SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

宇都宮ブレックス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 14:26:10.41 ID:CAP_USER9
13:00

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスは20日、県庁で記者会見を行い、チームを今季チャンピオンシップ優勝に導いた安斎竜三(あんざいりゅうぞう)監督(41)の契約満了を発表した。
来季チームには残らない見通しで「多くの人に支えられ、僕のやりたいバスケをさせてもらい感謝している。もっと成長しバスケ界に貢献していきたい」と思いを述べた。後任は未定。

 会見には安斎監督と鎌田真吾(かまたしんご)ゼネラルマネジャー(GM)が出席した。

https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/601953?top

【B1宇都宮ブレックス安斎監督の退任発表 「バスケ観考え直す時間を」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 18:07:43.48 ID:CAP_USER9
<バスケットボール男子Bリーグチャンピオンシップ(プレーオフ)決勝:琉球75-82宇都宮>◇29日◇第2戦◇東京体育館
宇都宮ブレックスが5季ぶり2度目のBリーグ制覇を遂げた。
第1戦を80-61で先勝した宇都宮は、エースの日本代表SG比江島慎やPG鵤(いかるが)誠司、Cジョシュ・スコットが活躍。第2戦も制し、Bリーグ初年度の16-17年シーズン(当時栃木)以来となる優勝を果たした。
宇都宮は昨季も決勝に駒を進めたが、千葉ジェッツとの第3戦までもつれた熱戦の末、敗戦。準Vの悔しさを同じ舞台で晴らした。
今季は、長年チームの得点源だったCライアン・ロシターら主軸が退団。戦力ダウンが懸念されながら東地区4位と粘り、チャンピオンシップにワイルドカードで進出。準々決勝で千葉にリベンジし、準決勝では川崎ブレイブサンダースにそれぞれアウェーで全勝した。決勝の舞台に戻り、西地区5連覇でファイナル前は2戦2敗だった難敵に今度は2戦2勝。頂に上り詰めた。日本人初NBAプレーヤーのレジェンド、PG田臥勇太も出場するなど一丸となっての奪還だった。
対して、今季はリーグ史上最高の年間勝率8割7分5厘の成績を残していた琉球ゴールデンキングスだったが、最終章は悔しい結果となった。エースSG/SF今村佳太や206センチのCクーリー中心に西地区勢、bjリーグ出身勢として初のファイナル切符をつかんだが、悲願成就は来季以降に持ち越した。【木下淳】

https://news.yahoo.co.jp/articles/3553ee696b98d445ff46a88840e3b3c558205574

【BリーグCSファイナル・第2戦 宇都宮が5季ぶり2度目V 初年度の16-17年シーズン以来 琉球振りきる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 14:02:56.15 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220528/375095.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1313957-768x576.jpeg

 5月28日、東京体育館で「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22」が行われ、宇都宮ブレックスが琉球ゴールデンキングスと対戦した。

 2年連続でファイナルへ進み、Bリーグ初年度以来となる制覇を目指す宇都宮は比江島慎、遠藤祐亮、鵤誠司、ジョシュ・スコット、アイザック・フォトゥが先発。西地区から初のファイナル進出を果たした琉球はコー・フリッピン、ドウェイン・エバンス、岸本隆一、今村佳太、ジャック・クーリーがスターターを務めた。

 エバンスの得点で幕が開いたこの試合は、開始約3分で4-4とロースコアの立ち上がりとなる。宇都宮はチェイス・フィーラーの3ポイントシュート、琉球はクーリーのオフェンスリバウンドから得点を重ねるが、大きな差は生まれず18-19と琉球のリードで第1クォーターが終了。

 迎えた第2クォーターは開始直後から琉球に8連続得点を奪われ、宇都宮としては苦しい展開に。それでも遠藤の2連続3ポイントシュートで逆転に成功すると、その後フォトゥや比江島のアタックでポイントを奪い、38-33と宇都宮の5点リードで試合を折り返した。

 宇都宮優位で突入した第3クォーターは、両チームとも素早い流れから得点を奪い合う。なかなか得点差が広がらない拮抗した展開となり、54-56で勝負の最終クォーターへ。

 最後の10分間で試合の主導権をつかんだのは宇都宮だった。リーグナンバーワンの堅守を披露し、約5分間をわずか2得点に抑えると、その間に比江島の積極的なアタックで得点を重ね、じりじりとリードを広げる。そのまま流れを明け渡すことなく試合を進め、80-61で快勝を収めた。

 勝利した宇都宮は、フィーラーが19得点、スコットが18得点、比江島が17得点をマーク。琉球はクーリーが17得点16リバウンドを挙げたものの、最終クォーターの失速が大きく響いた。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 61-80 宇都宮ブレックス(@東京体育館)
琉 球|19|16|21| 5 |=61
宇都宮|18|20|16|26|=80

【Bリーグファイナル・第1戦 宇都宮が勝負所で堅守を発揮4Q5点に抑える…琉球に19点差で快勝、2度目の制覇へ王手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 18:51:38.62 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220522/374127.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1313290-768x576.jpeg

 5月22日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のセミファイナルが開催され、宇都宮ブレックスが川崎ブレイブサンダースとの第2戦に臨んだ。

 第1戦に83-70で勝利した宇都宮は、試合開始から比江島慎が3本の3ポイントをヒット。その内1本はバスケットカウントも獲得し、4点プレーとするなどエースとしてチームをけん引する。しかし、終盤に川崎の連続得点を許し、15-19で第1クォーターを終える。

 続く第2クォーターでは川崎を1ケタ得点に抑え込むと、終盤に鵤誠司の3ポイントシュートで宇都宮が逆転し、31-28で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、川崎のマット・ジャニングとニック・ファジーカスに得点を量産されるが、ジョシュ・スコットが11得点と宇都宮をけん引。互いに譲らず、52-52の同点で勝負の最終クォーターへ。

 第4クォーターでも、終盤までリードチェンジを繰り返す激闘となる。試合残り1分32秒に鵤の速攻レイアップで宇都宮が同点とすると、インバウンズの場面で比江島が川崎のボールをスティール。その後、比江島はドライブからファウルを獲得すると、フリースローをしっかりと沈め、宇都宮が2点のリードを奪う。

 ジャニングの逆転を狙った3ポイントが外れ、比江島がリバウンドを獲得。篠山竜青がファウルで試合を止めるも、これがアンスポーツマンライクファウルとなり、比江島がフリースローを沈める。さらに、直後のポゼッションでも比江島がフリースローを決め、宇都宮のリードが6点に拡大。川崎の猛追を最後まで振り切り、77-73で宇都宮が勝利を飾った。

 敵地で2連勝とした宇都宮は、比江島が5本の3ポイントを含む24得点6アシスト、スコットが17得点15リバウンド2ブロック、チェイス・フィーラーが12得点9リバウンド、鵤が10得点をマーク。クォーターファイナルの千葉ジェッツ戦から敵地で4連勝とし、2年連続のファイナル進出を決めた。

 一方の川崎は、ファジーカスが24得点11リバウンド、ジャニングが22得点6アシスト4スティール、ジョーダン・ヒースが12得点11リバウンドを挙げるも、ホームで悔しい連敗を喫して今シーズンを終えた。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 73-77 宇都宮ブレックス(@川崎市とどろきアリーナ)
川 崎|19|9|24|21|=73
宇都宮|15|16|21|25|=77

【BリーグCS準決勝・第2戦 宇都宮が川崎との激闘を制す…アウェー4連勝で2年連続のファイナルへ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 17:42:03.98 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220521/374020.html?cx_cat=page1
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1312728.jpeg

 5月21日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のセミファイナルが行われ、川崎ブレイブサンダースと宇都宮ブレックスが対戦した。

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズに勝利してセミファイナルへ駒を進めた川崎は、藤井祐眞、ニック・ファジーカス、マット・ジャニング、熊谷尚也、ジョーダン・ヒースが先発。クォーターファイナルで昨シーズンの覇者・千葉ジェッツを破った宇都宮は、比江島慎、遠藤祐亮、鵤誠司、ジョシュ・スコット、アイザック・フォトゥがスターターを務めた。

 鵤の3ポイントシュートで幕を開けたこの試合は、川崎が7連続得点で主導権を握るも、第1クォーター終盤にチェイス・フィーラーが2本の3ポイントシュートを決めるなど躍動。23-17と宇都宮がリードして最初の10分間を終えた。

 続く第2クォーターは、比江島の積極的なアタックやスコットのインサイドでの得点で点差を広げることに成功。2クォーター連続で20得点超を挙げた宇都宮が45-30と優位な立場で試合を折り返した。

 前半終了時点で15点のリードを奪った宇都宮。第3クォーターはフリースローから得点を重ねるも、ファジーカスにこのクォーターだけで14得点を奪われるなど相手の攻撃を止められず。61-52と点差を1ケタに縮められて最終クォーターへ突入した。

 勝負の第4クォーターではジャニングに連続で3ポイントシュートを決められ、一時は4点差まで縮められた宇都宮。だが、フィーラーやフォトゥ、鵤が要所で得点を返し逆転は許さず、結局83-70で勝利した。

 勝利した宇都宮は、フィーラーが18得点7リバウンド2スティールと攻防でチームをけん引し、スコットが14得点、比江島が12得点をマークした。川崎はジャニングが22得点、ファジーカスが20得点を挙げるもその他の選手の得点が伸びなかった。
 
■試合結果
川崎ブレイブサンダース 70-83 宇都宮ブレックス(@川崎市とどろきアリーナ)
川 崎|17|13|22|18|=70
宇都宮|23|22|16|22|=83

【BリーグCS・準決勝 宇都宮が川崎とのSF第1戦を制す…大一番でフィーラーがチームをけん引 川崎4点差まで追いつくも…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 18:25:52.71 ID:CAP_USER9
5/15(日) 17:59配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0829ccd5983fda4c0d04673eb8dea508c17d7b9


 5月15日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナルが開催され、西地区4位でワイルドカード上位の宇都宮ブレックスは、東地区1位の千葉ジェッツとの第2戦に臨んだ。

 初戦に勝利した宇都宮は第1クォーター、鵤誠司が得点を伸ばすと、11-0のランでリードを奪う。さらに、千葉を1ケタ得点に抑え込み、23-9で最初の10分間を終えた。続く第2クォーターでも序盤からリードを広げた宇都宮だったが、終盤に千葉の反撃を受け、35-25と点差を詰められて試合を折り返す。

 迎えた第3クォーター中盤、千葉に一時4点差まで詰め寄られるも、宇都宮は鵤と比江島慎の3ポイントでリードを譲らない。終盤にはテーブス海の長距離砲も決まり、56-48で勝負の最終クォーターへ。

 第4クォーターでは開始から両チームが3ポイントを沈め合う展開に。終盤にジョシュ・ダンカンの連続得点で4点差まで詰め寄られるも、比江島がレイアップを決めて、宇都宮がリードを6点に広げる。

 それでも、残り34秒には富樫勇樹に速攻からバスケットカウントを決められ、3点差のワンポゼッションゲームに。しかし、残り12秒に遠藤祐亮が千葉を突き放す重要な3ポイントをヒット。千葉は最後までファウルゲームを仕掛けるが、宇都宮がフリースローをしっかりと沈め、最後は77-70で勝利を飾った。

 敵地で連勝した宇都宮は、鵤が16得点4リバウンド、比江島が14得点5アシスト、テーブスが14得点6リバウンド4アシスト、ジョシュ・スコットが4得点11リバウンドをマーク。昨シーズンのファイナルでの雪辱を果たし、セミファイナルへと進出した。

 一方の千葉は、第4クォーターに11得点と奮闘した富樫が17得点6アシスト、ジョン・ムーニーが13得点16リバウンドを挙げるもホームで連敗を喫し、リーグ連覇を目指した今シーズンを終えた。

■試合結果
千葉ジェッツ 70-77 宇都宮ブレックス(@船橋アリーナ)
千 葉|9 |16|23|22|=70
宇都宮|23|12|21|21|=77

【BリーグCSクォーターファイナル第2戦 宇都宮が昨季ファイナルの雪辱を果たす…前年王者・千葉に敵地で連勝、セミファイナル進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 18:28:01.44 ID:CAP_USER9
5/14(土) 18:00配信 バスケット・カウント
https://news.yahoo.co.jp/articles/350202441dae5c568de308a6bf828bc648481ab5

エドワーズをファウルアウトに追い込み、インサイドでイニシアチブ

チャンピオンシップクォーターファイナル、千葉ジェッツvs宇都宮ブレックスの第1戦。先行したのはアウェーの宇都宮だった。比江島慎がアンダーで守る一瞬の隙を突き3ポイントシュートで先制すると、堅守からのトランジションが炸裂。ドライブを防ぎ、パスミスとタフショットを強いるとすぐさま攻めに転じて速攻を成功させた。そして、比江島のドライブが決まり、開始3分で宇都宮が9-0と先手を取った。

それでも千葉がタイムアウトを機に立て直す。交代で入った原修太とクリストファー・スミスが身体の強さを生かしたドライブで連続得点を挙げ、シュートをしっかりと打ち切ることで宇都宮に速攻の機会を与えない。原と荒谷裕秀が連続で3ポイントシュートを決め合い、ラストポゼッションで富樫勇樹が3ポイントシュートを沈めた千葉が22-21と逆転して第1クォーターを終えた。

その後拮抗するが、3ポイントシュート精度で上回った宇都宮が再びリードする。すでに第1クォーターで2本の3ポイントシュートを決めている荒谷が再び2本、さらに遠藤祐亮、渡邉裕規も続き、チームで6本中4本の3ポイントシュートを成功させて3ポゼッションのリードを得た。

一方の千葉は8本中1本の成功とタッチに苦しんだが、ジョン・ムーニーが合わせから確実に得点するなど、インサイドで奮闘。ペイントアタックに活路を見い出し、富樫のフローターで締めたことで4点ビハインドで前半を終えた。

後半に入ると、両チームともにエースにボールを託した。比江島が9得点1アシスト、富樫が13得点をこのクォーターだけで挙げ、期待に応える活躍で拮抗した展開が続いた。しかし残り3分、宇都宮が1点をリードした場面でギャビン・エドワーズが個人4つ目のファウルを犯したところから流れが変わった。これで高さで優位に立った宇都宮はインサイドを攻め立て、インサイド陣だけで8得点を挙げ、64-55と突き放して最終クォーターを迎えた。

開始2分半、膠着状態が続く千葉は4ファウルのエドワーズを投入。エドワーズとともにコートインしたクリストファー・スミスがすぐさま3ポイントシュートを成功させ勢いに乗るかと思われたが、その約2分半後、フィーラーに痛恨のバスケット・カウントを決められ、エドワーズはファウルアウトとなった。

反撃したい千葉だったが、富樫がディナイで守られ、さらにはスイッチで2人以上のマークが常についていたことでオフェンスが停滞してしまった。さらにここぞの場面で3ポイントシュートに当たりが来なかったことで最後まで流れが作れなかった。

残り2分、遠藤がフェイダウェイシュートを沈め、リードを2桁に乗せたところで勝負アリ。そのまま試合をコントロールした宇都宮が81-70で勝利した。


千 葉|22|15|18|15| =70
宇都宮|21|20|23|17| =81

会場:船橋アリーナ
人数:4355人
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=8735

【BリーグCSクォーターファイナル インサイドの攻防でわずかに上回り、長距離砲も好調だった宇都宮ブレックスが千葉との初戦を制す 千葉 70-81 宇都宮】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/12(土) 18:01:02.82 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220212/358755.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/02/photo_1214344-768x576.jpg

 2月12日、B1リーグ第16節の代替試合が行われ、宇都宮ブレックスはホームに京都ハンナリーズを迎えた。

 立ち上がりは京都に0-7のランを出され、流れを奪われなかなか最初の得点が生まれなかった宇都宮だが、比江島慎が3ポイントシュートでスコアして追い上げる展開に。なんとか15-17と1ゴール差まで追いついたところで最初の10分を終えた。

 続く第2クォーターでは、宇都宮が荒谷裕秀の3ポイントシュートでいきなり逆転に成功すると、さらに比江島、アイザック・フォトゥが加点してリードを拡大。その後、ジャスティン・ハーパーらに得点を許してしまうが、チェイス・フィーラーの長距離砲で突き放し、31-24でハーフタイムへ。

 第3クォーターでは、比江島の長距離砲をきっかけに宇都宮が序盤に13-0のランを繰り出し、一気に20点のリードを獲得。さらに宇都宮はスコットのインサイドアタック、フィーラーやテーブス海の3ポイントシュートでも得点を伸ばし、このクォーターを24-6で終えた。

 55-30と大量リードで迎えた第4クォーターでは、なんとか追いつきたい京都に対し、テーブス、比江島らが3ポイントシュートを決めて反撃の芽を摘むことに成功。終盤には、控え選手も多く出場し、特別指定選手の星川堅信も得点をマークしてタイムアップ。78-54で快勝を収めた。

 宇都宮は比江島、テーブスが揃ってチームトップの15得点をマーク。次いでスコットが11得点を挙げたほか、多くの選手が得点に絡んだ。対する京都はハーパーが14得点、ジェロウム・ティルマンが13得点を記録したが、ほかの選手の得点が伸び悩んだ。

■試合結果
宇都宮ブレックス 78-54 京都ハンナリーズ(@TKCいちごアリーナ)
宇都宮|15|16|24|23|=78
京 都|17| 7 | 6 |24|=54

【B1リーグ第16節・代替試合 宇都宮が京都を抑えて24点差快勝…比江島、テーブスがチームトップの15得点】の続きを読む

このページのトップヘ