SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

大勢

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/25(金) 18:19:21.19 ID:LI0nnCSs9
◆ チームを支えた若きリリーバーに勲章

 プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」が25日に開催され、セ・リーグ新人王に巨人の大勢投手(23)、パ・リーグ新人王に西武の水上由伸投手(24)が選出された。

 水上は帝京三高から四国学院大を経て、20年育成ドラフト5位で西武に入団。ルーキーイヤーの昨季途中に支配下昇格を果たすと、プロ2年目の今季は60試合に登板し防御率1.77の好成績をマーク。リーグ最多タイの35ホールドポイントを挙げ、同僚の平良海馬投手とともに「最優秀中継ぎ投手賞」も受賞した。

 大勢は西脇工高から関西国際大を経て21年ドラフト1位で巨人に入団したルーキー。開幕からクローザーの大役を任されると、57試合に登板し防御率2.05、リーグ3位および歴代新人最多タイの37セーブを挙げる活躍を見せた。

 新人王を巡っては、オリックスの2年目右腕・阿部翔太投手(30)も有力候補と見られていたが受賞ならず。セ・リーグでは「最優秀中継ぎ投手賞」にも輝いた阪神の湯浅京己投手(23)が連盟特別表彰「セ・リーグ新人特別賞」を受賞した。
BASEBALL KING

https://news.yahoo.co.jp/articles/8753e91d1a4d105fbd6b48d56f60cc99f18bd65a

【新人王は西武・水上と巨人・大勢 阪神の湯浅は新人特別賞】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 20:43:32.78 ID:CAP_USER9
 日本野球機構(NPB)は22日、「マイナビオールスターゲーム2022」(26日・ペイペイD、27日・松山)の出場選手変更を以下の通り発表した。

【辞退】

 ▽セ・リーグ

巨人・大勢、菅野智之、中田翔、岡本和真、丸佳浩(新型コロナウイルス陽性判定)、坂本勇人(仙腸関節炎)

▽パ・リーグ

西武・増田達至(新型コロナウイルス陽性判定)

日本ハム・野村佑希(新型コロナウイルス陽性判定)、松本剛(左膝蓋骨骨折)

【補充】

パ・リーグ

西武・本田圭佑、ロッテ・高部瑛斗。

 補充選手は後日、追加発表される。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/c00759a6872b94c776e34088bf735ae683b4d9b9

【巨人・大勢、坂本勇人、中田翔らセ・パ9選手がオールスター出場辞退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 19:32:37.62 ID:CAP_USER9
2022年07月20日 14:37 野球 
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/20/kiji/20220720s00001173441000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/20/jpeg/20220720s00001173440000p_view.jpg

 巨人は20日、大勢投手(23)と菊地大稀投手(23)が、新型コロナウイルスの陽性診断を受けたと発表した。大勢、菊地両投手は、19日に陽性判定を受けた山瀬慎之助捕手(21)らと、同じジャイアンツ寮に入っており、接触の疑いが払しょくできなかったことから、19日にNPBのコロナ特例に基づき、1軍登録を抹消し、SmartAmpPCR検査を受けていた。

 チームはこの日、2軍、3軍の全メンバーに加え、1軍の選手、監督、コーチ、スタッフ ら全員を対象にスクリーニングのためのSmartAmp│PCR検査を実施。感染対策を講じながら、神宮球場でのヤクルト戦に臨む。

【巨人・大勢と菊地がコロナ陽性判定 ともにジャイアンツ寮自室で隔離療養】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 16:39:43.96 ID:jKBZtcI30

【巨人・大勢グラウンドで怪しい動きをしていた】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/07(月) 18:51:28.55 ID:CAP_USER9
3/7(月) 14:06配信
東スポWeb

堀内恒夫氏(東スポWeb)

 巨人OBで野球評論家の堀内恒夫氏(74)が6日に更新した自身のブログで、ドラフト1位右腕・大勢投手(翁田大勢=22、関西国際大)への期待と懸念を記した。

 大勢は6日の日本ハムとのオープン戦(札幌ドーム)に3番手として登板し、1回を完全投球。自己最速となる158キロを計測し、155キロ超の直球を連発した。堀内氏は「球が速い。体も大きい。恵まれた体格だ。大勢のピッチングを観て思ったのは先発として高い能力を持ったピッチャーが巨人に入ってきてくれたということ。久しぶりな感じがする。非常に楽しみだ」と期待を膨らませた。

 一方で、今後の占う上で気がかりとする点も指摘した。「ただ怖いのは巨人が彼を少し寝かせることができるかだな。ちょっと良ければすぐに出す。これが怖い。レベルが上がる途中、つまり中途半端に使ってしまうと能力が開花しきれず小さくまとまってしまうことがある」。広島の育成法を引き合いに「大勢に対しても先発ピッチャーとして育てるため、まずは2軍でしっかり投げさせる。5回6回と投げられる体づくりから。変化球もプロで通用するものにしないとね。上手くいけば今シーズンの中盤から出てこれると思うよ」とした。

 大勢の起用法はまだ決まっていないが、どんな成長曲線を描くのか注目される。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220307-04045523-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b35e01283ff6f92148ef2c31dbdd6192a0bb4c2e

【巨人OBの堀内恒夫氏 ドラ1右腕・大勢に期待も「ちょっと良ければすぐに出す。これが怖い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 06:25:47.28 ID:CAP_USER9
3/8(火) 5:15配信
東スポWeb

評価がうなぎ上りの巨人・大勢(東スポWeb)

 救援陣の重要なピースになるかもしれない。巨人のドラフト1位・大勢(翁田大勢=22、関西国際大)の中継ぎ起用が7日までに決まった。昨季の勝ちパターン左腕・中川皓太(28)は開幕に間に合わない見通しで、剛腕新人に白羽の矢が立った。早くもライバル球団からは「大勢の球威は澤村クラス。対戦が多くなる中継ぎの方が厄介」と警戒の声が上がっている。


 指揮官もゾッコンだ。8日のソフトバンク戦(宇部)に向けて巨人が空路移動した7日に羽田空港で取材に応じた原監督は、6日に自己最速158キロを記録するなど、オープン戦2試合の登板で計2回を完全投球の大勢について「うちのピッチャーの中ではとにかく一番(球の)力があると思いますよ」と絶賛。さらに「昨日も(桑田)真澄(投手チーフコーチ)と(阿部)慎之助(作戦兼ディフェンスチーフコーチ)も含めて話したんだけど、リリーバーとして役割を与えようかと。その方向で場を与えて成長していってもらおう」と続け、中継ぎでの起用を明言した。

 桑田コーチによれば、背景には自主トレ中に故障した中川が「まだまだ時間がかかりそう」という台所事情もあった。そんなところに大勢が〝救世主〟として現れ、本人の意向も「中継ぎのほうがいいです」。首脳陣の思惑とも一致して、救援での起用は「すんなり決まりました」(桑田コーチ)。

 大勢はキャンプイン直前に新型コロナ陽性判定を受けて出遅れ、一軍の沖縄キャンプ合流は2月24日になった。そこから今月3日の西武戦(東京ドーム)、6日の日本ハム戦(札幌ドーム)でそれぞれ1回完全投球を披露し、開幕一軍に大きく前進した。

 そんな右腕にライバル球団の関係者も警戒心を強めている。「大勢は右手首の強さがボールの強さにつながっている。サイドスロー気味から投じる150キロ台後半のボールは澤村(拓一=現レッドソックス)クラスの球威で、コントロールは澤村以上。先発なら対戦はあっても(3連戦で)1回だけど、勝ちパターンなら全てで対戦する可能性もあって厄介だ。対策が必要」と既に〝要注意人物〟の扱いだ。

 澤村といえばルーキーイヤーの2011年に先発で11勝を挙げて新人王に輝くも、その後は制球難もあって15年に抑えに転向して救援に適性を見いだした。ロッテを経てレッドソックスに移籍した昨季は中継ぎで55試合に登板。5勝1敗、10ホールド、防御率3・06の成績でチームのポストシーズン進出に貢献した。

 大勢はまだ実戦で走者を背負う場面がなく、クイック投法など未知数な部分もある。ただ、どこまで成長するか楽しみになってきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-04046687-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0273844eb3cc6f317c6957e41ee9cd9808282d6d

【巨人ドラ1・大勢 “満場一致”でリリーフ起用へ ビビる他球団「球威は澤村級、制球は澤村以上」】の続きを読む

このページのトップヘ