SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

女子テニス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 09:04:54.32 ID:CAP_USER9
女子テニスで元世界ランク1位のM・シャラポワは3日に自身のSNSを更新し、妊婦姿を公開した。

34歳のシャラポワは、4月20日に第一子を授かったことを自身のSNSを通じて明らかにしていた。

シャラポワは2020年2月に現役引退を発表するまでに、通算36のタイトルを獲得。グランドスラムでは2004年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)、2006年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、2008年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、2012年・2014年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で優勝し、キャリアグランドスラムを達成している。

引退後、同年12月にイギリス人実業家のA・ギルケス氏との婚約を発表。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/4aac269f579f77f906b58f47845bc8a26833b490
https://news.tennis365.net/news/today/202205/136686.html

【妖精シャラポワが妊婦姿を披露、4月に第一子妊娠を発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 12:47:08.25 ID:CAP_USER9
3/3(木) 12:21
スポーツ報知

ロシア出身・シャラポワさんSNSへ「祖国への制裁を一言」「プーチンを罵倒して」…コメント欄閉鎖

 女子テニスの元世界ランキング1位で端麗な容姿と実力から「妖精」と人気を集めたマリア・シャラポワさん(ロシア)が日本時間の3日までに、自身のインスタグラムを更新。フランス・パリのファッションウィークに参加した際の写真をアップした。

 シャラポワさんはプリントがされたコートに、ミニスカートにロングブーツ姿で引き締まった美脚を披露した写真を掲載した。笑顔の写真は一枚もなかった。

 2月18日の前回投稿には、ロシアのウクライナ侵攻が開始してから「戦争は許せない、祖国への制裁を一言書いてくれ」「そろそろプーチンを独裁者、戦犯として罵倒してくれ」「その影響力で戦争を止めてよ」など、ロシアのウクライナ侵攻に関するコメントが多数書き込まれていた。その影響か、この日はコメント欄を閉鎖した。

【写真】シャラポワさん、ミニスカの全身ショット…笑顔はない
https://hochi.news/images/2022/03/03/20220303-OHT1I51098-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/03/03/20220303-OHT1I51097-L.jpg

【ロシア出身・シャラポワさんのSNSへ「祖国への制裁を一言」「プーチンを罵倒して」など…コメント欄閉鎖】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 10:19:44.12 ID:CAP_USER9
3/1(火) 9:59配信
ロイター

 女子テニスの世界ランク15位で東京五輪の銅メダリスト、エリナ・スビトリナ(ウクライナ)は28日、予定されているロシア選手との試合を拒否する意向を明かした。メルボルンで1月撮影(2022年 ロイター)

[28日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク15位で東京五輪の銅メダリスト、エリナ・スビトリナ(27、ウクライナ)は28日、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、予定されているロシア選手との試合を拒否する意向を明かした。

スビトリナはメキシコで開催中のモンテレイ・オープンに第1シードとして出場しており、シングルス1回戦でアナスタシア・ポタポワ(ロシア)と対戦する予定。

スビトリナは「私たちウクライナの選手は(男子ツアーを統括する)ATP、女子テニス協会(WTA)、国際テニス連盟(ITF)に対し、国際オリンピック委員会(IOC)からの要請に従い、ロシアとベラルーシの選手の出場を中立選手としてのみ認めるよう求めた」とコメント。

さらに「私は各組織が必要な判断を下すまで、明日の試合だけでなく、ロシアとベラルーシの選手との今後の試合を拒否する」と発表した。

スビトリナは今後、ツアーで得た賞金をロシア軍の侵攻を受けている母国ウクライナの軍隊や人道的支援のために寄付する意向も表明。「私の家族や多くの友人がウクライナに残っている。彼らは自分たちの命を守るために戦っている。国のために戦っている人もいる」と現状を説明した。

また、「彼らのために何かしたい」との思いから、賞金を寄付することを決意したとし、「こうすれば国を助けることができる。今はこれが正しい行動だと思う」と話した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220301-00000059-reut-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a667c75a81c3e661b585d4a60c75b66a1432e84

【モンテレイ・オープン 東京五輪銅のスビトリナ、ロシア選手との対戦拒否】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/28(金) 12:26:36.38 ID:CAP_USER9
1/28(金) 12:21
日刊スポーツ

大坂なおみ、最新世界ランクで85位前後まで急降下 シード失い予選出場も

女子テニスで、4大大会4度の優勝を誇る大坂なおみ(24=フリー)が、絶対的なピンチに立たされる。

1月31日に発表予定の最新世界ランキングで、現在の14位から85位前後まで急降下する。大坂がトップ50から陥落するのは18年2月12日の週に51位になって以来。80位台は、16年8月29日の週に81位だった時以来で、1975日、5年4カ月27日ぶりの転落だ。

現在、大坂の世界ランキングの得点は2696点。31日には、昨年の全豪優勝で獲得した2000点が消滅し、今年の全豪3回戦進出で獲得した130点が加算される。31日の合計点は826点。土居美咲が31日の合計点で900点以上が確保されているので、大坂はランキング的に日本NO・2にも落ちる。

世界ランキングの合計点は、過去52週間に出場した大会の上位16大会を合計した点数となる。大坂の場合、昨年の全豪以降、出場した大会は7大会(点数対象にならない五輪を除く)しかない。そもそも合計する大会数が少ない。7大会の中で、最も得点を稼いだのは昨年3月のマイアミオープン8強の215点。もし、今年、この大会で早期敗退すると、トップ100陥落もあり得る大ピンチだ。

世界ランキングが落ちると、何が困るのか。まず、大会でシードがつかなくなり、1回戦から第1シードなど、強豪選手と対戦する可能性が増える。順当に考えれば、早期敗退が増えることが考えられるが、大坂は、全豪期間中に、この問いに「私がノーシードだと、逆に対戦相手が不安がるかも」と、意に介していないようだ。

また、世界ランキングが落ちると、大会によっては、本戦からの出場ではなく、予選に回ることも考えられる。昨年のマイアミオープンで、世界ランキングによる本戦入りの最低ラインは95位だ。これが、同じクラスのイタリア国際では、ドロー数が少ないので、最低ラインは50位。これだと、大坂が31日に落ちる80位台だと予選となる。

大坂クラスとなると、本戦から出場できる大会主催者推薦枠を獲得できる可能性は高い。大会にとって、ファンの関心を呼べる名前は、大きな魅力だ。それを利用すれば、厳しい予選を戦う必要はない。しかし、年間で推薦枠を利用できるのは6大会で、本戦は3大会までだ。

大坂は、世界ランキングの転落に「それほど意識していない。今のテニスをしていれば、また戻れる」と自信をのぞかせる。結局、どのような状況になっても、勝ち上がればいいだけのことだ。しかし、それが最も難しいことも、大坂はよく理解しているだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aab5eb511e9973a86c8fe48bbe8425b32e28e13

【女子テニスの大坂なおみ、最新世界ランクで85位前後まで急降下 シード失い予選出場も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/22(土) 05:36:52.47 ID:CAP_USER9
1/22(土) 5:15配信
東スポWeb

敗戦後、観客に手を振る大坂なおみ(ロイター)

 格下に不覚――。女子テニスの世界ランキング14位の大坂なおみ(24)が4大大会の全豪オープン(メルボルン)3回戦で同60位のアマンダ・アニシモバ(20=米国)に6―4、3―6、6―7(5―10)で敗れ、連覇を逃した。それでも試合後の会見では笑みを浮かべるなど悲壮感は皆無。課題とされているメンタル面も安定していたようだが、何が勝敗を分けてしまったのか。

 どっちが勝ってもおかしくない大激戦だった。第1セットは最初のゲームでブレークした大坂が流れに乗って奪ったが、第2セットは逆に先手を取られて後手後手の展開に。得意のサービスエースを1本も決められずにセットを落とした。

 ファイナルセットは互いにサービスゲームをキープ。一進一退の攻防が続き、大坂は第10ゲームで2度のマッチポイントを握ったが決め切れなかった。結局、10ポイント先取のタイブレークに突入し、成長著しい20歳の勢いに屈した。

 だが、試合後はむしろ充実感を漂わせた。大会前は「泣かないこと」を目標に掲げたが、涙を見せるどころか勝者のようにリラックス。達観したように「神様ではないので、全ての試合には勝てない。負けたけど、自分にとっては大きなステップで誇りに思う」と胸を張った。

 とはいえプレー面での課題は残った。試合を見たDAZNテニス中継の解説者・佐藤武文氏は「最後の最後で強打に頼るプレーが顔を出してしまった。焦ってラッシュし、全体的な戦術を見誤ってしまった」と分析。1、2回戦はネットプレーを随所に織り交ぜ、優勝から逆算したプレーに撤したが、追い詰められたことで悪いクセが出たようだ。

 今後に向けて佐藤氏は「なぜ最後にああいうマインドになったのか?をチームとして反省し、大坂選手にはトラウマにならないように柔らかく伝える必要があります。ただ、これに関しては試合でしか修正できません」と強調した。

 復帰戦から盤石な試合を続けてきたにもかかわらず、焦りが出た一番の要因について、佐藤氏は「アニシモバのディフェンスがうまかったこと」と断言する。大坂自身も「リターンが素晴らしかった」と言うように、尻上がりに調子を上げて大坂を苦しめた。今季から元世界1位で4大大会2勝のシモナ・ハレプ(ルーマニア)の元コーチ、ダレン・ケーヒル氏と新たにタッグを組み、前哨戦では3年ぶりに優勝し、2回戦は東京五輪金メダルのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に勝利した。

 今回は相手を褒めるべき要素もあるだろうが、佐藤氏は「最後はちょっとしたボタンの掛け違い。こういうギリギリの戦いをする上での勝負の怖さです」と改めて指摘。大坂にとって究極の場面でのメンタル強化は引き続き重要なポイントになりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220122-03943568-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/03e800a83101d0aff495d3cac589fc5880114df0

【格下に不覚… 大坂なおみがプレー中にのぞかせた〝悪いクセ〟とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 05:50:37.84 ID:CAP_USER9
1/20(木) 5:15配信
東スポWeb

3回戦に進出した大坂なおみ(ロイター)

 これがナオミ流の〝勝利の方程式〟だ。女子テニスの世界ランキング14位・大坂なおみ(24)が全豪オープンのシングルス2回戦(19日、メルボルン)で同54位のマディソン・ブレングル(米国)を6―0、6―4のストレートで下し、3回戦に進出した。これで復帰後は無傷の5連勝(棄権を除く)で、今大会はまだ1セットも取られていない。4大大会で優勝4回の実力通り相手を圧倒しているが、そのプレーには大会連覇を見据えた緻密な計算も隠されている。

 今大会の大坂は練習中から笑顔を見せるなどリラックスする一方で、試合になれば手の付けられない強さを発揮。心身ともに充実していることをうかがわせる。2回戦は試合開始と同時に強力なサーブ、レシーブを駆使して相手を翻弄。「オフにしっかり練習してきた」というリターンが決まり、全くスキのない一方的な試合運びで6ゲーム連取の〝ベーグル〟でセットを奪った。

 第2セットは中盤で3―4とリードを許したが、ラリーでは強打のウイナーにネットプレーも織り交ぜて反撃。結局、終盤3ゲーム連取で一気に試合を決めた。この勝利は単なる白星ではない。連覇を目指す大坂は、明らかに「優勝」から逆算したプレーを見せていたからだ。DAZNテニス中継の解説者・佐藤武文氏は「優勝の仕方を分かっている戦い方です。登山に例えるなら、過去に何度も登頂しているから、自分がいま〝何合目〟にいて、何が必要かを熟知してプレーしています」と説明する。

 その具体的な戦術がネットプレーだ。大坂はサーブやレシーブで圧倒する一方で、果敢に前に出るアグレッシブさを随所に見せた。第2セットで3―4と劣勢に立たされた場面でもネットに出て難局を打破。佐藤氏は、これが頂点を見据えたプレーだと分析する。「相手に考えるヒマを与えず、プレッシャーを与えた。ネットプレーにはさまざまな効果がありますが、その一つが早くゲームを終わらせ、体力温存できる利点です」。

 決勝まで7試合を考えると、トーナメント序盤は〝省エネ〟が必須。それをネットプレーによって実現させたのだ。さらに佐藤氏は「勝ち上がるに従って相手も強くなり、ネットプレーもなかなか通用しづらくなる。だからこそ、1、2回戦で戦法を試し、先を見据えているんです」と付け加えた。

 大坂は試合後、ネットプレーについて「男子の試合を見て(デニス)シャポバロフ選手がネットでポイントを取るイメージで自分もやってみたいと思ったし、それがうまくできた時もあった」と話した。4大大会5度目のVへ向けて、準備にぬかりはないようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-03939020-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/093c661a25f817ddf2e7efc2c4c8e2f6847e2869

【ナオミ流〝勝利の方程式〟で連覇見えた! 大坂なおみが披露した「優勝」から逆算したプレーとは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 23:29:31.31 ID:CAP_USER9
1/19(水) 21:50配信
日刊スポーツ

インタビューで笑顔を見せる大坂なおみ(AP)

<テニス・全豪オープン>◇19日◇男女シングルス2回戦

世界王者ジョコビッチ(セルビア)国外退去騒動がひと息をついたと思ったら、今度は彭帥(中国)問題が再度、浮上した。

元ダブルス世界女王の彭帥は、共産党最高指導部メンバーだった張高麗元副首相と不倫関係にあったと告白した後、連絡が途絶えた。

19日に5年連続3回戦進出を決めた大坂なおみ(24=フリー)は、昨年11月に「彭帥さんはどこ」というハッシュタグ(検索目印)をつけた投稿を、いち早くSNSに上げた。

女子テニス協会(WTA)が中国から大会を撤退するという強硬姿勢を見せたときも、大坂はいち早く支持を表明。彭帥問題について、積極的に意思を表明し続けている。

2回戦に勝った後、「この問題について、どうして意見を表明したいと思うのか?」と問われた。それに対し、大坂は「説明するのは難しいけど、もし私が彼女の立場なら、人から気にかけてもらいたいと思う」と、その理由を説明した。「ただ、自分が彼女の立場だと、少し怖いかも」と彭帥の状況を思いやりながらも、「自分の声を届けたいし、みんなにも気にかけてほしい」と強調した。

彭帥は、WTAのサイモン会長が連絡を取ろうと試みているが、いまだに直接話ができていないという。その間に、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長はテレビ電話で会話し、「大丈夫のようだ」と発言。北京五輪を控え、中国におもねったと批判を浴びた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-31190916-nksports-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b70fe000661ad4390d62898eb0d44d16c24970c

【「彭帥さんはどこ」大坂なおみが彭帥問題に声上げる理由】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 19:45:37.19 ID:CAP_USER9
1/6(木) 18:07配信tennis365.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/69e7044a6edb3bc8601a5b69487c6aa415f89518

女子テニスのメルボルン・サマー・セット1(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA250)は6日、シングルス2回戦が行われ、第1シードの大坂なおみが世界ランク82位のM・ザネブスカ(ベルギー)を6-1,6-1のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

4日に行われた1回戦で世界ランク61位のA・コルネ(フランス)をフルセットで破り、昨年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来 約4カ月ぶりの勝利をあげた大坂。

ザネブスカとの初対戦となったこの日はリターンエースなどを決め第2ゲームでブレークに成功すると、サービスゲームではファーストサービスが入ったときに92パーセントの高い確率でポイントを獲得。ブレークチャンスを与えることなく圧倒し、26分で第1セットを先取した。

第2セットでも主導権を握り続けた大坂は、立ち上がり第1ゲームで先にブレーク。その後もサービスが不安定なザネブスカからリターンエースを放つなど4ゲームを連取し、終始リードを守って完勝した。

準々決勝では世界ランク75位のA・ペトコビッチ(ドイツ)と対戦する。両者は3度目の顔合わせで1勝1敗。直近では2019年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、WTAプレミア・マンダトリー)2回戦で戦っており、大坂がストレート勝ちをおさめている。

ペトコビッチは2回戦で世界ランク76位のC・ブレル(フランス)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)や第6シードのV・ゴルビッチ(スイス)、世界ランク69位のA・ポタポヴァ(ロシア)らが8強へ駒を進めた。

【メルボルン・サマー・セット1 大坂なおみ 全豪OP前哨戦で8強、世界82位に貫録の圧勝劇】の続きを読む

このページのトップヘ