SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

堂安律

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 06:12:21.53 ID:HfZcuXbL9
[3.30 ブンデスリーガ第27節 ボルシアMG 0-3 フライブルク]

 ブンデスリーガ第27節が30日に行われ、9位フライブルクはアウェーで12位ボルシアMGを3-0で撃破した。フライブルクのMF堂安律は右ウイングバックで先発フル出場し、2-0の後半12分に今季4点目を記録。ボルシアMGのDF板倉滉もセンターバックとしてスタメン出場し、90分間プレーした。

【動画】堂安律が華麗なパスワークから2戦連発&今季4点目!
https://video.twimg.com/amplify_video/1774102683760410624/vid/avc1/1276x720/o7vniqSdTOh3Vv2z.mp4?tag=14

敵地に乗り込んだフライブルクは前半7分に先制。堂安の巧みなスルーからMFマキシミリアン・エッゲシュタインのシュートが相手に当たり、浮き上がったボールをFWミヒャエル・グレゴリッチュが左足で押し込んだ。

さらに後半2分、グレゴリッチュのシュートの跳ね返りをMFマーリン・ロールが拾うと、右足のコントロールショットでニアを破り、追加点を挙げた。

後半12分には、エッゲシュタインからボールを受けた堂安が右サイドでタメを作り、外を回って追い越してきたエッゲシュタインにヒールパス。エッゲシュタインがペナルティエリア右から折り返し、最後はフリーでゴール前に入った堂安が右足で蹴り込んだ。

堂安は華麗なコンビネーションから2試合連続となる今季4得点目をマーク。UEFAヨーロッパリーグ(EL)を含めた公式戦全体では6ゴール目となった。

フライブルクは3-0のまま無失点でゲームを締め、リーグ戦2試合ぶりの白星。ボルシアMGは5戦ぶりに黒星を喫した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0e3d7f42dcd1ca13d4229dfacb359de0a10db6b

【フライブルクMF堂安律が華麗な崩しから2戦連発&今季4点目!ボルシアMG板倉滉との日本人対決を制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/19(月) 05:07:40.25 ID:2Pvgbn6b9
 ブンデスリーガ第22節が18日に行われ、フライブルクとフランクフルトが対戦した。

【動画】堂安律がこぼれ球に鋭く反応し今季2ゴール目!

 ここまで勝ち点「28」を獲得し8位につけているフライブルクは、直近のリーグ戦で3連敗中。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でもRCランスとスコアレスドローに終わり、公式戦4試合未勝利と苦戦が続いている。対する6位フランクフルトも直近では公式戦3試合未勝利と勝ち切れないゲームが続いている。互いに白星が欲しい一戦。フライブルクの堂安律とフランクフルトの長谷部誠は揃ってスタメンに名を連ねている。

 試合の均衡が破れたのは27分、フランクフルトはフィリップ・マックスが左からアーリークロスを送ると、ボックス内でボールを収めたオマル・マーモウシュが左足で冷静にネットを揺らし先制に成功した。対するフライブルクは30分、敵陣右サイドでのボール奪取を起点に、ボックス内で味方のポストプレーを受けたロランド・サライがシュートを放つ。これはGKに阻まれるも、こぼれ球に素早く反応した堂安が押し込み試合を振り出しに戻した。

 堂安の今シーズンのリーグ戦2ゴール目で追い付いたフライブルクだったが、得点かわずか5分後の勝ち越しを許す。クリアボールを拾ったマーモウシュがドリブルで持ち上がり敵陣ボックス内左にスルーパスを送ると、走り込んだアンスガー・クナウフがダイレクトでネットを揺らした。しかし45+5分、前線からハイプレスを敢行すると、ルーカス・へーラーがボックス内で長谷部に倒されPKを獲得。これをヴィンチェンツォ・グリフォが沈め、再び同点とした。

 2-2で迎えた72分、左サイドからドリブルで仕掛けたマーモウシュがボックス内へ侵入し中央へラストパス。これを受けたクナウフが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右上隅に突き刺さり、フランクフルトが三度リードを奪った。しかし試合はこのままでは終わらない。89分、右CKのこぼれ球を拾ったノア・ヴァイスハウプトが頭でゴール前へ繋ぐと、途中出場のミヒャエル・グレゴリッチュがヘディングシュートを沈め土壇場で追い付いた。

 試合は3-3で終了。フライブルクはリーグ戦での連敗を「3」で止めたものの、公式戦では5試合未勝利に。一方のフランクフルトはリーグ戦で2試合連続のドローとなっている。次節は25日に行われ、フライブルクはアウェイでアウクスブルクと、フランクフルトはホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
フライブルク 3-3 フランクフルト

【得点者】
0-1 27分 オマル・マーモウシュ(フランクフルト)
1-1 30分 堂安律(フライブルク)
1-2 35分 アンスガー・クナウフ(フランクフルト)
2-2 45+5分 ヴィンチェンツォ・グリフォ(PK/フライブルク)
2-3 72分 アンスガー・クナウフ(フランクフルト)
3-3 89分 ミヒャエル・グレゴリッチュ(フライブルク)

https://news.yahoo.co.jp/articles/14e84a5c4d5514b52025c401adae590952725b19

【堂安律が今季2ゴール目!フライブルク、長谷部誠が先発のフランクフルトに3度追い付きドロー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/02(金) 19:39:15.56 ID:7CIaa8nf9
 日本代表MF堂安律が2月2日、カタール・ドーハで行われているアジアカップから離脱が決定したMF伊東純也の件についてコメントした。

 伊東を巡っては1月31日のバーレーン戦後の深夜、性加害と刑事告訴が報じられた件について協会を含めて会議が行われた。JFA側は事実関係の内容に当事者の主張が異なっていると理解したうえで「慎重な対応が求められる」と説明。その後、2月1日の伊東サイドが逆告訴。現地時間、午前中の練習中に1度離脱が決定した。

 しかしJFAは同日、「本日(2月1日)離脱しないことになりました」と訂正。離脱をいったん取りやめて、2日の会議で再検討するとしていた。キャプテンのMF遠藤航らほぼ全員から「ともに戦いたいという意見が多く出た」という背景があったという。

 専門家を交えて会議で再検討したうえで、JFAは伊東のアジアカップ離脱を改めて最終決定。「JFAとして総合的に判断した」と田嶋幸三会長が説明した。

 これら一連の流れを受けて堂安が心境を明かした。

「もちろん、たくさんの意見がいろんな専門家含めて、出ていると思う。でも、正直もう選手たちがどうこう言えるレベルじゃないところまで来ていると思う。僕たちは専門家でもないので。もちろんみんな言いたいことがたくさんあるでしょうけど、そこはもう俺たちが言う必要じゃないっていうのは、全員が認識していること。あと、恐らくサッカーファンは多分、アジア杯中にそういう雑音が増えてきて『どう思っているんや?』という意見がたくさんあると思いますけど、それに関しては、『そんなことに屈しない』というのが僕たちの選手の意見ですし、そんなんで惑わされているようなチームじゃない。それはチーム全員が認識していることかなと思います」

 選手としても二転三転、振り回されるような結果となった。準々決勝イラン戦(3日)を前日に控えるなかで

「簡単な話じゃなくなっている中で、自分たちの意見も出した中でですけど、選手たちの意見がすべて通るとも思っていなかったのも事実。ただ何も言わなければ、自分たちが後悔するというのもあった中で意見を出した。決定したならもう仕方ない。もちろん二転三転した中で、選手だけじゃなく、メディアの人も含めてみんなどうなっているんだってことは気になったと思うんですけど、今僕らはチームのこと。他人のことだから気にしないよ、じゃなく、自分のことのようにみんな考えたうえで意見を出して、話した」

 選手の意見としては伊東の残留を望んでいたなかで、動揺が予想されたが、今向いている先はイラン戦。「もう前日なんで、チームのためにももう忘れなくちゃいけないことだと思うし、勝つために全員が準備したい」。複雑な立場、状況でありながらも、逃げずに自身の気持ち、チームとしての気持ちを自らの口で説明した堂安。責任を持って選手を代表した言葉は最後まで頼もしかった。

FOOTBALL ZONE編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi
https://news.yahoo.co.jp/articles/414d94bf52732f2b6e6fbe6efbdd7d8f2337d38a

【日本代表MF堂安律、伊東純也離脱に言及「もう選手がどうこう言えるレベルじゃない」「ただ何も言わなければ後悔するので意見を出した」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/31(水) 21:21:42.91 ID:v2VWdzZY9
 日本代表はアジアの代表チームナンバーワンを決めるアジアカップで1月31日の決勝トーナメント1回戦でバーレーンと対戦。前半31分にMF堂安律が先制点を奪った。

 互いにシュートの少ない試合展開の中で前半31分、日本は右サイドバックのDF毎熊晟矢が中央でボールを受けると右足で弾丸ミドル。ゴールポストに当たって跳ね返ったところに反応したMF堂安律が蹴り込んで、日本が待望の先制点を奪った。

※続きは以下ソースをご確認下さい

1/31(水) 21:07
FOOTBALL ZONE

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb0513655705ebf6ee9f7c2c1c57666087bcb712

【堂安律が先制弾! 日本が1-0リード、アジア杯・16強バーレーン戦で先手取る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/23(火) 22:26:46.93 ID:JQn8+2x79
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e3be42e04672b48c9a3356e4ad95131ae66f2b7

堂安律が“救世主”「僕が必要になってくる」 勝利に必要な原点を指摘「アジアをナメている」


 日本代表MF堂安律が1月23日、アジアカップ・グループリーグ第3戦インドネシア戦(24日)に向けて取材に対応した。ドーハ市内で行われた練習では冒頭15分が公開され、MF三笘薫とGK野澤大志ブランドンを除いた24人で汗を流した。

 インドネシア戦は引き分け以上で2位通過が決定する。チームは苦境に立たされているが、堂安は“救世主”になることを誓った。

「チームが悪いときにいわゆる活躍しにくい環境で誰が立ち上がって、活躍できればまさにチームを助けることだと思うんですけど、そういう選手でありたい」

 ここまで2試合ではベンチスタート。インドネシア戦は先発出場の可能性が高まっていると見られる。

「もちろん(2戦先発を外れて)悔しさはもちろんありますし、自分が出たらできるという思いを持ちながら、見ていますけど、監督の決断。大会前までは全選手コンディション良かったなかで、いわゆるチームがいいという状態だった。それは変えづらいし、調子がいいのに変えられる選手は納得いかないと思うので、状況は理解していました。ただチームが悪くなったときに、僕が必要なってくるというのは、自分のメンタル的にも分かっている。自分がやってやろうと思っています」

 そのなかで必要なのは試合の入りであったり、前半に対するマネジメント。失点をせずに0-0で折り返してもいいという意識で入ることが大事だという。

「立ち上がりや(前半を)0-0で終わるとかそういうところから始まってくると思う。そうなれば相手も出てこざるを得ないので、試合運びの中でゴールチャンスをうかがえる。勝つために最悪前半0-0でOKという形も持ってなくちゃいけないと思うし、それはワールドカップで僕ら学んだはずなのにアジア杯で、できなくなっている。それはアジアをナメているだけだと思うので、1点差で勝てれば勝ちなので、その感覚はもう1回持たなくちゃいけない」

 割り切った気持ちをもちながらも攻撃のチャンスを生み出し、ゴールにつなげる。“原点回帰”した森保ジャパンがインドネシア戦で再スタートを切る。

【アジア杯、インドネシア戦 堂安律が“救世主”になることを誓う 「僕が必要になってくる」 勝利に必要な原点を指摘「アジアをナメている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/19(金) 23:48:48.17 ID:nRwHpdNX9
日本代表のMF堂安律(フライブルク)が、敗戦に終わったイラク代表戦を振り返った。

19日、アジアカップ2023グループD第2節のイラクvs日本がエデュケーション・シティ・スタジアムで行われ、2-1でイラクが勝利。イラクがグループステージ突破を決めた。

初戦のベトナム代表戦で勝利した日本と、インドネシア代表戦で勝利したイラクの一戦。共に勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となった中、イラクが立ち上がりから押し込むことに。5分には左サイドを突破したクロスからアイメン・フセインがヘッドで合わせてイラクが先制する。

それでも徐々に盛り返していく日本だったが、ゴールが遠い展開に。ゴールを目指して行った中、前半アディショナルタイムには再び左サイドをイラクがしかけ、アイメンが2点目もヘッドで決める。

2点をリードされた日本。堂安は2-0のなかで久保建英(レアル・ソシエダ)に代わって出場。右サイドに入り攻撃の活性化を図るが実らない。

後半アディショナルタイムに1点を返すと、その後に堂安にビッグチャンス。しかし、シュートは枠を外れ、2-1で日本敗れた。

試合後のフラッシュインタビューに応じた堂安は、「もちろんタフなゲームでしたし、勝ち点3を目指していたので、結果としては僕たちが望んでいたものではないですが、ここで耐え切れるチームが本当に強いチームです」とコメント。「上手いチーム、最強だと言われていますが、
ここで踏ん張れるかが大事なので、僕が先頭を切ってやっていきたいと思います」とコメント。難しい状況でもしっかりと乗り越えていくことが大事だとした。

前半は2点を奪われた日本。堂安はベンチで見守っていたが、「もちろん、戦術だとか色々ありましたが、ベースの球際で負けるなどがあったので、自分が入って変えてやろうと思っていました」と、デュエルのところで負けていたとコメント。自身に最後訪れた決定機については「チャンスがあったので決定機を決めなければいけないです」と語った。

大事になった最後のインドネシア代表戦。「ここで耐え切れるか、本当の強さが試されると思います」と改めて堂安は語り、「チームで話し合いなが良い方向に修正していけるように次の試合に臨みたいと思います」と、しっかりと準備し結果を残していきたいとした。
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=458291
https://web.ultra-soccer.jp/image/pcimage?image_id=205874

【「ここで耐え切れるチームが本当に強いチーム」イラクに惨敗、堂安律が次戦へ意気込み「本当の強さが試される」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/19(金) 00:22:05.17 ID:B6G8VLff9
https://news.yahoo.co.jp/articles/b93e170ca1a3e23b1430abff6a8803f6a316f4cd

「地上波で放送されてないのは問題だと思う」 堂安律、アジア杯の放映状況に意見「大人の事情があると思いますけど...」


 日本代表は1月19日、アジアカップのグループステージ第2節でイラクと対戦する。

 4-2で勝利したベトナムとの第1節では63分から途中出場した堂安律は、報道陣から「(日本がワールドカップ初出場を逃した1993年の)ドーハの悲劇以来、このドーハでイラクとやる」と聞くと、「そうなんですね。知らなかったです」と反応した。

「その情報も知らなかったので、逆に知らない方がいいかなと(笑)。特に森保さんとかスタッフ陣は選手以上に熱くなってるかもしれないし、みんな団結して、チーム日本代表でしっかり戦いたいと思います」

 右サイドで先発する可能性もあるレフティは、「(イラク戦は)地上波で(放送を)やってくれると思うので。(ベトナム戦と第3節のインドネシア戦など)アジアカップが地上波で放送されてないとか、いろんな大人の事情があると思いますけど、問題だと思う」と意見。「誰のせいだとかは俺も分からないですけど、その意味で注目される試合になればと思います」と意気込んだ。

 2022年のワールドカップで2ゴールを叩き込んだ男が、再びカタールの地で日本をのファンを熱狂させるか。

【「地上波で放送されてないのは問題だと思う」 堂安律、アジア杯の放映状況に意見「大人の事情があると思いますけど...」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/18(木) 23:18:55.35 ID:QOGiRyQw9
1/18(木) 22:30配信
スポーツ報知

 【ドーハ(カタール)18日=ペン・星野浩司、カメラ・今成良輔】 サッカー日本代表はアジア杯1次リーグ第2戦・イラク戦(19日)に向けて練習を行い、冒頭約15分間が公開された。MF堂安律(フライブルク)は大会期間中に髪色をチェンジすると予告した。

 20歳で出場した19年の前回大会では、同じ1月18日に決勝トーナメントに向けて髪を黒から茶色に染めた。自身は6試合に出場して2得点、チームは準優勝に終わった。

 「決勝まであんまり(パフォーマンスは)変わらなかった。良くなかった。でも、(今回も)どこかで髪の毛変えようと思う」と宣言した。22年カタールW杯でDF長友佑都(FC東京)が髪を赤く染めてプレーしたが、「ダメダメ、赤髪ダメ!」と笑わせた。

 イラク戦は、有料スポーツチャンネル・DAZNに加え、今大会で初めてテレビ朝日系で地上波放送される。「アジア杯が地上波で放送されていないのは、いろんな大人の事情があると思うけど、問題だと思うので、誰のせいとかは分からないけど、そういう意味では注目される一戦になればと思う」と期待を寄せた。

 さらに、「ダゾーンが金額また上がったと…」と堂安。DAZNが2月14日から基本プランが月額3700円から4200円に値上げすると発表したことを聞くと「そんな上がったたんですか、きついですね」と驚きの表情を見せた。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6008e9276871bfa11f9cc480e90ddbd2b981508

【日本代表MF堂安律、DAZN値上げに「そんなに上がったんですか!きついですね」】の続きを読む

このページのトップヘ