SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

声出し応援

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/14(金) 17:43:01.01 ID:qk+DKntA9
 阪神は14日、公式ツイッターを更新。声出し応援が解禁となった今季だが、「【重要】」と題し「球場での声出し応援が可能になっておりますが、観戦されるファンの皆様におかれましては、『選手を誹謗中傷するようなヤジ』、『侮辱的な替え歌』は絶対にお止め頂きますようお願いいたします」と、注意喚起した。

 「選手を勇気付ける声援を送り、共に『A.R.E.』を目指して行きましょう!」と、呼びかけた。

https://www.daily.co.jp/tigers/2023/04/14/0016243880.shtml
デイリースポーツ

依頼
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1681409611/43

【阪神、声出し応援解禁で異例の注意喚起「『誹謗中傷ヤジ』、『侮辱的な替え歌』は絶対にお止め頂きますようお願いいたします」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/15(水) 20:05:34.66 ID:84xvR0rX9
東京新聞2023年3月15日 14時32分 (共同通信)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/238169

日本高校野球連盟は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で18日に開幕する選抜高校野球大会で、観客のマスクなしでの声出し応援を認めると発表した。14日の持ち回りの運営委員会で「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の一部を改訂した。

アルプススタンドなどでの声出し応援におけるマスク着用は、個人や学校の判断に任せる。2月に発表したガイドラインでは、マスクを着用せずに大声を出すなどの行為があった場合「個別に注意、退場処分などの措置を講じる」としていた。

13日からマスク着用を個人の判断に委ねた政府の指針を受けた。

【センバツ、マスクなし声出し可 甲子園球場で18日開幕】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 18:12:40.61 ID:CAP_USER9
 Jリーグは26日、野々村芳和チェアマンが裁定委員会に諮問し、サポーターによる違反行為があったJ1浦和に対して、けん責と罰金2000万円の処罰を科すと発表した。

 浦和サポーターは、Jリーグによる声出し応援の緩和に向けた実証実験の対象外だった5月21日の鹿島戦(埼玉スタジアム)の試合前に数百人がスタジアム正面入口付近でブーイングや声を出して応援歌を大合唱。一部のサポーターはマスクを着用せずに大声を出し、新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン違反を繰り返した。

 また、7月2日のG大阪戦(パナスタ)では一部の浦和サポーターが集団で試合中に応援歌を大合唱した。これらの行為が今回の懲罰の対象となった。

 Jリーグの発表では「浦和レッズに対するサポーターの行為に起因する懲罰事案は、複数回に及んでおり看過できないものとなっている。集団で声を出して応援することはサポーターによる応援の本質的事項に関わるものであり、声出し応援の禁止等のガイドライン遵守をはじめとする秩序維持にはサポーターの強い自律が必要であって、クラブには、これを促すための不断の改善努力が求められる。短期間のうちに少なくとも複数回にわたり秩序を損なう行為を阻止できなかったことは重く受け止めざるを得ない」と説明された。

 今後については「Jリーグも浦和レッズと共に再発防止に向けて対応するものの、浦和レッズが再びサポーターの行為に起因する懲罰事案を発生させた場合、無観客試合の開催又は勝点減といった懲罰を諮問する可能性があることを付言しておく」と記された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bfe4cf37164b1f256953d1309ff1cc9d9a18f0a5

【Jリーグ、浦和へ罰金2000万円の懲罰が決定! サポーターが声出し応援の違反行為連発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/05(火) 22:51:38.90 ID:CAP_USER9
Jリーグの野々村芳和チェアマンは5日、臨時実行委員会後にオンラインで会見を行い、2日のG大阪―浦和戦(パナスタ)などで新型コロナウイルス対策として禁止されている「声出し応援」をサポーターが繰り返したJ1浦和の運営責任を問い、上限2000万円の罰金を科すことを裁定委員会に諮問することを明かした。今後、同様の事象が起こった場合は、無観客試合や勝ち点剥奪も含めて同委員会に諮問した上で罰則を科す考えを示した。

 野々村チェアマンは、5月21日の浦和―鹿島戦(埼玉)でも同様の事案が確認されたと説明。「今回の事案に関して、51条の運営責任を問うところがある。上限2000万の科すこと。同じようなことが起こった場合、無観客試合、勝ち点を剥奪することも第三者委員会に諮問した上で、ペナルティーを科しますよとお伝えさせていただいた」とし、「こういった対応を取らないと、リーグ、ほかのサポーターに対しても示しがつかない。こういう対応になるのはしかたない」と話した。

 浦和―G大阪戦、Jリーグによる声出し応援の緩和に向けた実証実験の対象外。浦和サポーターがブーイングを繰り返し、得点後にはチャント(応援歌)を合唱するなどルール違反が目立った。野々村チェアマンは4日に「残念としか言いようがない」と苦言を呈していた。

 浦和はこの日、公式サイトで声明を発表。サポーターによる「声出し応援」を認め、「Jリーグに関わるすべての皆さまのこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識しております。心よりお詫び申し上げます」などと謝罪した。

 今後は「事前周知」と「試合当日」の再発防止策を徹底。試合当日については「違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む)」と記された。「今後はより一層の、当該ガイドライン遵守の啓発、並びに違反行為への適時適切且つ毅然とした対応を、責任をもって行ってまいります」と、厳しく対応する姿勢を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c21a8a0ad7c0f352085e1b75be8f814b9ffcb088

【Jリーグ、観客の「声出し応援」で浦和に罰金上限2000万円諮問へ…無観客試合や勝ち点剥奪も】の続きを読む

このページのトップヘ