SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

山川

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 15:18:49.25 ID:CAP_USER9
日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は20日、今季の統一試合球の反発係数について「全て規定値内で報告が上がっています。12球団にも検査結果については報告しています。その時、その時の数字だが、規定値の中間あたりの数字です。規定値から外れたボールは使用できません」と明言した。

 15年2月に両リーグのアグリーメントが改正され、統一試合球の反発係数は「0・4034~0・4234」という範囲明記に代わり、「0・4134」を目標値とすることが定められた。規格検査については、各球場での納品後の抜き打ち検査から、月1回の日本車両検査協会での納品前検査に改定。その際の反発係数は、従来と同じ「0・4034~0・4234」の上下限を適用している。

 現在もこの運用を継続している。規定値内で去年よりも反発係数が低くなっている可能性について問われた井原事務局長は「規定値なので、去年と比較していません」と答えた。

 一方で、現場からは、今年のボールは去年より飛ばないのでは、という声が上がっている。西武山川は16日の練習時に「ボール、飛ばない。間違いないです。確信は持っています」と話した。打球速度の割には、本塁打の飛距離が出ないという。

 選手の顔触れや状態はシーズンによって異なるため、単純比較はできない。ただ、本塁打の数自体、昨季より減っている。19日までの時点で、セは計301本。チーム別に出した年間ペースの6球団合計は651・2本で、昨年の760本から100本以上減少している。

 パはここまで計247本。同じくチーム別に出した年間ペースの6球団合計は541・4本で、昨年の689本から150本近く減少している。

 12球団合計では1192・6本ペースとなり、昨年の1449本から250本以上の減少となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ed576308e7016202f2456fa2880dc8c6ef4c0df

【去年より飛ばない?統一球反発係数「規定値内」NPB明言も…西武・山川「飛ばない。間違いない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 23:54:40.61 ID:CAP_USER9
>>2022年05月27日 21:47

【交流戦 DeNA1―0西武 ( 2022年5月27日 ベルーナD )】 西武は先発のエース・高橋が7回4安打1失点と力投しながらも打線がDeNAの先発・大貫の前に沈黙。今季8度目の零敗で連敗を喫した。

打線はコースを丁寧に突く大貫の投球に苦しみ、放った安打は3本だけ。中でも主砲の4番・山川は4打席連続四球。1点を追う9回も2死無走者から歩かされ、最後はDeNAの守護神・山崎に5番・呉念庭(ウーネンティン)が空振り三振に打ち取られた。リーグトップの15本塁打でキングを独走する山川が勝負を避けられる現状に、辻監督は「今後もこういう形は予想される。最後は山川と勝負してこないと思ってた。今後もあるだろうし、後ろの打者が大事になってくる」と話し、5番以降の打者の奮起を期待した。

続きは↓
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/27/kiji/20220527s00001173721000c.html

【主砲・山川が4打席連続四球で零敗を喫した西武・辻監督「今後も予想される」】の続きを読む

このページのトップヘ