SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

女子プロゴルフ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/22(火) 14:15:20.21 ID:CAP_USER9
2/22(火) 13:53配信
スポーツ報知

楽天ロゴのネイルを見せる稲見(カメラ・今成 良輔)

 楽天グループ株式会社は22日、女子プロゴルフの稲見萌寧と今季から所属契約を結んだことを発表した。楽天の三木谷浩史会長兼社長と、都内で会見した稲見は「世界中のトップアスリートを支援されている企業に所属として迎えられて、名誉であり、とてもうれしく思います。所属として恥じないように、良い成績を残せるように頑張りたい。ファンの皆さんに、楽天のロゴがしっかり見えるように(試合で)順位を上げていきたい」と決意を新たにした。

 昨季は9勝を挙げて初の賞金女王に輝き、昨夏の東京五輪では銀メダルを獲得した稲見に対し、三木谷氏は「まさしく日本の女子ゴルフ界の未来を担う選手。今まで以上に活躍をして、(30勝以上で手にする)永久シードを取るような、歴史に残る選手になると思う。7月の(同社特別協賛)楽天スーパーレディースでも、ホステスプロとして活躍してくれるのでは」と期待を寄せた。

 同社の印象を問われた稲見は「スポーツだと、イニエスタさん(サッカーJ1神戸MF)、田中マー君さん(将大、プロ野球楽天投手)であったり、本当にすばらしい選手の中で、私もそこで恥じないように頑張って目立てるように。いいプレッシャーで頑張れるのかなと思います」と笑顔で話した。また、三木谷氏は今後について「宮城で(ゴルフの)試合があって(楽天の試合と)タイミングがあえば、ツアーに妨げがない範囲内で、(始球式など)そういう機会があればいいかなと思います」と、他競技とのコラボレーションにも言及した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220222-02221069-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d7bf46e526f3e111fc1a06241fb1da51b458cfb6

【昨季の賞金女王・稲見萌寧が楽天と所属契約発表「恥じないように頑張る」 三木谷社長は「ゴルフ界の未来を担う選手」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 22:54:56.59 ID:CAP_USER9
IT大手、GMOインターネットグループが来年の女子プロゴルフツアーの大会主催から撤退した問題をめぐり、同社の熊谷正寿会長兼社長・グループ代表(58)が27日、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。 

同社はネットの有料・無料放送について日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)と対立してきたが、熊谷氏は「協会は歴史的に誤った判断をした」と語るなど、ネットを有料課金のみに限定することで、今後のファン離れにつながることを危惧した。(取材・構成=岩原 正幸)

 ツイッターで自身の考えを発信し続けてきた熊谷会長兼社長は、オンラインで女子ゴルフへの思いを語った。

 「私どもは参入して2年目(昨年は中止)。テレビとインターネットを合わせて視聴率ナンバーワンを獲得し、国内ナンバーワンの大会にしようとやってきた。子どもたちや全てのゴルファーに夢と希望を与え日本中を笑顔にする、と目標を掲げたが、それがJLPGAさんの方針でかなわず、撤退を決定しました」

 7月の大会はテレビ(地上波で視聴者は400万人台)、インターネット(無料で同300万人台)で多くのファンが視聴。来年も継続する予定だったが、協会から「無料放送は認めない」と通達があった。今月24日にJLPGA・小林浩美会長が来季の方針について「有料課金だけというのを全主催者様に説明している」と表明したが、これについて反論した。

 「無料はダメという説明も、有料のみという説明もなかった。僕らが今年、インターネット無料放送をやったことを協会はご存じのはずです。『熊谷さん、来年から無料はできないよ』と(申し込み前に)言ってほしかった」

 GMOグループは陸上、水泳に続き、ゴルフを支援したが、思わぬ形で撤退。視聴数に応じ、今年は約150万円、ジュニア育成基金に寄付するなど競技の普及、育成にも携わった。無料配信というファンの入り口を閉じてしまうことで、女子ゴルフ界の未来を心配し、苦言を呈した。

 「見られてナンボのプロスポーツ。(協会は)歴史的に誤った判断をしている。選手に憧れる子どもが増えると、競技の未来につながる。有料放送に舵(かじ)を切った競技が栄えた話は聞いたことがなく、同じ道を歩んでほしくない」

 さらに、IT界の先駆者らしくネットの活用法にも言及した。

 「スポーツはインターネットを通じて無料で世界に発信すべきです。収益を上げることについても、協会が真剣に考えれば僕らは協力しますと申し上げていた。(今の流れでは)お金を払ってまで見ない、となってしまうと思います」

スポーツ報知 2021年12月28日 6時0分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21426023/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/2/42952_60_140e1714_2a6e85ac.jpg

【女子ツアー主催から撤退したGMO代表がゴルフ界に警鐘!ネット有料限定は「歴史的に誤った判断」】の続きを読む

このページのトップヘ