SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

大谷翔平

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/20(土) 14:22:47.31 ID:aDYRlW529
4/20(土) 14:14配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240420-04201125-sph-000-1-view.jpg?exp=10800
スポーツ報知
4回2死一塁、盗塁する大谷翔(カメラ・中島 傑)

◆米大リーグ ドジャース4―9メッツ(19日・米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が19日(日本時間20日)、本拠地・メッツ戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回2死一、二塁の第3打席で右前適時打を放った。得点圏での打席では3月20日の開幕戦(韓国・ソウル、対パドレス)以来21打席ぶりのヒットだった。四球からの盗塁、好走塁で生還と足でもチームをもり立てた。

 試合は4―9で敗れ、今季3度目の2連敗となった。

 先発の山本由伸投手(25)は5試合目でMLB挑戦後最長となる6イニングを投げ、7安打4失点(自責3)9奪三振で降板した。

 2回にソロと失策絡みからの適時打で2失点。3回にも1死二、三塁から適時打と犠飛で2点を奪われた。4回から3イニング連続で無失点と立ち直った。2―4の6回に降板したが、その後マンシーの2点適時打で4―4と一時同点となり、敗戦投手にはならなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cae180565369f31f4b649ff2682b5d571c13e758

【ドジャース・大谷翔平、得点圏で21打席ぶり適時打 山本由伸はMLB最長6回4失点、チームは連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/20(土) 13:12:29.63 ID:aDYRlW529
4/20(土) 13:06配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN
ドジャース・山本由伸投手

■MLB ドジャース-メッツ(日本時間20日、カリフォルニア州ロサンゼルス、ドジャー・スタジアム)

ドジャースの山本由伸(25)は今季5度目の先発登板で、メジャー自身最長の6回99球を投げ7安打4失点(自責3)、奪三振9で降板した。

2回に先制弾を浴びると、2本タイムリーと犠牲フライで3回まで4失点。打線は序盤無得点と沈黙したが、4回に大谷翔平(29)の四球と盗塁からタイムリーで1点を返すと、5回にはその大谷のタイムリーで2-4と2点差に。さらに6回の満塁機から2点タイムリーで同点に追いつき、山本の負けはなくなった。

山本は前回のパドレス戦(13日)では、5回3失点と勝利投手の権利を得てマウンドを降りたが、リリーフ陣が4点リードを守れず本拠地初勝利は持ち越しとなっていた。

この日の1回は先頭のB.ニモをカーブで見逃し三振に仕留めると、S.マルテは左飛、F.リンドアを最後はスプリットで見逃し三振。初回を9球の3者凡退で最高の立ち上がりをみせた。

2回はここまで6本塁打と好調の4番P.アロンソをカーブで空振り三振に抑えるが、続くD.J.スチュワートに甘く入った初球のフォーシームを右翼スタンドに運ばれ、先制本塁打を浴びてしまった。さらに続くF.アルバレスは捕ゴロもW.スミス(29)がファーストへの悪送球で1死二塁に。空振り三振で2アウトとしたが、H.ベイダーにセンターへタイムリーを打たれ0-2とリードを許してしまった。

2巡目に入った3回、1番のB.ニモに四球を与えると、S.マルテにフォーシームを捉えられてレフトフェンス直撃の二塁打。無死二・三塁のピンチにF.リンドアを中飛に打ち取るも、4番P.アロンソにタイムリーを浴び3点目、さらにD.J.スチュワートに犠飛を打たれ0-4と失点を重ねた。

4回は下位打線に対し、1死からエンタイトル2ベース、シングルヒットで二・三塁のピンチ。1番に戻りB.ニモ、S.マルテをスプリットで2者連続の空振り三振で切り抜けた。

打線は3回まで1安打と沈黙も、4回に先頭・大谷翔平(29)が四球で出塁すると、2死で今季5度目の盗塁に成功。さらにT.ヘルナンデス(31)のタイムリーでようやく1点を返した。

5回の山本は、中軸に対しF.リンドア、アロンソを打ち取ると、スチュワートを空振り三振に仕留め、8球でこの回を切り抜けた。さらにメジャー初の6回のマウンドに向かい、ヒットを一本許したが、最後は見逃し三振で抑えた。この試合の奪三振はメジャー自身最多の「9」に。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e4f0b43f70bed36c2fce643b128bd401303e1a9

【ドジャース・山本由伸、メジャー最長6回99球も4失点で降板...打線は大谷翔平のタイムリーなどから6回同点に追いつく】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/20(土) 09:59:20.39 ID:aDYRlW529
4/20(土) 7:26配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240420-00000089-spnannex-000-6-view.jpg?pri=l

スポニチアネックス
<ドジャース・メッツ>キャッチボールをする大谷(撮影・光山 貴大)

 ◇ナ・リーグ ドジャース―メッツ(2024年4月19日 ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手(29)は19日(日本時間20日)、本拠でのメッツ戦に「2番・DH」で先発メンバーに名を連ねた。先発は山本由伸投手(25)で、2勝目を目指す。

 大谷は17日(同18日)、ナショナルズ戦で今季3度目の3安打を放った。31安打は両リーグトップに並び、打率・360はナ・リーグ5位に浮上した。

 メッツ戦で日本選手最多を更新する176号に期待がかかる。

 山本は12日(同13日)、本拠地ロサンゼルスでのパドレス戦に先発。5回4安打3失点で勝利投手の権利を手にしたが、7回にリリーフ陣が同点を許し、2勝目はお預けとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/70a4c3be3a716deba1cbceb5310622557fc894c2

【ドジャース・大谷翔平、メッツ戦に「2番・DH」でスタメン 山本由伸が先発、2勝目目指す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 17:14:56.95 ID:J2hXzz9W9
https://www.j-cast.com/images/2024/04/news_20240418143108.jpg

4/18(木) 14:47配信

J-CASTニュース
ドジャース公式インスタグラムより

 アメリカメディア「ブリーチャー レポート」は2024年4月15日、MLBで最も美しいスイングをする選手トップ10を掲載し、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が1位に選ばれた。

【画像】右足はバレリーナのようにつま先で…

■「美しいスイング」といえばケン・グリフィーJr.だが、現役選手では誰?

 「現在のMLBで最もスイングが美しい選手トップ10」との見出しで、記事は「ケン・グリフィーJr.がMLB史上最も美しいスイングをしていたことは誰もが知っているが、現在、最も美しいスイングをするのは誰でしょうか?」と始まる。

 ケン・グリフィーJr.氏はシアトル・マリナーズなどで活躍し、通算630本塁打を放ったMLBのレジェンドプレイヤーだ。

 「ブリーチャー レポート」が発表した、美しいスイングをする選手トップ10は次の通り。

1位大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)
  2位マイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)
  3位ヨルダン・アルバレス(ヒューストン・アストロズ)
  4位フレディ・フリーマン(ロサンゼルス・ドジャース)
  5位ロナルド・アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)
  6位ムーキー・ベッツ(ロサンゼルス・ドジャース)
  7位ボビー・ウィットJr.(カンザスシティ・ロイヤルズ)
  8位アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)
  9位ブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)
  10位ルイス・アラエス(マイアミ・マーリンズ)

 1位に選ばれたのは大谷選手。2位は昨シーズンまでチームメイトだったトラウト選手、4位に現在のチームメイト、フリーマン選手、6位にベッツ選手と好打者が並ぶ。

 大谷選手を1位に選んだ理由として、「大谷には無駄な動きがない。スラッガーの中には、大きなストライドによってパワーを生み出す選手もいるが、彼はほとんどの場合、右足を地面から完全に持ち上げることをしない。彼はまるでバレリーナのように右足のつま先で立ち上がってから、かかとを元の位置に戻す。後ろ足から前足に体重を移動し、ボールをとらえるまで上半身を動かさない。まさに教科書で、ゴージャスだ」と説明している。

 Xでも「スイングも走る姿も、全て美しいし格好いいですね」「投げる姿なんかもっとバレリーナですよね」「大谷さんのプレーする姿 そのフォーム 全てが美しくて魅了されます」などのコメントが見られた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4326c47dc16e7445cc4315006a135a057ebe2fc8

【「まるでバレリーナのよう」大谷翔平、MLBで最も美しいスイング1位に「全てが美しくて魅了されます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 12:03:39.80 ID:J2hXzz9W9
4/18(木) 11:16配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240418-00299437-tospoweb-000-1-view.jpg?pri=l
東スポWEB
足でも魅せた

【カリフォルニア州ロサンゼルス17日(日本時間18日)発】ドジャースの大谷翔平投手(29)は本拠地でのナショナルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、打球速度95マイル(約152・9キロ)以上のハードヒットに分類される弾丸安打を3本放ち、4打数3安打、1盗塁だった。今季31安打はメジャートップタイで打率3割6分はナ・リーグ4位。ゴジラ超えとなる日本選手最多の176本目の本塁打は5試合連続でお預け。チームは今季初の零敗で2カード連続負け越しとなった中で唯一の光明だ。

【写真】薬指に指輪がキラリ!夫を見守る真美子さん

屈辱の零敗の中、大谷の弾丸ショーがチームにとってもファンにとっても救いになった。幕が上がったのは2点を追う初回一死無走者だった。相手先発の右腕アービンの1ストライクからの2球目、内角高めに食い込んできた92・3マイル(約148・5キロ)のカットボールを強打。甲高い打球音を発した打球速度107・9マイル(約173・6キロ)の弾丸ライナーはあっという間に右前に弾んだ。

 6回先頭はカウント1―2からの4球目、外角低めの80・6マイル(約129・7キロ)のカーブをバットの先で拾って振り切る技ありの一打。打球速度106・7マイル(約171・7キロ)で右前に運んだ。マルチ安打は2試合連続、今季10度目。

 8回二死無走者は3番手の剛球右腕ハービーと対戦。98マイル(約157・7キロ)台のフォーシームで押し込まれるも力負けしなかった。カウント2―2からの6球目、98・6マイル(約158・7キロ)の外角フォーシームにバットを合わせて押し込んだ。打球速度99マイル(約159・3キロ)の痛烈なライナーは中堅左に飛んだ。続くフリーマンの3球目に二盗に成功したが、得点につながらなかった。

 3安打は5試合ぶりで今季3度目。31安打は試合終了時点で同僚のベッツ、アストロズのアルテューベと並んでメジャートップタイだ。打率を3割6分に上げ、ナ・リーグ4位につけている。

 一方、得点圏では3月20日の韓国・ソウルでのパドレスとの開幕戦の8回一死一、二塁で左前適時打を放って以降、2犠飛を含み20打席無安打。通算19打数1安打、打率5分3厘、4打点とサッパリ。米メディアでも厳しい論調が出ているが、悲観する必要はない。

 今季は打球速度約152・9キロ以上のハードヒット(凡打も含む)、弾丸打球が増えているのだ。試合終了時点でハードヒット42本は堂々メジャートップ。ちなみに昨季は193本でメジャー42位だった。開幕から21試合とサンプルは少ないが、進化している。それも怪物的にだ。

 打者専念で集中力が増しているのに加え、MVPトリオのベッツ、フリーマン、4番スミス、強打のマンシー、勝負強さを発揮しているT・ヘルナンデスらから刺激を受けているのだろう。打球速度が速くなっているということは、角度が付きさえすれば柵越えも自然と増加する。現在は量産前の小康状態といえそうだ。

 前日、3度の得点圏でいずれも初球打ちで凡退したことに「好機で積極的になり過ぎている部分はある。われわれで手綱を締める必要があるかもしれない」と苦言を呈したロバーツ監督も一転、絶賛。

「大谷はファンタスティックだった。とても良い仕事をしたと思うよ。良い投手ら相手にね。ストライクゾーンをうまくコントロールし、実際にゾーンに入ってきた時には、強く打った。このまま続けられれば、彼の能力ならさらに良くなると思う」。指揮官も予感しているようだ。

 背番号「17」が豪快なアーチを連発するのは時間の問題だ。待ち遠しい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af656ffc1b9071dda2a06c81a8258aae5a9b9830

【“ヒットマン”大谷翔平 前日ダメ出しのロバーツ監督が手の平返し「ファンタスティックだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 07:55:03.89 ID:J2hXzz9W9
4/18(木) 7:18配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240418-01543899-fullcount-000-8-view.jpg?exp=10800
Full-Count
31安打はメジャー全体でもトップタイ、2010年イチロー以来14年ぶり快挙に期待
8回に安打を放ったドジャース・大谷翔平【写真:ロイター】

■ナショナルズ 2ー0 ドジャース(日本時間18日・ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地・ナショナルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、今季3度目の1試合3安打をマークした。4打数3安打で打率.360、OPS1.040。今季の安打数を31安打とし、ドジャース・ベッツに並んでリーグトップとなった。

【映像】大谷翔平が「嘘だぁぁぁ」 ロッカールームにこだました絶叫

 大谷の快音が止まらない。初回1死の右前打で4試合連続安打、16試合連続出塁に伸ばすと、6回先頭の右前打で2試合連続、今季10度目のマルチ安打をマーク。8回2死の中前打で、5試合ぶり今季3度目の1試合3安打。その後、二盗を決め、今季4個目の盗塁も決めた。ロバーツ監督は「ショウヘイはファンタスティック。強い打球を打っていた。彼なら継続できる」と今後に期待を込めた。

 リーグの安打数の上位者では、6本差で追う3位タイのダイヤモンドバックス・マルテ、ブレーブス・オズナは試合終了している。なお、大谷、ベッツの31安打はメジャー全体でもトップタイだ。日本人選手でリーグ最多安打を記録したのは2010年イチロー(マリナーズ)が最後。14年ぶりの快挙達成となるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8828391616febe5938287f687a70da03477e679

【ドジャース・大谷翔平がリーグ最多安打に!3安打固め打ちでベッツに並ぶ、イチロー以来の快挙も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 06:33:50.57 ID:J2hXzz9W9
4/18(木) 6:26配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240418-00010000-abema-000-1-view.jpg?pri=l
ABEMA TIMES
大谷翔平

【MLB】ドジャース 0-2 ナショナルズ(4月17日・日本時間18日/ロサンゼルス)

【映像】大谷翔平の衝撃アーチに少年ファンが“口あんぐり”(第4号)

 ドジャースの大谷翔平投手が「2番・DH」でナショナルズ戦に先発出場。5試合ぶり今季3度目となる猛打賞を記録するなど、4打数3安打1盗塁で打率を.360まで上げた。ドジャースは得点を奪えず今季初の完封負けで、2カード連続での負け越しとなった。

 前日のナショナルズ戦で4試合ぶりの複数安打を放った大谷。今季は20試合に出場し、82打数、28安打、4本塁打、10打点、打率.341、出塁率..385、長打率.634、OPS1.019の成績を残していた。

 この日の第1打席は2点を追いかける状況で迎えた。先頭のベッツ内野手がセンターフライに倒れて1死ランナーなしの中、1ボールからの2球目、内角へのカットボールを捉える。打球速度107.9マイル(約173.6キロ)の弾丸がライト前へと運ばれ、5試合連続安打とした。

 3回の第2打席も1死ランナーなしで打席が回ってくると、初球の高め真っ直ぐにフルスイング。続く2球目も高めに投じられたストレートに合わせてスイングするも、詰まってレフトフライに倒れた。

 6回に先頭で迎えた第3打席は、カウント2-1からの4球目、低めのカーブを上手くすくいあげて、106.7マイル(約171.7キロ)の打球はライト前へ。これで2試合連続10度目のマルチ安打達成となった。

 8回の第4打席は、2死ランナーなしで迎える。カウント2-2から6球目のストレートをうまくセンター前に弾き返し、5試合ぶり3度目の猛打賞とした。さらにフリーマン内野手の打席では盗塁も決めるなど、この日の大谷は4打数3安打、1盗塁で打率.360にまで上昇している。

 試合は、ドジャースの先発・ナック投手がMLBデビュー登板。しかし初回に先頭打者ホームランなど2点を失った。しかしその後は立ち直ると、2回から5回までスコアボードに0を並べた。ナックの好投に応えたい打線だったが、快音聞かれず敗戦。ドジャースは2カード連続で負け越しとなった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

https://news.yahoo.co.jp/articles/86585385833bd3d129f517ecc117136fc0748165

【ドジャース・大谷翔平、今季3度目3安打に1盗塁と躍動 打率.360まで上昇!チームは今季初の完封負けで2カード連続負け越し】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 05:55:02.25 ID:J2hXzz9W9
4/18(木) 5:39配信

スポーツ報知

◆米大リーグ ドジャース―ナショナルズ(17日・米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が17日(日本時間18日)、本拠地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回先頭の第3打席は右前安打だった。最後は右手一本で低めのカーブをうまく拾い、2試合連続マルチ安打とした。

 初回1死の第1打席は初対戦の右腕・アービンから右前安打で4試合連続安打をマーク。17試合連続出塁とした。3回1死の第2打席は左飛だった。現在メジャー通算175本塁打。あと1本で日本人歴代単独トップとなる176号で、松井秀喜氏(ヤンキースなど)を超える歴史的な一発になる。

 16日(同17日)の同戦では5打数2安打で4試合ぶりのマルチ安打。16試合連続出塁とした一方、2~4打席目はいずれも得点圏で初球凡退。同打率は19打数1安打の5分3厘まで低下した。同日は米国国歌などのピアノ生演奏のため「X JAPAN」のYOSHIKIが当地を初訪問。大谷は試合前に山本とともに激励を受け、3人で記念撮影を行った。野球と音楽でジャンルこそ違うが、同じ世界を舞台に活躍する日本人同士の交流は新たな刺激となったはず。この日も“松井超え”に期待がかかる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41370ea588b8ecdbeaf0a66109d7e5a3e0e9b320

【ドジャース・大谷翔平、右手一本で右前安打 2試合連続マルチヒット 連続試合出塁「17」に】の続きを読む

このページのトップヘ