SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

大谷翔平

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/13(水) 11:52:51.18 ID:dz6qY3Wn9
大谷は2034年から2043年までの10年間で約986億円を支払う

エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平投手がドジャースと結んだ10年総額7億ドル(約1015億円)の契約は、約97%にあたる6億8000万ドル(約986億円)が後払いという異例の形となった。この契約によりドジャースは48歳の大谷に6800万ドル(約98億6000万円)を払うことになる。

 大谷の契約は来季からの10年間は実質、年俸200万ドル(約3億円)で、大半が後払いになっている。契約が満了した2034年から10年間で残りを支払う。そのため、支払いが終了する2043年には大谷は48歳になっている。

 ドジャースの後払いは大谷だけではない。大型契約を結んでいるムーキ―・ベッツ外野手、フレディ・フリーマン内野手にもそれぞれ後払いがある。ベッツは52歳になる2044年まで支払いが残っている。

2043年には、48歳の大谷と50歳のベッツに合わせて7900万ドル(約114億5500万円)を払うという驚きの内容になっている。あとから負担が来たとしても、大谷を獲得すべき……。ドジャースの“覚悟”が見える契約だった。

12/12(火) 20:24 フルカウント
https://news.yahoo.co.jp/articles/0886e0af63baec9b879337511d2859656e479406

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231212-01485818-fullcount-000-8-view.gif?pri=l&w=640&h=426&fmt=jpeg&q=85&exp=10800

【49歳の大谷と51歳のベッツに114億円 ド軍、驚きの後払い…10年後から始まる大請求】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/13(水) 07:35:19.32 ID:dykPmG4i9
ドジャースは11日(日本時間12日)、エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平投手(29)と10年契約を結んだと発表した。背番号はエンゼルス時代と同じ「17」に決まった。

契約総額はスポーツ界世界最高となる7億ドル(約1022億円)だが、来季から10年は1年200万ドル(約2億9000万円)しか受け取らず、34年からの10年間で残りの6億8000万ドル(約992億円)が支払われるという極めて異例の後払い契約となったことが判明。会見は14日午後3時(同15日午前8時)に行われる見込みだ。

 * * * *

 大谷の去就が一段落したことで、“あの人”の行く先を気にするファンの声を耳にするようになった。エ軍時代から絶妙なコンビネーションを見せてきた水原一平通訳だ。

 本業だけでなく、大谷の運転手、話し相手、キャッチボール相手…と多くの仕事をこなし、誰よりも長い時間をともにしてきた。大谷が「多少信頼はしている。ほんの少しですけど。ちょこっとだけ信頼しています」と冗談交じりに話したこともあったが、この言い回しも絶大な信頼の表れ。大谷とともにド軍に“移籍”する可能性が高い。

 水原通訳は3月のWBCにも帯同。21年オフにはロックアウトで選手と球団職員の接触ができなくなったことから、エンゼルス職員の同通訳は、オフの大谷をサポートすべく一度退職という形を取った。エ軍の左腕サンドバルはSNSに「あなたの(水原)通訳がいなくなることが一番さみしいよ」とつづった。新天地でも唯一無二の相棒として大谷を支えることになるだろう。

スポーツ報知 12/13(水) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/1865c8e4902aa707cd22ae6d70a33892be132a7d

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231213-12121160-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=592&exp=10800

【大谷翔平と一緒に水原一平通訳もドジャース移籍濃厚 エンゼルス左腕サンドバル「さみしいよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/13(水) 07:34:44.33 ID:JxnWIkYi9
12/12(火) 15:33配信

中日スポーツ
水原一平通訳

 ドジャースは11日(日本時間12日)、大谷翔平との10年契約を正式発表した。初のお披露目となる入団会見は14日の午後3時ごろ(日本時間15日午前8時)となる。通訳として入団が内定している水原一平さんも同席する見通し。エンゼルス時代と同じく、2人3脚で新天地に臨む。

◆泣ける…大谷翔平にエンゼルスが感謝のメッセージ【写真】

 背番号は、エンゼルス時代につけていた「17」で、当日にお披露目されるだろう。大谷はエンゼルス時代の8月9日を最後に、公の場所で話していない。11月16日のMVP受賞時はMLBネットワークの番組には出演したが、MVP受賞の電話会見は中止された。

 本人は9日にSNSを通じてドジャース決断の発表した時に「入団会見で詳しくお話しする」とコメントした。久しぶりの多くのメディアを前にしての肉声で何を語るのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4b87f91de11f65ff01d6fb994029d51dcef8527

https://news-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231212-00000032-chuspo-000-13-view.jpg?w=264&h=264&cx=0&cy=0&cw=248&ch=248&fmt=jpeg&exp=10800&order=crop2resize

【水原一平通訳もドジャース入団内定!大谷翔平の会見は日本時間15日午前8時から、2人3脚で新天地の第一歩】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/13(水) 07:00:55.54 ID:dykPmG4i9
ドジャースは大谷翔平選手とスポーツ史上最高額の10年総額7億ドル(約1015億円)で契約。『即払い』される年俸は、わずか200万ドル(約2億9000万円)と判明した。総額の97%に相当する残り6億8000万ドル(約986億円)は、契約満了後の2034~43年に後払いされる。

 この前例のない傾斜配分は大谷の希望によるもので、チームが補強費を捻出できるために編み出したと伝えられている。

 世界最大のスポーツ誌、米スポーツイラストレーテッドは11日(日本時間12日)、今回の一報への印象を4点にまとめて報じた。

 (1)これは常軌を逸している。大リーグは年俸200万ドル以上をもらっている控え捕手だっている。球界で最高の才能の持ち主がこれほど『薄給』なのは、この世のものとは思えない。

 (2)契約満了後に後払い分が6800万ドル? 『ボビー・ボニーヤの日』か? もう、そんな話は忘れてもいいころではないか。

 メッツは2000年、ボニーヤの5年契約の残り分590万ドル(約8億6000万円)を2011~35年の毎年7月1日に年利8%で支払うことに合意。利子だけで2400万ドル(約34億8000万円)に膨れ上がり、球界では同日を『ボビー・ボニーヤの日』と呼ぶようになった。

 (3)これは球界にとって朗報なのか? それを判断するのは尚早だ。理論的には、多くの球団が大スターとの契約に今回のメソッドを用いることができる。また、これは大きな市場を持つチームが大スターとの契約をさらなる寡占状態にしてしまうツールになり下がるかもしれない。そうなれば、球界にとってはいいことではない。

 (4)今回の契約でドジャースはぜいたく税が発生する年俸総額上限まで2500万ドル(約36億3000万円)の余裕を手にした。これを補強費に回せば、大リーグは『ドジャースと他球団たち』という構図になりかねないが、そんなものは誰も見たくない。

 金額の大きさはさることながら、この前例がない「後払い契約」の構造は、今後も議論を呼びそうだ。

12/12(火) 15:37 中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/64b8e6c2fcb187614552be8cf761d2bc64bd7b5a

【大谷翔平の「97%後払い契約」、世界最大のスポーツ誌が懸念「大リーグは『ドジャースと他球団たち』という構図に」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/13(水) 06:45:52.76 ID:dykPmG4i9
ドジャースは大谷以外にもベッツ、フリーマンと後払い契約を結んでいる

大谷翔平投手がドジャースと結んだ10年総額7億ドル(約1015億円)の大半は、契約満了となる2033年以降に支払われる。ドジャースは大谷以外にもムーキー・ベッツ外野手、フレディ・フリーマン内野手ら大型契約の主力には後払い制を敷いている。2033年から2044年にかけて3人に支払う金額は8億5200万ドル(約1234億円)になる。

【表】10年1015億円なのに…来季年俸は2年前より低い衝撃 大谷翔平に毎年支払われる金額一覧

 大谷の契約期間中の年俸は200万ドル(約3億円)。2033年以降は10年間で年6800万ドル(約98億6000万円)、計6億8000万ドル(約988億円)を支払うことになっている。また、フリーマンは2022年から6年総額1億6200万ドル(約235億円)で契約を結んでいる。そのうち、後払いは5700万ドル(約82億6500万円)。2040年までの13年間で支払う。

 ベッツは2021年にドジャースと12年総額3億6500万ドル(約529億円)の大型契約を結んだ。そのうち、契約終了の2033年から5年間は800万ドル(約11億6000万円)、2038年から2年間は1000万ドル(約14億5000万円)、2040年からの5年間は1100万ドル(約16億円)を後払いする。合計すると総額の約1/3程度の1億1500万ドル(約160億円)を契約満了後に支払う。

 契約満了後、3人に支払う金額は計8億5200万ドル(約1234億円)。ピークに達するのは2040年。この年は1年で8400万ドル(約122億円)を支払うという異例の形になっている。

12/12(火) 18:14 フルカウント
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3651275c9afcd3eb0bb049a375572dab45fa194

【10年後にのしかかる1234億円 大谷翔平だけじゃない…ド軍“桁違い”の後払い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/12(火) 21:27:56.52 ID:Y9ndxBhl9
驚きの契約形態が話題となっている。現地時間12月9日にドジャース移籍を発表した大谷翔平のそれだ。

 今オフにエンゼルスからフリーエージェントとなった大谷。激しい争奪戦を制したドジャースとの間に結ばれたのは、10年総額7億ドル(約1014億円)というエポックメーキングな契約だ。スポーツ史においても最大の契約金となったわけだが、何よりも特徴的なのは総額7億ドルの大半が後払いとして支払われるという形態だ。

 後払いの内訳も衝撃的なものとなった。現地時間12月11日に米メディア『The Athletic』のファビアン・アルダヤ記者が伝えたところによれば、年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。来季から契約満了となる2033年までは、年俸200万ドル(約2億9000万円)になるというのだ。

 まさに前代未聞である。とはいえ、これによってドジャースはぜいたく税対策が可能となった。大谷の年俸を抑え、チーム全体の年俸を下げることで、コストを削減。余った資金を補強に回せるのだ。興味深いのは、これを大谷側が「アイデアとして求めた」(米スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン記者)という点だ。

 驚きの97%後払いという事実が明るみになり、批判も噴出した。ネット上では「何でもありじゃないか」「完全におかしい」と大谷とドジャースを問題視する意見が相次いで上がった。ただ、現在の労使協定において、後払いの金額や年俸の割合などは定められていない。最終的に7億ドルを手にする大谷はルールに違反していないのである。

 無論、ルールの“抜け穴”を巧みに突いた契約を称える記者もいる。ドジャースの専門サイト『Dodgers Digest』に寄稿するブルース・クンツ氏は「ショウヘイ・オオタニはプロスポーツ史上最大と言っていいチームファーストの契約を結んだ」とし、「正気の沙汰とは思えない。契約金の数字に心が折れそうになったが、とにかくすごい。ドジャースがオオタニと結んだのは、チームの他の選手への支出能力にほとんど影響を与えない契約だ」と驚嘆した。

 また、IBWAA(全米インターネット野球記者協会)のメンバーでもあるクリス・クレッグ記者は、自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニを嫌うべきではない」と投稿。「この契約を許したぜいたく税制度の抜け穴を憎むのは勝手だが、オオタニは悪役でもなければ、球界の敵なんかじゃない」と批判に異を唱えている。

 ここから10年間、ドジャースのために年俸200万ドルで臨む大谷。その契約に対する反響はしばらく続きそうだ。

12/12(火) 11:01 cocoKARA
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a3cea0abeed3aa78bcc56cc3eccc60b24a942e

【大谷翔平の大型契約】税金は53・75% 年間約55億円に…米メディア報じる [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702191155/

【ドジャース・大谷翔平、驚愕の“994億円後払い”に渦巻く批判 米記者からは擁護の声「オオタニを嫌うべきではない。彼は球界の敵じゃない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/12(火) 15:42:59.84 ID:K13Lnn8m9
12/12(火) 15:04配信

Full-Count
ナイチンゲール記者「エンドースメントで72億円稼ぐと予想されている」
ドジャースへの入団が決まった大谷翔平【写真:小谷真弥】

 ドジャースは11日(日本時間12日)、大谷翔平投手の獲得を正式発表した。10年総額7億ドル(約1020億円)という超巨額契約だが、大半が後払いとなる。しかし「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール記者は「エンドースメント(の収入)で5000万ドル(約72億円)稼ぐと予想されている。ドジャースからの年俸(200万ドル)と合わせて5200万ドル(約75億円)あれば十分だろう」と分析した。

【表】10年1015億円なのに…来季年俸は2年前より低い衝撃 大谷翔平に毎年支払われる金額一覧

 複数の米メディアによると、大谷は年平均の年俸7000万ドル(約102億3000万円)のうち、6800万ドル(約99億4000万円)の支払いを延期。つまり実質、年俸200万ドル(約2億9000万円)で来季から2033年まで臨むという。残りの6800万ドル(約99億円)は10年契約が終了する2034年から2043年までの間に支払われる。

 ファンからは「なんてこった」「スポンサー増える可能性あるしね」「それだけあれば、十分だよね」「ワオ」「いろいろ狂ってる」と異次元の稼ぎへの反応が寄せられていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/028e932630951d9279ae0f0928ebd8d38db26b62

【年俸2.9億円でも…大谷翔平に25倍の“副収入” 実は手にする72億円に「なんてこった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/12(火) 15:02:26.64 ID:Y9ndxBhl9
米大リーグ、エンゼルスからフリーエージェント(FA)になった大谷翔平が9日、ドジャースに移籍することが決まった。10年契約、総額10億ドル(約1015億円)という。関西大の宮本勝浩名誉教授は、大谷の移籍による来年の経済効果は、残留した場合と比べて約140億円増の約643億6800万円と試算する。

宮本名誉教授が先月21日に発表した大谷の経済効果の推定によると、今年はスポンサー契約料、グッズの売上高、放映権収入など併せて約504億1008万円。来季もエンゼルスに残留した場合は、年俸は上がるものの、投手としての登板がないため、観客が伸び悩む可能性を挙げ、今年と同程度の約500億円を想定していた。

今回、人気球団でもあるドジャースへの移籍で、今年と比べて球場への日本企業の広告料が5億円増の約15億円、グッズ売り上げが2億円増の約13億円に及ぶと推計。


また、米大リーグ機構(MLB)が日本の放送局から得る放映権料は現在の約8000万ドルから約9000万ドル(約135億円)に引き上げられるとみる。


このうち、6割が「大谷効果」とすると、約81億円の収入が見込まれ、残留した場合に比べて、約140億円増加すると予想している。

10年の長期で7億ドル(約1015億円)の契約であっても、「(球団は)契約期間中に大谷選手が怪我をしないで二刀流で活躍してくれれば、採算が合うと考えている」と推察している。

12/10(日) 9:12 産経新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf222d54abcd0b6565d20430967af15dda397595

【大谷翔平のドジャース移籍 来年の経済効果は643億円 関西大の宮本名誉教授】の続きを読む

このページのトップヘ