SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

報徳学園

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 14:14:49.11 ID:v1Aq57589
報徳学園 200000000-2
健大高崎 20100000X-3

【投手】
報徳学園:今朝丸
健大高崎:石垣→佐藤

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_spring/game/2021022392/score

【第96回センバツ高校野球・決勝 高崎健康福祉大高崎が3-2で報徳学園を下して春夏通じて初の甲子園優勝 群馬県勢初の選抜制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/01(土) 14:20:28.74 ID:0Q+utvTx9
報徳学園 0 0 0  2 0 0  0 1 0|3 
山梨学院 0 0 0  0 7 0  0 0 X|7 


【バッテリー】
(報)間木、今朝丸、星山 - 堀
(山)林 - 佐仲

【本塁打】
(報)
(山)佐仲1号(5回裏2ラン)
   

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_spring/game/2021014415/top/

【第95回選抜高校野球・決勝 報徳学園 3-7 山梨学院 山梨学院がセンバツ初優勝!山梨県勢としても初の甲子園優勝!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/31(金) 16:23:25.26 ID:XsJEEHt/9
◇第95回選抜高校野球大会準決勝 報徳学園7-5大阪桐蔭(2023年3月31日 甲子園)

報徳学園が逆転勝ちで前回優勝した02年以来、21年ぶりの決勝進出を決めた。

先発・盛田智矢(3年)が3回、2四球から崩れ、徳丸に適時打を浴び先制点を許すと、続く南川にも四球を与え2死満塁で降板。
後を継いだ間木歩(2年)も連続適時打を浴びるなど、この回だけで5点を失った。

それでも打線が直後の3回裏、間木の適時内野安打、山増達也(3年)の左犠飛で2点を奪取。3点を追う7回に林純司(3年)の
適時二塁打などで3点を奪って5-5に追いついた。

さらに、8回は相手エース・前田悠伍(3年)を攻め、1死一塁から4番・石野蓮授(3年)の左越え適時二塁打で勝ち越しに成功。
西村大和(2年)にも適時打が飛び出し、リードを2点に広げた。

投手陣は盛田、間木とつないで最終回は3番手・今朝丸裕喜(2年)がリードを守り抜き、試合を締めた。

大阪桐蔭と甲子園で対決したのは2008年夏の準々決勝以来で、当時は4-7で敗戦。見事に雪辱を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8023ebf031b5e28e35c842ed87b29dbbec85a6f6

【第95回選抜高校野球・準決勝 報徳学園が大阪桐蔭に逆転勝ち!前回優勝02年以来21年ぶり決勝 大阪桐蔭は史上初の2度目春連覇を逃す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/29(水) 19:21:34.75 ID:PFG8R3co9
 ◇第95回選抜高校野球大会準々決勝(2023年3月29日 甲子園)

 準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろった。

 第1試合では山梨学院が作新学院を12-3で下し、初の準決勝進出。第2試合は広陵が専大松戸を9-2、第3試合は大阪桐蔭が東海大菅生を6-1で下した。第4試合は報徳学園が延長タイブレークの末、昨夏王者・仙台育英を5-4で破った。

 31日の準決勝は山梨学院-広陵、大阪桐蔭-報徳学園が対戦する。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/87fa268a1c956b15f326c320934a54989e878d76

【第95回選抜高校野球 4強出そろう 準決勝は山梨学院-広陵、大阪桐蔭-報徳学園】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/29(水) 19:57:36.65 ID:yzIHO4549
スポニチ[ 2023年3月29日 19:10 ]
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/03/29/kiji/20230329s00001002452000c.html

第95回選抜高校野球大会準々決勝 報徳学園5ー4仙台育英 ( 2023年3月29日 甲子園 )

 報徳学園がサヨナラで仙台育英を下し、17年以来となる4強入りを決めた。
 3-1とリードして迎えた9回に同点に追いつかれ、2試合連続で延長タイブレーク。延長10回に1点を勝ち越されたが、先頭・竹内の犠打を三塁手がエラーし、同点に追いついた。2死満塁、山増竜也(3年)が左前適時打を放ち、サヨナラ勝利を収めた。

 大角健二監督は「生徒たちに助けてもらって、ありがとうと言いたい」と振り返った。山増には「気持ちが高まる場面。ボールの内側を叩こう、いつも通りのバッティングをしよう」と声をかけたという。最後まで諦めなかった選手たちを「どんな場面でも楽しむ姿勢を忘れていない、本当に頼もしい姿が見られた。試合ごとに精神的に強くなってくれて、今後も楽しみ」と称えた。

 31日の準決勝は大阪桐蔭との近畿対決となった。「秋に負けてその思いを胸に冬はやってきたので、今日以上のゲームをやってくれると思う」と指揮官は力を込めた。

【第95回選抜高校野球・準々決勝 報徳学園サヨナラ4強 昨夏王者・仙台育英を延長タイブレークで下す 大角監督「ありがとう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/24(金) 11:54:00.89 ID:HUq96Ea+9
◇第95回選抜高校野球大会2回戦 高崎健康福祉大高崎2-7報徳学園(2023年3月24日 甲子園)

 2回戦で高崎健康福祉大高崎(群馬)は2-7で報徳学園(兵庫)に敗れ、春夏通算9度目の出場(20年センバツはコロナ禍で中止)で初の初戦敗退を喫した。

 伝統の「機動破壊」をベースに、今年のチームは機動力と打撃力を融合させた「積極的機動破壊」がテーマ。昨秋、公式戦8試合18盗塁を記録した。

 この日は初回、2死一塁から4番・箱山の左前適時打で先制。しかし先発したエース・小玉が2回に突如乱れ、3者連続押し出し四球で逆転を許した。

 それでも7回無死二塁から、7番・狩野が三塁線へセーフティバントして持ち味を発揮。内野安打として一、三塁とチャンスを広げ、代打・団之原が右犠飛で1点を返した。しかし、反撃もそこまでだった。

 ▼高崎健康福祉大高崎・青柳博文監督 相手も力があって思うような展開に持ち込めなかった。先発の小玉は立ち上がりからいつもあんな感じで、のらりくらりとかわしていくのが持ち味だったが、今日先に失点してしまった。攻撃もなかなかチャンスをつかむことができなかった。後半勝負と思っていたがその前に勝負どころまで持ち込めなかった。

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/03/24/kiji/20230324s00001002236000c.html
2023年3月24日

【第95回選抜高校野球・2回戦 高崎健康福祉大高崎 甲子園春夏通じ初の初戦敗退 報徳学園に逆転負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/07(土) 15:17:32.10 ID:KSxNgq6d9
◇全国高校ラグビー大会決勝(2023年1月7日 花園ラグビー場)

第102回全国高校ラグビー大会決勝戦が7日、東大阪市の花園ラグビー場で行われ、東福岡が決勝で報徳学園(兵庫)を下し、
6大会ぶり7回目の全国制覇を成し遂げた。

春の選抜大会では決勝をコロナの影響で辞退、夏の7人制決勝では17―31で敗れ、いずれも報徳学園の優勝を許したが、
決着をつける花園でFW、バックスが一体となったラグビーで報徳学園の3冠を阻止した。

試合は東福岡が先手。開始早々と前半12分にトライを奪い、12-0とリードを広げた。報徳学園も同22分にトライを奪って反撃。
後半2分にはPGを決めて、2点差まで詰め寄った。

だが、東福岡は同10分にトライを奪って突き放すと、同18分、23分にも追加点。試合の大勢を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9f90ece49c8b3e3948f4c2ab84ff79efa6917fa

【第102回高校ラグビー大会・決勝 東福岡が41-10で報徳学園を下し、6大会ぶり7度目の全国制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/01(日) 13:54:44.31 ID:EEcBqETp9
スポニチ 2023年1月1日 12:20
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/01/01/kiji/20230101s00044000284000c.html

高校3冠を目指す報徳学園(兵庫)は、26―0で国学院久我山(東京第1)に勝利し準々決勝に駒を進めた。完封勝利は、同校にとって97回大会の富山第一戦(105―0)以来、5大会ぶりとなった。

史上4校目となる3冠を目指し、高校日本代表候補8人を擁するタレント軍団。まずは前半11分に今大会初先発の高校日本代表候補CTB炭竈柚斗(3年)が守備網を突破し、倒れそうになりながらも立ち上がり、そのまま相手選手を引きずったままトライを奪う。ここから勢いに乗ってチームは計4トライ。炭竈は豪快なボールキャリーを何度も見せて勝利に貢献した。

岐阜県出身で、父が関商工などでラグビーをしていたころもあり、幼稚園の年中からラグビーを始めた炭竈。小学校6年時にはレスリングにも打ち込み「タックルの低さに生かされています」。徐々に頭角を現し、複数の選択肢があった中で「自由なラグビーができる」と報徳学園の門をたたいた。

1メートル74、95キロのサイズで、チーム一の大食漢。1回戦は先発落ちだったものの「悔しさはあったけど、切り替えてやりました」と振り返る。バックス陣の突破役が、3冠を目指すチームを支える。

【<高校ラグビー>報徳学園、完封で国学院久我山下して8強 3冠へ高校日本代表候補CTB炭竈柚斗が大暴れ】の続きを読む

このページのトップヘ