー、51位の渋野日向子(25=サントリー)が10番パー5からスタートした。
 ティーーオフ前の選手紹介では、岡山出身にもかかわらず、「フロム・サイタマ・ジャパン」とアナウンスされ、苦笑い。

 ティーショット後にも「埼玉ね!はははっ」と、同組の西村優菜らと笑い合った。

 まさかの間違いの影響か?ティーショットは左に曲げたが、3打目はピンまで1・5メートルほどに寄せてバーディー発進となった。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/02/23/kiji/20240223s00043000305000c.html

【渋野日向子「フロムサイタマ」に苦笑い 岡山出身なのに…選手紹介で】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/20(土) 16:36:01.77 ID:X1cip+Ha9
5/20(土) 16:22 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/465eafb164544769f8fe9b1a805b720916db7d05

<ラグビー・リーグワンプレーオフ:東京ベイ17-15埼玉>◇20日◇決勝◇東京・国立競技場

 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(東京ベイ)が、悲願の初優勝を飾った。

 2連覇を目指した埼玉パナソニックワイルドナイツ(埼玉)を退けた。

 強みを前面に出した。前半はオーストラリア代表SOバーナード・フォーリー(33)の3PGで9-3とリード。後半に一時逆転を許したが、3点を追う29分、CTB立川理道主将(33)のキックパスに反応したWTB木田晴斗(24)が左隅へのトライで逆転した。

 前身のトップリーグでは10~11年シーズンに、トップ・イーストリーグ(2部)に降格。立川らの入団時は2部だった。苦労を重ねた先に、日本一の景色が待っていた。

【リーグワンPO・決勝 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ初優勝!埼玉パナソニックワイルドナイツ下す 立川のキックパスから木田が逆転トライ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 16:06:10.48 ID:CAP_USER9
5/22(日) 16:02配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/484e883fcc3285a12bd55198521f43b5bc9ea788

 「ラグビー・リーグワン・プレーオフ準決勝、埼玉24-10東京ベイ」(22日、秩父宮ラグビー場)

 埼玉(2位)が7日の最終節でも戦い、勝利していた東京ベイを相手にプレーオフ準決勝でも快勝した。レギュラーシーズンから15連勝で決勝戦へ駒を進めた。

 開幕2試合を新型コロナウイルスの陽性者がチーム内に判明したため不戦敗となる試練から埼玉の新リーグは始まった。それでも、主将のフッカー坂手淳史は「チームとしても自分としても考えを見つめる時間を取れた」と前向きに乗り越え、その後14連勝でレギュラーシーズンを終えていた。

 SO松田力也が負傷により不在のため、10番には日本代表候補の山沢拓也が先発。前半5分にPGこそ外したが、同7分には先制トライを決めた。

 同38分には相手の猛攻を受け自陣インゴール手前まで迫られるピンチを迎えたが、日本代表候補に入ったWTB竹山晃暉が狙いすましたインターセプトから独走。相手のインゴールまで走り切り、笑顔でトライを決めた。

 代表候補2人の得点で14-3とリードで前半を折り返した。後半14分には2019年W杯日本代表のフッカー堀江翔太が投入された。同25分にはラインアウトから最後はその堀江がトライを奪い突き放した。

 今季最多1万5353人の観衆の前で埼玉が24-10で勝利し、新リーグ初代王者に王手をかけた。決勝(29日、国立)は昨季の最後のTLと同じカードとなる埼玉-東京SG。3位決定戦(28日、秩父宮)はBL東京-東京ベイとなった。

【ラグビーリーグワンPO準決勝 埼玉が今季15連勝で決勝進出 初代王者へ東京SGと29日に国立で対戦 埼玉 24-10 東京ベイ】の続きを読む

このページのトップヘ