SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

大迫勇也

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/14(水) 20:01:35.57 ID:CAP_USER9
「闘莉王TV」の最新企画で、日本代表の1トップ問題に言及
 日本代表は9月23日にドイツ・デュッセルドルフで行われる国際親善試合でアメリカ代表と対戦する。
元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は森保ジャパン不動の1トップとして君臨してきたヴィッセル神戸FW大迫勇也について、「もしかすると戻ってこないかもしれない」と加齢による衰えを危惧している。

闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新企画は日本代表の1トップ問題。前線の起点として長らく活躍してきた大迫だが、ワールドカップ最終予選では低調なパフォーマンスが続き、神戸ではコンディションの問題で欠場が続いている。

「代わりの選手がいないのですごく心配。大迫選手の役割をやってくれる選手は現代表で見つからない」と闘莉王氏は森保ジャパンで唯一無二のポストプレーヤーと評価。その一方で、「予選からなかなか調子が上がらない」と近年の不調を不安視している。

「身体的に、フィジカル的にちょっときているのかな。あれだけのパフォーマンスをしてくれた選手が上がってこない。神戸の試合も何試合か見ているが、本来の大迫ではない。もしかすると、もう調子が戻ってこないかもしれない」と、
フィジカル的に全盛期のパフォーマンスを再び見せることができるのか、心配していた闘将。大迫に全幅の信頼を寄せている森保監督だが、1トップはどんな人選になるのか。15日のメンバー発表に注目が集まりそうだ。

https://www.football-zone.net/archives/403171
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2022/09/14150734/20220914_Osako_TakahashiImages.jpg

【森保ジャパン、エース大迫の復調「もうないかもしれない」 闘莉王が衰えを懸念、1トップ問題に見解「すごく心配」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 22:09:57.44 ID:CAP_USER9
ヴィッセル神戸のFW大迫勇也(32)と主将MFアンドレス・イニエスタ(38)が、当面の公式戦を欠場する見通しになった。

神戸は28日、神戸市内での練習をファンクラブ会員180人に公開。取材に応じた吉田孝行監督(45)は、大黒柱2人について「(早期復帰は)難しいかもしれないし、実際は分からない」と、メドが立っていないことを明かした。

18日に横浜Fマリノスと対戦したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦に、大迫は先発して60分間プレーし、ベンチスタートのイニエスタは出場機会がなかった。
全北現代と対戦した22日の準々決勝では2人ともベンチ外となり、神戸は敗退していた。

 吉田監督は「ACL期間中にいろんなアクシデントがあり、けが人が非常に多い状態。(2人が)ベンチに入れなかったのは、そういうこと」とし、楽観できない状況を示唆した。

ここまでのリーグ戦で20試合4得点の大迫は、今春以降はけがに悩まされ、出場時間を制限しながら体調を戻している最中だった。22試合2得点のイニエスタは、8月6日を最後に公式戦には出ていない。

 2人はこの日、完全別メニューで調整。大迫は軽いランニングやボールタッチの練習を行った程度で、イニエスタは室内調整の時間が多かった。

神戸はJ1リーグ戦で自動降格圏の17位に低迷し、次節は9月3日京都サンガ戦(サンガS)、同7日は天皇杯準々決勝鹿島アントラーズ戦(ノエスタ)と、9月は公式戦が5試合控えている。
同下旬にはW杯本番を想定した日本代表の欧州遠征もあり、けがが長引く大迫にとっては苦難の調整が続く。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5be789fba3dec0b0f47b708c49142f2e42223d9

【ヴィッセル神戸・大迫勇也とイニエスタが当面の公式戦欠場へ 吉田監督「実際は分からない」メド立たず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 14:04:08.01 ID:CAP_USER9
3/16(水) 14:00
スポーツ報知

森保ジャパン 大迫勇也、長友佑都ら27人を招集! 吉田麻也が4か月ぶり復帰、冨安健洋が選外

 日本サッカー協会が16日、カタールW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(24日、)ベトナム戦(29日、埼玉)に向けた日本代表メンバーを発表した。

 1月に右太ももを負傷し、復帰した主将DF吉田麻也(サンプドリア)が昨年11月以来の選出。国内組では今月2日に右足を裂傷したFW大迫勇也(神戸)、DF長友佑都(FC東京)らがメンバー入り。スコットランド1部・セルティックで活躍するFW前田大然、MF旗手怜央らが選ばれた。負傷離脱中のDF冨安健洋(アーセナル)は選外となった。

 新型コロナ禍、ケガの状況など不測の事態に備えるため、ベンチ入りの23人よりも4人多い27人が招集された。オーストラリア戦に勝利すれば7大会連続のW杯出場が決まる。

◆日本代表メンバー

▼GK

川島永嗣(ストラスブール)

権田修一(清水)

シュミット・ダニエル(シントトロイデン)

谷晃生(湘南)

▼DF

長友佑都(FC東京)

吉田麻也(サンプドリア)

佐々木翔(広島)

酒井宏樹(浦和)

谷口彰悟(川崎)

山根視来(川崎)

植田直通(ニーム)

板倉滉(シャルケ)

中山雄太(ズヴォレ)

▼MF/FW

大迫勇也(神戸)

原口元気(ウニオン・ベルリン)

柴崎岳(レガネス)

遠藤航(シュツットガルト)

伊東純也(ゲンク)

浅野拓磨(ボーフム)

南野拓実(リバプール)

守田英正(サンタクララ)

三笘薫(サンジロワーズ)

前田大然(セルティック)

旗手怜央(セルティック)

上田綺世(鹿島)

田中碧(デュッセルドルフ)

久保建英(マジョルカ)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-03161095-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/618fb5e4fde5c192fd0fee9e5bc4dbe4a05f2b43

【W杯アジア最終予選 <森保ジャパン>大迫勇也、長友佑都ら27人を招集! 吉田麻也が4か月ぶり復帰、冨安健洋が選外】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 20:24:29.11 ID:CAP_USER9
日本代表の森保一監督(53)がカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(24日、シドニー)に向けて、不動のエースFW大迫勇也(31=神戸)の招集をギリギリまで検討する方針を示した。

 大迫は2日の横浜M戦で先発のFW武藤嘉紀が負傷したため途中出場したが、その後負傷して6日の広島戦ではベンチ外となっていた。

 オーストラリアとの決戦が迫っているだけに、これまで絶対的な信頼を寄せてきた大迫の状態は森保ジャパンにとって最大の懸念事項となっている。8日に取材に応じた指揮官は「絶対にできない状態ではないと思うが、クラブとコミュニケーションを取って確認しながら、本人ができる状態か見極めて決めたい」と代表活動がスタートする直前まで状態を慎重に見極めて、招集を決断する構えだ。

 森保ジャパンの1トップではFW古橋亨梧(27=セルティック)も負傷の影響でクラブの試合に復帰できておらず、台所事情は苦しい。特に大迫は森保監督が重用してきただけに、大一番に向けてその動向に注目が集まる

東スポ 3/8(火) 18:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/631c84b7e23cc313e6f39f66d185124c60f3105d

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-04048343-tospoweb-000-3-view.jpg?pri=l&w=509&h=640&exp=10800

【日本代表の森保監督 負傷したFW大迫勇也のオーストラリア戦招集はギリギリまで検討!古橋亨梧も負傷中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 21:13:20.33 ID:CAP_USER9
森保ジャパン、W杯イヤー初陣白星で4連勝!吉田&冨安不在も完封勝利、久保は途中出場も無得点
1/27(木) 20:50
スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/7eb1e188fb1123a24929b991961bf9453bc35093
◆カタールW杯アジア最終予選▽B組第7戦 日本2―0中国(27日・埼玉スタジアム) 点【日】大迫、伊東

日本代表はFW大迫勇也(神戸)、MF伊東純也(ゲンク)のゴールで中国に2―0で勝利した。
カタールW杯イヤーの初陣で白星を挙げ、最終予選4連勝を飾った。

前半11分、DF酒井宏樹(浦和)の縦パスに抜け出した伊東の右クロスがエリア内右で相手のハンドを誘い、PKを獲得。
13分にFW大迫勇也(神戸)が冷静にゴール右へ蹴り込み、代表通算25得点目となる一発で先制した。

同20分には伊東が右CKをマイナス方向へグラウンダーで供給し、走り込んだMF南野拓実(リバプール)がシュートもゴール左へ。
38分には南野が鋭い切り返しで相手をかわして右足を振ったが、相手に阻まれた。

後半12分にエリア内右をワンツーで抜け出した伊東がクロスを供給し、大迫の右足シュートはゴール上へ外れた。

同13分にDF長友佑都(FC東京)に代えてDF中山雄太(ズウォレ)、大迫に代えてFW前田大然(セルティック)を投入した。
直後の同15分には、中山の左クロスを伊東が豪快にヘディングで合わせて追加点。“元柏コンビ”のホットラインで2点目を奪った。

同28分には、4か月ぶり招集のMF久保建英(マジョルカ)が主将MF遠藤航(シュツットガルト)に代わって途中出場した。布陣を4―3―3から4―2―3―1に変更し、久保はトップ下でプレー。
同33分にはエリア内右から左足でシュートを放ったが、右へ外れた。

DF陣は、負傷離脱中の主将DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)の主力2人に代わり、センターバックに入ったDF板倉滉(シャルケ)とDF谷口彰悟(川崎)が最終ラインで安定感を見せた。
同24分に中国MF韋世豪(広州FC)の直接FKがゴールのわずか左へ、38分にはMFゴ・ギ(上海申花)の強烈シュートがゴール上へ飛ぶなどヒヤリとする場面はあったが、最後まで無失点で終えた。

日本はこれで5勝2敗、勝ち点15とした。次戦は2月1日にホームでサウジアラビアと対戦する。


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643284204/

https://www.the-afc.com/en/matches/fifa-world-cup/2022/2220397

【W杯アジア最終予選・B組第7戦 日本、2-0で中国に勝利! カタールワールドカップ自動出場圏内の2位キープ! 残りは3試合】の続きを読む

このページのトップヘ