SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

女子サッカー

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/26(月) 18:05:14.59 ID:DkO0fIZB9
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/02/26/kiji/20240226s00002000421000c.html
[ 2024年2月26日 16:01 ]

 パリ五輪出場をかけた女子五輪最終予選第2戦・北朝鮮戦(28日・国立)を前に、女子サッカー界に激震が走った。名門・INAC神戸が「アスコホールディングス」から「大栄環境株式会社」に株式譲渡されることが26日、決定。3月1日付で新経営体制が発足する。

 INAC神戸レオネッサを運営するアイナックフットボールクラブ株式会社が同日に神戸市内で会見を開き、アスコから大栄環境グループ(G)に株式が100%譲渡され、連結子会社とする譲渡契約が締結されたと発表した。「INAC神戸」のクラブ名は変更せず、本拠も引き続き神戸市に置く。

 アスコの文弘宣会長は「設立から20年経ったら私よりも経済力のある会社に引き継ぎたいとかねてから考えていたが、コロナもあったのでこのタイミングでの引き継ぎとなった。より発展させていただける方にと思っていたので、大栄環境さんとは素晴らしい出会いとなった」と、クラブのさらなる発展を願っての株式譲渡だったことを強調した。

 大栄環境の金子文雄社長は「23年にわたって六甲アイランドで事業をしてきましたので、地域への貢献という思いも込めてクラブを引き受けさせていただくことになった。皇后杯の試合を見させていただいたが、奇跡の優勝にワクワクしながら見させていただいた。今後は私もクラブ経営の一員として盛り上げていきたい」と語った。また「現在も非常に成熟したチーム。世界に名を高めるチームになっていってほしい」と願いを込めた。

 INAC神戸は01年11月に設立。「アスコホールディングス」の文弘宣会長の後押しを受けてチーム強化を推し進め、06年にはなでしこ1部リーグに昇格した。10年に全日本女子選手権(皇后杯)でクラブ初タイトルを獲得すると翌11年には澤穂希、大野忍、近賀ゆかりら大型補強に成功。13年に女子サッカー三冠((リーグ、リーグ杯、皇后杯)を成し遂げるなど黄金期を築き、数多くの女子日本代表選手を輩出した。

 21年9月に開幕したWEリーグでは初代女王。23―24シーズンも首位に付けている。なでしこジャパンに招集されているGK山下杏也加やFW田中美南らを含めて選手には24日前に説明しているという。

 INAC神戸は、今年1月27日にヨドコウ桜スタジアムで行われた第45回皇后杯で三菱重工浦和を破り7大会ぶり7度目の女王に輝いた。試合は、1点を追う後半終了間際にFW高瀬愛実(33)がPKを決めて延長戦へ。1―1のまま突入したPK戦を6―5で制した。

◆国内タイトル
WEリーグ 1回(2021~22)
なでしこリーグ1部 3回(2011、 2012、2013)
なでしこリーグカップ 1回(2013)
皇后杯 JFA全日本女子サッカー選手権大会 7回
2010、2011、2012、2013、2015、2016、2023
◆国際タイトル
国際女子サッカークラブ選手権 1回(2013)
日韓女子リーグチャンピオンシップ 1回(2012)

【INAC神戸が身売りを電撃発表 皇后杯7度目制覇から1カ月…大栄環境Gに全株式譲渡 名称変更せず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/03(火) 23:16:41.97 ID:XhBPWkQu9
前半に4得点、1点差まで詰め寄られるも完全アウェーの一戦をモノに
 日本女子代表は10月3日、中国・杭州で行われているアジア競技大会の準決勝で中国と対戦し、4-3で勝利した。優勝した前回大会に続きファイナルへと駒を進め、6日の決勝戦で北朝鮮とタイトルを懸けて激突する。

 準々決勝でフィリピン女子代表を8-1で下した日本の攻撃力はこの日も冴えわたった。前半12分、MF山本柚月が右サイドを突破し、ゴール前へ送ったクロスをファーサイドでFW中嶋淑乃が押し込み、幸先良く先制する。

 その8分後、コーナーキック(CK)の流れから同点に追い付かれるも同31分、MF谷川萌々子が左サイドからエリア内まで運び右足で勝ち越しゴールを奪取。4分後には山本のパスに走り込んだFW千葉玲海菜が加点すると、同43分にもCKからDF古賀塔子が決めて3点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると、一転して中国が反撃。同10分、15分とCKから立て続けに失点し、1点差まで詰め寄られてしまう。その後も勢いに乗る中国の攻勢を前に、日本は耐える時間が続いた。それでも粘り強く守り切り、開催国の中国ファンが大声援を送る完全アウェーの一戦をモノにした。

 この結果、日本はウズベキスタンを8-0で撃破した北朝鮮と決勝(6日)で激突。勝てば前回大会(2018年インドネシア・パレンバン大会)に続く2大会連続、通算3度目の大会制覇となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/654ed2f848e359e3de8dc86683eb32b1fda8954a

【杭州アジア大会 日本女子代表、V3へ王手 開催国・中国を4-3撃破!北朝鮮と決勝で激突】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/09(日) 08:28:03.04 ID:/+8htCag9
女子サッカーの米国代表MFのミーガン・ラピノー(38)が20日に開幕する女子W杯オーストラリア・ニュージーランド大会終了後に引退することを発表した。

 現地時間8日、米代表のウェールズ戦を前にした記者会見で「これが私にとって最後のシーズン、最後のワールドカップ、そして最後のNWSLシーズンになる」と自ら語った。

 ラピノーは2006年に米国代表入り。12年ロンドン五輪金メダルのほか、15年女子W杯カナダ大会、19年女子W杯フランス大会での優勝に貢献。19年W杯では最優秀選手と得点王に輝いた。また同年、女子バロンドール、FIFA女子最優秀選手賞を受賞した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f542133ccd173c86d878195ca1f7f554c42aea8

【米女子サッカーのレジェンド、ミーガン・ラピノーが引退を発表…20日開幕のW杯終了後に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/27(火) 13:17:13.94 ID:mkdlh8Pv9
2023年7月に開幕する女子ワールドカップの放映権問題が、まだ解決していない。現状では、日本での放映が決まっていないのだ。
これは単なる一過性の問題ではない。サッカージャーナリスト・後藤健生が、その根幹に切り込む。

■苦境に立つWEリーグ
 6月21日には、日本初の女子サッカーのプロリーグであるWEリーグの高田春奈チェアが、「女子ワールドカップの国内テレビ中継を目指してクラウドファンディングで資金を募る」と語ったという。
「目標額や開始時期は後日発表する」とのことだったが、詳細はまだ発表されていない。

 1試合平均5000人の観客動員を目標に発足したWEリーグだが、2022/23シーズンの動員数は平均1401人に留まった。
プロリーグ、プロクラブとしての経営が成り立つとは思えない数字と言わざるを得ない。

■無謀なクラウドファンディング

代表チームの活躍で一般ファンの目を向けることができれば、WEリーグの観客動員が上向く可能性は大きい。

 だが、代表チームがどんなに頑張っても、テレビ放映、とくに地上波での放映がないと、とくに女子サッカーに関心を持つ層以外にアピールすることができなくなってしまう。

 WEリーグが「クラウドファンディングによってテレビ放映を実現したい」と考えるのは当然と言えば当然のことだ。

 だが、「手遅れ」としか言いようがない。大会開幕まで1か月を切っているのだ。しかも、必要な資金は100万円程度ではない。10億円単位でのせめぎ合いが行われているのである。
今からクラウドファンディングを立ち上げて解決できる問題ではないだろう。

■他人事の対応をするJFA

 日本サッカー協会(JFA)は、どうして動かない(動かなかった)のだろうか?

そもそも、JFAの田嶋幸三会長は女子サッカーの振興を重要課題として掲げていたはずだ。WEリーグの発足についても、田嶋会長は積極的だったと聞く。

 そして、JFAはWEリーグの発足と同時に、2023年の(つまり、今回の)女子ワールドカップの日本開催を目指していた。

 そして、日本は最終段階でのFIFAからの評価では上位に位置していたにもかかわらず、アジア・サッカー連盟(AFC)がオーストラリア・ニュージーランド共同開催支持に傾いたため、2020年6月の最終投票直前に辞退に追い込まれてしまった。
「2021年の東京オリンピック開催から時間が経っていないこと」などが理由だったが、東京大会が2020年に開催されることは事前にわかっていながら、当初は2019年大会開催を計画し、後に2023年大会に正式立候補したのだ。

 実際には、招致争いでの票固めに失敗したことが撤退の本当の原因だった。

 初のプロリーグ(WEリーグ)の発足。そして、ワールドカップの開催。この2つを両輪のようにして、JFAは女子サッカーの振興を目指す目論見だったのだろうが、ワールドカップ開催は実現できず、そしてWEリーグの観客動員は低迷を続けている。

全文はソースで
6/27(火) 8:02配信 サッカー批評Web
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0674ebbf1d130c989852b0bfebd638f958d7296
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0674ebbf1d130c989852b0bfebd638f958d7296?page=2

【空回りしたJFA女子サッカー振興の「両輪」…無謀なクラウドファンディング WEリーグの観客動員は低迷を続けている】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/05(水) 07:28:32.16 ID:FR/x6dIm9
ナイキは3日、今夏オーストラリアとニュージーランドで開催される女子ワールドカップ(W杯)に向けたユニフォームを発表した。

なでしこジャパンも出場する今年の女子W杯。9都市10のスタジアムで開催される。

ナイキは本大会に出場する国のユニフォームを発表。パワフルな女子サッカー選手の独自のニーズに合わせて調整され、女性特有の動きに対応した新しいフィットと素材のイノベーションを採用しているという。

出場32カ国中13カ国のユニフォームサプライヤーであるナイキだが、今回は特に女子選手の意見をもとにデザインや開発を行ったという。

その中で、大きな変化の1つはイングランド女子代表。これまでは上下白がベースとなっていたが、W杯では青のパンツを履くことになるという。

その理由は、女子選手が訴える生理の問題の懸念だ。イングランドのクラブでもマンチェスター・シティやWBA、スウォンジー・シティの女子チームの選手が、生理中に白いパンツを履くことを懸念していたとのこと。その結果、クラブとサプライヤーが対応して白以外のパンツに変更していた。

ナイキは女子選手のそうした意見を受けて、イングランドのパンツを白から青に変更。13カ国のホームとアウェイユニフォーム26着のうち、白のパンツはブラジル女子代表のアウェイのみという状況になった。

ナイキの対応には選手たちも感謝を示しているとのこと。また、ナイキの最新のスポーツブラも提供され、より快適にプレーできるようになるようだ。

2023.04.03 21:40 Mon
超WORLDサッカー!
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=440330&div=0&from=read_news

【女子サッカー選手の意見を参考に配慮し白パンツを中止、ナイキが女子W杯出場13カ国の新ユニフォームを発表!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/24(金) 22:03:25.62 ID:cWmT4pCX9
大金星は挙げたが…。 なでしこジャパンは22日に行われたシービリーブスカップ(米テキサス州フリスコ)最終戦で、2021年東京五輪を制覇した女王カナダを相手に3―0と圧勝した。日本は今大会でブラジル、
米国に連敗していたがスタメンを大幅に入れ替えたカナダ戦で一変。MF長谷川唯(マンチェスター・シティー)らのゴールラッシュで五輪女王を撃破した。

 女子サッカーの強国・米国のメディアもこぞって絶賛。「USサッカードットコム」は「美しいパスの連動」と池田太監督による攻撃的なサッカーを高く評価した。こうなると、
オーストラリアとニュージーランド共催のW杯(7月開幕)での躍進に期待が高まるが、日本の女子サッカーが置かれた現状は厳しい。

 11年ドイツW杯で優勝を果たして〝なでしこフィーバー〟が吹き荒れたが、その後は人気が下降の一途。W杯イヤー初戦となる今大会のブラジル戦は日本での試合放映がない惨状で、
W杯優勝メンバーのベテランMF川澄奈穂美(ゴッサム)は自身のツイッターで「こんな良い試合を日本では見れないだなんて。ファン・サポーターのみなさん、離れていかないでください」と訴えた。

 女子サッカー人気回復の切り札として21年からスタートしたWEリーグも、注目されるはずの初年度に1試合平均観客数が目標の5000人を大きく下回る1560人。
メディア露出も少なく、話題になっていないのが実情だ。高田春奈チェアも20日の理事会後に「大会がアナウンスされる部分が弱いのは自分たちの課題だと思う」と危機感をにじませた。

 なでしこジャパンがW杯でミラクルVを再現するしか、打開策はないのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d760269c65fcb798c90d6f4e6cce378e59fd3fc0

関連スレ
【サッカー】なでしこ、東京五輪金のカナダに3-0快勝締め 1勝2敗で大会終える シービリーブスカップ [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1677115435/

【なでしこジャパン 五輪女王カナダ撃破の〝大金星〟でも…日本女子サッカーは危機的状況】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/23(火) 13:18:18.41 ID:CAP_USER9
HOME広島ホームテレビ 8/22(月) 18:12

アンジュヴィオレ広島 解散へ 女子サッカーなでしこリーグ 新型コロナで経営悪化

横川を拠点に活動する女子サッカーなでしこリーグ1部のアンジュヴィオレ広島が、今シーズン限りでの解散を発表しました。

チームを運営する広島横川スポーツ・カルチャークラブは新型コロナによる経営悪化などを理由に、今年度限りでチームの事業終了を明らかにしました。

アンジュヴィオレ広島は2012年に発足しましたが、国内初の女子プロリーグ「WEリーグ」にサンフレッチェ広島が参入するなど厳しい経営が続いていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/70c5c403cd297d159e7e07959ba0a1415702d679

【アンジュヴィオレ広島 解散へ 女子サッカーなでしこリーグ 新型コロナで経営悪化】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/07(木) 23:16:44.74 ID:CAP_USER9
JFA(日本サッカー協会)は7月7日、ウォルト・ディズニー・ジャパンと女子サッカー新プロジェクトの「JFA Magical Field Inspired by Disney」を行なうことを発表した。同日、JFA夢フィールドで発表会が行なわれた。

同プロジェクトは、すべての女性がサッカーを通じて新たな可能性に踏み出す一歩を応援するもの。JFAとディズニーによる初の取り組みとなる。

今年はプロジェクト初年度として、親子サッカーフェスティバル「First Touch」を開催。7月16日の大阪から12月まで、全国7か所でサッカー未経験の小学校低学年の女子と保護者を対象に行われる。来年以降は、対象年齢を拡大する計画となっている。

発表会に参加したJFAの田嶋幸三会長は、日本の登録プレーヤーの女子比率がアメリカやドイツに比べ低いことを提示。ディズニーとの取り組みにより「エンターテインメント分野の最高の知見をシェアさせてもらうことで、子どもから大人まですべての女性に新たなアプローチができる」と期待を寄せた。

同プロジェクトのキャプテンに就任した元なでしこジャパンの澤穂希氏と、サッカー好きで知られる、アイドルグループ日向坂46の影山優佳さんも登壇。ともに幼少期に女子選手が少ないことで苦労したエピソードなどを振り返り、プロジェクトが女性のサッカーやサッカー以外の挑戦の後押しになることを期待した。

澤氏と影山さんは、同プロジェクト参加者にプレゼントされるディズニーデザインのTシャツを着用。サッカープログラムの体験にも参加した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=112591
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1657173063/files/topics/112591_ext_04_0.jpg

【JFAとディズニーが女子サッカー新プロジェクトを発表!7月から全国7か所で親子フェスを開催。澤穂希がキャプテンに就任】の続きを読む

このページのトップヘ