SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

女子アジアカップ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 18:56:37.86 ID:CAP_USER9
AFC女子アジアカップ2022・グループC第3節が行われ、首位の日本女子代表(なでしこジャパン)と2位の韓国女子代表が対戦した。

 ともに2連勝スタートとなり、得失点差で上回るなでしこジャパンが首位で迎えた日韓戦。引き分け以上で首位通過が決まるなでしこジャパンは前節ベトナム女子代表戦からスタメンを7人入れ替え、新型コロナウイルス陽性から復帰したFW岩渕真奈もベンチに復帰した。

 最初の得点が生まれたのは開始30秒過ぎ、なでしこジャパンが幸先よく先制する。三宅史織が前方にロングボールを放り込むと、植木理子が胸を使ったトラップで相手DFを1人剥がし、さらに鋭いターンでゴール方向に切り込み2人目のDFもかわす。相手GKとの一対一を迎えた植木は、冷静に右足を振り抜きゴールに突き刺した。

 ボールを握って追加点をうかがうなでしこジャパンは、26分に決定機を迎える。右コーナーキックから猶本光がインスイングのボールを送ると、熊谷紗希が頭でコースを変えてファーに流す。反応した長谷川唯が押し込もうとしたが、相手GKのファインセーブに阻まれてネットを揺らすことはできなかった。

 なでしこジャパンはその後も試合を支配するが、肝心の2点目は前半のうちに生まれず。なでしこジャパンが1点のリードで折り返すと、守勢一方だった韓国は後半から前への圧力を高め、試合は拮抗した展開となる。

なでしこジャパンは60分に決定機。コーナーキックのこぼれ球に反応した南萌華がゴール前で右足を振り抜いたが、シュートは枠を捉えられない。

 一方の韓国は73分に日本のゴールを脅かす。相手のクリアをチョ・ソヒョンが頭で跳ね返すと、ソン・ファヨンが頭でつなぎ、イ・グンミンがDFの背後に抜け出す。左足を振り抜きゴールを狙ったが、GK山下杏也加のセーブに阻まれた。

 すると85分、韓国が試合を振り出しに戻す。右コーナーキックからキム・ヘリがストレート系のボールを送ると、GK山下はボールに触ることができず、ゴール前に混乱が生じる。敵味方が入り混じってボールを奪い合い、最終的にシム・ソヨンが押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、なでしこジャパンが得失点差でグループC首位通過を決めた。なでしこジャパンは30日に行われる準々決勝でグループAの3位またはグループBの3位と対戦する。2位通過の韓国は同日にグループBの首位と対戦する。

【スコア】
日本女子代表 1-1 韓国女子代表

【得点者】
1-0 1分 植木理子(日本)
1-1 85分 シム・ソヨン(韓国)

【スターティングメンバー】
なでしこジャパン(4-2-3-1)
山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、三宅史織;猶本光(80分 隅田凜)、長野風花;成宮唯(90+2分 高橋はな)、長谷川唯、宮澤ひなた;植木理子(62分 田中美南)

【AFC女子アジアカップ・グループC第3節 なでしこジャパンがグループステージ首位通過! 植木理子が電光石火の先制点、終盤被弾で日韓戦ドロー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 16:56:33.01 ID:CAP_USER9
アジアサッカー連盟は1月27日、インドで開催されている女子アジアカップのグループC第3節で韓国戦に挑む日本女子代表のメンバーを発表した。

 コロナ陽性で戦列を離れていた岩渕がベンチ入りしたほか、2戦連発中の成宮、猶本、熊谷、清水、長谷川らが先発に名を連ねた。

 日本はミャンマーとの初戦で5-0、続くベトナム戦は3-0といずれも勝利し、2連勝を達成。同じく2連勝の韓国と、グループ首位突破をかけて相まみえる。試合はシュリ・シヴ・チャトラパティ・スポーツコンプレックスで開催。現地時間13時30分、日本時間17時にキックオフ予定。DAZNでライブ配信される。

 なでしこジャパンのメンバーは以下の通り。

【スターティングメンバー】
GK
18 山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)

DF
2 清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
3 南 萌華(三菱重工浦和レッズレディース)
4 熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)
5 三宅史織(INAC神戸レオネッサ)

MF
8 猶本 光(三菱重工浦和レッズレディース)
14 長谷川唯(ウエストハム/イングランド)
15 長野風花(マイナビ仙台レディース)
17 成宮 唯(INAC神戸レオネッサ)
23 宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)

FW
19 植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
 
【サブメンバー】
GK
1 池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース)
21 田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)

DF
6 宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
12 乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS)
20 高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)
22 宝田沙織(リンシェーピングFC/スウェーデン)

MF
7 隅田 凜(マイナビ仙台レディース)
13 遠藤 純(エンジェル・シティFC/アメリカ)
16 林穂之香(AIKフットボール/スウェーデン)

FW
9 菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)
10 岩渕真奈(アーセナル/イングランド)
11 田中美南(INAC神戸レオネッサ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b50bd198f44cb6b41e1fe77c43d2aba624da911f

【女子アジアカップ なでしこジャパン、韓国戦のスタメン発表! 岩渕が戦列復帰、2戦連発の成宮、猶本、熊谷らが先発!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 05:59:54.70 ID:CAP_USER9
AFC女子アジアカップインド2022・グループC第2節が24日に行われ、ベトナム女子代表と日本女子代表(なでしこジャパン)が対戦した。

 池田太新体制で初となる主要国際大会に臨むなでしこジャパン。大会3連覇とFIFA女子ワールドカップ オーストラリア&ニュージーランド2023の出場権獲得を目指すなでしこジャパンはミャンマー女子代表を5-0で下した初戦からメンバーを8人入れ替えてベトナム戦に臨んだ。

 試合は序盤からなでしこジャパンが主導権を握る展開に。しかしボールは保持するもののベトナムの守備に苦しみなかなかネットを揺らすことができない。23分にはセットプレーからなでしこにチャンス。右サイドのCKが流れ左サイドで待ち構えた成宮唯のもとにこぼれたが、これは力も入りゴールにはならない。

 すると38分、カウンターの芽を摘みつつ攻勢に出るなでしこジャパンがついに試合を動かした。左サイドでボールを受けた高橋はながクロスを供給。これは相手GKがはじいたが、こぼれ球を成宮が詰め、なでしこジャパンが先制に成功した。

 1点リードで迎えた後半立ち上がりになでしこジャパンが追加点を手にした。50分、左サイドからのFKに田中美南が頭で合わせ枠内を強襲。これはGKに阻まれるも熊谷紗希が押し込んで良い時間帯にリードを2点に広げた。

 さらに58分、またもセットプレーからなでしこジャパンが点を重ねる。田中がニアに敵を引き連れ空いたスペースをボールが通過。逆サイドにいた成宮が冷静に沈め試合を決定づける3点目となった。

 その後もなでしこジャパンはベトナムを完全にシャットアウト。チャンスも作らせず試合は締め、なでしこジャパンは2連勝となった。次節は27日に行われ、なでしこジャパンは韓国女子代表と、ベトナム女子代表はミャンマー女子代表と対戦する。

【スコア】
ベトナム女子代表 0-3 日本女子代表

【得点者】
0-1 38分 成宮唯(なでしこジャパン)
0-2 50分 熊谷紗希(なでしこジャパン)
0-3 58分 成宮唯(なでしこジャパン)

【スターティングメンバー】
日本女子代表(4-4-2)
GK:田中桃子
DF:清水梨紗(55分 宝田沙織)、熊谷紗希(56分 宮川麻都)、高橋はな、乗松瑠華
MF:成宮唯、遠藤純、猶本光(63分 長野風花)、隅田凜
FW:田中美南(77分 植木理子)、菅澤優衣香(45分 宮澤ひなた)

サッカーキング 1/25(火) 0:53
https://news.yahoo.co.jp/articles/1907fcfeed45b927a10d524d6682b1b404215782

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-01612170-soccerk-000-2-view.jpg?exp=10800

【女子アジアカップ・グループC第2節 なでしこジャパン、ベトナムに3-0快勝! 2連勝でグループステージ突破が決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 21:50:02.95 ID:CAP_USER9
AFC女子アジアカップインド2022・グループC第1節が21日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)とミャンマー女子代表が対戦した。

 昨年10月に池田太監督が就任して以降、初の主要国際大会に臨むなでしこジャパン。大会3連覇、およびFIFA女子ワールドカップ オーストラリア&ニュージーランド2023の出場権獲得がかかった戦いとなる。

41分、なでしこジャパンにアクシデントが発生する。林穂之香が右足首を痛めてピッチに倒れ込み、担架に運ばれてピッチを後にする。同選手に代わって猶本光が投入された。

 追加点が欲しいなでしこジャパンは42分に決定機。清水のクロスをペナルティエリア中央で収めた長谷川が右足でボレーシュートを放ったが、ボールはクロスバーを叩く。なでしこジャパンは1点のリードで試合を折り返す。

 後半開始早々の47分、なでしこジャパンが待望の追加点を獲得する。猶本の縦パスを植木がワンタッチで落とし、抜け出した長谷川が相手GKとの一対一を制してゴール左下に流し込んだ。

 52分、なでしこジャパンはペナルティエリア手前でフリーキックを獲得。猶本が直接成功させてリードを3点に広げた。猶本はA代表初得点となった。57分には長野風花がミドルシュートを放つが、惜しくもポストに阻まれる。

なでしこジャパンは69分に菅澤優衣香と成宮唯を投入すると、70分にその2人が絡んで点差を広げる。敵陣でのボール奪取からカウンターを展開。右から猶本、菅澤とつなぎ、ペナルティエリア手前で成宮がボールを引き取る。そのまま左足を振り抜き、ゴール左下に突き刺した。成宮も代表初ゴールとなった。

 試合終了間際、なでしこジャパンは相手GKとの一対一を迎えた長谷川がループシュートを冷静に沈めてダメ押しの5点目を奪った。

 試合はこのまま終了し、なでしこジャパンは快勝で白星発進となった。次節は24日に行われ、なでしこジャパンはベトナム女子代表と、ミャンマーは韓国女子代表と対戦する。

【スコア】
日本女子代表 5-0 ミャンマー女子代表

【得点者】
1-0 22分 植木理子(日本)
2-0 47分 長谷川唯(日本)
3-0 52分 猶本光(日本)
4-0 70分 成宮唯(日本)
5-0 90+2分 長谷川唯(日本)

【スターティングメンバー】
日本女子代表(4-4-2)
山下杏也加;清水梨紗、南萌華、熊谷紗希、三宅史織(84分 宝田沙織);長谷川唯、林穂之香(41分 猶本光)、長野風花、宮澤ひなた(69分 成宮唯);田中美南(45分 遠藤純)、植木理子(69分 菅澤優衣香)

サッカーキング 動画あり
https://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20220121/1611214.html

【女子アジア杯・グループC第1節 なでしこジャパン、5発快勝で白星発進!長谷川唯が2得点…猶本光ら3選手が代表初ゴール】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 12:15:58.20 ID:CAP_USER9
1月20日に開幕したAFC女子アジアカップインド2022。日本は21日の初戦となるミャンマー戦に向けて公式会見に臨んだ。キャプテンの熊谷紗希と池田太監督がそれぞれ、大会3連覇と2023年の女子ワールドカップ出場権獲得への意欲を語った。

【写真】池田太監督と熊谷紗希は初戦がいかに重要か口を揃えた(写真◎AFC)

一体感とアグレッシブ
 アジアの12カ国が、チャンピオンの座をかけて争うAFC女子アジアカップが1月20日に開幕した。2023年にオーストラリアとニュージーランドで共催される女子ワールドカップの予選も兼ねたこの大会で、日本は3連覇を狙いながらワールドカップ出場権の獲得もめざしていく。

 グループCに入った日本の初戦は、21日のミャンマー戦。その前日に池田太監督とキャプテンの熊谷紗希が大会公式会見に出席した。

「ディフェンディングチャンピオンとしてもそうですが、新しいチャレンジだと思って1試合1試合を戦いたいと思います」

 池田監督が目指すのは「女王」としての戦いというよりは、チャレンジャーとして頂点をめざすことだ。東京オリンピックを終えて10月に新チームが立ち上がり、初の国際大会になる。コロナ禍で十分なトレーニングの時間が確保できない中での大会に、集中力を高める。

 キャプテンの熊谷も同じ気持ちだ。

「ディフェンディングチャンピオンという立場で戦うわけですが、とにかく目の前の敵を倒して前に進むことがチャンピオンになる一番の近道だと思っています」

 岩渕真奈が新型コロナウイルス感染症で陽性判定を受けて少なくとも2戦目まで欠場することになるが、熊谷はまったく動じていない。

「彼女が出られないのはとても残念ですが、ほかのメンバーは自分たちのやるべきことは岩渕選手がいてもいなくても理解できています。ピッチに立つ選手が自信を持ってやるべきですし、チームとして戦う準備はできているので、大きな心配はしていません」

 初戦の相手、ミャンマーについて池田監督は警戒を緩めない。

「アンダーカテゴリーから力をつけているチームで、フル代表でもボールを動かしながらスピードのある前線の選手を生かしてきます。相手に時間とスペースを与えないようなアグレッシブな戦いをしたいと思っています」

 相手に流れを持っていかせないための集中力を求めている。熊谷も初戦の重要性を肝に銘じる。

「ワールドカップの出場権を勝ち取ることが重要で、そのためにも予選リーグからノックアウトステージへの準備をしておかなければなりません。いまはとにかく初戦のミャンマー戦が一番大切で、次に向かう準備は予選の中でやっていかなければいけないと思っています」

「選手たちと一体感を持って、ピッチではアグレッシブにゴールを奪いにいく強さを表現したい」と宣言した池田監督。熊谷も「(3連覇へのプレッシャーは)私自身はまったく感じていません。初戦は簡単なゲームではありませんから、新たなチャレンジャーとして臨みたい」と高ぶる気持ちをそう話した。

サッカーマガジン 1/21(金) 12:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd96408c8557a1de01215460481f9b82fcf6e340

【AFC女子アジア杯 なでしこジャパン21日17時初戦! 熊谷紗希「目の前の敵を倒して」、池田太監督「新しいチャレンジとして」】の続きを読む

このページのトップヘ