SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

女子ハーフパイプ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/10(木) 22:19:59.51 ID:CAP_USER9
2/10(木) 22:18
スポーツ報知

スノボ銅の冨田せな、メダルは「重たくてびっくり」 帰国したら好物「ハーゲンダッツを…食べたい」
冨田せな(ロイター)
 ◆北京五輪 第7日(10日)

 スノーボード女子ハーフパイプで、初の銅メダルに輝いた冨田せな(アルビレックス新潟)が、張家口メダルプラザで銅メダルを授与された。

 「重たくて、びっくりしている。五輪ということもあって、すごく特別な感じがする」と実感が湧いた様子。「五輪を目指す、となって、たくさんの方に関わってもらったので、直接見せられれば、手にとって見て頂けたらいいな」と感謝の思いも新たにした。

 五輪前哨戦のW杯をはじめ、長期の海外遠征が続くスケジュール。帰国後は「とりあえず、おいしいものをたくさん食べたい」と屈託ない。好物は、アイスクリーム。現地は連日氷点下の寒さが続いているが、選手村でも時々食べていたという。

 「私は特にハーゲンダッツが好きで、新作(の味)が出たら必ず食べていた。年明け前から遠征を続いて、すごい量がたまっているので、早く帰って食べたい」と心待ちにしていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220210-02101288-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/709ccc0360fa6f124b63da6e17ef84fb5e965158

【北京五輪・スノボ銅の冨田せな、メダルは「重たくてびっくり」 帰国したら好物「ハーゲンダッツを…食べたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/10(木) 21:28:33.16 ID:CAP_USER9
◇10日 北京五輪 スノーボード女子ハーフパイプ決勝(張家口)

2018年平昌に続いて五輪2大会連続で金メダルを獲得したクロエ・キム(21)=米国=が、競技後のメダリスト会見に集まった
記者たちにお菓子をねだる場面があった。

司会者によって質問があと2問に限定された後、キムが「あの、みなさん。お菓子か何か持っている方いますか…」と控えめに
おねだり。朝からの激戦を終えて競技終了からも1時間以上が立ち、「もうランチタイムなので」と空腹であることを明かした。

すかさず前列の記者数人がスナック菓子を差し出し、キムは笑顔で受け取った。さらに隣にいた日本女子史上初のこの種目での
メダリストとなった3位、冨田せな(22)=アルビレックス新潟=にも「食べますか?これおいしいのよ」と菓子を手渡した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b4b7495bd4ee2f451c4b7e0b0695355f6d65307

【北京五輪・スノーボード女子HP金メダルのクロエ・キムが空腹我慢できず会見で「お菓子持っている人います?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/10(木) 11:46:23.41 ID:CAP_USER9

【【北京五輪】オリンピック、スノーボード女子ハーフパイプで冨田せなが銅メダル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/10(木) 06:36:36.34 ID:CAP_USER9
◆北京五輪 ▽スノーボード女子ハーフパイプ予選(9日、雲頂スノーパーク)

 女子ハーフパイプ予選で、五輪初出場の小野光希(バートン)が、83・75点の2位で上位12人による10日の決勝に進んだ。将来性豊かな17歳は腰痛を乗り越え、高さのあるエアを武器に冬季五輪日本女子最年少のメダル獲得に挑む。冨田せな(22)=アルビレックス新潟=は75・75点の5位、冨田るき(20)=チームJWSC=は74・25点の6位で姉妹ともに予選を突破。今井胡桃(22)=プリオHD=は15位で落選した。

 万全でなくとも、日の丸カラーのウェアでひときわ高く飛び続けた。小野は2回目で日本勢唯一の80点台をたたき出し、堂々のメダル圏内で決勝進出を決めた。5歳で夢見た初の五輪舞台で「朝まではずっと緊張していたが、山(会場)に上がってきた時の方が落ち着いていた」と「光希」の名前の通り、17歳の新星がまばゆい輝きを放った。

 小雪が舞った1回目で3位に立ち、快晴の2回目はさらに完成度を上げた。1発目から板の先端をつかみながら高々と横2回転半。「攻めてスピードを出した」との言葉通り、逆スタンスでの横2回転なども鮮やかにつなぎ切った。スピードに乗った滑りと最高到達点4メートルの高いエアで、世界の注目を一身に集めた。「全体的に平均して高さが出せたこと、グラブ(板をつかむ)とか着地のクリーンさとか、練習以上の滑りができたことがよかった。高さは自分のこだわりで、一番注目してほしいところ」と会心の出来に柔らかな笑みがこぼれた。

 自己最高に並ぶ2位に入った1月のW杯後はスイスに残って調整。練習中に腰を強打し、8日の公式練習でも再び転倒して涙を流していた。「重圧や期待も受け止めて、自分の滑りに集中できたら」と痛み止めの薬を飲み、テーピングで固定して大一番に臨んだ。

 冬季五輪日本女子最年少表彰台は、10年バンクーバー大会女子フィギュアスケート銀メダルの浅田真央の19歳153日だ。「今まで練習してきたことを全部、悔いなく出せるように頑張りたい」と小野。決勝では難度の高いエアの大技も用意しており、女子高生ボーダーが歴史を塗り替える。

2/10(木) 6:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c86a7093d559fe6398cbb0c32edf73ef51a2be5d
https://i.imgur.com/ixBnOV0.jpg
https://i.imgur.com/rgpjfbD.jpg

【女子高生ボーダー小野光希、腰痛を乗り越え2位で決勝!冬季オリンピック日本女子最年少メダルに挑む】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/09(水) 12:23:48.68 ID:CAP_USER9
2/9(水) 12:00
スポニチアネックス

スノボ女子ハーフパイプ・冨田せな 妹・るきと姉妹で決勝進出
<スノーボード女子ハーフパイプ予選>予選1回目を滑走する冨田せな(ロイター)
 ◇北京五輪第6日 スノーボード女子ハーフパイプ予選(2022年2月9日 雲頂スノーパーク)

 スノーボード女子ハーフパイプ予選が9日、北省張家口の雲頂スノーパークで行われ、冨田るき(20=チームJWSC)、小野光希(17=バートン)、今井胡桃(22=プリオホールディングス)、冨田せな(22=アルビレックス新潟)の4選手が出場した。

 男子に先駆けて行われた女子予選は、冨田るきが9番目、小野が10番目、今井が13番目、冨田せなが16番目に登場。2連覇を狙う女王クロエ・キム(21=米国)は2番手で滑走した。

 2回の試技のベストスコアで争われる予選。冨田せなは1本目で75・75点、2本目で52・00点で上位12人による決勝進出が決定。また妹・るきも1本目で74・25点、2本目で66・25点で決勝に進出した。

 決勝は、あす10日に行われ、新潟出身のボーダー姉妹が五輪で同時表彰台の快挙に挑む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/713d1daed7e1c39e4b8d9c5d432f15f36ad2430c

【東京五輪・スノボ女子ハーフパイプ 姉・冨田せな 妹・るきと姉妹で決勝進出】の続きを読む

このページのトップヘ