SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

大仁田厚

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/01(土) 12:16:36.12 ID:CAP_USER9
10/1(土) 11:51配信
東スポWeb

心不全で死去のアントニオ猪木さんを大仁田厚が追悼「馬場さんとはまた違う大きな大きな存在」

 プロレス界のスーパースター、アントニオ猪木さん(本名猪木寛至)が1日、「心不全」のため79歳で死去し、マット界は深い悲しみに包まれている。

 邪道・大仁田厚は自身のツイッターを更新し「ひとつの時代が終わった。ニュース見て頭が真っ白になった。(ジャイアント)馬場さんとはまた違う大きな大きな存在。交渉の席で決裂し、結局対戦することはなかった。いつも心のどこかに引っかかったままだった。偉大なプロレス界の父、猪木さん。ありがとうございました。心から哀悼の意を表します」とつづった。

 また、米WWEで活躍する中邑真輔は「お疲れ様でございました」という言葉とともに猪木さんとのツーショット写真をツイッターに投稿。里村明衣子は「一つの時代が終わったよう」とつづった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a233f2ddfe807cdb7bb95eda2a60a9a1bc2bf8d6

【「馬場さんとはまた違う大きな大きな存在」心不全で死去のアントニオ猪木さんを大仁田厚が追悼】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 08:51:49.89 ID:CAP_USER9
川崎フロンターレは8月13日、公式ツイッターを更新。J1第25節・京都サンガ戦の中止に伴い、試合前のイベントに出演予定だったプロレスラー大仁田厚さんのコメント動画を公開した。

 川崎は台風接近の影響を鑑み、この日の19時キックオフ予定だった京都戦の中止を発表。それにより、同試合で実施予定だった企画『26(フロ)周年記念特別企画「ボーイズビーアンビシャス」』も中止となった。

このイベントでとくに注目を集めていたのが、大仁田さんによる「電流爆破マッチ」。ただ、これに関しては前日の12日にすでに中止が決定しており、その際に大仁田さんは自身のツイッターで次のように思いを綴っていた。

「フロンターレさんよ フロンターレさんよ フロンターレさんよ!俺は!風が吹こうが、雨が降ろうが、リングが無くとも電流爆破バットを持って等々力へ行く!決まったものはやる!馬場さんの教えだ!俺たちレスラーを止められないぜ!ファイヤー」

しかし当日に試合自体の中止が決定し、川崎はツイッターで、会場に訪れた大仁田さんのコメント動画を公開。等々力陸上競技場のピッチを背景にずぶ濡れで登場した大仁田さんは、
「ファイアー!大仁田厚です。台風がやってきまして、試合が中止になりました。申し訳ありません」と頭を下げ、こう続けた。

「みなさんですね、来る用意をしていた人たち、そしてこの試合を楽しみにしていた人たちに申し訳ないです。今日は家でゆっくりしてください。
また試合があると思うので、川崎フロンターレをよろしくお願いします。ということで、僕らも寂しく帰りますので、じゃあ」

この動画にはファンからも、「いい人だぁ」「大仁田さん好きになりそう」「すごく常識的な対応」「大仁田さんが謝る必要はひとつもないです」「男気謝罪、さすが大仁田厚さん」
「雨の中、朝から準備をしていただき本当に感謝しております」「いつか等々力で電流爆破マッチを是非」といった賞賛の声が上がった。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=115043
動画
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=115043

【「いい人だぁ」川崎、台風の影響で試合&イベント中止…大仁田厚の“ずぶ濡れ男気謝罪”に称賛の声!「謝る必要はないです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 23:31:46.67 ID:CAP_USER9
邪道・大仁田厚(64)が、サッカー界に電流爆破デスマッチ参戦を呼びかけた。

 8月13日に神奈川・等々力陸上競技場で行われるサッカーJ1、川崎―京都に大仁田が来場し、試合前に電流爆破マッチを行う。これが発表されたのが、
6万4922人の大観衆を集めて20日に新国立競技場で行われた川崎とフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)の試合だった。

大仁田は「PSGといえば(リオネル)メッシにネイマール、(キリアン)エムバペだよな? 世界的スターが集まった6万人の前で、
俺の電流爆破が紹介されたんだから光栄ですよ」としつつ「爆破のインパクトは、メッシにもネイマールにも負けないから」と強調することを忘れなかった。

Jリーグの会場での電流爆破戦は、もちろん史上初となる。大仁田は「Jリーガーの皆さんよ、俺の試合を見て『我こそは』と思う選手は、電流爆破のリングに上がって来い! いつでも歓迎しますよ」と呼びかけた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/4346021/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/07/e52552ab8d30af15bc3f18f6feaadd94-450x302.jpg

【「メッシ、ネイマールに負けないんじゃ!」大仁田厚 8・13電流爆破マッチをJ1川崎―京都戦で開催】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 08:53:59.05 ID:CAP_USER9
「世紀の一戦」の地上波放送〝ドタキャン騒動〟に、FMW―E率いる邪道・大仁田厚(64)が反応した。

 キック界の神童こと那須川天心(23)とK―1のエース・武尊(30)が対戦する立ち技メガイベント「THE MATCH 2022」(19日、東京ドーム)は、フジテレビが生中継する予定だったが、一転して見送ると発表された。試合視聴は「ABEMA」によるPPVのみ。大仁田は「時代の流れなのかな」と珍しく冷静に分析した。

 海外に目を向ければプロレスやボクシング、総合格闘技などはすでにPPVが主流の国も少なくない。「米国なんかは(1試合で)数百億円を稼いでいるケースもあるもんな」。こう話す邪道も実は、2000年7月30日に長州力とノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチで激突した一戦で、プロレス初のPPVを経験済み。「当時でも億単位稼いだと聞いている」と莫大なカネを生み出したという。

 放送見送りの理由については、週刊ポスト誌で大会実行委員を務める「RIZIN」の榊原信行CEOと反社の関連を示唆する音声が流出したと報じられたことなど、さまざまな臆測が飛び交っている。榊原氏は反社との関係を否定し「もう1回フジテレビさんに戻ってきてほしい」と呼び掛けているが、PPV先駆者の大仁田は「いろんな事情があるんだろう」とした上で「世の中の価値観が変わってきている。今後は格闘技の地上波撤退に拍車がかかるんじゃないか」と、ただでさえ数少ない地上波放送が〝ドミノ方式〟で消滅する可能性を指摘した。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/05960e1e0c51fc3a2da9f43c6097f919cb050a73

【「格闘技の地上波撤退に拍車かかる」 邪道・大仁田が「世紀の一戦」の地上波放送〝ドタキャン騒動〟に反応】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 08:51:18.28 ID:CAP_USER9
3/8(火) 7:52配信
スポーツ報知

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚が8日、自身のツイッターを更新。ロシア軍のウクライナ侵攻に絡め、日本の領土問題に言及した。

 この日、岸田文雄首相が7日の参院予算委員会で、北方領土について「わが国の固有の領土、わが国が主権を有する領土だ」と明言したことを報じた記事を貼り付けた大仁田。

 「岸田総理へ」のハッシュタグのもと書き始めると、「それなら尖閣も『固有の領土』ですが中国が領海侵犯や領空侵犯を繰り返す始末」とつづり、「ロシアのウクライナ侵攻を見ていると明日は日本に降りかかるかもしれないのだ」と続けていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-03081008-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/69be3ca21603bff8aaffafc23f84b5f5bd79508e

【プロレスラー大仁田厚、岸田首相の「北方領土は日本固有の領土」発言受け「それなら尖閣も『固有の領土』ですが」】の続きを読む

このページのトップヘ